「興行師」とは?

関連ニュース

ジャックマンなら許せる/グレイテスト・ショーマン(米) - 02月18日(日)12:36 

 米国の興行師で、ショービジネスの原点を作った、P・T・バーナム(ヒュー・ジャックマン)の物語。心躍って、心震わせる楽曲、歌とダンスの連続に、冒頭からつかまれた。  一番の盛り上がりは、バーナム一座のパフォーマーたちが歌う主題歌「THI…
カテゴリー:

現代の“グレイテスト・ショーマン”、ヒュー・ジャックマンを突き動かす信念とは? - 02月16日(金)17:00 

現在ハリウッドでもっとも才能あふれる俳優のひとりであるヒュー・ジャックマンが、「地上でもっとも偉大なショーマン」と呼ばれた実在の興行師P・T・バーナムを演じたミュージカル映画「グレイテスト・ショ...
カテゴリー:

「グレイテスト・ショーマン」楽曲ダイジェスト映像公開!「ラ・ラ・ランド」チームが製作 - 02月16日(金)11:00 

 ヒュー・ジャックマンが、「地上でもっとも偉大なショーマン」と呼ばれた実在の興行師を演じ、第75回ゴールデングローブ賞で主題歌賞を受賞し、第90回アカデミー賞の主題歌賞にもノミネートされた「グレイテスト・ショーマン」(公開中)の特別映像が、公開された。劇中を彩る楽曲の数々をダイジェストで聞くことができる。 ・「グレイテスト・ショーマン」特別映像はこちら!  主人公バーナム(ジャックマン)が、さまざまな個性を持つ人々を仲間に引き入れ、唯一無二のショーを作っていくさまを描く。エマ・ワトソン主演の「美女と野獣」で監督を務めたビル・コンドンが共同脚本を手がけ、「ラ・ラ・ランド」でオスカーに輝いた音楽チーム、ベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが楽曲を担当した。ジャックマンに加え、「ハイスクール・ミュージカル」のザック・エフロン、「スパイダーマン ホームカミング」のゼンデイヤ、キアラ・セトル、スパイダーマンの宿敵を描く「ヴェノム」(12月公開)が控えるミシェル・ウィリアムズ、「ミッション:インポッシブル フォールアウト」(8月3日公開)のレベッカ・ファーガソンらが出演する。  映像では、「ラ・ラ・ランド」で一世を風びする以前のパセックとポールが、本作に抜てきされた喜びを語るインタビュー映像や、楽曲の練習風景、メイキング映像に加え、「Come Alive」「Rewrite The St...more
カテゴリー:

H・ジャックマン、バレンタインデーに愛妻家ぶり発揮「妻にチョコレートを贈ろうと思う」 - 02月14日(水)16:00 

 実在の興行師P・T・バーナムの半生に焦点を当てたミュージカル「グレイテスト・ショーマン」で主演を務めたヒュー・ジャックマンと、共演のキアラ・セトルが2月14日、都内で行われた来日会見に出席した。  映画は、主人公バーナム(ジャックマン)が、ひげを生やした女性レティ(セトル)をはじめとするさまざまな個性を持つ人々と、唯一無二のショーを作っていくさまを描く。ジャックマンは、「ハッピー・バレンタイン! 女性が男性にチョコレートを贈る国に来られて嬉しいです」とお茶目に挨拶しながらも、「(時差で)ニューヨークに戻っても14日が続いているから、今度は僕が妻にチョコレートを贈ろうと思います」と愛妻家ぶりを発揮していた。  現在、今作が世界中でヒットしている要因を、「1番は音楽だと思います。まずメロディが美しいし、歌詞が心に届くんです。家族についてや、自分を信じること、そして夢を見ることなどについてです」と分析。「この映画を見ると気持ちよくなるんです。人生を肯定しているし、未来が明るく見えてくる。人生を肯定して祝福するような作品なので、日本の方々にも届くのではないかと思います」とアピールした。  セトルは、今作の主題歌「This is Me」について聞かれると感極まって涙を流し、「この曲を最初に歌ったのは、FOXが製作に同意する前のワークショップでした。本当に怖くて逃げ出したかったけれど、...more
カテゴリー:

ヒュー・ジャックマンも歌を絶賛!キアラ・セトルが会見で大粒の涙 - 02月14日(水)12:44 

ヒュー・ジャックマンと『ラ・ラ・ランド』(16)の製作チームが贈るミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』(2月16日公開)の来日記者会見が2月14日にミッドタウンホールで開催。ヒューと主題歌「This Is Me」を歌う女優キアラ・セトルが登壇した。キアラはヒューを「真の意味でのアーティスト」と絶賛し、感涙するひと幕もあった。 【写真を見る】笑顔がまぶしいヒュー・ジャックマン 制作に7年を費やした本作。キアラがワークショップで「This Is Me」を熱唱したことで、正式に映画化が決定したそうだ。「怖くて逃げたかったけど、隣りにいるヒュー・ジャックマンや監督が『君がやりなさい』と言ってくれた。その時、音楽という言語はどんなものも超える、どんな言語よりも雄弁だと思ったの」と感無量で涙する場面も。 ヒューも「キアラは初めてこの曲をそこで歌い、役も射止めたんだ。僕にとってもこれまでで一番感動的な演劇体験だった」と心からキアラを称える。 キアラは「ヒューは本当にポテンシャルを引き出してくれた人。曲について泣いたり、もがいて戦っていられたりするのもヒューのおかげ。彼は私にとって兄のような存在でとても尊敬しているわ。彼はどんな困難にあっても立ち上がるだけではなく、周りの人を引っ張っていってくれる最高の人」とヒューをリスペクト。 ヒューもキアラについて惜しみない賛辞を送り「This Is ...more
カテゴリー:

現代のグレイテスト・ショーマン、ヒュー・ジャックマンを突き動かす信念とは? - 02月16日(金)17:00 

 現在ハリウッドでもっとも才能あふれる俳優のひとりであるヒュー・ジャックマンが、「地上でもっとも偉大なショーマン」と呼ばれた実在の興行師P・T・バーナムを演じたミュージカル映画「グレイテスト・ショーマン」が完成した。ジャックマンが、7年半にわたり情熱を注ぎ続けた今作について語った。  映画は、主人公バーナム(ジャックマン)が、さまざまな個性を持つ人々と唯一無二のショーを作っていくさまを描いたオリジナルミュージカル作品。ジャックマンは、リスクを承知の上で今作を“ミュージカル”として製作することにこだわった。「1番好きな映画は『雨に唄えば』。ハリウッドがミュージカル映画をもう作らないことが残念だったし、もし1950年代に生まれていれば……なんて思っていたよ。でも、バズ・ラーマン監督が『ムーラン・ルージュ』を製作したとき、またこういうオリジナルミュージカルがやれるんじゃないかと思ったんだ」  その願いは、ジャックマンが「彼なしでは今作は完成させられなかった」というほど信頼を寄せるオーストラリア出身の若手監督マイケル・グレイシーとの出会いで、実現へと大きく前進する。「マイケルは今作で長編デビューしたんだけれど、そういう野心的な人物が必要だったんだ。CMやMVの世界で有名な一流監督だった彼は、長編映画を撮ることを渇望していて、今作のために製作スタジオのトップやプロデューサーたち、音楽監督...more
カテゴリー:

「グレイテスト・ショーマン」楽曲ダイジェスト映像公開!「ラ・ラ・ランド」チームが製作 - 02月16日(金)11:00 

ヒュー・ジャックマンが、「地上でもっとも偉大なショーマン」と呼ばれた実在の興行師を演じ、第75回ゴールデングローブ賞で主題歌賞を受賞し、第90回アカデミー賞の主題歌賞にもノミネートされた「グレイ...
カテゴリー:

ヒュー・ジャックマン、皮膚がんで80鍼縫った翌日に熱唱して流血! - 02月15日(木)20:25 

『ラ・ラ・ランド』(17)の製作チームが放つミュージカル映画『グレイテッド・ショーマン』(2月16日公開)で主演を務めたヒュー・ジャックマンを直撃。7年越しで映画化された本作は、ヒューの代表作の一本『レ・ミゼラブル』(12)よりも以前から温められていた映画で、ヒューの思い入れもひとしおだ。 【写真を見る】ミシェル・ウィリアムズ演じる妻とたわむれるシーンが実にロマンティック/[c]2017 Twentieth Century Fox Film Corporation 彼が演じたP.T.バーナムは、19世紀半ばのアメリカでショービジネスの原点を築いた実在の興行師。本作では、妻への一途な愛を糧に、個性的で型破りなショーを展開していったバーナムの半生が描かれる。楽曲を手掛けたのは、当時はまだ無名だった、『ラ・ラ・ランド』(17)のベンジ・パセックとジャスティン・ポールの名コンビだ。 『LOGAN/ローガン』(17)のキャンペーンで来日したヒューにインタビューした際、「ウルヴァリン役を卒業することで燃え尽き症候群にならないのですか?」と質問し、その時にヒューが「NO!」と元気良く答えてくれたのも記憶に新しい。それがいかに愚問だったかは、今回の取材でつくづく思い知らされた。その時のヒューは、すでに本作という未来に目を向けていたからだ。 そんなヒューのあふれんばかりの情熱を感じ取れるエピソードが...more
カテゴリー:

H・ジャックマン、バレンタインデーに愛妻家ぶり発揮「妻にチョコレートを贈ろうと思う」 - 02月14日(水)16:00 

実在の興行師P・T・バーナムの半生に焦点を当てたミュージカル「グレイテスト・ショーマン」で主演を務めたヒュー・ジャックマンと、共演のキアラ・セトルが2月14日、都内で行われた来日会見に出席した。...
カテゴリー:

ヒュー・ジャックマン来日!ファン優先の神対応に会場熱狂 - 02月14日(水)09:00 

 「地上でもっとも偉大なショーマン」と呼ばれた実在の興行師P・T・バーナムの半生を描いたミュージカル映画「グレイテスト・ショーマン」に主演したヒュー・ジャックマンと、共演のキアラ・セトルが来日し2月13日、東京・歌舞伎町シネシティ広場でスペシャルイベントを行った。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  “ファン思い”として知られるジャックマンは、報道陣向けのフォトセッションを早々に切り上げ、寒空の下集まったファンとの交流を優先。サインや写真撮影に気さくに応じる“神対応”を見せると、会場は熱狂に包まれ、歓喜の声が上がっていた。  映画は、主人公バーナム(ジャックマン)が、ひげを生やした女性レティ(セトル)をはじめとするさまざまな個性を持つ人々を仲間に引き入れ、唯一無二のショーを作っていくさまを描いた。  ジャックマンは、集まったファンからの声援に「日本に来るのが大好きです」とニッコリ。「5年前にもミュージカル『レ・ミゼラブル』を携えて来ましたが、今回はまったく違った形のミュージカルです。日本の皆さんは本当にミュージカル映画を支持してくださるので、この映画もぜひよろしくお願いします」とアピールに務めた。  そして、第75回ゴールデングローブ賞で主題歌賞を受賞した主題歌「This is Me」を歌うセトルを、「今まで仕事をしたなかでも最高の女優で歌手、そして素晴らしい...more
カテゴリー:

もっと見る

「興行師」の画像

もっと見る

「興行師」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 興行...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる