「興行収入」とは?

関連ニュース

大ヒット『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』新シリーズ歴代1位突破に王手 - 03月27日(月)22:00 

3月4日(土)より全国東宝系374スクリーンで公開中のシリーズ37作目『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』が、公開23日間で、興行収入26億円を突破。そして、新シリーズ計12作品の累計興行収入が400億円を突破致したことがわかった。(※3月26日時点)さらに、新シリーズ最高興行収入を記録した前作『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』(2016年3月5日公開)の約103%で推移しており、新シリーズ最高の興行収入にも期待がかかっている。今回の劇場版では、南極を舞台にしたドラえもんやのび太たちの冒険が描かれる。真夏の暑さに耐えきれず、南太平洋に浮かぶ巨大な氷山にやってきたのび太たちは、ドラえもんの秘密道具「氷細工ごて」を使って遊園地を作っていたところ、氷の中から不思議なリングを見つける。詳しく調べると、そのリングが埋まっていた氷は、人が住んでいるはずもない10万年前の南極の氷だった。一行は、謎を解くため南極に向かうが、そこで氷に閉ざされた巨大な遺跡を発見し……。 関連リンク 平井堅、きれい事は無しのラブバラードに…『映画ドラえもん』主題歌に込めた想い 4Kの巨大球面スクリーンで南極“浮遊”体験で気分はドラえもん!? ...more
in English
カテゴリー:

公開中「ドラえもん映画」興収26億超、新記録期待 - 03月27日(月)20:57 

 公開中の「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」の興行収入が26億円を超え、現声優陣で制作された06年以降の新シリーズ(計12作)の累計興収が400億円を突破したことが27日、分かった。配給の東宝が発表した。  累計観客動員数は…
in English
カテゴリー:

劇場版「名探偵コナン」の静野孔文監督が考える“アニメの監督”とは。その一風変わった経歴と作品への取り組みが語られた講演をレポート - 03月27日(月)19:16 

 2017年3月25日,AnimeJapan2017のセミナーステージにて,「アニメの『監督』について」と題された対談形式の講演が行われた。2014年公開の「名探偵コナン純黒の悪夢」で興行収入63億円超というシリーズ最高成績を叩き出した静野孔文監督が,その一風変わった経歴と「監督」としての作品への取り組みを語った。
in English
カテゴリー:

豪華声優陣の演技に注目!映画『LEGOⓇムービー』地上波初放送 - 03月27日(月)18:40 

様々な映画や特別ドラマなどを放送する、日本テレビ系の番組『映画天国』(毎週月曜25:59~)。3月27日は、映画『LEGOⓇムービー』が地上波初放送される。4月1日(土)より日本公開となる『レゴⓇバットマン ザ・ムービー』が、全米オープニング3日間(2/10~2/12)で初登場1位をたたき出し、公開2週目(2/17~2/19 週末3日間)も勢いはそのままに2週連続No.1に輝き、早くも全米興行収入は100億円を突破。同作の公開を記念して、レゴⓇの世界観をたっぷり楽しめる『LEGOⓇムービー』(吹替版)の放送が決定した。『LEGOⓇムービー』の主人公は、どこにでもいるフツーの青年・エメット。なぜか伝説のヒーローに間違われ、レゴⓇワールドを支配するおしごと大王の手から、世界を救わなければならないハメになる。しかし、本人はヒーローの覚悟なんてゼロ。世界の終わりまであと3日……。どうするエメット、どうなるレゴⓇワールド!?吹替版では、人気声優・森川智之がエメットを演じ、ヒロインのワイルドガールを『レゴⓇバットマン ザ・ムービー』でバットガールを演じる沢城みゆきが担当している。さらに、七色の声を持つ声優・山寺宏一が、レゴⓇバットマンに息を吹き込む。誰もが楽しんだレゴⓇの世界観だけでなく、豪華声優陣が見せる声の演技にも注目だ。 関連リンク ...more
in English
カテゴリー:

劇団四季『オペラ座の怪人』初の横浜公演、堂々開幕 - 03月27日(月)17:10 

劇団四季のミュージカル『オペラ座の怪人』横浜公演が3月25日、KAAT 神奈川芸術劇場 ホールにて開幕した。1988年の日本初演以来6730回の総公演回数を誇る、四季を代表する人気作品だが、横浜での上演は初。横浜エリアでの長期公演は、2012年11月まで上演されていた『キャッツ』以来約4年ぶりになる。初日前日にあたる3月24日には最終舞台稽古が報道陣に公開され、俳優陣が熱の入った演技をみせた。劇団四季『オペラ座の怪人』チケット情報(PC)『オペラ座の怪人』はガストン・ルルーの小説を原作に、パリ・オペラ座の地下に棲み、歌姫クリスティーヌに恋焦がれる“怪人”の悲しい愛の姿を描くミュージカル。ミステリアスなストーリーのほか、現代ミュージカルの巨匠アンドリュー・ロイド=ウェバーによる名曲の数々、幻想的で豪華な舞台セット、繊細な衣裳など、どこを切りとっても最高峰の作品だ。世界ではこれまで35か国・13言語で上演されており、全世界での興行収入は60億ドルという記録を誇っている。この日の舞台稽古に登場した怪人役は佐野正幸。1988年の同作四季初演時にはアンサンブルとして出演、その後メインキャストであるラウル子爵役などを経て、2006年から怪人役を務めているベテラン俳優だ。作品に長く関わり続けている佐野らしく、怪人の葛藤や切なさを深みのある熱演で魅せた。佐野は「劇団の本拠地である横浜で、この作品に...more
in English
カテゴリー:

大ヒット『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』新シリーズ歴代1位突破に王手 - 03月27日(月)21:55 

3月4日(土)より全国東宝系374スクリーンで公開中のシリーズ37作目『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』が、公開23日間で、興行収入26億円を突破。そして、新シリーズ計12作品の累計興行収入が400億円を突破致したことがわかった。(※3月26日時点)さらに、新シリーズ最高興行収入を記録した前作『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』(2016年3月5日公開)の約103%で推移しており、新シリーズ最高の興行収入にも期待がかかっている。今回の劇場版では、南極を舞台にしたドラえもんやのび太たちの冒険が描かれる。真夏の暑さに耐えきれず、南太平洋に浮かぶ巨大な氷山にやってきたのび太たちは、ドラえもんの秘密道具「氷細工ごて」を使って遊園地を作っていたところ、氷の中から不思議なリングを見つける。詳しく調べると、そのリングが埋まっていた氷は、人が住んでいるはずもない10万年前の南極の氷だった。一行は、謎を解くため南極に向かうが、そこで氷に閉ざされた巨大な遺跡を発見し……。 関連リンク 平井堅、きれい事は無しのラブバラードに…『映画ドラえもん』主題歌に込めた想い 4Kの巨大球面スクリーンで南極“浮遊”体験で気分はドラえもん!? ...more
in English
カテゴリー:

【映画】この世界の片隅に:興収25億円突破! 動員190万人 - 03月27日(月)20:03 

この世界の片隅に:興収25億円突破 動員190万人 2017年03月27日  こうの史代さんのマンガが原作の劇場版アニメ「この世界の片隅に」(片渕須直監督)の興行収入が25日付で25億円を突破したことが27日、分かった。観客動員数は190万人を突破した。  「この世界の片隅に」は、「漫画アクション」(双葉社)で連載され、2009年に「文化庁メディア芸術祭」のマンガ部門優秀賞を受賞したマンガ。戦時中、広島・呉に嫁いだ18歳のすずの生活が、戦争の激化によって崩れていく様子が描かれた。劇場版は、女優ののんさんがすずの声優を務...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【国内映画ランキング】「SING シング」首位キープ、トップ3は依然アニメ作品 - 03月27日(月)19:10 

 3月25~26日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。春休みに突入し、前週末と同じく新作5本がランクインしたが、上位3作品に変動はなかった。「SING シング」は、週末2日間で観客動員35万0825人、興行収入4億5130万8290円を稼ぎ首位をキープ。公開10日間の累計動員は151万人、興収は18億円を突破した。公開2週目の週末興収としては「ミニオンズ」(最終興収52億円)、「ペット」(同42.4億円)を上回っている。  2位の「モアナと伝説の海」は、週末2日間で動員29万1000人、興収3億7200万円を記録。累計では興収20億円を突破している。「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」は、週末2日間で動員25万8000人、興収3億0400万円をあげ3位と続き、イルミネーション・スタジオ、ディズニーと日本の国民的アニメが激戦を繰り広げている。ちなみに、「ドラえもん」は公開23日間で興収26億円を突破し、新シリーズ計12作品の累計興収が400億円を突破した。  新作では、アドベンチャーアクション大作「キングコング 髑髏島の巨神」が、オープニング2日間で動員25万7000人、興収3億9600万円を記録し、初登場4位スタートを切った。5位には、永野芽郁主演作「ひるなかの流星」がランクイン。人気シリーズ第5作「仮面ライダー×スーパー戦隊 超スー...more
in English
カテゴリー:

豪華声優陣の演技に注目!映画『LEGOⓇムービー』地上波初放送 - 03月27日(月)18:39 

様々な映画や特別ドラマなどを放送する、日本テレビ系の番組『映画天国』(毎週月曜25:59~)。3月27日は、映画『LEGOⓇムービー』が地上波初放送される。4月1日(土)より日本公開となる『レゴⓇバットマン ザ・ムービー』が、全米オープニング3日間(2/10~2/12)で初登場1位をたたき出し、公開2週目(2/17~2/19 週末3日間)も勢いはそのままに2週連続No.1に輝き、早くも全米興行収入は100億円を突破。同作の公開を記念して、レゴⓇの世界観をたっぷり楽しめる『LEGOⓇムービー』(吹替版)の放送が決定した。『LEGOⓇムービー』の主人公は、どこにでもいるフツーの青年・エメット。なぜか伝説のヒーローに間違われ、レゴⓇワールドを支配するおしごと大王の手から、世界を救わなければならないハメになる。しかし、本人はヒーローの覚悟なんてゼロ。世界の終わりまであと3日……。どうするエメット、どうなるレゴⓇワールド!?吹替版では、人気声優・森川智之がエメットを演じ、ヒロインのワイルドガールを『レゴⓇバットマン ザ・ムービー』でバットガールを演じる沢城みゆきが担当している。さらに、七色の声を持つ声優・山寺宏一が、レゴⓇバットマンに息を吹き込む。誰もが楽しんだレゴⓇの世界観だけでなく、豪華声優陣が見せる声の演技にも注目だ。 関連リンク ...more
in English
カテゴリー:

「おおかみこどもの雨と雪」3回目のテレビ放送も視聴率11・3% - 03月27日(月)10:54 

24日に日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」(金曜・後9時)で放送された細田守監督のアニメ映画「おおかみこどもの雨と雪」が 平均視聴率11・3%の好数字を記録したことが27日分かった。 「おおかみ―」は、2012年7月に全国公開され、興行収入42億2000万円を記録したヒット作品。 13年12月に同じ「金曜ロードSHOW!」で地上波初放送された際、15・4%の高数字を記録。 15年7月の2度目のテレビ放送でも13・6%を記録していた。 今回も放送枠を25分拡大し、本編ノーカットで放送された...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「興行収入」の画像

もっと見る

「興行収入」の動画

Wikipedia

興行収入こうぎょうしゅうにゅう)とは、映画に関して映画館での入場料から得られる売り上げ合計のこと。興収とも。英語では、チケット売り場も示す''Box Office''と言う。映画以外の興行でも言う場合がある。

日本での興行成績

日本においては、映画の成績発表に配給収入が使われていたが、海外(アメリカ)に合わせて2000年度から興行収入の発表に切り替えられた。配給収入に比べ、実質の観客動員数に近い数字を求められる事や、作品によるなど、データ上の利点がある。

北米での興行成績

北米興行収入()の北米の範囲は、アメリカ合衆国カナダプエルトリコグアムとなっている。〔アメリカでは〕北米興行収入と国内興行収入()は同じ意味。日本では北米興行収入を全米興行収入とも言う。

週末興行成績 日本

日本の週末興行成績ランキングでは、興行成績上位の一部作品のみ興行収入が発表される。そ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる