「興行収入」とは?

関連ニュース

今年度のゴールデン・グローブ賞のノミネート、女性監督が皆無で騒然! - 12月16日(土)23:34 

映画業界で女性たちが勢いを見せる中、米国時間12月11日に発表されたゴールデン・グローブ賞監督賞のノミネートに名を連ねたのは白人男性の監督ばかりだった。「女性の監督を排除した」とバラエティやガーディアンなどのメディアに取り上げられている。 【写真を見る】ハリウッドを席捲する、美しい監督たち!/写真:SPLASH/アフロ 今までは女性監督のノミネート率が低いのはハリウッドの就業格差が要因であり、単にその実情がノミネートに反映されただけだと解釈されていた。確かに2016年に公開された上位250本の映画のうち、女性監督の作品はたったの7%だった。 しかし今年は、米国で観客のみならず評論家達からも絶賛されている『レディ・バード(原題)』のグレタ・ガーウィグ、世界興行収入800億円を突破したメガヒット作『ワンダーウーマン』を手がけたパティ・ジェンキンス、『マッドバウンド 哀しき友情』で注目された黒人女性監督のディー・リース、『デトロイト』のキャスリン・ビグローや『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』のソフィア・コッポラら、これだけの話題作の中から女性監督が1名も選出されなかったのは偶然とは言いがたい。 ノミネートの栄誉を勝ち取ったのは、ギレルモ・デル・トロ(『シェイプ・オブ・ウォーター』)、マーティン・マクドナー(『スリー・ビルボード』)、クリストファー・ノーラン(『ダンケル...more
カテゴリー:

中国製の大ヒットアニメ「西遊記」アクションシーン満載の予告編&ビジュアル完成 - 12月16日(土)21:30 

中国の国産アニメーション映画として同国歴代1位の興行収入(日本円で約192億円)を記録した「西遊記 ヒーロー・イズ・バック」の日本版予告編とビジュアルが完成した。日本でもおなじみの「西遊記」を題...
カテゴリー:

映画「ドラゴンボール」20作記念作品が始動!今回のテーマはサイヤ人 - 12月16日(土)12:00 

12月16日、幕張メッセで行われている“ジャンプフェスタ2018”にて「ドラゴンボール」劇場版20作目となる新作映画の製作が発表された。 1986年12月“東映まんがまつり”の1本として公開された『ドラゴンボール 神龍の伝説』から始まった「ドラゴンボール」劇場版シリーズは、1996年までに17作を数え、クウラ、ブロリー、ジャネンバなどの名キャラクターを生みだした。 2013年に17年ぶりの映画化となった『ドラゴンボールZ 神と神』(興行収入29億円)以降、2015年の『ドラゴンボールZ 復活の「F」』(興行収入37億円)へと続き、更に世界観を拡大し続けTVアニメ「ドラゴンボール超」が放送されるに至った。 それぞれの時代の中で「もっと強いキャラクターを」「面白い物語を」と追求し続けてきた劇場版シリーズが2018年、遂に記念すべき20作目を迎える。記念作にふさわしく、スケール・クオリティ共にシリーズ最高のものにするという決意の下、現在製作が続けられている。 注目すべきは、前作に引き続き原作者の鳥山明が原作・脚本・キャラクターデザインを担当。すでにこれまでにないイメージのイラストが完成しており、本作への力の入れようが窺える。 注目の本作のテーマは“宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人”。超サイヤ人ゴッド、ブルーといった新たな進化を遂げてきた悟空たちサイヤ人だが、本作では改めてサイヤ人とは何か、悟...more
カテゴリー:

『ドラゴンボール』劇場版、新作製作決定!記念すべき第20作目は2018年12月公開 - 12月16日(土)12:00 

 国民的人気アニメ『ドラゴンボール』の記念すべき20作品目となる新作映画の製作が決定した。主人公・悟空たちとフリーザの戦いを描いた2015年公開の前作『ドラゴンボール Z 復活の「F」』に続き、原作者の鳥山明が原作・脚本・キャラクターデザインを担当し、2018年12月に全国公開する。【関連】『ドラゴンボール』フォトギャラリー 1986年の「東映まんがまつり」から始まった、『ドラゴンボール』の劇場版シリーズ。アニメとは異なる展開で、クウラ、ブロリー、ボージャック、ジャネンバなど、未だ愛される数々の名キャラクターを生みだしてきた。17年ぶりに公開された2013年の『ドラゴンボール Z 神と神』が興行収入29.9億円、2015年公開の『ドラゴンボール Z 復活の「F」』が37.4億円を記録し、世界観が拡大する中、現在はアニメ『ドラゴンボール超』(フジテレビ系)も放映されている。 2018年12月公開予定である20作目のテーマは「宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人」。『神と神』以降、超サイヤ人ゴッド、ブルーといった新たな進化を遂げてきた悟空たちサイヤ人であるが、それに負けじと様々な宇宙の強戦士が登場してきた中で、改めて「宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人」の存在、悟空たちの強さの「原点」が描かれる。  2018年12月全国ロードショー。 ■関連記事「ドラゴンボール祭り 2018 in ‐WORLD...more
カテゴリー:

今夜金曜ロー放送!『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』鉄拳パラパラ漫画であらすじ振り返る! - 12月15日(金)18:01 

『フォースの覚醒』あらすじを鉄拳のパラパラ漫画で…/(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved. 12月15日(金)より『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が全国公開! 全米興行収入ランキング歴代NO.1を記録した前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を振り返る、お笑い芸人でありイラストレーターの...
カテゴリー:

中国製の大ヒットアニメ「西遊記」アクションシーン満載の予告編&ビジュアル完成 - 12月16日(土)21:30 

 中国の国産アニメーション映画として同国歴代1位の興行収入(日本円で約192億円)を記録した「西遊記 ヒーロー・イズ・バック」の日本版予告編とビジュアルが完成した。  日本でもおなじみの「西遊記」を題材に、細部までリアルに表現された3DCGと迫力のアクション満載で描く同作は、長年の封印により力を失った孫悟空が、子どもを連れ去る妖怪に立ち向かう中で復活を果たすアクションアドベンチャー。中国のアニメ界で23年にわたるキャリアをもつティエン・シャオポンが初監督を務め、日本公開にあたり、日本語吹き替え版の監修を「コクリコ坂から」「山賊の娘ローニャ」の宮崎吾朗監督が担当した。  予告編は、かつて天界でヒーローとして呼ばれ、恐れられていた孫悟空が、孤児のリュウアーによって長年の封印から解き放たれるところから始まる。しかし悟空は力を封じられており、本来の実力を発揮できない。リュウアーは憧れのヒーローを目の前に大興奮で、悟空はそんなリュウアーに振り回されてばかり。なにかと息の合わない2人が、妖怪にさらわれた女の子を助けるため、お調子者の猪八戒を伴い、妖怪の王・混沌と対峙する。予告編には混沌と戦う悟空のアクションシーンもふんだんに盛り込まれ、最後には守るべきものを見つけた悟空が本来の姿に覚醒し、敵に立ち向かっていく場面が映し出される。  日本語版の主題歌と挿入歌を新人歌手の渡梓が担当しており、...more
カテゴリー:

『ドラゴンボール』劇場版20作め2018年12月公開決定! 悟空たちの強さの原点サイヤ人がテーマ - 12月16日(土)12:00 

アニメ『ドラゴンボール』劇場版、記念すべき第20作品目となる新作映画の製作が決定! 原作者の鳥山明先生が原作・脚本・キャラクターデザインを担当します! 劇場公開は2018年12月! 1986年、【東映まんがまつり】から『ドラゴンボール』劇場版シリーズは始まっています。その後クウラ、ブロリー、ボージャック、ジャネンバなど、いまでも愛される数々の名キャラクターを生みだし、2013年に17年ぶりに公開となった『ドラゴンボールZ 神と神』(興行収入29.9 億円)以降、2015年公開の『ドラゴンボールZ 復活の「F」』(興行収入37.4 億円)と『ドラゴンボール』はさらなる世界観の拡大を続け、絶賛放送中のTVアニメ『ドラゴンボール超』に至っています。 そして、時代を超えて「もっと強いキャラクターを」「もっと面白い物語を」追求し続けてきた劇場版シリーズが遂に20作品目に突入。 メモリアルとなる20作記念にふさわしく、スケール・クオリティともにシリーズ最高のものにするべく、現在鋭意製作中。前作に引き続き、原作者の鳥山明先生が原作・脚本・キャラクターデザインを担当。すでに、これまでにないほどのイメージイラストが上がっており、本作への力の入れようが伺えるという。 注目の最新作のテーマは【宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人】。『神と神』以降、超サイヤ人ゴッド、ブルーといった新たな進化を遂げてきた悟空たちサ...more
カテゴリー:

劇場版「ドラゴンボール」第20弾が始動!鳥山明・原作&脚本で18年12月公開 - 12月16日(土)12:00 

 人気アニメ「ドラゴンボール」の新作劇場版の製作が決定し、2018年12月に公開されることわかった。劇場版第20弾となる今作は、前作「ドラゴンボールZ 復活の『F』」に続き、原作者・鳥山明氏が原作・脚本・キャラクターデザインを担当。シリーズ最高のスケールとクオリティを目指し、製作が進んでいる。  86年の「東映まんがまつり」からはじまった「ドラゴンボール」劇場版シリーズ。96年の「ドラゴンボール 最強への道」以来、17年ぶりの新作として話題を呼んだ「DRAGON BALL Z 神と神」(13)を機に劇場版シリーズは復活を遂げ、15年公開の「ドラゴンボールZ 復活の『F』」は興行収入37億4000万円を記録した。また現在は、テレビアニメ「ドラゴンボール超」が放送中だ。  大型プロジェクト「劇場版20作記念企画」として始動した今作は、「宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人」がテーマ。超サイヤ人ゴッド、超サイヤ人ブルーへと進化してきた悟空らサイヤ人の“強さの原点”に迫っていく。 【作品情報】 ・ドラゴンボール 【関連記事】 ・【作品情報】「ドラゴンボールZ 復活の『F』」 ・【作品情報】「DRAGON BALL Z 神と神」 ・「ドラゴンボールZ」新作劇場版でフリーザ復活 タイトルやビジュアルが公開 (C)バードスタジオ/集英社・東映アニメ ーション (C)東映・集英社・東映アニメ ー...more
カテゴリー:

中国アニメーター「日本のアニメはパターン化していて、イノベーションがなく停滞している」 - 12月15日(金)20:51  news

日本のアニメ・漫画産業 規模は膨大でもイノベーション不足 統計によると、現在、世界で放送されているアニメ作品の6割が日本のもので、欧州ではその比率がさらに上がって8割以上になるという。 日本でアニメ・漫画は三番目に大きな産業となっており、国民総生産(GDP)に占める割合は10%に達している。 秋葉原にある有名な中古のアニメ・漫画関連商品を販売するショップでは、様々なサイズのフィギュアやおもちゃが並んでいる。 スタッフによると、「毎日、中国のアニメ・漫画ファン100人以上が来店し、書籍やアニメ・漫画関連...
»続きを読む
カテゴリー:

「タイタニック」「ダイ・ハード」「グーニーズ」などが米フィルム登録簿に永久保存 - 12月15日(金)13:00 

 「アメリカ国立フィルム登録簿(National Film Registry)」に新たに加わる25作品が、発表された。  同制度は、アメリカ文化の遺産として保存に値すると判断された、公開から最低でも10年以上経過した「文化的、歴史的、芸術的」に重要な映画(短編&ドキュメンタリー含む)を毎年25作品ずつ選出し、アメリカ議会図書館にフィルムを永久保存するもの。1989年からはじまり、2017年度に選出された25本を含め725作品のフィルムが登録されている。  今年は、1905年の短編ドキュメンタリー「Interior New York Subway, 14th Street to 42nd Street(原題)」(G・W・ビッツァー監督)から、2000年の「メメント」(クリストファー・ノーラン監督)まで幅広い年代の作品が選出。その他、1997年の公開当時、歴代最高の世界興行収入を記録した大作「タイタニック」や、ブルース・ウィリス主演の人気アクション「ダイ・ハード」、ヒーロー映画「スーパーマン」などが永久保存されることが決定した。  2017 年度に加わった25作品は以下の通り(原題のアルファベット順)。 「地獄の英雄」(1951) 「ブールバード・ナイト」(1979) 「ダイ・ハード」(1988) 「ダンボ」(1941) 「フィールド・オブ・ドリームス」(1989) 「4 Li...more
カテゴリー:

もっと見る

「興行収入」の画像

もっと見る

「興行収入」の動画

Wikipedia

興行収入こうぎょうしゅうにゅう)とは、映画館の入場料金収入のこと。興収と略される。英語では、チケット売り場も示す''Box Office''と言う。映画以外の興行でも言う場合がある。

日本での興行成績

日本においては、1999年までは映画の興行成績発表には配給収入が使われていたが、2000年から興行収入の発表に切り替えられた。配給収入と興行収入を誤解しているケースが多かったこと、映画産業データが分かりやすくなること、配給収入での発表は日本映画界の閉鎖性と不透明さの象徴だったこと、また、世界の映画界では興行収入でデータ発表をしていることを関係者は変更理由に挙げている。大ヒットの基準である配給収入10億円以上の作品の発表も廃止された。

北米での興行成績

北米興行収入()の北米の範囲は、アメリカ合衆国カナダプエルトリコグアムとなっている。アメリカでは北米興行収入と国内興行収入()は同じ意味。日本では北米興行収入を全米興行収入とも言う。

週末興行成績 日本

日本の週末興行成績...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる