「自閉症スペクトラム」とは?

関連ニュース

わが子の発達障害を認めない「無理解・無協力夫」に「無神経な姑」どうすれば? - 01月14日(日)19:00 

ⓒ nadezhda1906-stock.adobe.com発達障害の子育てママの座談会で、よく話題にのぼるものの一つに、夫の無理解や無協力があります。「無」とまではいかなくても、子どもの障害をなかなか認めようとしなかったり、療育や児童精神科などに行くことに乗り気ではなかったり、というお父さんがどこにも一定数はいるようです。そんな時、知ったのが一般社団法人「発達障害ファミリーサポートMarble(マーブル)」。発達障害児とその家族を支えるため、発達障害の正しい理解のための講演活動や、発達障害児を持つ家族のための相談支援活動などを行っている団体です。代表理事の国沢真弓さんは自身も、高校生になる自閉症児の母であるため、「当事者家族」の視点からのお話にはとても説得力があり、温かみのある方です。また、本業がアナウンサーであるため、周囲への「伝え方」のアドバイスは、なるほど! と深く納得できるものです。そんな国沢さんに、発達障害の子育てに協力的ではないお父さんや、育児に口出ししてくる祖父母への対策法をうかがいました。■発達障害はグレー診断な子ほど夫の理解が得られにくい――発達障害の子育てにおいて、ママの間でよく「夫が子どもの障害を認めてくれない」とか「夫が育児に協力的じゃない」という愚痴を聞くのですが、国沢さんの周囲でもこういった相談は多いですか?「今まで、保護者の相談を約500名ほど受けて...more
カテゴリー:

29歳、有名私大卒の彼女がADHDで抱える苦悩 薬は近視の人がメガネをかけるような感覚 | 私たちは生きづらさを抱えている | 東洋経済オンライン - 01月13日(土)06:00 

独特なこだわりを持っていたりコミュニケーションに問題があったりするASD(自閉症スペクトラム障害/ア…
カテゴリー:

【医療】発達障害の早期発見ツール「M―CHAT」 乳幼児健診で普及 - 12月25日(月)19:30  newsplus

子どもの発達障害を早期に発見するため、国立精神・神経医療研究センター(東京都小平市)が作成した幼児の検査法「M―CHAT」が全国的に広がりを見せている。  専門家は早期発見後、早期の療育につなげることの重要性を指摘している。  23項目の質問からなるM―CHATは約10年前、同センターの神尾陽子・児童・思春期精神保健研究部長らが日本語版を作成した。発達障害の中で最も幼いうちからあらわれる自閉症スペクトラム障害を発見するツールで、1歳6か月から3歳が対象だ。  東京都江戸川区は3年前、M―CH...
»続きを読む
カテゴリー:

勉強ができる天才児だけじゃない!「ギフテッド」のタイプ6つ - 01月13日(土)22:00 

source:https://www.shutterstock.com/ 昨年9月に、渋谷区が日本初の『ギフテッド・プログラム』を開始しました。 また11月には、映画『ギフテッド』が全国で上映され、日本でも「ギフテッド」という言葉が、以前より聞かれるようになったのではないでしょうか。 渋谷区では、ギフテッドを“全般的または特定の分野で高い能力を発揮する子ども”と定義しています。(※1) 映画『ギフテッド』でも、小学校低学年でありながら、大学レベルの数学の問題を解いてしまうといった、数学の能力が突出した女の子が主人公となっていますね。 この記事では18年間様々な立場から教育に携わり、米国の『ギフテッド・プログラム』に子どもを通わせたことのある筆者が、ギフテッドの6つのタイプについてお伝えします。 ギフテッドは「勉強ができる天才児」ばかりじゃない!? 「ギフテッド」と聞くと、幼少期から突びぬけた能力を発揮し、学校の勉強もラクラクこなし、飛び級をして大学へ進学するような“天才児”といったイメージをもたれる方も多いのではないでしょうか。 ところが、ギフテッドの専門家によると、ギフテッドには様々なタイプがあるといいます。(※2) それらのタイプの中には、“学校の勉強ができる天才児”といったイメージとはかけ離れ、逆に学校では、“落ちこぼれ”にも見えるタイプもあります。 では、ギフテッドの6タ...more
カテゴリー:

発達障害の子どもが変わる、ABAの言葉かけアプローチとは? - 01月07日(日)20:00 

筆者の息子が発達障害の疑いをかけられた時、ネットにかじりついて情報収集する中で、たどり着いたのがABAという療法でした。ABAとは、アメリカの心理学者スキナーが創始した学問体系のことで、日本語では「応用行動分析学」と呼ばれます。ⓒ siro46-stock.adobe.com人の行動の原因を内部(心)ではなく、人を取り巻く環境に求める考え方で、自閉症など発達障害の子どもに非常に有効なアプローチ法とされています。最近では、このABAを取り入れた療育療法が非常に多くなっています。でも、専門書を読んである程度の考え方は理解したものの、「具体的にどう子どもに接したらいいのか?」はわからずに困っていました。そんな中、とても役立ったのが、shizuさんの著書「発達障害の子どもを伸ばす 魔法の言葉かけ」(講談社)でした。発達に遅れがある子どもへの具体的なアプローチ方法が書かれており、日々の生活の中で、子どもとの関わり方にたくさんのヒントを得ることができました。しかも、その考え方は、発達障害だけでなく上の子(定型発達)の子育てにも同じように役立ったのです。著者のshizuさんの息子さんも、3歳の時に自閉症スペクトラムと診断されており、ちりばめられたご自身の体験エピソードには、とても重なるところがありました。「私だけじゃない」「やればできるかもしれない」ととても励まされたのです。そんなshizuさん...more
カテゴリー:

「自閉症スペクトラム」の画像

もっと見る

「自閉症スペクトラム」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる