「自社株」とは?

関連ニュース

TASAKI、MBOによる非上場化で株主優待を廃止! 従来は100株以上の保有で10%割引券がもらえたが、 自社株買収による上場廃止に伴い、株主優待も廃止に - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース - 03月24日(金)22:45 

TASAKI(7968)が株主優待を廃止すると2017年3月24日に発表。TASAKIの株主優待は、年2回、4月末と10月末時点の株主優待名簿に記載された、100株(1単元)以上を保有している株主が対象とされていた。廃止されるTASAKIの株主優待の内容は、「100株以上保有する株主に、保有株数に応じて、自社商品のショッピングで利用できる『株主優待割引券(10%割引)』を贈呈」というもの。(TASAKI、コード:7968、市場:東証1部)
in English
カテゴリー:

真珠のTASAKI、上場廃止へ MBO実施を発表 - 03月24日(金)20:41 

 真珠や宝飾品販売のTASAKI(神戸市)は24日、投資ファンドの支援を受けて、経営陣らによる自社株式の買い取り(MBO)をして上場をやめると発表した。経営再建のための多額の先行投資で、一時的に利益が…
in English
カテゴリー:

血液検査スタートアップのセラノス、創業者の持ち株を投資家に提供 - 03月24日(金)13:16 

Theranosが生き残る望みのひとつは、投資家に持ち株を倍増させる提案をすることであり、ファウンダーであるElizabeth Holmesの持ち株も供出する。ただし投資家が訴訟しないことが条件だ。 Theranosは、投資家と消費者による相次ぐ訴訟で窮地にたたされている。昨年Theranosの血液検査製品は、精度に問題があり自身の基準に達していなかったことが発覚したためだ。主要パートナーである薬局チェーン大手のWalgreensは販売を中止し損害賠償訴訟を起こした。 Wall Street Journalによると、2月にTheranosの取締役会は、投資家を鎮静化させるためにファウンダー、Elizabeth Holmesの持ち分を含めて自社株を供出することを承認した。 2015年にTheranosが6億ドルを調達した最後の投資ラウンドの投資家が対象となる模様で、同ラウンドで購入した株の2倍の株を入手することになる。 BlueCross BlueShield Venture Partners、Continental Properties Co.、Esoom(台湾企業)、Jupiter Partners, Palmieri Trust、Dixon Doll、Ray Bingham、およびB.J. Cassinら後期段階の投資家も対象となる可能性がある。Wall Street Jour...more
in English
カテゴリー:

ソフト99は17日、5万株を上限とする自社株買いを発表 - 03月20日(月)13:16 

■取得期間は3月21日から6月30日まで ソフト99(東2)は17日、5万株を上限とする自社株買いを発表した。
in English
カテゴリー:

株式投資を増やすのに一番重要な条件、「株式投資に対する税制上の負担軽減」が最多 - 03月17日(金)11:00 

野村證券はこのほど、個人投資家を対象に投資動向に関するアンケート調査を実施し、「ノムラ個人投資家サーベイ(2017年3月)」を発表した。 3カ月後の株価見通しについて、「上昇する」と答えた割合から「下落する」と答えた割合を引いた「ノムラ個人市場観指数」は35.6と2ヶ月ぶりに上昇した。調査時の日経平均株価は19,379.14円と前回調査時を402.43円上回った。3カ月後のアメリカドル/円レートの見通しについて円安ドル高を見込む回答比率は43.6%となり、前月比で7.5ポイント上昇した。株式投資を増やすには、マクロ環境(経済、為替、企業業績など)の改善以外にどのような条件が備わることが最も重要か尋ねたところ、「株式投資に対する税制上の負担軽減」が30.6%で最多となった。次いで「株主還元(配当、自社株買い)の拡充」が22.9%、「将来の生活資金に対する不安軽減」が19.4%と続いた。(出所:野村證券)「株式投資に対する税制上の負担軽減」を選択した回答者に対して、株式投資を増やすにはどの要因が最も重要と考えているか聞いたところ、「株式の譲渡所得に係る税率を撤廃」が53.6%と半数を占めた。「企業の開示の透明性向上」を選択した回答者に対して、株式投資を増やすにはどの要因が最も重要と考えているか尋ねたところ、「企業の情報開示体制の改善」が37.0%で最多だった。「金融サービスの向上」を...more
in English
カテゴリー:

元村上ファンドのヘッジファンドが東芝筆頭株主に - 03月24日(金)21:00 

 アメリカ子会社の原子力事業が巨額の損失を計上したことに端を発し、経営再建をめぐり揺れている東芝。  その東芝の筆頭株主になったのは、旧村上ファンド出身者が設立したヘッジファンドのエフィッシモ・キャピタル・マネージメントであると、複数の報道機関が報じた。  エフィッシモは、東芝の発行済み株式を8.14%保有した。東芝への投資目的は「純投資」であり、株価が貴重価値に対して割安であると考えており、「中長期的な企業価値の向上に伴う株価の値上がり益や配当を享受することを目的としている」と、ロイターの取材に対しコメントした。  エフィッシモは「モノ言う株主」として有名だった村上ファンドの元社員、高坂卓志、今井陽一郎、佐藤久彰の3氏が2006年シンガポールに設立したヘッジファンドで、顧客はアメリカの基金を始めとする欧米の機関投資家が主であり、資本の最適化を目標としている。  基本的な投資のスタイルは純投資、投資一任契約に基づく顧客資産運用であるとしているが、一部の企業に対しては経営陣への助言および重要提案といった「モノ言う株主」のスタイルもとっている。  投資手法はイベント・ドリブン戦略で、企業の合併・買収、資産売却、自社株買い、非公開化などを通じて企業価値の創造を目指すとしている。  川崎汽船や近畿車両、大阪製鉄、日東紡績の株式なども大量に保有。学研やリコーといった会社の株式にも関与して...more
in English
カテゴリー:

TASAKIがMBOで上場廃止に踏み切り 経営の自由度を高める狙い - 03月24日(金)19:08 

 宝飾品販売のTASAKIは24日、経営陣による自社株買収(MBO)を実施すると発表した。投資ファンドを通じて株式公開買い付け(TOB)を開始し、同社は上場廃止になる見通しだ。海外市場で積極的な投資を行い、一時的に業績や財務の悪化が見込まれるため、非上場化で経営の自由度を高める狙いだ。MBOで上場廃止に踏み切り、経営が短期的な業績で左右されないようにする企業が増えている。
in English
カテゴリー:

ソフト99コーポレーション 自社株買い実施を発表 - 03月21日(火)13:19 

ソフト99コーポレーション<4464>は17日、株式総数5万株(発行済株式総数の0.2%に当たる)、取得価額の総額0.5億円を上限とする自社株買いの実施を発表した。
in English
カテゴリー:

リスクモンスターは自社株買いなど好感し昨年来の高値に接近 - 03月17日(金)13:38 

■発行株数の4.12%、貸借銘柄への選定も好感される 与信サービスなどのリスクモンスター(東2)は17日の後場962円(24円高)で始まり、1月につけた昨年来の高値989円に接近。
in English
カテゴリー:

ラクーンは自社株買いなど好感され活況高 - 03月15日(水)10:19 

■単純計算では時価を上回る値段で買いつける形のため注目集まる 企業間ECサイト運営などのラクーン(東1)は15日、年初来の高値を更新し、10時にかけて6%高の557円(33円高)まで上げて出来高も増加している。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「自社株」の画像

もっと見る

「自社株」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる