「自由韓国党」とは?

関連ニュース

北朝鮮の平昌オリンピック参加表明は「非常にしたたかな外交攻勢」金正恩の思惑を政治学者が解説 - 02月07日(水)11:00 

 2月9日から開幕する平昌五輪。金正恩北朝鮮労働党委員長が新年の挨拶で「平昌オリンピックに代表団を派遣する用意がある」と話したことで、一部ではこれが南北緊張緩和のシグナルではないかと話題になっています。 この話題を受け、自民党参議院議員の山本一太氏が番組ホストを務める「山本一太の直滑降ストリーム」では、拓殖大学特任教授の武貞秀士氏がゲストで登場し、韓国の若者世代の意識の変化や、朝鮮半島は民族意識が非常に強いことを挙げ、「南北交流が進んでスポーツの世界で行き来が増えれば、(南北関係は)ガラッと変わると思う」とコメントしました。 画像は2018年平昌オリンピック公式Twitterより。 ―人気記事― 【竹島問題】軍艦を使って竹島沖にサーファーを輸送? 竹島が実効支配されるまでの経緯をジャーナリストらが解説 北朝鮮に行ったら「喜び組」と遊べたが「ハニートラップ」にかかりそうになった話 北朝鮮の五輪参加は一石三鳥のタイミングを狙った外交 左から山本一太氏、武貞秀士氏。 山本: 北朝鮮情勢がいろいろと動いていますが、総理が平昌五輪に行くと決めました。このあたりの北朝鮮の動き、つまり今まで南の呼びかけを無視していたんですよね。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は去年の夏くらいから「ぜひ平昌五輪に来てほしい」と。「南北融和の象徴のようなオリンピックにしたい」っていう申し出をずっと拒否して...more
カテゴリー:

「自由韓国党」の画像

もっと見る

「自由韓国党」の動画

Wikipedia

19代大統領選挙に惨敗、野党転落

選挙戦は、ライバル・文在寅候補(共に民主党)有利のまま進み、旧セヌリ党の流れをくむ自由韓国党・正しい政党、それに、かつて共に民主党の反主流派だった議員が中心メンバーである国民の党を加えた3党が候補者の一本化に向けた交渉を行うも失敗に終わり安哲秀氏の支持急落 さらに差をつける文在寅氏 「反文」での一本化困難、時間もなし産経新聞 2017年4月27日、この動きに反旗を翻した正しい政党のメンバーのうち20人が離党し、古巣の自由韓国党に再合流を求め、自由韓国党は正しい政党を離党した13名の復党と懲戒処分を受けていた議員7名の処分解除を決定。

5月9日の投開票の結果、公認候補・洪準杓は2位となったものの、得票率は24.03%にとどまり、韓国大統領選挙史上、歴代の保守政党(自由党→民主共和党→民主正義党→民主自由党→ハンナラ党→セヌリ党→自由韓国党)の候補者として最低の結果となった(それまで最低だったのは1987年大統領選の盧泰愚の36.6%だった)。文在寅と洪準杓の得票差は557万0951票で、2007年大統領選での李明博鄭東泳の531万7708票差を上回り、1位と2位の票差が歴代の韓国大統領選挙史上最大となる惨敗となった。

党の強固な地盤であった...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる