「自爆テロ」とは?

関連ニュース

NY地下鉄“5人けが”「『イスラム国』空爆への怒りで」 - 12月12日(火)12:30 

 アメリカ・ニューヨークで少なくとも5人がけがをした爆弾テロ事件です。容疑者が「アメリカ軍による過激派組織イスラム国への空爆への怒りから自爆テロを起こそうと思った」と話しているということで、警察が動機の解明を進めています。
カテゴリー:

米国:容疑者「ガザ攻撃が動機」 NYでテロ、5人負傷 - 12月12日(火)11:49 

メディア報道  【ニューヨーク國枝すみれ】ニューヨーク市マンハッタン地区のタイムズスクエア付近で11日午前7時半(日本時間同日午後9時半)ごろ、小規模な爆発が起きた。CNNテレビなど米主要メディアは、体につけたパイプ爆弾を爆発させ自爆テロを図った男が、過激派組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓い、イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザ地区攻撃を動機に挙げていると報じた。爆発で、男を含む5人が負傷した。
カテゴリー:

NYで爆発...「自爆テロ」男拘束 - 12月12日(火)06:11 

NYで爆発...「自爆テロ」男拘束:アメリカ・ニューヨークで起きた爆発事件は、男が体に爆弾を巻きつけて、自爆テロを図ったものだったことがわかった。...
カテゴリー:

恐ろしい事態。在米作家が語る「自律型ロボット兵器」の危険性 - 12月09日(土)14:00 

「ロボット兵器が戦争に使われる」…まるで映画の中だけのような話が現実になりつつあるようです。では、人を殺すために開発されたロボット兵器を実際の戦争に投入すると、戦死者は今まで以上に増えることになるのでしょうか。メルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』の著者で在米ジャーナリストの冷泉彰彦さんは、米国をはじめ世界で開発が進む「自律型ロボット兵器」の「危険性とは何か?」について考察しています。 【Q】:ロボット兵器が投入されると、戦争全体の戦死者は減ると思いますか? 増えると思いますか? 【A】:増えると思います。戦争の目的は相手国の屈服であり、ロボット兵器の犠牲だけでは済まないからです。勿論、ロボット戦に敗北したことで、人命が危険に晒される前に降伏するという判断ができれば、人的被害は減るかもしれません。ですが、そのような形で為政者が屈服することは考えにくい中では、結局は技術の進歩は人命損傷の効率化につながると思います。 自律型ロボット兵器、その危険性を考える テスラやスペースXを率いるイーロン・マスクなど、ロボティクスやAIに関係した世界のアントレプレナーが国連に対して「自律型のロボット兵器の開発に関する懸念」を表明し、「この種の兵器を禁止せよ」というオープン・レターを公表しました。 ● Tesla CEO Elon Musk joins other experts in asking ...more
カテゴリー:

NYテロ男「『イスラム国』に影響された」 - 12月12日(火)12:30 

NYテロ男「『イスラム国』に影響された」:アメリカ・ニューヨークで3人が負傷した自爆テロ事件で、容疑者の男が、過激派組織「イスラム国」のプロパガンダに影響されて、犯行に及んだ可能性があることがわかった。...
カテゴリー:

クリスマス時期狙い自爆テロ計画…NY爆発 12/12 10:23更新 - 12月12日(火)10:23 

米・ニューヨークの中心部で11日、爆発テロ事件が起き、3人がケガをしている。拘束された男は「過激派組織『イスラム国』の影響を受けた」「爆発は1人で計画し、自爆テロをするつもりだった」と話し、クリスマスの時期を狙って犯行に及んだという。
カテゴリー:

「岡崎はカミカゼの様だった」と発言したサッカー監督が批判される 英米では日帝の戦争犯罪を意味する - 12月11日(月)23:43  news

[OSEN=イ・インファン記者]フランス出身のクロード・ピュエル、レスターシティ監督が日本人、岡崎慎司をほめるために誤った単語を使った。 レスターは10日午前2時30分(韓国時間)、英国タイン・アンド・ウィア州に位置するセント・ジェームズ・パークで開かれた2017-2018イングランド・プレミアリーグ(EPL)16ラウンド、ニューカッスル・ユナイテッド遠征試合で3-2勝利を記録した。 リーグ3連勝したレスターはリーグ8位(勝点23点、6勝5分け5敗)にあがった。この日、レスターは後半42分、劇的な相手のオウン・ゴールで勝利を得ること...
»続きを読む
カテゴリー:

アフガニスタンで自爆テロ、6人死亡 - 12月04日(月)09:50 

 アフガニスタンでバイクによる自爆テロです。アフガニスタン東部・ジャララバードで3日、サッカー競技場前で集会が行われるなか、自爆テロが起きました。
カテゴリー:

「自爆テロ」の画像

もっと見る

「自爆テロ」の動画

Wikipedia

自爆テロ(じばくテロ、英:suicide terrorism)とは、犯人自身も死亡する事を前提としたテロリズムである。通常、人は自然と自分の身を守ろうとするもので、テロリズムなどの犯罪を行う場合でもそうしたがるものなのだが、自爆テロでは自分が死ぬことを承知の上で殺人破壊活動などを行う。攻撃の内容がテロリズムに当たるのかどうかを特に問わない場合はsuicide attack “自殺攻撃”と呼ばれている。

ここでは爆弾を用いたものに限らず、犯人自身が必然的に死ぬことを承知の上で行う攻撃やテロリズム全般を扱う。

概要

一般に、「自爆テロ」と日本語に訳されているのは、英語で「suicide terrorism」と呼ばれているものである。 通常、人というのは、自身の身を守るもので、テロリズムを行う犯人も、計画を立てる時、何かを攻撃するにしても自分は生き残ろうとする。だが、自爆テロというのは、そうした常識に逆らうもの、常識を超えたものである。

世のさまざまな警備策(セキュリティ)というのは一般に人は自分の身を守るものだという前提の上に組み立てられていることが多い。たとえば、逃げ道が無い場所では犯行はしづらいだろう、とか、人が何らかの物を床に置いてそそくさとそれから遠ざかるように立ち去ったら(その段階になって)人の命に危険を及ぼす可能性のある不審物と見なして調べたり除去する、とか、もしも怪しげな人物がいたら心理的に威嚇すれば遠ざけることができる(はずだ)、といったような警備上の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる