「自治体」とは?

関連ニュース

生活援助:利用抑制へ 訪問介護、自治体がチェック - 11月22日(水)22:44 

 高齢者の訪問介護サービスのうち、調理や掃除などの「生活援助」の過度な利用を抑えるため、厚生労働省は来年10月から、利用回数が多い場合は自治体が適切かどうかチェックする仕組みを設ける。22日の社会保障審議会の介護給付費分科会で明らかにした。
カテゴリー:

【チャンス】山の名付け親なりませんか 古処連山の一角なぜか名無し 朝倉市と嘉麻市が募集 30日〆/福岡 - 11月22日(水)16:46  newsplus

朝倉市側から見た古処連山。屏山と馬見山の間にある山(矢印)の名称を募集している(朝倉市提供) ?1511298123 地図 ?1511298123 山の名付け親になりませんか-。朝倉市と嘉麻市は、両市境にある山の名称を募集している。この山は古処連山の一角にあるが名前が付いておらず「なぜか古い文献にも正式名が見当たらない」(朝倉市)という。両市が選定した後に周知を図り、将来的に国土地理院へ申請して地図への掲載を目指す計画。永遠に残るかもしれない山の名前が付けられるまたとないチャンスだ。  この山は標高約860メート...
»続きを読む
カテゴリー:

【文化】「今までの日本が特殊だったのだ・・・」出版界は諦めムード。「ミニストップ」成人雑誌NO★2 - 11月22日(水)12:52  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00000012-sph-soci イオングループ傘下のコンビニ「ミニストップ」(千葉市)は、来年1月から国内全店 約2200店で成人向け雑誌の販売を中止すると発表した。コンビニ業界では初めての試み。 一般の小売店で幅広く成人誌を置くのは諸外国では珍しいとされ、訪日客が多くなる 2020年の東京五輪・パラリンピックを前に対応が必要と判断した。同グループでは 書店を含め、雑誌を扱う全国7000店でも販売をやめる。 ミニストップの判断を受け、成人雑誌業界では「やむを得な...
»続きを読む
カテゴリー:

沖縄クロス・ヘッド、アシストと協業し、情報漏洩対策サービス 「ダブルブラウザ・ソリューション」を提供開始 ~沖縄県3自治体への導入完了、民間へも展開へ~ - 11月22日(水)10:00 

沖縄クロス・ヘッド株式会社(本社:沖縄県那覇市 代表者:代表取締役 渡嘉敷 唯昭 以下、沖縄クロス・ヘッド)は、 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:大塚 辰男 以下、アシスト)が提供する情報漏洩対策サービスの クライアント仮想化製品「Ericom」(エリコム)の「ダブルブラウザ・ソリューション」のサービスにおいて、協業することを以下の通り発表します。
カテゴリー:

【政府検討】地球温暖化などを防止するため、一人辺り最大1000円の税負担増 - 11月22日(水)08:58  newsplus

https://mainichi.jp/articles/20171122/ddm/008/020/071000c  政府・与党は、新たに創設を検討している森林環境税について、1人年間500~1000円程度を徴収する方向で検討に入った。地方税である個人住民税に上乗せする形で徴収する。今後、与党の税制調査会で詳細を詰め、2018年度税制改正大綱に導入時期などを盛り込むことを目指す。ただ、すでに類似の税を独自に導入している自治体もあり、税負担が増す納税者に対し丁寧な説明が求められそうだ。【中島和哉】  政府・与党は、地球温暖化防止や国土保全のため、森林...
»続きを読む
カテゴリー:

高知・大川村など議員のなり手不足深刻化 町村議長会が兼業禁止の緩和求める  - 11月22日(水)16:50 

 全国町村議会議長会は22日、東京都内で全国大会を開き、地方議員のなり手不足が深刻化しているとして、国に人材の確保策を求める重点要望を採択した。自治体と関係が深い企業、団体の責任者らとの兼業を禁じた規定の緩和や、地方議員の厚生年金加入の実現などを挙げている。
カテゴリー:

赤い羽根のバッタ、福島で発見! - 11月22日(水)14:40  news

福島大は16日、絶滅危惧種で、飛ぶための赤い羽が特徴の「アカハネバッタ」の生息が福島県内で 確認されたと発表した。同大大学院博士課程後期2年の緒勝(おかつ)祐太郎さん(26)らが今年夏、 国内4カ所目となる生息地を会津地方で発見した。 アカハネバッタは1986年の新潟県を最後に確認例が途絶え、国内での絶滅が懸念されてきた。 2012年以降、長野、山形、新潟の3県で生息が報告され、種の保存法で採取を禁じる希少種に指定された。 緒勝さんは、福島県の委託で3年前から県内の希少昆虫の生息状況を調査...
»続きを読む
カテゴリー:

【文化】「今までの日本が特殊だったのだ・・・」出版界は諦めムード。「ミニストップ」成人雑誌NO - 11月22日(水)10:17  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00000012-sph-soci イオングループ傘下のコンビニ「ミニストップ」(千葉市)は、来年1月から国内全店 約2200店で成人向け雑誌の販売を中止すると発表した。コンビニ業界では初めての試み。 一般の小売店で幅広く成人誌を置くのは諸外国では珍しいとされ、訪日客が多くなる 2020年の東京五輪・パラリンピックを前に対応が必要と判断した。同グループでは 書店を含め、雑誌を扱う全国7000店でも販売をやめる。 ミニストップの判断を受け、成人雑誌業界では「やむを得な...
»続きを読む
カテゴリー:

家に住みながら、その家を売却できる!老後に資金を調達できる、ハウスドゥの注力事業とは - 11月22日(水)09:00 

株式会社ハウスドゥは、同社の100%出資子会社である不動産担保ローンを提供する株式会社フィナンシャルドゥ(以下、フィナンシャルドゥ)の「金融機関との提携によるリバースモーゲージ保証業務の開始」に関する説明会を開催した。少子高齢化が進む日本において、「リバースモーゲージ」が普及することで安定した老後が過ごせる環境へと一歩近づける事業と言えるだろう。■日本でリバースモーゲージを普及させたい - ハウスドゥ安藤社長株式会社ハウスドゥの代表取締役社長である安藤正弘氏によれば、「アメリカではリバースモーゲージは普及していますが、日本ではまだまだ浸透していません。」とのこと。「そこで大阪信用金庫様との提携によりリバースモーゲージ保証事業をスタートさせました」という。リバースモーゲージとは、自宅を担保に融資が受けられる金融商品のひとつだ。自宅という不動産を保有する高齢者世帯が自宅を手放すことなく、その資産価値を活かしてお金を借りることができる一種の生活ローンのようなものだ。不動産所有者の存命中は、利息のみを返済し、ローンの契約者が死亡時、もしくは契約満期の時点で担保となっている自宅を融資機関が売却することにより、元金を一括返済する。自宅はあるが、貯蓄や手持ち資金が少ない高齢者世帯が、自宅を手放すことなく資金調達できる手段として注目されている。しかし、資金を提供する金融機関側としては不動産価格の下...more
カテゴリー:

ふるさと納税で「年末の駆け込み寄附」をするなら、 1万円で牛肉4kg超もらえる「福島県中島村」に注目! 寄附の締切日やワンストップ特例の注意点なども解説 - 最新記事 - 11月22日(水)08:00 

ふるさと納税で1万円の寄附で牛肉が4kg超もらえてお得な自治体と、年末の「駆け込み寄附」での2つの注意点を紹介!今年4月の総務大臣通達で、一時は暗いムードが漂った「ふるさと納税」だったが、その後の自治体の努力や、総務大臣交代で、環境は良好に。気づくと昨年と遜色ないどころか、より豪華な返礼品が、続々と登場している。そこで発売中のダイヤモンド・ザイ1月号では、「駆け込み! ふるさと納税BEST86」と題し、厳選の返礼品やふるさと納税の裏ワザを大特集している。今回はその中から、「駆け込み寄附」の注意点と、1万円の寄附でもらえるお得な牛肉をピックアップして紹介しよう!
カテゴリー:

もっと見る

「自治体」の画像

もっと見る

「自治体」の動画

Wikipedia

自治体(じちたい、Autonomy)とは、自治の権能をもつ団体・組織・集団など指すための用語や翻訳語。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる