「自治体」とは?

関連ニュース

33自治体で個人番号カード実証実験 - 09月22日(金)05:00 

 総務省は21日、マイナンバー制度の個人番号カードで自治体ポイントを使ったり、公共施設を利用したりする実証実験に、千葉県東金市など33自治体が参加すると発表した。実験は25日から順次実施する。東金市など11自治体では、クレジットカード会社のポイントや航空会社のマイレージと交換した自治体ポイントを利用し、商店街での買い物の支払いなどが可能となる。
カテゴリー:

男性喫煙率、群馬がトップ 滋賀と17ポイント差 - 09月21日(木)23:51  news

厚生労働省が実施した2016年国民健康・栄養調査で、都道府県別の成人男性の喫煙率は群馬が37・3%でトップだったことが21日分かった。 最も低かった滋賀は20・6%で地域差が大きい。厚労省の担当者は「理由ははっきりしないが、各自治体は調査結果を参考に、 禁煙指導などのたばこ対策を進めてほしい」としている。 都道府県で比較できるよう年齢調整した上で、成人男性の喫煙率を地域別に見ると、最も高かった群馬に続いたのは福井36・6%、 北海道35・9%で、低かったのは滋賀に続き奈良22・0%、大分25...
»続きを読む
カテゴリー:

【緊急】衆院選挙東京25議席予測 野党4党で18議席、日本Fが5議席、自民2議席に激減 - 09月21日(木)21:10  news

7月16日から衆議院議員の定数を全国で10削減した新しい区割が施行されました。 東京都では、25ある衆議院の選挙区のうち、21の選挙区で見直しが行われ、 選挙区を構成する自治体編成が大きく変更された選挙区もあります。 今年7月の都議会議員選挙で都民ファーストの会(以下、都民Fと略)が大きく躍進し、その都民Fと連携を模索し、 若狭勝衆議院議員らが結成を目指す国政新党は、全国で100人規模、東京の25の選挙区にはすべて候補者を擁立する方針です。 選挙区割が大きく変化した上、都議選初挑戦の都民Fが圧勝し、その都...
»続きを読む
カテゴリー:

【LGBT】家探し支援、福岡の会社 理解不足で契約難しく - 09月21日(木)19:23  newsplus

三好不動産のフェイスブック。LGBTの部屋探しに関する「よくある質問」を掲載している ?2  性的少数者(LGBTなど)の不動産物件の賃貸を巡り、入居しやすい環境づくりに向けた新たな動きが出ている。福岡市の不動産会社「三好不動産」は昨年11月からの10カ月間で、部屋探しに苦労する同性カップル14件の入居契約を成立させ、業界などで注目されている。ただ理解不足から契約に至らないケースなどもあり、専門家は行政の積極的な対応の必要性を指摘している。  三好不動産でLGBTの入居を担当する原麻衣さん(3...
»続きを読む
カテゴリー:

【毎日新聞】菅野完さんのツイッターアカウント凍結、本人に理由示さず 江川紹子「『政府が圧力をかけたのではないか』という声もある」 - 09月21日(木)18:01  seijinewsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000006-mai-soci  代表的なSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)である「ツイッター」の運営方法に疑問の声が上がっている。「差別的な投稿が放置されている」との批判がある一方で、理由が明示されないまま個人のアカウントが凍結される騒ぎも起きている。「情報インフラ」と言われるまでに成長したサービスだが、投稿内容の適否の判断がブラックボックス視され、「政府の圧力」なる陰謀論すら出回る始末だ。【川崎桂吾】  「差別ツイート 野放しやめて」「NO H...
»続きを読む
カテゴリー:

ふるさと納税の成功事例を紹介 来月とりまとめ - 09月22日(金)05:00 

 野田聖子総務相は21日、ふるさと納税の寄付金を子育て支援に特化して使い、人口増加につなげた北海道上士幌町など、全国の寄付金活用の成功事例をとりまとめる考えを明らかにした。全国の自治体に寄付金の使い道を寄付者に明確にすることなどを求める大臣書簡も出す。同町を視察後に記者会見した野田総務相は「ふるさと納税の寄付金でどういう成果が上げられるかが問われている」と述べた。
カテゴリー:

【たばこ】男性喫煙率、最も低かったのは滋賀県 トップの群馬県と17ポント差 - 09月21日(木)21:16  newsplus

成人男性の喫煙率  厚生労働省が実施した平成28年国民健康・栄養調査で、都道府県別の成人男性の喫煙率は群馬が37・3%でトップだったことが21日分かった。最も低かった滋賀は20・6%で地域差が大きい。厚労省の担当者は「理由ははっきりしないが、各自治体は調査結果を参考に、禁煙指導などのたばこ対策を進めてほしい」としている。  習慣的に喫煙している人の割合は男性30・2%(15年比0・1ポイント増)、女性8・2%(同0・3ポイント増)で、ほぼ横ばいだった。  都道府県で比較できるよう年齢調整し...
»続きを読む
カテゴリー:

ふるさと納税の有効活用事例紹介 野田聖子総務相「成果が問われている」 子育て支援の上士幌町を視察 - 09月21日(木)20:02 

 野田聖子総務相は21日、ふるさと納税の寄付金を子育て支援に特化して使い、人口増加につなげた北海道上士幌町など、全国の寄付金活用の成功事例をとりまとめる考えを明らかにした。全国の自治体に、寄付金の使い道を寄付者に明確にすることなどを求める大臣書簡も出す。同町を視察後に記者会見した野田総務相は「ふるさと納税の寄付金でどういう成果が上げられるかが問われている」と述べた。
カテゴリー:

タブレット演習教材「おさらい先生」Web版リリース - 09月21日(木)19:00 

 教室ICT実践会は9月21日、タブレット演習教材「おさらい先生」のWeb版をリリースした。Web版リリースにあたり、教育機関向けにトライアル用のデモアカウントを発行している。 「おさらい先生」は、手書き対応の無学年制のタブレット演習教材。算数・数学の代数計算と、国語の文章読解を「自立学習形式」で学ぶことができる。手書き精度の高いデバイスに限定しているので、高度な問題を自動で出題・採点できるほか、自学自習教材なのでテキストや指導が不要。無学年制であるため「前の学年に戻る」「先の学年に進む」など、自分に今必要なレベルで学習できる。 これまでのアプリ版はAndroid OS専用だったが、9月21日にWeb版をリリース。Web版の提供によりOSの制約にとらわれず、すべてのデバイスで導入が可能となった。 2017年7月より、神奈川県厚木市の小学校23校で先行して導入されている。Web版も、アプリ版と遜色ないスピードで動作。ブラウザ上で動作するため、インストールなどの手間はなく、常に最新の状態を保つことができる。 Web版リリースにあたり、希望する教育機関向けにトライアル用のデモアカウントを発行している。申込みは、教室ICT実践会のWebサイトから「トライアルID発行依頼書」をダウンロードし、必要事項を記入してメールで送付する。 10月6日には横浜で開催される「教室ICT実践活用セミナー」で...more
カテゴリー:

台湾観光局と台湾観光協会、2020年に向けた観光施策を解説 2018年以降は海と山、ロハスと体験ツーリズムがテーマ - 09月21日(木)16:18 

 台湾観光局と台湾観光協会は9月20日、都内で旅行業者向けのワークショップとセミナーを開催した。台湾の各地域自治体、ホテル・リゾート、飲食店、そのほか観光施設など、およそ100団体、200名におよぶサプライヤーが来日し、台湾のさまざまな魅力を発信。セミナーでは2018年以降の台湾観光のキーポイントとして、海、山、ロハス、体験ツーリズムなどを挙げた。
カテゴリー:

もっと見る

「自治体」の画像

もっと見る

「自治体」の動画

Wikipedia

自治体(じちたい、Autonomy)とは、自治の権能をもつ団体・組織・集団など指すための用語や翻訳語。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる