「自民党税制調査会」とは?

関連ニュース

【経済】個人軸に2800億円増税 法人税は増減ゼロ - 12月15日(金)00:47  bizplus

 自民、公明両党は14日、2018年度の与党税制改正大綱を決定した。年収850万円超の会社員への所得増税やたばこ増税で、約2800億円の増税となる。森林保護や観光インフラ整備の財源とする27年ぶりの新たな国税も創設。個人の増税が際立つ一方、法人税は賃上げや設備投資を進める企業に減税するメニューが並び、増減税はほぼ同額となった。 政府は月内に税制改正大綱を閣議決定し、来年1月中旬に召集予定の次期通常国会に関連法案を提出する。  ほぼ全ての税制改正が実現した平年度ベースで2800億円規模の増税となる。内訳は国税1600...
»続きを読む
カテゴリー:

所得増税850万円超で決着 公明・官邸、財務省・自民税調押し切る 「負担増」感回避へ異例の方針転換 - 12月12日(火)07:14 

 平成30年度税制改正をめぐり、自民、公明両党が所得税改革で増税となる会社員の年収基準を当初の「800万円超」から「850万円超」へ見直したのは、中間層への負担増を嫌う公明党の強い批判を自民党が受け入れたからだ。自民党税制調査会がいったん内定した案を見直すのは異例だが、今回は子育て世帯支援を進める菅義偉官房長官ら首相官邸も同調し、自民党税調の方針を覆させた。
カテゴリー:

所得税改革、公明反発で再調整 対象を「年収850万円超」案浮上 - 12月09日(土)06:13 

 自民党税制調査会の宮沢洋一会長は8日、2018年度税制の焦点である所得税改革で、増税となる会社員の対象について、これまで公明党税調との間の調整で決着していた「年収800万円超」案を見直す考えを表明した。中間層の負担が増えることや個人消費への悪影響を懸念する公明党議員が反発したためで、対象は「年収850万円超」案を軸に再調整する。
カテゴリー:

加熱式たばこは紙巻きより時間かけ増税 但し、1年延ばすだけ - 12月05日(火)06:58  news

自民党税制調査会は増税を検討している「加熱式たばこ」にかかる「たばこ税」について、拡大している市場への影響などを考慮して、 段階的に増税する方針の「紙巻きたばこ」よりも1年長く2022年度までかけて引き上げる方向で調整を進めることになりました。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171205/k10011246491000.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

【政治】会社員の増税、年収800万円超を提案 財務省 - 12月04日(月)21:28  bizplus

2018年度税制改正で実現をめざす所得税改革をめぐり、負担増となる所得階層など細部の調整が本格的に始まった。財務省は4日、年収800万円超の会社員が増税になる検討案を首相官邸に説明。5日の自民党税制調査会の非公式幹部会合では、この案をもとに具体的な負担の線引きについて議論する。公明党との協議も並行して進め週内にも取りまとめる。  財務省がまとめた案は会社員の給与収入にかかる給与所得控除を縮小し、全… https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24233530U7A201C1EE8000/?nf=1 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【会社員の増税】年収850万円超に 与党税制協議会で正式合意 控除見直しでどう変わる - 12月12日(火)21:52  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171212/k10011255861000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_018 12月12日 18時52分 自民党と公明党は、与党税制協議会を開き、来年度の税制改正で焦点となっている所得税の控除の見直しで、増税の対象となる会社員を、当初検討していた年収800万円を超える人から年収850万円を超える人に絞り込むことなどを14日に取りまとめる予定の税制改正大綱に盛り込むことで正式に合意しました。 自民党税制調査会の会合では、焦点となっている所得税の控除の見直しをめぐり、会社員を対象...
»続きを読む
カテゴリー:

所得増税:年収850万円超で合意 自公税調 - 12月11日(月)11:37 

 自民党税制調査会の宮沢洋一会長と公明党税調の斉藤鉄夫会長は11日午前、東京都内で会談し、2018年度税制改正で焦点となっている所得税改革について、増税となる年収水準を年収850万円超とすることで合意した。
カテゴリー:

所得税改革 年収800万円超から増税 自公が調整入り - 12月06日(水)06:14 

 自民党税制調査会は5日開いた非公式会合で、2018年度税制改正の焦点である所得税改革に関して、年収800万円超の会社員を増税とする案を固め、公明党と調整に入った。年金受給者に関しては1000万円以上の年金を受け取っている人や、年金以外に1000万円超の収入を得ている人の控除を縮小して増税にする。与党が14日に決定する18年度税制改正大綱への盛り込みを目指し、調整を急ぐ。
カテゴリー:

【たばこ税】加熱式は紙巻きより時間かけ増税で調整 - 12月05日(火)04:49  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171205/k10011246491000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003 12月5日 4時33分 自民党税制調査会は増税を検討している「加熱式たばこ」にかかる「たばこ税」について、拡大している市場への影響などを考慮して、段階的に増税する方針の「紙巻きたばこ」よりも1年長く2022年度までかけて引き上げる方向で調整を進めることになりました。 自民党税制調査会は、社会保障などに充てる財源を確保するため「紙巻きたばこ」にかかる「たばこ税」を来年10月から2021年度まで段階...
»続きを読む
カテゴリー:

【地球温暖化対策】森林環境税1人1000円 20年度以降、住民税に上乗せ - 11月23日(木)12:08  newsplus

 政府・与党は2018年度税制改正で、森林保全に使う「森林環境税」を創設し、1人あたり年1000円を徴収する方針を固めた。19年10月に予定する消費税率の引き上げを考慮して、20年度以降に導入する。対象は住民税を支払う6200万人で年620億円の財源となる。ただ、二酸化炭素(CO2)削減など地球温暖化対策への効果には疑問の声もある。  自民党税制調査会は22日に総会を開き、18年度税制改正に向けた本… ※続く 配信2017/11/23 1:55 日本経済新聞 続きは会員登録をしてお読みいただけます https://www.nikkei.com/article/DGXMZ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「自民党税制調査会」の画像

もっと見る

「自民党税制調査会」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる