「自殺対策」とは?

関連ニュース

【東尋坊】身投げ寸前で保護された中高生たちの苦しみ 「おーい、めし食ったか」で救われる命もある 自殺防止NPO団体の活動 福井 - 02月16日(金)03:54  newsplus

http://toyokeizai.net/articles/-/208920?display=b 福井県外のある高校3年生男子は、クラス全員から「体臭が強い。近寄るな」と言われた。廊下を歩くと、他の生徒は端に寄り、かに歩きのようにしてすれ違った。担任に相談すると「朝シャン(朝の洗髪)して来い」と逆に注意された。生徒は毎日“朝シャン”をしていた。いじめられていることを父親に話すと「男のくせに、何だ」と怒鳴られた。どこにも逃げ場はなかった。 2013年11月、身を投げるために坂井市の東尋坊にやって来た。雨が降る中、東屋で休んでいるところを、自殺防止活...
»続きを読む
カテゴリー:

【茨城】246人「自殺考えた」 最近1年間で、つくばの研究者ら メンタル対策が重要に - 02月07日(水)19:35  newsplus

筑波研究学園都市の研究者らを対象とした職場のストレスや生活環境のアンケートで、最近1年間で自殺を考えたことがあると答えた人が246人に上ることが7日までに、筑波研究学園都市交流協議会のまとめで分かった。同協議会は「各機関でストレスを抱えた職員へのメンタル対策が重要になる」と強調している。 調査は同協議会の労働衛生専門委員会が5年ごとに実施。今回は昨年2~3月、53機関、1万9481人を対象にネット(無記名)で行い、7255人から回答(回答率37・2%)を得た。このうち研究学園都市在住の4154人を対象に解析を行った。 「こ...
»続きを読む
カテゴリー:

【YouTube】日本で樹海遺体動画のユーチューバー、自殺対策啓発動画でYouTubeに復帰 - 01月25日(木)16:38  newsplus

http://www.bbc.com/japanese/42813699 日本で自殺したとみられる人の動画を昨年末にYouTubeに投稿し批判された、米国の人気ビデオ投稿者、ローガン・ポール氏(22)が24日、自殺防止の啓発動画を投稿し、YouTubeに復帰した。 ポール氏の新しい動画投稿は、遺体の動画を投稿して世界中で批判されて以来初めて。 7分間の動画でポール氏は、活動家たちや自殺未遂をした人に会い、自殺防止団体に100万ドル(約1億1000万円)の寄付を約束している。 動画はネット上のポール氏の若いファンたちから、おおむね好評を得ている。 ポール...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】自殺者2万1140人 8年連続減少 - 01月19日(金)10:25  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180119/k10011293801000.html 1月19日 10時04分 去年、自殺した人は2万1140人と8年連続で減少したことが警察庁のまとめでわかりました。 警察庁によりますと、去年1年間に自殺した人は全国で2万1140人と、前の年よりも757人、率にして3.5%減り、8年連続で減少しました。 男女別では男性が1万4693人、女性が6447人でした。 都道府県別では東京都が2146人と最も多く、次いで神奈川県が1256人、大阪府が1167人などで、最も少なかったのは鳥取県で98...
»続きを読む
カテゴリー:

【群馬】「幸幸幸辛幸…」 悩める若者の「辛」に気付いて 群馬県が、若者の自殺対策の動画 - 02月14日(水)11:14  newsplus

 群馬県が、若者の自殺対策の動画を作った。  1日から県公式動画サイト「ぐんまちゃんTV」(http://www.i-gunma.tv/)で公開している。  悩みを抱える本人に向けた動画と、周囲の人に向けたものの2種類あり、いずれも1分30秒。県内の大学生の意見を参考に制作した。  本人向けの動画では、県出身のラップ・アーティスト「NAIKAナイカ MCエムシー」さんがラップに合わせ、「これ以上頑張らなくていい」「聞かせてくれよ、君の声を」などと呼びかけている。  周囲の人に向けた動画では、「幸」という漢字が並...
»続きを読む
カテゴリー:

「公正中立」な報道なんてないのだから――時事芸人・プチ鹿島×評論家・荻上チキ対談 - 02月04日(日)08:51 

 安保法制や原発再稼働などのニュースに対し、新聞各紙は社説でどんな論陣を張ったのか? 各紙、どんな有識者に語らせているのか? 首相はどこのメディア人と会い、食事を共にしているのか?……  新聞を読み比べ、数え、各紙の「偏り」を提示した一冊が、評論家・荻上チキ氏の『すべての新聞は「偏って」いる ホンネと数字のメディア論』(扶桑社)だ。  一方、「時事芸人」として知られるプチ鹿島氏も、『芸人式新聞の読み方』(幻冬舎)で、新聞を擬人化し、新聞の味わい方を提唱している。  アプローチは違えども、共通するのは、「不偏不党・公正中立など存在しない」ということ。荻上氏と鹿島氏が、“分断”する社会をつなぐ新聞の読み方について語り合う。 ◆己を貫く「産経」と大衆を意識する「読売」 荻上:新聞の見方をどう提示するかもひとつの芸ですよね。僕は数字を出すスタイルをとり、鹿島さんは各新聞の立ち位置を明確にするために、擬人化をしている。朝日はインテリおじさんで毎日は書生肌のおじさんで、毎日は朝日に比べて地味な「書生肌のおじさん」というように。 鹿島:M-1の審査員じゃないですけど、新聞も結局、「どっちが好き嫌い」ってなっちゃうじゃないですか。 荻上:和牛のほうががよかったのに! とかね。 鹿島:新聞を好き嫌いで語ると、ガチンコの言葉の投げつけになってしまう。それを回避するために、僕はキャラ設...more
カテゴリー:

【自殺】栃木の「自殺死亡率」全国上回る…20~30歳代の若者世代で深刻 - 01月21日(日)15:40  newsplus

 栃木県は2018年度から22年度の5年間に進める「いのち支える県自殺対策計画(仮称)」の素案をまとめた。 警察庁が19日に公表した17年の年間自殺者数(速報値)では県内は393人で、16年の382人を上回ったが、おおむね減少傾向にある。だが、人口10万人あたりの自殺者数を示す「自殺死亡率」は高く、厚生労働省によると、17年は20・0と全国を大きく上回った。県は計画により、自殺死亡率を22年までに、国の目標と同じ14・6に下げることを目指す。  県によると、県内の年間自殺者数は、09年の63...
»続きを読む
カテゴリー:

「自殺対策」の画像

もっと見る

「自殺対策」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる