「自殺対策」とは?

関連ニュース

【サッカー】本田圭佑の「他人のせいにするな!」に批判殺到!世界最悪レベルの「日本の若者の自殺率」 - 06月12日(月)21:52 

本田圭佑の「他人のせいにするな!」に批判殺到!世界最悪レベルの「日本の若者の自殺率」 http://biz-journal.jp/i/2017/06/post_19380_entry.html 文=里中高志2017.06.12  日本の自殺死亡率は世界でワースト6位――。そんな衝撃的な統計結果を、先日、厚生労働省がまとめた。  これは5月30日、政府が閣議決定した2017年版の『自殺対策白書』で公表されたもので、世界各国の自殺死亡率を比較し分析したものだ。  自殺死亡率とは人口10万人あたりの自殺者数のことだが、これが日本は19.5。世界ではワースト6位で、アジアでは韓...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】G7の若者の死因、1位が「自殺」だったのは日本だけ★4 - 05月31日(水)09:03 

厚生労働省がG7各国の若者の死因について分析した結果、1位が「自殺」だったのは日本だけでした。 30日、閣議決定された2017年版の「自殺対策白書」で、おととしの若者の死因を分析した結果、15歳から39歳までの5歳ごとの全ての年齢区分で死因の1位は「自殺」でした。 このうち、30代前半は1992年以降の24年連続です。 また、G7各国について比較可能な最新の統計で若者の死因を比較すると、外国は「事故」が1位で、日本だけは「自殺」が1位でした。 日本では若者の自殺者数が高止まりしていて、厚労...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】G7の若者の死因、1位が「自殺」だったのは日本だけ★2 - 05月30日(火)23:40 

厚生労働省がG7各国の若者の死因について分析した結果、1位が「自殺」だったのは日本だけでした。 30日、閣議決定された2017年版の「自殺対策白書」で、おととしの若者の死因を分析した結果、15歳から39歳までの5歳ごとの全ての年齢区分で死因の1位は「自殺」でした。 このうち、30代前半は1992年以降の24年連続です。 また、G7各国について比較可能な最新の統計で若者の死因を比較すると、外国は「事故」が1位で、日本だけは「自殺」が1位でした。 日本では若者の自殺者数が高止まりしていて、厚労...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】G7の若者の死因、1位が「自殺」だったのは日本だけ - 05月30日(火)20:11 

厚生労働省がG7各国の若者の死因について分析した結果、1位が「自殺」だったのは日本だけでした。 30日、閣議決定された2017年版の「自殺対策白書」で、おととしの若者の死因を分析した結果、15歳から39歳までの5歳ごとの全ての年齢区分で死因の1位は「自殺」でした。 このうち、30代前半は1992年以降の24年連続です。 また、G7各国について比較可能な最新の統計で若者の死因を比較すると、外国は「事故」が1位で、日本だけは「自殺」が1位でした。 日本では若者の自殺者数が高止まりしていて、厚労...
»続きを読む
カテゴリー:

【苦痛を味わい生きても・・】若い世代の死因、自殺最多―政府白書 - 05月30日(火)12:17 

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170530-00000017-jij-pol 政府は30日、2017年版の自殺対策白書を閣議決定し公表した。  自殺者数は減少傾向にある中、死亡原因は15~39歳で自殺が依然として最も多く、 白書は「社会をけん引する若い世代の自殺は深刻な状況にある」としている。  年間の自殺者数は03年の3万4427人をピークに減少。15年に2万4025人、 16年は2万1897人となり、22年ぶりに2万2000人を割った。  人口動態統計を基に15年の死因順位を5歳ごとの年齢層別に見ると、10代前半や40歳以上は「がん」が最多で...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】G7の若者の死因、1位が「自殺」だったのは日本だけ★5 - 05月31日(水)11:39 

厚生労働省がG7各国の若者の死因について分析した結果、1位が「自殺」だったのは日本だけでした。 30日、閣議決定された2017年版の「自殺対策白書」で、おととしの若者の死因を分析した結果、15歳から39歳までの5歳ごとの全ての年齢区分で死因の1位は「自殺」でした。 このうち、30代前半は1992年以降の24年連続です。 また、G7各国について比較可能な最新の統計で若者の死因を比較すると、外国は「事故」が1位で、日本だけは「自殺」が1位でした。 日本では若者の自殺者数が高止まりしていて、厚労...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】G7の若者の死因、1位が「自殺」だったのは日本だけ★3 - 05月31日(水)03:04 

厚生労働省がG7各国の若者の死因について分析した結果、1位が「自殺」だったのは日本だけでした。 30日、閣議決定された2017年版の「自殺対策白書」で、おととしの若者の死因を分析した結果、15歳から39歳までの5歳ごとの全ての年齢区分で死因の1位は「自殺」でした。 このうち、30代前半は1992年以降の24年連続です。 また、G7各国について比較可能な最新の統計で若者の死因を比較すると、外国は「事故」が1位で、日本だけは「自殺」が1位でした。 日本では若者の自殺者数が高止まりしていて、厚労...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】自殺者2万1897人、7年連続減少…16年 - 05月30日(火)21:58 

 政府は30日、2017年版「自殺対策白書」を閣議決定した。  16年の自殺者数は2万1897人(前年比2128人減)で、7年連続の減少となった一方、人口10万人あたりの自殺者数を示す「自殺死亡率」は17・3ポイント(同1・2ポイント減)で、主要先進国では最も高い水準となった。  白書には、昨年10月に厚生労働省が行った意識調査の結果も掲載された。回答した2019人のうち、自殺を考えた経験のある人は23・6%だった。一緒に自殺をする人を募ったり、手段を考えたりする「自殺サイト」を閲覧した経験...
»続きを読む
カテゴリー:

【白書】日本の自殺率6位、若年層ほど深刻 政府が17年版白書 - 05月30日(火)18:58 

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG30H2W_Q7A530C1CR0000/ 2017/5/30 11:43  政府は30日の閣議で、2017年版の自殺対策白書を決定した。人口10万人当たりの自殺者数を示す自殺死亡率を諸外国と比較し、日本は6番目に高かった。若年層の自殺と事故の死亡率を先進7カ国で比べると、自殺が事故を上回ったのは日本だけだった。白書は「若い世代の自殺は深刻な状況にある」としている。  警察庁の統計によると、16年の自殺者数は前年比2128人減の2万1897人で、7年連続で減少し、22年ぶりに2万2千人を下回った。内訳は男性...
»続きを読む
カテゴリー:

【政府】日本の自殺率ワースト6位 女性は3位 自殺対策白書閣議決定 - 05月30日(火)10:12 

政府は30日の閣議で2017年版自殺対策白書を決定した。 世界保健機関(WHO)のデータベースを基に各国の自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺者数)を比べると、日本はワースト6位で、特に女性はワースト3位と高い水準だった。 一方、15年の死因を5歳ごとの年齢階級別に分析すると、15~39歳の5階級で1位が「自殺」と判明。若年層の自殺が深刻との見解も示した。 日本の自殺者数は減少傾向だが、人口比では世界的にも依然高水準であることが裏付けられた。 政府は今夏、新たな自殺総合対策大綱を閣議決定する。 配信 2017/5/30 09...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「自殺対策」の画像

もっと見る

「自殺対策」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる