「自業自得」とは?

関連ニュース

【作家】乙武洋匡さん「生きていても無駄…魂抜けた」活動自粛期間メディアに初激白 - 04月24日(火)16:15  mnewsplus

4/24(火) 14:10配信 スポーツ報知 ■不倫、バッシング、離婚振り返る 乙武洋匡さん「生きていても無駄…魂抜けた」活動自粛期間メディアに初激白 スポーツ報知のインタビューに応える乙武洋匡  一昨年、複数女性との不倫が明らかになり、活動を自粛していた作家・乙武洋匡さん(42)がスポーツ報知の単独インタビューに応じた。メディアで心境を語るのは初めて。大バッシングを受けることになった週刊誌報道後から現在まで、うわさされる新恋人についてや今後について偽らざる胸中を明かした。  16年3月、週刊誌に不倫を報じら...
»続きを読む
カテゴリー:

医師の夫と親友のナースが不倫。「地獄に堕ちろ!」と呪ったらホントに堕ちた - 04月19日(木)08:47 

 次々に有名人の不倫スクープが報じられ、週刊誌やワイドショーをにぎわしていますが、一般の男女にとっても不倫は人生を大きく変えてしまいます。  現在、7歳の息子をシングルマザーとして育てる花井留美さん(36歳・仮名・看護師)も離婚によって人生が大きく変わったといいます。 「元夫は同じ病院に勤めていた10歳上の外科医で、28歳で結婚しました。翌年、子供が生まれましたが、32歳のときに彼の不倫が発覚。相手はよりによって私の看護学校時代からの親友のミホでした」 ◆親友は結婚前から元夫とデキていた  彼女は結婚も出産も自分のことのように喜んでくれたそうですが、元夫とは結婚前から関係が続いていたことが判明。事実を突きつけても「バレちゃったんだ。でも、私も好きなの」とあっさり認めたそうですが、反省や謝罪の言葉は一切ありませんでした。 「彼は謝りこそしましたが、『彼女と一緒になりたい』と言い出す始末。不倫がわかった時点で離婚は決めていましたが、あまりに身勝手な言い分に呆れて何も言えませんでした」  ちなみに元夫は慰謝料300万円に子供が成人するまでの養育費を合わせた2500万円を一括で彼女に払って離婚成立。不倫相手である友人・ミホさんからも200万円の慰謝料が振り込まれました。それからしばらくして元夫とミホさんは籍を入れたそうです。 ◆元夫は悪口を言いふらし、子供も放ったらかしに ...more
カテゴリー:

前重慶市トップ収賄額29億円=初公判で検察認定-中国 - 04月12日(木)15:55 

 【北京時事】中国の天津市第一中級人民法院(地裁)で12日に開かれた前重慶市トップ、孫政才・前同市共産党委員会書記に対する初公判で、検察側は孫前書記の収賄額は計1億7000万元(約29億円)以上に上ると指摘した。孫前書記は罪を認め、「自業自得であり、誠実に判決に従う」と表明した。同法院が明らかにした。 孫前書記は、北京市幹部だった2002年から17年の間に職務上の権限を利用して他人のために利益を図り金品を受け取ったとして収賄罪で起訴された。判決は日を改めて言い渡される。孫前書記は40歳代で政治局員に昇格し、一時は習近平国家主席の次の世代の指導者候補とみられていたが、昨年7月に失脚した。 【時事通信社】
カテゴリー:

不倫疑惑再燃で「デメリットばかり」と総スカン 山尾氏は立憲民主党の「お荷物」に 反応「立憲ミンス自体がお荷物」「元嫁の健闘を祈る」 - 04月08日(日)07:55  seijinewsplus

https://snjpn.net/archives/47528 不倫疑惑再燃で「デメリットばかり」と総スカン 山尾氏は立憲民主党の「お荷物」に ▼記事によると… ・立憲民主党の山尾志桜里衆院議員(43)が同党の「お荷物」になりつつある。 ・昨年末の入党後、安倍晋三政権追及の急先鋒(せんぽう)となることを期待されたが、政策顧問の倉持麟太郎弁護士(35)との不倫疑惑が再燃し、「山尾氏を抱えることにデメリットしかない」と総スカンを食らっているのだ。 ・倉持氏の元妻は、山尾氏への慰謝料請求訴訟の準備を進めており、展開次第で離...
»続きを読む
カテゴリー:

何年経っても「小保方晴子さんバッシング」が終わらない理由がこれ - 04月08日(日)01:23  news

国立研究開発法人『理化学研究所』(理研)の元研究員だった小保方晴子氏が、先ごろ発売された女性誌『婦人公論』(4月10日号)にグラビア写真を掲載したことで話題になっている。 小保方氏と言えば『STAP細胞』にまつわる騒動で世間から猛烈にバッシングを受けたことが記憶に新しい。当時、朝から晩まで報道されていたため、小保方氏の名前は全国に知れ渡った。この騒動で小保方氏は理研を退職し、その後に姿を消していた。 今回の婦人公論誌上で小保方氏は、世間のバッシング、記者の追及、博士論文の書き直し、学位取り消し、...
»続きを読む
カテゴリー:

「NON STYLE」石田、死体役の相方・井上を大絶賛「ベストな配役ができました」 - 04月22日(日)19:10 

 お笑いコンビ「NON STYLE」石田明が脚本を務め、井上裕介が映画初主演を飾った「耳を腐らせるほどの愛」が4月22日、沖縄で開催中の「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」でプレミア上映され、石田と井上、共演の森川葵、「とろサーモン」の村田秀亮、豊島圭介監督が那覇・桜坂劇場で行われた舞台挨拶に出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  同作は、無人島のホテルで、ある男の死をきっかけに巻き起こる騒動を描いたミステリーラブコメディ。“たとえ話サークル”の部長であり、死体となった鈴木鈴吉(井上)は、死体にもかかわらず「僕は愛され過ぎた。死んだのは、自業自得だ」と語り始め、鈴木と女子メンバーたちとの複雑な関係が明らかになっていく。  石田は、鑑賞前の観客に「皆さん、ただただ気を抜いて見てください。皆さんの人生にとってもっとも無駄な1時間半になると思う(笑)。そこを楽しんでいただけたらなと思います」と、同作の売りである“くだらなさ”をアピール。「(井上が)出る時間は長くしたけど、ずっと死んでることにしました(笑)。本当に死に上手。ベストな配役ができました」と“死体”としての井上を大絶賛した。この日観客とともに初鑑賞するという村田も、「撮影がシュールすぎて、『これ何のシーン撮ってんのかな』みたいなのが結構あったので、それが(どうなっているのか)...more
カテゴリー:

トランプ大統領に浮上の不倫相手への口止め料疑惑…日本で支払ったら罪になる? - 04月18日(水)10:59 

アメリカのトランプ大統領が、不倫相手とされる女優にその事実をもみ消すため顧問弁護士を通じて約1,400万円の「口止め料」を渡していたとされる疑惑が浮上。 真偽のほどは不明で、大統領は否定しているようですが、FBI(アメリカ連邦捜査局)が捜査を始めている模様。その動向に世界が注目しています。   ■日本でも「口止め料」を渡すことがある? 日本でも政治家や芸能人など裕福な環境で暮らしている人は、トランプ大統領のように妻子がありながら関係を持ち、破綻後は多額の口止め料で相手を黙らせ、もみ消すことがあると聞きます。 実際にそのようなことがあるのかは不明ですが、仮に行った場合、罪に問われるのでしょうか? 法律事務所あすかの冨本和男弁護士に見解をお伺いしました。   ■「口止め料」は罪になる? 「通常であれば罪になりません。まず、不倫は、配偶者に対する関係で民事上違法ではありますが犯罪ではありません。 かつて姦通罪という不倫を処罰する規定がありましたが、戦後の刑法改正で削除されています。不倫相手に「口止め料」を渡すことも犯罪となりません。 しかし、政治家が選挙で優位に立つために有権者に寄附をすることは公職選挙法で禁止されています。この場合、有権者を買収したとして犯罪(公職選挙法221条1項 3年以下の懲役または50万円以下の罰金)になります。こうした規定は、政治家に有権者と...more
カテゴリー:

昭恵夫人に「旦那さまポイしちゃいな」と提言した瀬戸内寂聴、自分は3才の娘をポイして夫の教え子と不倫 - 04月08日(日)14:02  seijinewsplus

小説家で尼僧の瀬戸内寂聴が、女性セブン2018年4月19日号のインタビュー記事で、昭恵夫人の話題に触れ「あんな旦那さまは、今すぐポイしちゃいなさい(笑)」と発言したことが話題となっている。 参考:瀬戸内寂聴が昭恵夫人に提言「旦那さまポイしちゃいなさい」│NEWSポストセブン この「旦那さまをポイ」という発言に世間がざわつくには理由がある。 それは、瀬戸内寂聴自身が過去に、旦那と幼い子供ポイしているからだ。それを反省もせず他人に勧める厚顔無恥ぶりが批判されるのは当然のことで、自業自得である。 出家して...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】<小保方晴子さんバッシング>何年経っても「」が終わらない理由 女性誌『婦人公論』にグラビア写真を掲載したことで話題 - 04月08日(日)06:20  mnewsplus

国立研究開発法人『理化学研究所』(理研)の元研究員だった小保方晴子氏が、 先ごろ発売された女性誌『婦人公論』(4月10日号)にグラビア写真を掲載したことで話題になっている。 小保方氏と言えば『STAP細胞』にまつわる騒動で世間から猛烈にバッシングを受けたことが記憶に新しい。 当時、朝から晩まで報道されていたため、小保方氏の名前は全国に知れ渡った。この騒動で小保方氏は理研を退職し、その後に姿を消していた。 今回の婦人公論誌上で小保方氏は、世間のバッシング、記者の追及、博士論文の書き直し、学位取り消し、...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】森社長だけが悪者か…たけし軍団“自業自得”の哀れな末路 - 04月07日(土)19:19  mnewsplus

2018.04.07 日刊ゲンダイ http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/226659 たけし軍団の動向がここまでメディアを賑わせるのはある意味、フライデー襲撃事件(1986年)以来だろう。  ビートたけし(71)のオフィス北野からの独立に端を発した一連の大騒動。事態は軍団メンバーであるつまみ枝豆(59)、ダンカン(59)、 グレート義太夫(59)、水道橋博士(55)の4人がブログで「たけし軍団一同」として、たけし独立の原因は森昌行社長(65)による会社の私物化と断定するに至り、混乱に拍車がかかっ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「自業自得」の画像

もっと見る

「自業自得」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる