「自律走行」とは?

関連ニュース

GMの自律走行車は、あまりにも「用心深すぎる」かもしれない:試乗体験レポート - 01月17日(水)18:00 

ゼネラルモーターズが開発している自律走行車に試乗して実力を試したところ、危険を察知するたびに急ブレーキを踏むほど運転が慎重だった。『WIRED』US版の記者による体験レポート。
カテゴリー:

マッピング業界の繁栄と、あるスタートアップの死──「Mapzen」は、なぜ閉鎖に追い込まれたのか - 01月16日(火)17:00 

オープンソースマッピングのためのプラットフォームを提供しているMapzenが、2018年1月でサーヴィスを停止すると発表した。拡張現実(AR)や自律走行車といったテクノロジーによってマッピング業界が急成長するなか、なぜ同社は終わりを迎えることになったのか。
カテゴリー:

成田国際空港、ディスプレイ搭載の自立走行ロボットの検証を実施 - 01月15日(月)05:31 

成田国際空港は第2ターミナル3階出発ロビーで、ディスプレイを搭載した自律走行ロボット「Signage HOSPI(サイネージホスピ)」の有効性検証を、パナソニックとともに国内で初めて実施する。 「Signage HOSPI」は、パナソニックが開発した自律搬送ロボット「HOSPI」を原型に開発したもので、物を体内に格納し、自動で安全に搬送する機能を有している。病院内で薬品などの搬送を行うロボットとして開発した。本体の重量は211.6キロで、最高速度は秒速1メートル。 人や物等を認識し、自律的に減速・停止・回避等の判断を行う機能と本体デザインの注目度の高さを活かし、保安検査場周辺での機内持ち込み制限品情報の周知、固定式サイネージの設置が困難な場所での情報発信、広告媒体としての活用の可能性など様々な情報訴求の可能性を検証する。「Signage HOSPI」と固定型デジタルサイネージの利用者の視線量を定量的に評価し、注目度度合いを比較する。実施期間は1月15日から2月26日までの土休日を除く毎日。1回目は午前10時から正午、2回目は午後2時から午後4時まで。
カテゴリー:

成田国際空港とパナソニック、自律走行ロボットの実証実験を実施 出発ロビーやラウンジで - 01月13日(土)16:39 

成田国際空港とパナソニックは、自律走行サイネージロボット「Signage HOSPI」の有効性実証実験を1月15日から実施する。 「Signage HOSPI」の原型である自律搬送ロボット「HOSPI」は、病院内で薬品等の搬送を行うロボットとして開発され、体内に物を格納して自動で安全に搬送することができる。「Signage HOSPI」はこの「HOSPI」の胴体部分3面にディスプレイを搭載しており、決められたエリア内を自律走行する。人や物等を検知して、自律的に減速・停止・回避等の判断を行う機能と本体デザインの注目度の高さを活かし、機内持ち込み制限品情報の周知や広告媒体としての活用の可能性など様々な情報訴求の可能性を検証する。検証場所は成田国際空港第2ターミナル3階出発ロビー。時間は2月26日までの土休日を除く毎日午前10時から正午までと、午後2時から午後4時まで。 また、同空港内の「Narita TraveLounge(ナリタ トラべラウンジ)」では、利用客の食事後の食器を「HOSPI」がカウンターまで搬送する下げ膳実証実験を1月23日から27日まで実施する。
カテゴリー:

デジタルサイネージ付き自律走行ロボ、成田空港で実証実験 パナソニック - 01月12日(金)17:29 

デジタルサイネージ付き自律走行ロボット「Signage HOSPI」の実証実験が成田空港でスタートする。
カテゴリー:

自律走行車が街を安全に走るには、クルマにも「判断力」をもたせる必要がある - 01月17日(水)08:00 

研究者たちは、自律走行車をより安全かつ効率的に機能するよう努力を重ねているが、周囲の状況から人間と同じような判断を下すことは難しい。きちんと自動運転が機能するためには機械的な状況認識だけでなく、クルマが先を読んで「判断する力」を身につけることが重要になってくる。
カテゴリー:

GMが「ハンドルのないクルマ」を2019年に投入へ──ついに「本物」の自律走行車がやってくる - 01月16日(火)08:00 

ゼネラルモーターズ(GM)が、2019年にハンドルもペダルもないクルマを投入する。ようやく走り出す「本物の自律走行車」は、当初は米国でタクシーのようなサーヴィスを展開することになるという。「所有」から「利用」へとクルマのあり方が変わるなか、GMにはどこまで勝算があるのか。
カテゴリー:

成田国際空港、ディスプレイ搭載の自立走行ロボットの検証を実施 - 01月15日(月)05:31 

成田国際空港は第2ターミナル3階出発ロビーで、ディスプレイを搭載した自律走行ロボット「Signage HOSPI(サイネージホスピ)」の有効性検証を、パナソニックとともに国内で初めて実施する。 「Signage HOSPI」は、パナソニックが開発した自律搬送ロボット「HOSPI」を原型に開発したもので、物を体内に格納し、自動で安全に搬送する機能を有している。病院内で薬品などの搬送を行うロボットとして開発した。本体の重量は211.6キロで、最高速度は秒速1メートル。 人や物等を認識し、自律的に減速・停止・回避等の判断を行う機能と本体デザインの注目度の高さを活かし、保安検査場周辺での機内持ち込み制限品情報の周知、固定式サイネージの設置が困難な場所での情報発信、広告媒体としての活用の可能性など様々な情報訴求の可能性を検証する。「Signage HOSPI」と固定型デジタルサイネージの利用者の視線量を定量的に評価し、注目度度合いを比較する。実施期間は1月15日から2月26日までの土休日を除く毎日。1回目は午前10時から正午、2回目は午後2時から午後4時まで。
カテゴリー:

成田国際空港とパナソニック、自律走行ロボットの実証実験を実施 出発ロビーやラウンジで - 01月13日(土)16:39 

成田国際空港とパナソニックは、自律走行サイネージロボット「Signage HOSPI」の有効性実証実験を1月15日から実施する。 「Signage HOSPI」の原型である自律搬送ロボット「HOSPI」は、病院内で薬品等の搬送を行うロボットとして開発され、体内に物を格納して自動で安全に搬送することができる。「Signage HOSPI」はこの「HOSPI」の胴体部分3面にディスプレイを搭載しており、決められたエリア内を自律走行する。人や物等を検知して、自律的に減速・停止・回避等の判断を行う機能と本体デザインの注目度の高さを活かし、機内持ち込み制限品情報の周知や広告媒体としての活用の可能性など様々な情報訴求の可能性を検証する。検証場所は成田国際空港第2ターミナル3階出発ロビー。時間は2月26日までの土休日を除く毎日午前10時から正午までと、午後2時から午後4時まで。 また、同空港内の「Narita TraveLounge(ナリタ トラべラウンジ)」では、利用客の食事後の食器を「HOSPI」がカウンターまで搬送する下げ膳実証実験を1月23日から27日まで実施する。
カテゴリー:

国内初お披露目!成田国際空港第2ターミナル出発ロビーにて自律走行サイネージロボットの有効性検証を実施! - 01月12日(金)17:13 

[成田国際空港株式会社]  当社は国内で初めて、ディスプレイを搭載した自律走行ロボット「Signage HOSPI」(サイネージホスピ)の有効性検証を実施致します。人や物等を認識し、自律的に減速・停止・回避等の判断を行う機能と本体デザイ...
カテゴリー:

もっと見る

「自律走行」の画像

もっと見る

「自律走行」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる