「自律走行」とは?

関連ニュース

クルマから「ハンドル」がなくなる日──自律走行車のインテリアデザインのゆくえ - 11月17日(金)09:59 

「東京モーターショー2017」でAudiが公開した、自動運転「レヴェル4」機能を搭載したコンセプトモデルAudi Elaine(エレーヌ)。人がステアリングホイールから手を話せるようになったとき、クルマの「インターフェイス」はどう進化するのか。Elaineの車内で、同社 コンセプトカーのインターフェイスデザイナーに訊いた。
カテゴリー:

GMは「低コストなLiDAR」のスタートアップを買収し、自動運転の「重要なピース」を手に入れた - 11月17日(金)07:00 

ゼネラルモーターズ(GM)が、自律走行車の実現に必要不可欠なLiDARセンサーを開発するスタートアップ、Strobeを買収した。LiDERは高コストであるとしてイーロン・マスクに批判されてきた技術だが、同社は大幅なコスト削減に成功したのだという。この買収は、自律走行車の勢力図にどう影響するのか。
カテゴリー:

「曲がり角の向こう側」を“見る”技術、MITが開発──自律走行車や配達ロボットなどへの応用に期待 - 11月13日(月)07:00 

またひとつロボットに新しい能力が加わる。曲がり角の先にある「見えないもの」を判別できるようになる技術を、マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発した。自律走行車や車いす、医療用ロボットなどへの活用が期待される技術は、いったいどんな原理なのか。
カテゴリー:

高速道路に「自動運転専用レーン」をつくるときが、もうすぐやってくる - 11月09日(木)07:00 

渋滞や交通事故の減少も期待できる自律走行車。その普及を後押しするために、自動運転技術を搭載したクルマの専用レーンを段階的に設けるアイデアの実現に向けて、米国のヴェンチャーキャピタルが動き始めた。
カテゴリー:

【EV】テスラ「モデル3」の生産遅延にも、イーロン・マスクはどこ吹く風 - 11月04日(土)18:57  bizplus

あなたがテスラの電気自動車(EV)「モデル3」を心待ちにしているなら、瞑想用のアプリをダウンロードすべきかもしれない。リラックスして、さらに待つはめになるからだ。 2017年第3四半期のモデル3の納車台数は、わずか222台だった。予定よりはるかに少なく、同社初の普及版となる小型セダンを購入するために1,000ドルの予約金を払った顧客40,000人のウェイティングリストを、わずかに短くしたに過ぎない。 イーロン・マスクは年内にはモデル3の生産ラインが順調に稼働し、週に5000台を生産できると話していた。ところが、2017年11...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】ソフトバンク、移動型ロボット開発に乗り出す。18年内に業務用清掃向け - 11月17日(金)09:35  newsplus

2017年11月17日 6時0分  ソフトバンクは移動型ロボットに参入する。まず自律走行する業務用清掃ロボットを開発し2018年内に投入する。人工知能(AI)による画像認識や自動運転技術などを活用し、機能や安全性を高める。同社は人型コミュニケーションロボット「ペッパー」や「ナオ」を持つ。今後は人型の「頭」だけでなく、移動する「足」の分野にもロボットを展開する。  清掃ロボットは、カメラ画像で自己位置を確認しながら走行する。当初は赤外線レーザースキャナー「ライダー」などのセンサー類と組み合わせて安全性を高...
»続きを読む
カテゴリー:

ニューヨークの自律走行車は「イジメ」にあう? クルマが人間の意図を読み取る時代は来るのか - 11月14日(火)11:00 

ニューヨーク市で2018年、自律走行車の実験が始められることになった。攻撃的な運転や歩行者が多いことで知られるこの街では、人間の意図を読み取れない自律走行車は「イジメ」にあうかもしれない。そんな予想の裏側とは。
カテゴリー:

人工知能を積む「未来のランボルギーニ」は、スポーツ走行の楽しみ方をレッスンしてくれる - 11月12日(日)08:00 

人工知能(AI)が搭載された自律走行車が普及したら、ランボルギーニやマクラーレンを操る楽しさは失われてしまうのか──。そんな心配は無用だ。スーパーカーならではの走りを安全に楽しむ方法を、クルマが教えてくれるようになるのだという。
カテゴリー:

渋谷区と日本マイクロソフトが共同開発したAIキャラクター「渋谷 みらい」を公開 - 11月06日(月)09:00 

渋谷区は、「ちがいを ちからに 変える街。渋谷区」を未来像とする、今後20年の区政の方向性をまとめた「渋谷区基本構想」を昨年策定した。また、その内容を周知し、多様な人や団体を巻き込んでいくキャンペーン「YOU MAKE SHIBUYA」を2017年4月から実施している。この度、その一環として、行政をもっと身近に感じてもらうことや、区民や渋谷区に関わるたくさんの人の声を聴き、区政に活かしていくことを目的に、渋谷区は日本マイクロソフトと共同でデジタルコミュニケーションアプリ「LINE」を使ったAI(人工知能)会話アカウント「渋谷 みらい」を開発し、11月4日(土)に自治体として日本初となる、AIキャラクターへの特別住民票の交付と、交付を記念し、皆様へお披露目する「特別住民登録記念セレモニー」を第40回渋谷区くみんの広場の野外ステージにおいて行なった。自然な会話ができるAIの実績を持つマイクロソフトと今後も共同で開発を続け、渋谷区の多様性や先進性を象徴するキャラクターとして活躍していく。また、LINE上のコミュニケーションに限らず、渋谷区主催のイベント、渋谷区の小学校で行なっているワークショップなどにも活動の幅を広げ、より一層身近なAIとして成長していくことを目指していくとのことだ。■概要アカウント名:渋谷 みらい公開日:2017年11月4日(土)友達になる方法:①LINEアプリのQRコ...more
カテゴリー:

【EV】テスラ車が安全機能装備でトップ、自動運転競争の中で-調査会社 - 10月25日(水)08:27  bizplus

自動車の自律走行を後押しする安全機能を提供する各メーカーの中で、電気自動車(EV)メーカーの米テスラがトップに輝いた。自動車ショッピング調査会社エドマンズがリポートで明らかにした。 エドマンズは定速走行・車間距離制御装置(ACC)や自動駐車、死角検知機能(BSD)、車線逸脱警報(LDW)などのラインアップの中でメーカーをランク付けした。テスラに次いでボルボ・カーとホンダが続きトップ3に入った。こうした安全機能がオプションではなく標準装備されていればスコアは高くなる。リポートによれば、安全機能は...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「自律走行」の画像

もっと見る

「自律走行」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる