「自律走行」とは?

関連ニュース

アリゾナ州から始まった自律走行車の規制強化は、全米へと広がっていくかもしれない - 04月19日(木)07:30 

Uberの自律走行車が起こした死亡事故を受け、アリゾナ州の自律走行車に対する友好的な態度が一転、規制を強める方向へと動き始めた。過剰反応にも見えるかもしれないが、自動車とそれにまつわる規制の歴史を振り返ってみれば、もはやこうした規制は不可避の情勢だ。
カテゴリー:

ザッカーバーグの苦悩、ホーキング博士のメッセージ──3月に最も読まれた10本のストーリー - 04月15日(日)21:00 

この3月に公開された記事を中心に、「WIRED.jp」で最も読まれた10本のストーリーを紹介する。Facebookユーザー8,700万人分のデータが不正利用されていた問題からUberの自律走行車による死亡事故、そして「車いすの天才科学者」として知られたスティーヴン・ホーキング博士の死去まで、この1カ月の動きとともに振り返る。
カテゴリー:

路線バスの自動運転化は実現するのか? - 04月10日(火)15:53 

赤字や運転士不足が叫ばれる路線バス。今年2月には岡山県を中心とした両備グループが赤字路線バスの4割を廃止すると発表するなど、業界は崖っぷちに立たされている。 ◆運転士が減るバス業界の救世主!? 自動運転バス  今や、各自動車メーカーがこぞって自動運転の開発に力を入れる時代。国土交通省でも自動運転の公道実証実験に積極的な姿勢を見せるなど、その機運は高まるばかりだ。そんななか、路線バスの世界でも自動運転は注目を集めている。内閣府が昨年に沖縄県内で実施したバスの自動走行システムの実証実験をSBドライブが先進モビリティと共同で受託。具体的な動きが始まりつつあるのだ。SBドライブの担当者は次のように話す。 「自動運転車両による路線バスの運行は、運転士不足や不採算路線維持などの課題を解決するための手段のひとつとして期待されます。昨年の実験では部分運転自動化、条件付き運転自動化で実際に公道を走行。最終的に目指している高度運転自動化に向けて着実に進んでいると考えています」  同社では、運転席を持たない完全自動運転シャトルバス「NAVYA ARMA」を所有する。GPSで自車位置を測位、レーザースキャナーで障害物を検知しながら自律走行することも可能な車で、同社によって一般公開試乗会などが実施された。 「他にも、自動運転バスの運行を鉄道などのように管制センターで管理する機能の開発、運転士が行...more
カテゴリー:

自律走行の未来は公道ではなく、「駐車場」にあるかもしれない──近づいてきた完全自動駐車の実現可能性 - 04月17日(火)09:00 

Uberの自律走行車が歩行者をはねて死亡事故を起こすなど、その実用化には課題が山積している。だが、駐車場のなかで自動的に空いたスペースに停まってくれるクルマなら、数年後には実現できるかもしれない。自動車メーカー各社が進めている取り組みと、その実現可能性について考える。
カテゴリー:

ジャガーと組んだウェイモは、いかに「無人タクシー」を実現させるのか - 04月15日(日)14:00 

グーグルの自動運転プロジェクトとして誕生したウェイモがジャガーランドローバーと提携し、無人タクシーの商用化に向けて、電気自動車(EV)の自律走行ヴァージョンを開発することを明らかにした。Uberの自律走行車が死亡事故を起こしたことで逆風が吹いているなか、いかに商用化を目指していこうと考えているのか。
カテゴリー:

「自律走行」の画像

もっと見る

「自律走行」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる