「自己肯定感」とは?

関連ニュース

藤井聡太棋士も受けた「モンテッソーリ教育」を家庭で行う方法って? - 02月19日(月)21:45 

source:https://www.shutterstock.com/ 将棋界の藤井棋士が五段に昇段してから、わずか半月で六段に昇格しましたね! 抜群の集中力と思考力の持ち主である藤井棋士が、「モンテッソーリ教育」を学んでいたというのは有名なお話です。 ところで、モンテッソーリ教育ってなんでしょうか? 今回は、幼稚園教諭の経験があり、4人の子どもがモンテッソーリ幼稚園に通っている筆者の目からみたモンテッソーリ教育についてお伝えします。 ▼「モンテッソーリ教育」って何? モンテッソーリ教育とは、20世紀初めにイタリアの医師マリア・モンテッソーリが生み出した教育法です。 「子どもたちは、自主的に成長できる存在だ」という考えに基づいて、大人がコントロールするのではなく、子ども自身の「やってみたい」「できるようになりたい」という自発的な思いや行動を重視する教育のことを指します。 日本では、保育園や幼稚園などの教育として、モンテッソーリ教育が取り入れられていることが多いですね。 関連記事:モンテッソーリ教育に注目!子の自発性を育む「親の接し方」 ▼モンテッソーリ教育を受けるとどうなるの? モンテッソーリ教育では独特な「教具」と言われる教材を使った「お仕事」と呼ぶ活動がほとんどで、基本的には自分で「教具」を選び、座って静かに「お仕事」を行います。 静かにしなくてはいけないのではなく、子...more
カテゴリー:

【社会】親の介護に直面 40代に突入する氷河期世代...出会いの少ない派遣女子と「稼げない」非正規男子★2 - 02月18日(日)15:37  newsplus

 就活時、マクロ経済の悪化で就職できなかった就職氷河期世代が40代になろうとしています。少子化による人手不足で採用環境が改善する一方で、スタート時点で仕事の経験を積むチャンスを失った30代後半~40代前半世代の中には、非正規雇用のまま、疎外感を味わいながら働いている人が多くいます。そんな彼らの窮状が、一橋大学経済研究所の小塩隆士教授の研究で明らかになりました。ライターの西川敦子さんがリポートします。【毎日新聞医療プレミア】  ◇就活時の挫折体験がその後の幸福度に大きく関係  就活での挫折体験が...
»続きを読む
カテゴリー:

熱愛報道が続く福士蒼汰 恋愛相手に求めるものとは? - 02月15日(木)12:00 

 俳優・福士蒼汰(24)が、女優・山本未來(43)、インスタ女王・MISATO(27)と相次いで熱愛報道され、ファンをざわつかせている。“新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)ではこの報道を受けて、福士について占った。 ■福士は恋愛に自分に欠けたものを求めるタイプ  続けざまに報道された熱愛だが、MISATOとの熱愛は、山本との不倫疑惑の火消しのためではないか? という報道も。熱愛は本当? そして福士の本命は?  人気占い店・店長のまついなつきと、メンズ占い師ユニットnot for sale.のメンバーで知性派アストロロジャー・SUGARによると、「熱愛は事実ではないか」という鑑定結果であった。  まず、まついは「相性としてはMISATOさんが合っています。福士さんは山本さんに興味を持ってはいますが、彼女は巫女さんなど神に仕える方がもつような特異な星回りの方。たやすく太刀打ちできる相手ではなく、福士さんが逃げ出す絵が見える」と語った。  続いてSUGARは、福士の運気から「福士さんは、今、力を試されている時期にある。そういう時には、弱く、欠けている部分が出やすく、自己肯定感を恋愛で補おうとしている感じがする」と解説した。SUGARのチャート図によると、山本もMISATOも「水」が強い人。対する福士は「水」が弱いタイプのため、どちらも福士の欠けてい...more
カテゴリー:

つい使いがち…! 男が幻滅する女性の口癖「どうせ」もうひとつは? - 02月14日(水)19:00 

謙虚のつもりで「どうせ私なんて」と言っているなら、大きな間違い。面倒くさい自虐的な人と思われているかもしれません。非モテ状態を作っているのは、日常的に使う言葉。話す言葉が変わると、魅力がアップして男性からの注目度も変わってきます!文・沙木貴咲「どうせ」「私なんて」という呪いの自己暗示 謙虚は美徳といいますが、自虐とはき違えると「面倒くさい人」になってしまいます。もし、謙遜しなくてもいいシチュエーションで、つい「どうせ」「私なんて……」と言えば自分の価値を下げるだけ。みずから恋下手の道を突き進んでいるかもしれません。 誰かから指摘されたわけでもないのに、みずから「どうせ私なんて」と卑下する人は、自分で自己評価を落としています。それは、他人から認められるべき魅力があっても、わざと否定してみんなにも認知させるのと同じ。デメリットしかありません。「どうせ」には、「好ましくない状態・諦め・ふてくされた気持ち」という意味があり、「なんて」は軽視を意味する言葉。どっちも自分をダメにする呪いの自己暗示になってしまうんですね。 『言霊(ことだま)』という言葉がありますが、これはスピリチュアルなものであると同時に、商売やビジネスの世界でもよく使われるものです。江戸時代の商人が「客が去る」ことを嫌って、猿と「えてこう」と呼んだのもそのせい。私も以前、会社経営者の知人男性から、うっかり言ってしまった「ど...more
カテゴリー:

「逮捕されてよかった」ーー救いがたい強姦常習犯の暴走は追い詰められた男性自身の問題 - 02月09日(金)15:00 

昨年7月の法改正で『強制性交等罪』という罪名に変わった強姦罪。懲役刑の下限が3年から5年に引き上げられるなど厳罰化もされたが、加害者の歪(ゆが)んだ心理を知ると、それだけでは犯罪抑止にならないのでは?と思えてくる。 『男が痴漢になる理由』(イーストプレス)の著者、斉藤章佳(あきよし)氏は、榎本クリニック(東京・大田区)でこれまで100人を超える強姦加害者の治療に携わり、国内でも先駆的とされる再犯防止プログラムを行なってきた。 「一見、どこにでもいそうな普通の人」ーー斉藤氏の目に多くの強姦犯がそう映った。 年齢層は20代から40代が中心、人柄はマジメで勤勉。女性経験は「人生初の性行為が強姦という人から、女性には不自由していないと思われるイケメン男性や既婚者まで」様々だという実像を前回記事では伝えた。 ただ、拘置所や刑務所で加害者への面談を重ねるうちにひとつの傾向が見えてきた。 「自己評価や自己肯定感が極めて低いことが共通点として挙げられます。他人から見ればそんな風に思う必要はないのに、本人は普段から『自分はダメな人間だ』と思いこんでいる。そして性暴力によって相手を支配している時には一時的に自己評価が上がり、自分が優位に立てて気持ちがいいと興奮を感じる。こう...more
カテゴリー:

【社会】親の介護に直面 40代に突入する氷河期世代...出会いの少ない派遣女子と「稼げない」非正規男子★3 - 02月19日(月)02:17  newsplus

 就活時、マクロ経済の悪化で就職できなかった就職氷河期世代が40代になろうとしています。少子化による人手不足で採用環境が改善する一方で、スタート時点で仕事の経験を積むチャンスを失った30代後半~40代前半世代の中には、非正規雇用のまま、疎外感を味わいながら働いている人が多くいます。そんな彼らの窮状が、一橋大学経済研究所の小塩隆士教授の研究で明らかになりました。ライターの西川敦子さんがリポートします。【毎日新聞医療プレミア】  ◇就活時の挫折体験がその後の幸福度に大きく関係  就活での挫折体験が...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】親の介護に直面 40代に突入する氷河期世代...出会いの少ない派遣女子と「稼げない」非正規男子 - 02月18日(日)13:03  newsplus

 就活時、マクロ経済の悪化で就職できなかった就職氷河期世代が40代になろうとしています。少子化による人手不足で採用環境が改善する一方で、スタート時点で仕事の経験を積むチャンスを失った30代後半~40代前半世代の中には、非正規雇用のまま、疎外感を味わいながら働いている人が多くいます。そんな彼らの窮状が、一橋大学経済研究所の小塩隆士教授の研究で明らかになりました。ライターの西川敦子さんがリポートします。【毎日新聞医療プレミア】  ◇就活時の挫折体験がその後の幸福度に大きく関係  就活での挫折体験が...
»続きを読む
カテゴリー:

専業主婦もストレスフル! 「預けられない子育て」を経験した私の願い【コソダテフルな毎日 第60話】 - 02月15日(木)12:00 

幼稚園といえば専業主婦家庭の子どもが通うイメージが強いですが、実際には働くお母さんもたくさんいらっしゃいますよね。かくいう私も、幼稚園に通わせている働くお母さんのひとりです(自宅でライター業)。私がなぜ幼稚園を選んだのかといいますと、長男次男の時には専業主婦だったので幼稚園一択でした。三男の時には保育園を探そうと思ったけれど以前の経験もあり、とてもじゃないけれどわが家の勤務形態では入園できそうもなかったので幼稚園に決めました。幼稚園を選んだのも自分。自宅で働くことを決めたのも自分。決めたのは全部自分だけれど、本音を言えば働いていても働いていなくても、誰でもいつからでも子どもを保育園に預けられるようになったらいいのにと思っています。働いていなくても保育園に預けたいと思ってはだめでしょうか?■専業主婦だけど、上の子を誰かに預かってもらいたい専業主婦の幼稚園ママさんの中には共感していただける方もいるかもしれませんが、私にとって、わが子が幼稚園に入園するまでの最後の1年は、とても長く感じました。0歳よりも1歳よりも、2~3歳。この最後の1年が長男次男ともものすごくつらかったです。この1年は、ちょうどイヤイヤ期にあたる時期ですが、私としてはイヤイヤよりも、子どものあふれんばかりの好奇心と、とどまることを知らない体力についていくことが一番大変でした。家の中でおとなしくなんてさせられないので、毎...more
カテゴリー:

アスペルガーやシゾイドは、他人より一周して仕事が簡単だなると物凄く仕事に特化するからなぁ - 02月12日(月)19:58  news

 今、20代後半です。高校を出て電機メーカーに就職しました。障害者としての就労ではなく、普通の就職です。会社では、 問題だと思ったことは上司でも臆せずにズバズバと指摘します。いわゆる「忖度(そんたく)」は、得意ではありません。  こういうタイプは会社では嫌がられることがあります。ところが、この会社は、「変に忖度するより前向きな提言をする 社員の方がいい」と評価してくれ、入社5年目で同期で最初にチーフになりました。  社内のコンピューター端末の操作マニュアルを一人で作るなど、仕事はとても優秀です...
»続きを読む
カテゴリー:

罪名が「強制性交等罪」になっても深刻さは変わらない…強姦常習者の歪みとは? - 02月08日(木)06:00 

『男が痴漢になる理由』(イーストプレス)の著者、斉藤章佳(あきよし)氏は榎本クリニック(東京・大田区)で痴漢、強姦、小児性犯罪、盗撮、露出、下着窃盗など1100人を超える性犯罪加害者と向き合い、国内でも先駆的な治療プログラムを行なっている。 そんな斉藤氏に話を伺い、これまで痴漢、盗撮、小児性犯罪に手を染める常習者たちの“歪んだ心理”をシリーズで取り上げてきた。 「痴漢は生き甲斐」「女性専用車両に乗らない女性は皆、触られたいと思っている」「下着を盗み撮るくらいいいだろう」「何も知らない少女たちに性教育を施してあげただけ」――。 そこで明かしてもらった性犯罪加害者の言い分は、実に身勝手で腹立たしいものだった。だが、「“性犯罪のリアル”を知ることが自分の身を守る第一歩に繋がり、ひいては社会から被害者を減らす一助になる」と斉藤氏は警鐘を鳴らす。 そして今回、完結編として取り上げるのは強姦だ。 昨年7月の改正刑法施行により、罪名は「強制性交等罪」に変わった。さらに、同法では懲役刑の下限が3年から「5年」に厳罰化され、起訴に被害者の告訴が必要な親告罪から「非親告罪」の規定に変更。被害者の意思に関係なく加害者を罪に問えるようになった。 これで...more
カテゴリー:

もっと見る

「自己肯定感」の画像

もっと見る

「自己肯定感」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる