「自動運転」とは?

関連ニュース

人工知能(AI)で生活激変!? 9/26 13:42更新 - 09月26日(火)13:42 

私たちの仕事や暮らし、社会までも大きく変えると言われる「AI=人工知能」。クルマの自動運転のほか医療・金融など幅広い分野で研究・活用が進んでいます。中高年にも大きなチャンスがあるとされる新たなテクノロジーAIにどう向き合えばいいのか?
カテゴリー:

ドライブに役立つマッサージ機能付き小型枕「Tracebird」--スマホ通話や音楽再生も - 09月26日(火)09:00 

自動運転車が当たり前の世の中になっても、ドライブの楽しさを求めて自らハンドルを握る人は残るだろう。しかし、渋滞のなかを移動したり、高速道路をひたすら走り続けたりする運転は単調で、疲れるし、居眠り運転の心配もある。
カテゴリー:

自動運転の実用化に向けて「乗り越えるべき課題」と「ビジネス創出のヒント」 - 09月26日(火)08:30 

9月7日、8日の2日間にわたって都内で開催された、東陽テクニカ主催による「東陽ソリューションフェア 2017」。初日の基調講演には、日本自動車研究所 ITS研究部 部長 谷川浩氏が登壇した。同氏は、「日本自動車研究所における自動運転に関する取組み」と題し、日本自動車研究所(JARI)が取り組む認識・判断DBやセキュリティ対策といった委託研究事業の概要を紹介するとともに、自動運転の取り組みに関する最新のトピックスについて言及した。
カテゴリー:

SUBARU、最新自動運転技術のスポーツセダン - 09月26日(火)05:53 

 SUBARU(スバル)は25日、最新の自動運転技術を搭載したスポーツセダンのコンセプトカーを、10月27日から11月5日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「東京モーターショー」で世界初公開すると発表した。自動ブレーキなどの安全装備を備え、「安心で楽しいクルマづくり」を発信する。
カテゴリー:

DENSO A.I. TECH SEMINARの開催について - 09月25日(月)16:00 

株式会社デンソーは2017年10月14日(土)に「DENSO A.I. TECH SEMINAR 2017 ‐機械学習の最前線 IoTと自動運転が、新しいモビリティ社会を切り拓く‐」と題し、新しいモビリティ社会の実現に向けた技術に関する講演会を開催します。当セミナーでは人工知能、コンピュータビジョン、ロボット工学の世界的権威であるカーネギーメロン大学 ワイタカー記念全学教授 金出武雄氏(当社 技術顧問)、国内最大級のAI研究拠点「理化学研究所 革新知能統合研究センター(AIP)」を率い、日本のAI研究をリードする杉山将教授、動画像処理、パターン認識・理解などの研究を深める中部大学工学部 ロボット理工学科 藤吉弘亘教授に加え、機械学習やIoT、自動運転など最先端の分野で活躍するデンソーのエンジニアが技術の最前線を語り尽くします。セミナー受講を希望される方は特設サイトより申込をお願いします。
カテゴリー:

【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家わらしべ:アクセルは「自動運転関連」のテーマ性に注目 - 09月26日(火)10:21 

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家わらしべ氏(ブログ「テンバガーへGO!わらしべのブログ」)が執筆したコメントです。
カテゴリー:

自動運転の実用化に向けて「乗り越えるべき課題」と「ビジネス創出のヒント」 - 09月26日(火)08:30 

9月7日、8日の2日間にわたって都内で開催された、東陽テクニカ主催による「東陽ソリューションフェア 2017」。初日の基調講演には、日本自動車研究所 ITS研究部 部長 谷川浩氏が登壇した。同氏は、「日本自動車研究所における自動運転に関する取組み」と題し、日本自動車研究所(JARI)が取り組む認識・判断DBやセキュリティ対策といった委託研究事業の概要を紹介するとともに、自動運転の取り組みに関する最新のトピックスについて言及した。
カテゴリー:

フルモデルチェンジした日産「新型リーフ」は世界EV戦争を勝ち抜けるか? - 09月26日(火)06:00 

世界初の量産電気自動車(以下、EV)として、2010年にデビューした日産リーフが7年ぶりにフルモデルチェンジ! エンジン車からEVへの転換が世界規模で急速に進むかに見える今、日本を代表する最新EVの出来栄えはどうなのか? EV事情に精通するふたりの自動車評論家が本音で語る! * * * 日本では日産(と日産傘下の三菱)以外の自動車メーカーはいまだEVに「半信半疑」としか見えないのに、リーフはすでに2代目。まさに独走。あらためて考えると、これはスゴイことである。 累計30万台弱を売り上げた初代リーフは世界一売れたEVだ。ただ、発表時にゴーン社長(当時)が「16年度までにルノーと合わせて累計150万台のEVを売る!」とブチ上げたことを考えると、寂しい気がするのも事実。当時の日産は、リーフを年間20万台、16年度末までに累計100万台以上を世界中で売ろうともくろんでいたのだ。 そんなリーフについて、世界の自動車産業に詳しいジャーナリストの桃田健史(けんじ)氏は厳しい見立てをする。 「初代リーフは予想をはるかに下回る台数しか売れませんでした。普通の新型車の開発投資は100億円単位ですが、初代リーフに日産は約5000億円を投資したともいわ...more
カテゴリー:

ドライバーレス時代のビジネスとは - 09月25日(月)18:22 

【編集部注】著者のShahin FarschiはLux Capitalのパートナー。 業界が「車単位経済」から「マイル単位経済」に移行するにつれて、都市交通には巨大な機会が生まれつつある。 若いころの私は、ピカピカに磨き上げて、ちょいと自慢気に近所を走り回る車を所有することを夢見ていた、しかし、現在は、急速に価値を失っていくプラスチックと金属の塊に対して、心配ばかりする気持ちで尻込みしている。今私が欲しいのは、快適な移動体験だけだ。 車の所有に対するこうした私の気分を、ミレニアル世代なら共有していることだろう。そしてそうした人の多くが(UberやLyftなどの)配車サービスの便利さを取り入れている。 1兆ドルの自動車産業はその岐路を迎えつつある。車の販売台数が減少し、新規参入者がマージンを奪うにつれて、自動車会社は徐々に押し出されている。 この移行の一環として、業界は「車単位経済」(per-vehicle economics)から「マイル単位経済」(per-mile economics)へと移行しているのだ。歴史的に、これまで自動車産業の評価は、如何に素早く自動車を組み立てて、顧客へ届けて、彼らにお金を貸し付け、そして保守とアップグレードでお金を回収することができるかによって行われてきた。 しかしこれからは、乗客たちを何マイル移動させたのか、そして1マイルあたりどれだけの利益を得る...more
カテゴリー:

オファー段階で年収保証、IoTやAIに特化の転職サービス「moffers」が開始(ニュース) - 09月25日(月)15:07 

 リクルートキャリアは2017年9月25日、IoT、自動運転、AIなどの先端技術に特化した転職支援サービス「moffers」を開始した。特徴は「年収保証型オファー」を提供する点。企業が面接への参加を求職者に依頼する際、年収の提示を必須としている。提示された年収の9割以上を保証する。
カテゴリー:

もっと見る

「自動運転」の画像

もっと見る

「自動運転」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる