「自動操縦」とは?

関連ニュース

田植え自動化、農家の負担減 八郎湖汚濁防止にも効果 - 02月20日(火)08:13 

 衛星を使った高精度の位置計測システム「GNSS」を活用し、自動操縦が可能な田植え機の研究開発に取り組む「大潟村GNSS利用コンソーシアム」は19日、秋田県大潟村のJA大潟村でこれまで蓄積した成果の発…
カテゴリー:

会社を辞めて、こうなった。【第67話】 ヴィパッサナー瞑想合宿で、稼げない40歳の自分を直視する!(後編)。 - 02月15日(木)21:00 

図らずもやさぐれモードでスタートした、ヴィパッサナー瞑想合宿の第二ラウンド。無意識レベルで無かったことにしていた、怒りや悲しみがドバドバと顕在意識に浮上し、大変苦しい思いしました。最後は ”40歳を目前とした不安” について延々と語り続ける女性に対して、自らをさらけ出せるほどエネルギーが軽くなったのですが。いったいどのようなステップを踏んだというのでしょう? 時系列でご報告します。写真/文・土居彩 【土居彩の会社を辞めて、サンフランシスコに住んだら、こうなった。】vol. 67 くしゃみが止まらず、ティッシュが手放せない。 2回目のヴィパッサナー瞑想合宿、前編はこちらをどうぞ。 http://ananweb.jp/column/sanfrancisco/157529/ やさぐれモードで始まった2回目のヴィパッサナー瞑想合宿ですが、始めの3日間はとにかく眠くて、眠くて。あろうことか瞑想中に寝落ちすることが多々あったほど。そこで休憩時間は散歩もせずにひたすら気絶したように爆睡していました。朝の4時半から瞑想がスタートするのですが午前中はくしゃみ、鼻水と涙が止まらず、ティッシュ箱が手放せない状態に。まったく集中できません。健康だけが取り柄だったのに、どうやらアレルギーになってしまったようです(これって、瞑想アレルギー?)。結果、ティッシュ箱と頭からすっぽり被れるぶ厚めのストールが瞑想...more
カテゴリー:

エイ・キューブド、自動操縦の垂直離着陸機の初飛行に成功 - 02月14日(水)20:42 

A³ by Airbus(エイ・キューブド)が開発を勧めている自動操縦の垂直離着陸機「Vahana(バハナ)」が、現地時間1月31日、アメリカ・オレゴン州のペンドルトンにあるペンドルトンUAS試験場で初飛行に成功した。 実物大の機体が完全自動操縦で高さ約5メートルまで上昇し、53秒間飛行した。翌2月1日にも飛行し、成功した。 プロジェクト・エグゼクティブのザック・ラバリング氏は、「本日、私たちは航空宇宙のイノベーションにおいて偉業を達成しました。ナプキンに描いたコンセプトスケッチから2年足らずで、バハナは実物大の自動操縦航空機へと進化し、初飛行を成功させました。私たちのチームはA³とエアバスのファミリー企業、MTSIやペンドルトンUAS試験場などのパートナーから受けたサポートに、心から感謝しています。」とコメントした。 エイ・キューブドは2015年5月に設立した、エアバスのプロジェクト組織でアメリカのシリコンバレーに拠点を置いている。スピード、透明性、献身という3つの特質を中心にプロジェクトに取り組み、製品化が可能なデモンストレーション機や説得力のあるサイズのデモンストレーション機の制作を行っている。
カテゴリー:

【空飛ぶタクシー🚁】エアバスの「ヴァーハナ」初飛行に成功! 自動操縦の1人乗り機体 - 02月06日(火)00:30  newsplus

エアバスの空飛ぶタクシー「ヴァーハナ」初飛行に成功 自動操縦の1人乗り機体 2018/02/05 http://sorae.info/030201/2018_02_05_vahana.html エアバスは現在空飛ぶタクシー計画「ヴァーハナ(Vahana)」を進めていますが、2018年1月31日にオレゴン州ペンドルトンにてそのプロトタイプ機「Alpha One」が53秒の初飛行に成功しました。   発表によれば、31日の午前中にAlpha Oneは高度5メートルまでの浮上と、着陸に成功。これらはすべて自動操縦にて実施されました。 機体は電動マルチローターを搭載したVTOL機となっており、離...
»続きを読む
カテゴリー:

会社を辞めて、こうなった。【第67話】 ヴィパッサナー瞑想合宿で、稼げない40歳の自分を直視する!(後編)。 - 02月16日(金)08:53 

図らずともやさぐれモードで始まった二度目のヴィパッサナー瞑想合宿。セルと呼ばれる独房に篭って瞑想し続けた結果、心の深い深い部分まで向き合うことになりました。結果、”40歳を目前とした不安”について延々と語る女性に自らを晒せるほどエネルギーが軽くなったのですが。いったいどんなステップを踏んだというのでしょう。時系列でご報告します。写真/文・土居彩 【土居彩の会社を辞めて、サンフランシスコに住んだら、こうなった。】vol. 67 くしゃみが止まらず、ティッシュが手放せない。 2回目のヴィパッサナー瞑想合宿、前編はこちらをどうぞ。 http://ananweb.jp/column/sanfrancisco/157529/ やさぐれモードで始まった2回目のヴィパッサナー瞑想合宿ですが、始めの3日間はとにかく眠くて、眠くて。あろうことか瞑想中に寝落ちすることが多々あったほど。そこで休憩時間は散歩もせずにひたすら気絶したように爆睡していました。朝の4時半から瞑想がスタートするのですが午前中はくしゃみ、鼻水と涙が止まらず、ティッシュ箱が手放せない状態に。まったく集中できません。健康だけが取り柄だったのに、どうやらアレルギーになってしまったようです(これって、瞑想アレルギー?)。結果、ティッシュ箱と頭からすっぽり被れるぶ厚めのストールが瞑想時の私の必需品に。 ちなみに合宿中にみんながどんな格...more
カテゴリー:

【ロシア旅客機墜落】凍った速度センサーが原因か - 02月15日(木)00:38  newsplus

http://www.bbc.com/japanese/43054293 2018/02/14 ロシアの国内線サラトフ航空機が11日午後にモスクワ近郊で墜落し、乗客・乗員71人全員が死亡した事故について、速度センサーの凍結が原因かもしれないことが明らかになった。ロシアの国内航空委員会が13日、発表した。 国内航空委員会によると、墜落現場から回収されたフライトレコーダーの記録を急ぎ解析したところ、モスクワのドモジェドボ空港を離陸してから2分半後、高度約1300メートルで問題が発生した。速度計が様々な数値を表示し始めたという。委員会は、暖房装置が切れた...
»続きを読む
カテゴリー:

航空機の技術とメカニズムの裏側 第106回 航空機の航法と管制(4)航空機のオートパイロット - 02月06日(火)09:00 

測位の話が済んだので、オートパイロット(自動操縦装置)の話を書けることになった。自動操縦といっても、ここで取り上げるのは巡航を自動化する話である。技術的には離着陸の自動化も可能になってきているが、その話はまた後で。
カテゴリー:

【スマホ】空の旅の「機内モード」 本当に必要? - 01月29日(月)02:30  bizplus

世界中の飛行場で毎日、たくさんの便が離陸する前に機内ではこんなアナウンスが流れてくる。「携帯電話などの携帯電子機器を機内モードに設定してください」  なぜそうしなければならないのか、その根拠に100%確信がなくても、大半の乗客がアナウンスに従う。携帯電話の無線通信機能をオフにしなければならない理由は、一般的な推測として、携帯電話の信号が航法機器に干渉し、墜落を引き起こしかねないと思うからだ。だが本当にそうなのだろうか。  ある匿名の客室乗務員はそんなことはないと語る。今月、ニュースサイト「Vice.c...
»続きを読む
カテゴリー:

「自動操縦」の画像

もっと見る

「自動操縦」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる