「自動操縦」とは?

関連ニュース

中国機、1万メートル上空で窓脱落 副操縦士が吸い出され体半分が外に - 05月15日(火)10:17  news

 中国メディアの取材に応じた機長の話によると、窓が割れたのは成都まで100キロ~150キロ の地点。副操縦士の体の半分が操縦室の外に吸い出されたが、シートベルトをしていたため、転落 せずに済んだ。副操縦士は顔と腰を負傷した。  当時、旅客機は時速800~900キロで飛行していた。操縦室内は大きな風の音で地上との 無線通信の音が聞こえなくなったほか、自動操縦などの設備が故障。ただ視界が良かったため、 機長が手動で操縦し、機体が激しく揺れながらも着陸に成功した。  操縦室と客室の間は仕切られて...
»続きを読む
カテゴリー:

空飛ぶタクシー、機体公開 ウーバー、将来は自動操縦 - 05月09日(水)08:51 

 垂直に離着陸できる「空飛ぶタクシー」の実用化を目指す米配車大手ウーバー・テクノロジーズは8日、機体のイメージ図を公開した。2020年に飛行試験を始め、23年に実用化する計画だ。都市での利用を想定し、電気を動力源にして騒音や環境負荷を軽減。当初は人が操縦するが、将来は自動操縦を目指すという。
カテゴリー:

【海上保安庁】大型ヘリコプターH225を5機追加発注 - 04月27日(金)06:23  newsplus

http://otakei.otakuma.net/archives/2018042604.html 2018/04/26  海上保安庁は、新たに大型ヘリコプターとして、H225シュペルピューマMk.II+を5機追加導入することになりました。2018年4月25日(ヨーロッパ中央時間)、受注したエアバスヘリコプター社が発表しました。  H225は、AS332シュペルピューマをアップグレードしたエアバスの最新鋭大型ヘリコプター。2人のパイロットのほか最大19人の人員が輸送でき、海上保安庁でもすでに5機導入されており、AS332を含めると計8機が活躍しています。また、陸上自衛隊でも要人(VIP)...
»続きを読む
カテゴリー:

【技術】空飛ぶタクシー、イメージ図公開 ウーバー、将来は自動操縦(画像あり) - 05月09日(水)10:34  newsplus

◆空飛ぶタクシー、イメージ図公開 ウーバー、将来は自動操縦 垂直に離着陸できる「空飛ぶタクシー」の実用化を目指す米配車大手ウーバー・テクノロジーズは8日、機体のイメージ図を公開した。 2020年に飛行試験を始め、23年に実用化する計画だ。 都市での利用を想定し、電気を動力源にして騒音や環境負荷を軽減。 当初は人が操縦するが、将来は自動操縦を目指すという。 機体開発ではブラジルの小型機大手エンブラエルなどと連携するほか、米航空宇宙局(NASA)や米陸軍の協力も得る。 利用者は配車サービスと同じようにスマー...
»続きを読む
カテゴリー:

ウーバー:「空飛ぶタクシー」イメージ図 将来は自動操縦 - 05月09日(水)08:06 

 垂直に離着陸できる「空飛ぶタクシー」の実用化を目指す米配車大手ウーバー・テクノロジーズは8日、機体のイメージ図を公開した。2020年に飛行試験を始め、23年に実用化する計画だ。都市での利用を想定し、電気を動力源にして騒音や環境負荷を軽減。当初は人が操縦するが、将来は自動操縦を目指すという。
カテゴリー:

「自動操縦」の画像

もっと見る

「自動操縦」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる