「自主防災組織」とは?

関連ニュース

【高知】高さ22m、国内最大級の津波避難タワー 黒潮町[04/14] - 04月14日(金)17:49 

南海トラフ巨大地震による津波の想定で、国内最高の34・4メートルの津波高が予想されている高知県黒潮町で、 町が同町佐賀に建設していた国内最大級の津波避難タワー「佐賀地区津波避難タワー」が完成し、13日、落成式が行われた。 同町の津波避難タワーは6基となり、町内の避難困難地域はすべて解消されるという。 タワーの高さは22メートル。 最上階には、約230人が収容できる約230平方メートルの避難フロアが設けられ、 二つの小部屋はトイレや授乳室などとしても使える。 高齢者や障害者に配慮し、緩やかな階...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

<岩手沿岸市長選>自主防災組織率に格差 - 04月13日(木)06:05 

東日本大震災で被災した岩手県沿岸12市町村で、住民同士で防災訓練や災害時の救助に当たる自主防災組織の組織率に地域差が生じている。総世帯数に対する組織加入世帯数の割合で100%は4市町村にとどまり、半数
in English
カテゴリー:

【南海地震に備えて】高さ22m、国内最大級の津波避難タワー 高知(写真あり) - 04月14日(金)16:27 

南海トラフ巨大地震による津波の想定で、国内最高の34・4メートルの津波高が予想されている高知県黒潮町で、町が同町佐賀に建設していた国内最大級の津波避難タワー「佐賀地区津波避難タワー」が完成し、13日、落成式が行われた。 同町の津波避難タワーは6基となり、町内の避難困難地域はすべて解消されるという。 タワーの高さは22メートル。最上階には、約230人が収容できる約230平方メートルの避難フロアが設けられ、二つの小部屋はトイレや授乳室などとしても使える。 高齢者や障害者に配慮し、緩やかな階段に加...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「自主防災組織」の画像

もっと見る

「自主防災組織」の動画

Wikipedia

自主防災組織(じしゅぼうさいそしき)とは、日本において災害対策基本法第5条2において規定されている、地域住民による任意の防災組織である。

概要

主に町内会・自治会が母体となって地域住民が自主的に連帯して防災活動を行う任意団体であるが、具体的には町内会・自治会防犯部といった組織や、地域の婦人防火クラブ、その他防災関連のNPOなどがその例である。また、地域住民の構成する消防防災機関としては消防組織法に定める公共機関としての消防団が存在するほか、水防法においては水防団が設置されているが、これらは公共機関としての位置付けであり、あくまで任意の組織である自主防災組織とは一線を画す。

防災NPOの活動も活発化しているほか、市町村、とりわけ消防本部において防災ボランティア等の登録制度を設けているところも多い。また、企業においては一定の危険物を取り扱う事業所については、消防法において自衛消防組織を設置しなければならないとされているほか、石油コンビナートなどの業務を行う特定事業者については...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる