「脳腫瘍」とは?

関連ニュース

子どもが脳腫瘍の早期発見に必要なこと - 04月28日(金)19:13 

脳腫瘍は子どもの悪性腫瘍の中でも決して珍しいものではありません。子どもの脳は日々成長しているため、異変に気付き早期発見に繋げることが大切です。ここでは、子どもが脳腫瘍の特徴や、早期発見に必要なことについて解説します。 子どもの脳腫瘍は大人と違った特徴を持つ 脳腫瘍は成人で発症した場合は大脳に多く見られますが、子どもの場合は小脳や脳幹のある後頭蓋窩と呼ばれる場所に見られます。特によく見られる脳腫瘍には、以下が挙げられます。 <子どもに多い脳腫瘍> 1.髄芽腫(ずいがしゅ) 身体のバランスを司る小脳の一部や、その周辺に腫瘍ができる病気です。男児に多いといわれています。 2.毛様細胞性星細胞腫(もうようさいぼうせいせいさいぼうしゅ) 赤ちゃんから若い成人までに見られる脳腫瘍で、子どもに多い良性脳腫瘍です。大脳や小脳の浅い部位、脳幹部、視神経、視床下部、中脳視蓋などの様々な部位にできます。 3.脳室上衣腫(のうしつじょういしゅ) 5-9歳の子どもに多く見られる脳腫瘍です。脳室と呼ばれる部位の壁を作る細胞に腫瘍ができる病気です。脳室は4つありますが、第4脳室にできる脳室上衣腫は髄芽腫に似ており間違われることもあります。 子どもの脳腫瘍は簡単な手術で切除出来る良性のものや自然治癒するものもありますが、多くは悪性腫瘍として現れることが多いです。発生する場所によっては手術が難しいケースも...more
in English
カテゴリー:

医師「ロリコン(アニメオタクも含む)は脳に異常がある」 - 04月25日(火)21:08 

異常性行為というのは医学用語ではありませんが、性欲の異常は精神医学の扱う領域の一つです。 何をもって正常な性欲とするかは時代・社会背景によって大きく変化し、同性愛や自慰行為も異常とされたことがありました。 異常性欲の種類 対象の異常 通常は性欲の対象としないようなものに性欲を持つことです。例としては以下が挙げられます。 ■ フェティシズム(ハイヒール、下着など無機物) ■ 特定の服装(コスプレなど) ■ 小児(ロリコン) ■ 近親(マザコンなど) ■ 動物(獣姦) ■ 架空の存在(ゲームキャラクター...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

5つの異常から見る「異常性行為」 脳疾患が原因の場合も【医師解説】 - 04月25日(火)19:00 

2017年4月24(月)、歌手・タレントの泰葉さんが、元夫の春風亭小朝さんから家庭内暴力や異常性行為といった虐待行為を受け、そのために双極性障害を発症したと自身のブログで発表し話題になりました。 性欲の量も質も人それぞれだと思いますが、度を超えていると感じたとき、他人に相談するのは難しく、泰葉さんのように1人で悩み続けてしまい、解決までに時間を要してしまうことも考えられます。 異常性行為とは? 異常性行為というのは医学用語ではありませんが、性欲の異常は精神医学の扱う領域の一つです。 何をもって正常な性欲とするかは時代・社会背景によって大きく変化し、同性愛や自慰行為も異常とされたことがありました。 異常性欲の種類 対象の異常 通常は性欲の対象としないようなものに性欲を持つことです。例としては以下が挙げられます。 ■ フェティシズム(ハイヒール、下着など無機物) ■ 特定の服装(コスプレなど) ■ 小児(ロリコン) ■ 近親(マザコンなど) ■ 動物(獣姦) ■ 架空の存在(ゲームキャラクターなど) など 目的の異常 通常は性的満足を得ないような行為を行うことです。強制わいせつ、SM(痛みを通して性的快感を得る)、虐待行為、露出症、窃視症(のぞき)などです。 性欲の質の異常 対象の異常と目的の異常があります。 性...more
in English
カテゴリー:

伊裁判所、業務での長時間携帯電話使用が脳腫瘍の原因になったと判断 - 04月23日(日)13:39 

イタリア・イブレアの裁判所が、テレコム・イタリアに勤める原告の脳腫瘍の原因は、業務で長年にわたり携帯電話を長時間使用したためだとの判断を示したそうだ。
in English
カテゴリー:

子どもが突然嘔吐を繰り返すアセトン血性嘔吐症とは - 04月22日(土)14:51 

アセトン血性嘔吐症は、精神的刺激に体が反応したり、心因性の原因が多いことから「自家中毒」とも呼ばれていたこともありました。子どもの場合、消化器系障害として現れることが特徴です。急に嘔吐し、繰り返すアセトン血性嘔吐症について解説します。 アセトン血性嘔吐症とは 周期性嘔吐症とも呼ばれるアセトン血性嘔吐症は、昔は自家中毒とも呼ばれていました。体の中にケトンという物質が増えることで起こる、代謝機能の弱い子どもに発症する病気です。発症年齢は3歳~12歳頃ですが、2歳~6歳の子どもに多いです。稀に1歳代の子どもに見られることがありますが、その場合他の疾患の可能性も疑われます。発症の頻度は子どもによって異なり、1年に1度、1~2カ月に1回など様々です。粘液の混じった胃液を吐き、回数が増えるとコーヒーのカスの様な嘔吐物になります。嘔吐が続くと、腹部が陥没することもあります。 アセトン血性嘔吐症の症状 発症のケースは色々あり、日常元気に過ごしている子どもが突然吐き、その後嘔吐や腹痛を繰り返す症状が4~5日続きますが、ケロっと急に元気になります。安心しているとしばらくしてまた同じ様な症状を繰り返し、嘔吐物や息がやや酸っぱくなる(リンゴの腐ったような臭い:アセトン臭)ことが特徴です。自律神経や消化器系の異常を訴える子どもが多く、吐き気(嘔吐)、全身倦怠感、蒼白、食欲不振、頭痛、腹痛(下痢なし)など...more
in English
カテゴリー:

寝言が多いのは病気のサイン?危険な寝言の判断基準を教えて! - 04月27日(木)20:00 

就寝中、パートナーや友人のはっきりとした寝言に、ドキッとした経験はありませんか?起きているのかなと思い、うっかり会話をしてしまった、なんて方もいると思います。 また、寝言が頻繁に続くと「病気かも?」と不安になったりするものです。 今回は、気になる身近な「寝事」について、睡眠との関係から、疑われる病気など、詳しく医師に解説していただきました。 睡眠と寝言の仕組み 睡眠の仕組み 睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠に分けられます。 人間はレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返し行っており、1回のレム睡眠とノンレム睡眠の周期が約90分と言われています。 ■ レム睡眠 体は深く眠っているが脳は活発に働いている状態です。眼球が左右に動くことがあり、Rapid Eye MovementからREM レムと呼ばれています。 レム睡眠中の脳は記憶の整理や定着のための作業をしており、よく夢を見ます。 ■ ノンレム睡眠 体はやや眠りが浅く、脳はレム睡眠よりは深く休んでいる状態です。ノンレム睡眠中の脳は、生存に必要なホルモンを出したり、ストレスを消す作業をしていると言われています。 寝言の仕組み 睡眠中の脳の動きに関係して、言葉や声を発するのが寝言です。 レム睡眠中もノンレム睡眠中も寝言を言いますが、レム睡眠中の方が多いです。 寝言の原因 脳...more
in English
カテゴリー:

Samsungの新しいアプリは、失語症の人たちのコミュニケーションを助ける - 04月25日(火)19:45 

かつてはばかげた新奇性として嘲笑の対象になっていたこともあるが、絵文字(emoji)は独立したコミュニケーションツールになりつつある。新しいアプリケーションWemogeeは、表意文字を用いることで、読み書きや会話の難しい失語症(aphasia)の人びとを助けようとするものだ。 Samsung Electronics Italia(Samsungのイタリア子会社)とスピーチセラピストのFrancesca Poliniの協力によって開発されたWemogeeは、テキストフレーズを絵文字の組み合わせで置き換えながら、メッセージングアプリとして、または対面の対話で使用することができる。現在英語とイタリア語をサポートし、4月28日にAndroid用に提供される予定だ。iOS版は今後のリリースが予定されている。 失語症は、言語理解と会話を担当する脳領域が傷ついた場合に発生する。最も一般的な原因の1つは脳卒中だが、失語症は脳腫瘍、外傷性脳傷害または神経変性疾患に起因することもある。 全国失語症協会(National Aphasia Association)によれば、約200万人のアメリカ人がこの疾患を患っており、毎年18万人の患者が増えている。失語症を患う人の多くは身振り手振りを使ったり、絵を描いたり、ピクチャボードを使ったりしている。Wemogeeは、失語症の人たちに、より高速で多用途の代替手段...more
in English
カテゴリー:

【嘔吐や耳鳴り】医師の決めつけで重病が放置された誤診の例 - 04月23日(日)23:47 

嘔吐や耳鳴り 医師の決めつけで重病が放置された誤診の例 zakzak 2017.04.23 http://www.zakzak.co.jp/health/doctor/news/20170423/dct1704231000001-n1.htm  「私の誤診率は14.2%である」--神経内科の権威で東大名誉教授の冲中重雄氏は、1963年、東大を退官する際の最終講義でこう述べた。  これは臨床診断と剖検(病理解剖)結果を比較して出した数字で、医療関係者はその率の低さに驚嘆したが、市井の人々は逆に、日本最高の名医でも14%も誤診があるという事実に衝撃を受けた。  また、2004年に世界的に有名な医学専...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

嘔吐や耳鳴り 医師の決めつけで重病が放置された誤診の例 - 04月23日(日)07:00 

「私の誤診率は14.2%である」──神経内科の権威で東大名誉教授の冲中重雄氏は、1963年、東大を退官する際の最終講義でこう述べた。  これは臨床診断と剖検(病理解剖)結果を比較して出した数字で、医療関係者はその率の低さに驚嘆したが、市井の人々は逆に、日本最高の名医でも14%も誤診があるという事実に衝撃を受けた。  また、2004年に世界的に有名な医学専門誌『Archives of Internal Medicine』に、フランスの医師らがICU(集中治療室)で死亡した人々の剖検結果についての論文を掲載した。そこには〈生前診断の約30%は誤診だった〉と書かれていた。  誤診が起こる理由としてもっとも多いのが診察時の「見誤り」や「見落とし」だ。実例を見ていこう。 〈眼科医に緑内障と診断されて以来、定期的に眼科で検査を受け、点眼薬を使い続けたが、右目の視野がどんどん狭くなっていった。治療効果が得られずおかしいと思い、大学病院でCTスキャンを撮ったところ、「脳腫瘍」だと宣告された〉  脳は人体において最も重要な器官であるが、疾患の症状は多岐にわたるため、脳が原因だと疑われないケースもある。  この患者は腫瘍摘出手術を受けたが、結果的に右目は失明してしまったという。上野毛脳神経外科クリニック院長の小林信介氏が解説する。 「脳腫瘍が視神経を圧迫し、視力悪化や視野狭窄などの症状が出るケースです...more
in English
カテゴリー:

【健康】携帯電話の長時間使用で脳腫瘍に、原告の主張認める 伊裁判所 - 04月21日(金)22:14 

http://www.afpbb.com/articles/-/3125918?act=all 【4月21日 AFP】イタリアの裁判所がこのほど、携帯電話の長時間にわたる使用が原因で良性の脳腫瘍ができたと訴えた男性労働者の主張を認め、社会保障当局に賠償するよう命じた。  イタリア北部イブレア(Ivrea)裁判所の判決は11日に言い渡されたが、20日に初めて公になった。今後、不服申し立てが行われる可能性もある。  訴えを起こしたのは、ロベルト・ロメオ(Roberto Romeo)さん(57)。裁判では、15年にわたり、仕事で日々3~4時間の携帯電話の使用を余儀なくされていた...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「脳腫瘍」の画像

もっと見る

「脳腫瘍」の動画

Wikipedia

脳腫瘍(のうしゅよう、Brain tumor)とは、疾病のひとつで、頭蓋内組織に発生する新生物(腫瘍)のことを意味する。すなわち、脳腫瘍は脳細胞だけでなく、硬膜クモ膜、頭蓋内の血管末梢神経、その他の頭蓋内に存在するあらゆる組織から発生する。発生頻度は毎年約100,000人に12人の割合であるとされている。具体的な発生要因は明らかではない。

症状

脳腫瘍は通常何らかの症状が出現したときには、すでに腫瘍はある程度の大きさに成長しているため、脳浮腫を引き起こしている場合がほとんどであり、頭蓋内圧亢進症状すなわち、頭痛吐き気嘔吐等を起こすとともに、発生部位によっては局所症状として視野欠損難聴、運動麻痺、言語障害などを伴うことがある。また皮質に病...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる