「脳腫瘍」とは?

関連ニュース

脳腫瘍が治ったベトナムの女性  - 08月18日(金)19:03 

ベトナムに住むグエトさん(Nguyet)が脳腫瘍と診断され、闘病生活が始まったのは、18歳の時。
カテゴリー:

脳腫瘍が治ったベトナムの女性  - 08月18日(金)07:00 

ベトナムに住むグエトさん(Nguyet)が脳腫瘍と診断され、闘病生活が始まったのは、18歳の時。高校生だった彼女は学校の教室で激しいひきつけを起こし、意識を失ったのが始まりだった。救急車ですぐに病院へ運ばれ、それ以来、学校へ戻ることはできなかった。
カテゴリー:

「コード・ブルー」4話。山Pに「大丈夫」って言われてみたい - 08月14日(月)10:00 

「いつからだろうな、医者が患者に大丈夫だって言ってやれなくなったのは」新海(安藤政信)は、藍沢(山下智久)の言動に少し揺さぶられていた。「後で嘘つきと罵られようと、代償を払わされようと構わない。彼女が生きている方がいい」人命第一と教えられてきた藍沢らしい覚悟の決め方だった。「コード・ブルー」第4話。山Pのやさしい表情が見られた「コード・ブルー」4話拡張型心筋症で移植を待つ橘(椎名桔平)と三井(りょう)の息子、優輔(歸山竜成)の容体が急変。フライトを藍沢に任せて治療に当たった橘。一命を取り留めたが、臓器移植まで平均1000日も待つのが実態と、綱渡りの状況が続く。先の見えない長い戦いは、たとえ医師であっても堪えるようで、三井はヘリに乗っていた頃とは別人のよう。敏腕フライトドクターの面影はなく、辛くて苦しそうな表情が増えた。心拍数が上がってしまうことを避けるため、泣くことすらセーブしなければならない優輔は、久しぶりに見た母の笑顔に癒され、反対に橘と三井も優輔の笑顔に勇気づけられる。。藍沢先生に言われたい「大丈夫」「君はすごいな。そこまで体調が悪かったら一刻も早く手術をしてくれというのが普通だ…それだけピアノが好きなんだな」ゆっくりとした口調で、冷静だけど感心を隠せない様子で語りかけた藍沢。相手は14才の天才ピアニスト。天野奏(田鍋梨々花)の脳腫瘍は肥大し、容体は悪化の一途をたどる。それで...more
カテゴリー:

難病少年奇跡呼ぶ歌声 治療費かさみ借金「家族助けたい」 タイ 番組出演し反響寄付2500万円 - 08月12日(土)06:00 

【バンコク浜田耕治】借金を抱えた人が賞金をかけて歌を競うタイのテレビ番組に、13歳の少年が出演した。自らの脳腫瘍の...
カテゴリー:

「コード・ブルー」3話。山Pとガッキーの恋愛は進行してるのしてないの? - 08月07日(月)10:00 

「結婚しよ!ちゃんとしよ」「“ちゃんと”って何? なんで今、結婚なの? 私が妊娠してなかったら結婚しよって言った?」朝の通勤途中、車中で藤川(浅利陽介)が冴島(比嘉愛未)にプロポーズをしたものの、なぜかご立腹の冴島。……やっちまったなぁ藤川先生。でも、後に起こる出来事で、この会話がどれだけ幸せなことかを思い知らされる。「命より大切なもの」コード・ブルー3話 藍沢が脳外科時代に診ていた14歳の天才ピアニスト、天野奏(田鍋梨々花)の脳腫瘍が限界にきていた。手術を受けなければ命が危ない、しかし指先に後遺症が残る可能性がある。天才ピアニストにとっては致命的だ。「これが普通の女性だったら……」藍沢も頭を悩ませた。医者にとっては人命第一だが、患者にとっては命よりも大切なものがあるかもしれない…「命よりも大切なもの」がテーマだった3話。フライトナースの冴島が意識不明にヘリでの搬送中、患者の吐瀉物によってドクターとナースも汚染されてしまう。特に冴島は意識を失うほど深刻な状態で、この時点で原因は不明。めまいに襲われながらもどうにか持ちこたえた白石の報告で、除染の準備にとりかかる救命センター。緊急外来を立ち入り禁止にして、全員がエプロン、手袋、マスクを着用するなど物々しい雰囲気で受け入れの準備をした。救命はこういうケースもあるのか。ヘリが着陸すると、すぐに駆け寄ろうとするフェローたちに声を張る藍沢。「...more
カテゴリー:

「病気になる人の思考回路には共通点がある」ガン含め数百人の病をやめさせたメンタルトレーナーが断言 - 08月18日(金)08:42 

 「病は気から」と言うように、ストレスと病の因果関係は古くから確認されているが、具体的な方法論については「リラックスしましょう」「気分転換しましょう」などと陳腐なことしか語られてこなかったのではないか。それで病気が治るなら苦労はしない。  そこで、言葉と脳の使い方(思考パターン)を変えることでストレスの発生原因を断ち、実際に病気を改善させる取り組みを行なっているのがメンタルトレーナーの梯谷(はしがい)幸司氏だ。  隔週で開催される梯谷氏のセミナーはつねにキャンセル待ち、180人~250人規模のものでも募集開始の翌日には定員オーバーになるほどの盛況ぶりで、クライアントには各界の著名人も多い。  これまでクライアントから消えた症例は、糖尿病、脳腫瘍、動脈瘤、腎臓結石、甲状腺障害などからうつ、パニック障害といった心因性のものまで実に30以上。  ガンも例外ではなく、クライアントのうち約40人が医療機関によりガン細胞の消失を確認され、10人が改善途中、亡くなったのは4人だ。本当であれば驚きである。  セミナー参加者や顧客の中には医療関係者も多く、特に「言葉と心理技術で病気をやめさせる」プログラムの参加者の半数以上が医師、看護師、薬剤師で、標準医療と並行し梯谷氏のメソッドを導入している医院も少なくない。中には、ステージ2から3のガンが消失した例も報告されたという。  しかし、そん...more
カテゴリー:

南京で服役の中国作家、脳腫瘍か 中国民主化求める楊天水氏 刑務所側から治療の通知 香港紙 - 08月14日(月)12:08 

 香港紙、蘋果日報(電子版)は13日、中国の民主化を求め、国家政権転覆罪で服役中の中国の著名作家、楊天水氏(56)が脳腫瘍を患い、近く刑務所を出て当局の監視下で治療を受けると伝えた。
カテゴリー:

かつて人気を博した薄幸系ドラマが減少の一途、薄幸ヒロインも不在 - 08月12日(土)08:40 

 ここ最近の話題になった“恋愛ドラマ”といえば、『あなたのことはそれほど』(TBS系)に代表される“ゲス不倫ドラマ”や、『逃げるは恥だが役に立つ』(同)などの“契約恋愛・結婚”といった、現代の恋愛の形を体現するラブコメものが挙げられる。だが、かつては不治の病にかかったヒロイン×それを支える恋人…といった、いわば“薄幸ヒロイン系ドラマ”が恋愛ドラマの“王道”だった時代もあったのだ。しかし今では、薄幸系ドラマはほとんど放送されなくなったし、それに伴い薄幸ヒロインを演じられる“薄幸系女優”も少なくなったようだ。果たしてこのまま薄幸系ドラマは絶滅してしまうのだろうか? 【写真】“薄幸”の先に妖艶さが見える壇蜜 ◆『赤いシリーズ』や『高校教師』など、かつて人気を博した薄幸系ドラマ  1960年代からはじまるNHKの朝の連続テレビ小説にしても、戦争や貧困に絡んだ女性の物語が多く、薄幸系ドラマは“定番”だったが、現在の中高年にとって印象に残る薄幸系ドラマと言えば、やはり1974~80年にかけて放送されたTBS系作品だろう。特に山口百恵が出演した『赤い疑惑』や『赤い運命』『赤い衝撃』などは、出生に秘密があったり、不治の病にかかったヒロインが運命に翻弄されながらも健気に生きていく…というのが定番で、父親役に宇津井健、恋人役に三浦友和をあてた作品はどれも高視聴率を記録。山口百恵は薄幸系ヒロインと...more
カテゴリー:

TIF登場&中元日芽香の卒業で乃木坂46に高い注目が! 【視聴熱】7/31-8/6ウィークリーランキング - 08月07日(月)17:20 

webサイト「ザテレビジョン」では、8月7日に「視聴熱(※)」ウィークリーランキング(対象期間=7月31日~8月6日)を発表した。 【写真を見る】ドラマ部門1位は高視聴率をキープのあの注目作! 7月31日~8月6日“視聴熱”ウィークリーランキング ドラマ部門 ■ 人物ランキング 乃木坂46・中元日芽香が卒業を発表 1位 乃木坂46/2位 嵐/3位 新木優子 乃木坂46…8月6日に中元日芽香が「らじらー!SUNDAY」(毎週日曜夜9:05-11:00、NHKラジオ第1)で卒業を発表。今年1月に体調不良で休業し、4月に復帰していたが、その後も体調の優れない日がたびたびあったことが、卒業を決めた大きな理由の一つと明かした。8月11日(金)から始まる「真夏の全国ツアー2017」は全て欠席するが、10月に開催される「アンダーライブ全国ツアー2017~九州シリーズ~」には出演予定。なお、同じ8月6日には「TOKYO IDOL FESTIVAL2017(通称TIF)」に3期生が初出演。後半には白石麻衣、西野七瀬らもサプライズ登場して盛り上げた。 ■ ドラマランキング 「コード・ブルー」が3話連続で高視聴率をマーク 1位 コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON/2位 ひよっこ/3位 過保護のカホコ コード・ブルー―…第3話が7月31日に放送され、視聴率14.0%(ビ...more
カテゴリー:

【アメリカ】悪性脳腫瘍を患った共和党重鎮ジョン・マケイン氏にオバマ元大統領を始め多くの励ましが届く「がんは闘う相手を誤った」 - 07月22日(土)03:45  newsplus

http://japan.techinsight.jp/2017/07/kay07211827.html アメリカの政治家ジョン・マケイン氏(80)の脳に、悪性度の極めて高い膠芽腫ができていると報じられた。同氏は目の上にできた血栓を除去すべく手術を受けたが、その後の検査結果で病気が判明したという。 ジョン・マケイン氏の脳に膠芽腫(悪性の脳腫瘍)ができていると判明し、米政界が大きく揺れた。この腫瘍は悪性度が極めて高く、かなりのスピードで腫瘍が増大するため驚くほど早く患者の容態が悪化する例もあるという。またこの病気を完全に治すことはできないと言われ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「脳腫瘍」の画像

もっと見る

「脳腫瘍」の動画

Wikipedia

脳腫瘍(のうしゅよう、Brain tumor)とは、疾病のひとつで、頭蓋内組織に発生する新生物(腫瘍)のことを意味する。すなわち、脳腫瘍は脳細胞だけでなく、硬膜クモ膜、頭蓋内の血管末梢神経、その他の頭蓋内に存在するあらゆる組織から発生する。発生頻度は毎年約100,000人に12人の割合であるとされている。具体的な発生要因は明らかではない。

症状

脳腫瘍は通常何らかの症状が出現したときには、すでに腫瘍はある程度の大きさに成長しているため、脳浮腫を引き起こしている場合がほとんどであり、頭蓋内圧亢進症状すなわち、頭痛吐き気嘔吐等を起こすとともに、発生部位によっては局所症状として視野欠損難聴、運動麻痺、言語障害などを伴うことがある。また皮質に病...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる