「脳細胞」とは?

関連ニュース

難治性神経変性疾患「アレキサンダー病」の原因分子を発見 - 02月16日(金)11:52 

理化学研究所は、マウスを使った実験によって、アレキサンダー病(AxD)の病気の進行が、グリア細胞の一種、アストロサイトと呼ばれる脳細胞のCa2+シグナル興奮性が高くなることにより引き起こされることを明らかとしたと発表した。
カテゴリー:

難病・アレキサンダー病の原因分子を発見、山梨大などの研究 - 02月14日(水)11:00 

山梨大学、慶応大学、京都府立医科大学、理化学研究所からなる共同研究グループは、マウスを用いた実験によって、非常に稀な難病であるアレキサンダー病が、アストロサイトと呼ばれる脳細胞のCa2+シグナル興奮性が高くなることによって引き起こされていることを明らかにした。
カテゴリー:

認知症の原因物質は40代から蓄積! 予防ケアの専門「脳トレジム」とは? - 02月14日(水)15:00 

集中力が落ちてきた、人の名前が出てこない、ストレスがたまる、うっかりミスが増えた――。 アラフォーともなるとこんな悩みも珍しくないだろう。これらは脳が加齢とともに萎縮し、認知機能が低下していくせいだというが、脳はこのまま衰えていくばかりなのだろうか? 解消するための方法はないのか? そんな悩める40代の目に留まったのが、東京・恵比寿に昨年オープンした「ブレインフィットネス(R)」。脳の健康をケアしてくれる日本有数の「脳トレーニングジム」だという。一体、どんなことをするのか。またどれだけの効果が見込めるのか? 体験取材してきた。 * * * お話を伺ったのは、広報の森下愛子さん。白を基調としたジム内にはPCが置かれたテーブルとエクササイズ用のバイクが1台、そしてマットが1枚。なんともシンプルな空間だ。 ―そもそも、こちら「ブレインフィットネス(R)」はどのようなことをするジムなんですか?  「簡単にいうと、脳の健康に良い生活習慣を会得するジムですね」 ―脳の健康にいい生活習慣、ですか?  「はい。元々、ここは中高年の方を対象に認知症予防を目的とした脳トレーニングジムなんです。認知...more
カテゴリー:

「脳細胞」の画像

もっと見る

「脳細胞」の動画

Wikipedia

  • 転送 神経細胞...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる