「脳梗塞」とは?

関連ニュース

スポーツトレーナーが教える! ダイエットにオススメの運動&消費カロリーの目安 - 08月23日(水)23:08 

健康的に痩せるなら、やっぱり運動。食事制限だけだと、リバウンドが怖いですよね。ではその運動は、実際にどのくらいの効果が期待できるのでしょうか。運動の効果は、体重や運動の活動量などで違ってくるものですが、ここではスポーツトレーナーの渡邊亜紀子先生に、オススメの運動や「ダイエットを頑張るための目安ひとつ」として活用できる運動別・消費カロリーを教えていただきました。 ■ダイエットには、本当に「有酸素運動」がオススメなの? 運動は、大きく分けると有酸素運動と無酸素運動の2種類。ダイエットには有酸素運動のほうが効果的などと言われることありますが、実際はどちらも効果があります。有酸素運動と無酸素運動では、ダイエット効果の出方に違いがあるのです。 ◇有酸素運動と無酸素運動の違いって? 人が運動をするにはエネルギーが必要ですが、有酸素運動と無酸素運動とではエネルギーになるものが違っています。有酸素運動は、酸素。酸素を利用して糖質や脂肪を燃焼させ、エネルギーにします。無酸素運動は、筋肉に蓄えられている糖質からエネルギーを生み出す割合が高くなっています。したがって体脂肪を燃やしたいときは有酸素運動、メリハリのあるスタイルにしたいときは無酸素運動が効果的です。なお有酸素運動の代表的なものには、ジョギングや水泳、縄跳びなどがあります。無酸素運動は、筋トレです。 ◇脂肪を燃焼(代謝)のメカニズムを...more
カテゴリー:

【健康】塩分、たばこ、カップ麺も…“短命県”に顕著な生活習慣 - 08月20日(日)14:03  newsplus

2017年8月18日 11時0分 女性自身 日本は現在、世界第2位の長寿国だという。厚生労働省が7月下旬に公表した'16年の日本人の平均寿命は、女性が87.14歳、男性は80.98歳と、過去最高となった。医療技術が進歩しているいっぽう、米を主食に、魚や大豆製品を食べるという和食が健康に貢献しているともいわれている。   しかし、もちろん日本人全員が長寿というわけでもなく、地域差も大きい。日本人の死因1位の“がん”も、かなりの地域差がある。がんの死亡率・罹患率には食生活が与える影響が大きいと話すのは、医学博士で白澤抗...
»続きを読む
カテゴリー:

森昌子のスパルタ子育て論 反抗期の息子に「お前を殺して、母さんも死ぬ」と応戦 - 08月19日(土)12:17 

8月18日の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)では、「森昌子の仰天スパルタ子育て!そして歌手復帰」が放送され、「3人の息子には1人でも生きていけるようになってほしかった」と子育て論を語った。 反抗期の息子との親子ゲンカに中居正広も息を呑んだ 番組では、今年デビュー46周年を迎えた国民的歌手の森昌子が2月に出版した話題の本『母親力 息子を「メシが食える男」に育てる』になぞりながら、独特のスパルタ子育て法を中心に紹介。 例えば「痛みを覚えさせるためにわざと転ばせる」。長男がまだ幼稚園だった頃、大きな石に向かって走る息子を見て、心の中で「転べ、転べ」と呪文のように唱え、転ぶと「よっしゃー」と思ったという。痛みを自分で知ることで、それ以降、周りをきちんと見て動けるようになった。また「目上を敬える子にするために兄弟同士でも敬語」を実践。「今でも兄弟間は敬語?」と驚く中居に対し「もちろんです」ときっぱり。スタジオでも驚きの声が上がった。 また「自立させるために18歳になったら自動的に家を出す」ということも実行。今は全員独立したが、寂しさよりも「せいせいした!すっきりしたという達成感。十分に愛情を持って接してきたつもり。もう教えることもないですから」と語った。これには「1日も早く子育てから開放されたい」と17歳の息子を持つレギュラーの室井佑月も共感した。 なかでも衝撃的だったのが反...more
カテゴリー:

塩分、たばこ、カップ麺も…短命県に顕著な生活習慣 - 08月18日(金)11:00 

日本は現在、世界第2位の長寿国だという。厚生労働省が7月下旬に公表した'16年の日本人の平均寿命は、女性が87.14歳、男性は80.98歳と、過去最高となった。医療技術が進歩しているいっぽう、米を主食に、魚や大豆製品を食べるという和食が健康に貢献しているともいわれている。 しかし、もちろん日本人全員が長寿というわけでもなく、地域差も大きい。日本人の死因1位の“がん”も、かなりの地域差がある。がんの死亡率・罹患率には食生活が与える影響が大きいと話すのは、医学博士で白澤抗加齢医学研究所所長の白澤卓二先生だ。 「'15年度の厚生労働省の調査によれば、47都道府県で死亡率が最も高いのが青森県、そして最も低いのは長野県でした。この2つの県の差は、がん死亡率の差によるものだと思われます」(白澤さん) たとえば肺がん死亡率は青森県が4位に対し、長野県は47位、胃がん死亡率は青森県1位に対し、長野県は43位という結果だった。 「現在では、がん治療の地域差はほとんどないため、発症率が高いほど死亡率も高い傾向にあります。がん発症の要因は、食生活、運動、ストレスの3つです。特に、その地域の特有の食生活によって野菜や塩分、脂肪などの摂取量の差が生じてきます。がんができるメカニズムは複雑なので、因果関係を特定することはできませんが、そういった要素が長年のうちに積み重なって、青...more
カテゴリー:

桂ざこば“笑撃”告白「私もガン…50やったかな」 - 08月15日(火)15:59 

 毎年お盆恒例の「米朝一門会」が15日、大阪・サンケイホールブリーゼで行われ、脳梗塞から復帰した桂ざこば(69)も姿を見せ、だじゃれで笑わせた。  現代社会の3大疾病「がん、急性心筋梗塞、脳卒中」を紹介し、ここで“笑撃”の告白。「私もガ…
カテゴリー:

【芸能】益子直美さん、心臓手術後の経過良好も…退院日に夫が事故で骨折、入院 - 08月22日(火)00:30  mnewsplus

[ 2017年8月21日 20:07 ]   4月に心臓手術を受けていた元バレーボール女子日本代表選手の益子直美さん(51)が21日放送のTBS「結婚したら人生劇変!○○の妻たち」(月曜後7・00)に出演。術後の経過を報告した。  番組では4月に益子さんと夫でプロロードレーサー・山本雅道(39)夫婦の取り組みを特集。2人は06年に結婚。当時、益子さんは40歳で山本は28歳。「女子バレー界のアイドルが年の差婚」と話題になった。その後、益子さんは夫の地元である神奈川・藤沢へ移住。15年には淑徳大のバレー部監督として...
»続きを読む
カテゴリー:

脳研・健やかワンポイント[脳卒中のリハビリ]復帰への道程支える - 08月19日(土)14:30 

 昔「ちゅうぶ」と呼ばれた病気を知っていますか。脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)のことで、「中風」と書きます。 秋田では脳卒中になることを「あだる」と言います。私は子どもの頃、祖母から「おめのじ…
カテゴリー:

運動、食文化、働き方まで…長寿県が誇る生活習慣とは? - 08月18日(金)11:00 

「'15年度の厚生労働省の調査によれば、47都道府県で死亡率が最も高いのが青森県、そして最も低いのは長野県でした。この2つの県の差は、がん死亡率の差によるものだと思われます」 そう語るのは、医学博士で白澤抗加齢医学研究所所長の白澤卓二先生。日本は現在、世界第2位の長寿国だという。厚生労働省が7月下旬に公表した'16年の日本人の平均寿命は、女性が87.14歳、男性は80.98歳と、過去最高となった。しかし、もちろん日本人全員が長寿というわけでもなく、地域差も大きい。日本人の死因1位の“がん”も、かなりの地域差がある。 たとえば、'15年厚生労働省人口動態統計による部位別のがん死亡率・生活習慣による死亡率、国立がん研究センター調査によるがんの罹患率を見てみると、肺がん死亡率は青森県が4位に対し、長野県は47位、胃がん死亡率は青森県1位に対し、長野県は43位という結果だった。白澤さんは、がんの死亡率・罹患率には食生活が与える影響が大きいと話す。 「現在では、がん治療の地域差はほとんどないため、発症率が高いほど死亡率も高い傾向にあります。がん発症の要因は、食生活、運動、ストレスの3つです。特に、その地域の特有の食生活によって野菜や塩分、脂肪などの摂取量の差が生じてきます。がんができるメカニズムは複雑なので、因果関係を特定することはできませんが、そういった要素が...more
カテゴリー:

最新技術で「声」残す 被爆者と向き合う生徒たち[平和どう伝えるか 広島・長崎から]7 - 08月15日(火)16:56 

 「祖母が急に脳梗塞で倒れ、話すことも一人で起きることもできなくなってしまいました」  昨年8月、小里美智子さんのお孫さんの平田ゆみさんから連絡が入った。小里さんは広島市中区の日赤病院(爆心地から1400メートル)で被爆、九死に一生を得た。産業奨励館(現在の原爆ドーム)での戴帽式を終え、新任の看護...
カテゴリー:

【医療/技術】皮膚に置くだけで損傷した生体組織を修復する驚異のナノチップデバイス(米研究) - 08月12日(土)05:35  newsplus

怪我をした部分の皮膚に電子デバイスを乗せてピピッと稼働させると、数日で損傷が修復してしまう。 最新ナノチップテクノロジーでやろうとしているのはこれだ。 皮膚細胞を再プログラムして、組織や内臓丸ごとすら置き換えてしまうのである。 それはティシュー・ナノトランスフェクション(TNT)という。 現時点ではマウスとブタでしか実験されていないが、新しい治療器具としてきわめて有望だ。 まるでSFの世界から飛び出してきたような感じだ。 ■ 強力な電場で遺伝子を組織に届ける驚異のナノチップテクノロジー 米オハイオ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「脳梗塞」の画像

もっと見る

「脳梗塞」の動画

Wikipedia

脳梗塞(のうこうそく、)、または脳軟化症(のうなんかしょう)「脳軟化症」の名の由来は、脳細胞は壊死すると溶けてしまうこと(「融解壊死」)から。とは、を栄養する動脈閉塞、または狭窄のため、脳虚血を来たし、脳組織が酸素、または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になる事をいう。また、それによる諸症状も脳梗塞と呼ばれる事がある。なかでも、症状が激烈で(片麻痺意識障害失語など)突然に発症したものは、他の原因によるものも含め、一般に脳卒中と呼ばれる。それに対して、ゆっくりと進行して認知症(脳血管性認知症)などの形をとるものもある。

日本における患者数は約150万人で、毎年約50万人が発症するとされ、日本人の死亡原因の中で高い順位にある高頻度な疾患である。また、後遺症を残して介護が必要となることが多く、寝たきりの原因の約3割、患者の治療費は日本の年間医療費の1割を...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる