「脳梗塞」とは?

関連ニュース

【音楽】ロビー・ウィリアムス「集中治療室に入っていた」と告白 9月にはショー中止も - 12月17日(日)05:22  mnewsplus

2017.12.16 19:26 ロビー・ウィリアムス「集中治療室に入っていた」と告白 9月にはショー中止も テイク・ザットのメンバーとしての大活躍を経て、今も人気ミュージシャンとして活躍中のロビー・ウィリアムス(43)。 彼の脳に異常が見つかったとして、9月に予定していたロシアでのショーを中止していたことが明らかになった。 今年夏に待望のツアー『The Heavy Entertainment Show Tour』をスタートしたロビー・ウィリアムスの体調に関する、心配なニュースが入ってきた。 9月に予定されていたロシアでのショーをキャンセルし、...
»続きを読む
カテゴリー:

福祉車両:運転再開支援講習を記者が体験 - 12月16日(土)20:41 

 ホンダが病気や事故で手足が不自由になった人の運転再開支援に力を入れている。福祉車両の開発以外にも、運転シミュレーターや実車を使った講習プログラムも提供する独自の取り組みを続けている。12月上旬には、脳梗塞(こうそく)で左半身にまひが残る東京都北区の自営業、関根義寛さん(57)が講習を受ける様子が報道機関に公開され、記者も試乗させてもらった。試乗体験をリポートする。
カテゴリー:

長嶋茂雄氏×中居正広、一夜限りの夢対談が実現!野球とエンタメを語り合う - 12月15日(金)17:30 

長嶋茂雄氏と中居正広が「野球」「エンターテインメント」についてじっくりと語り合う“一夜限りの夢対談”が、『長嶋さんと中居くん(仮)~野球愛、エンタテインメント、そして肉体~』(テレビ朝日系)にて実現。12月28日(木)23時20分より放送される。現役引退から40年以上経った今も、プロ野球界にその偉大な名を残し、常に球界を盛り上げていこうとする長嶋氏は、今なお、プロ野球界にとって特別な存在だ。一方中居も、バラエティ、ドラマなどでその存在感をいかんなく発揮し、同時に芸能界随一の野球ファンとしても広く知られている。そんな二人に共通しているのが“エンターテインメント性”。現役時代、選手としての実績はさることながら、グラウンドにおいては稀代のエンターテイナーとして多くの野球ファンを魅了してきた長嶋氏と、もはや国民的なエンターテイナーと言っても過言ではない中居が、じっくりと語り合う。さまざまな業界の人々に圧倒的な影響力を持つ長嶋氏は、どんな人々とどのような交流をしてきたのか。番組では、長嶋氏をよく知るプロ野球OBや友人・知人などにインタビューし、その人物像の裏側にも迫る。さらに、中居が長嶋氏の一日に密着。2004年に脳梗塞で倒れた後も懸命のリハビリに励み、復帰を遂げた長嶋氏が、現在どのような毎日を送っているのか、そこで中居は何を目にし、何を感じるのか。また、長嶋氏の母校・立教大学では対談を実施...more
カテゴリー:

【医学】最新理論で判明 高血圧の真犯人は塩分でなく脂肪だった - 12月13日(水)19:31  scienceplus

高血圧対策の筆頭は「減塩」とされている。高齢者の食卓に薄味のメニューが並び、味わいのなさに「食べる喜び」を失いつつも、 「健康のためなら」と我慢を続ける人も少なくないだろう。 これは「血圧は塩分によって上がっている可能性が高い」という過去の研究をもとに「塩分」が目の敵にされてきたからだ。  だが実際には、味覚を犠牲にして減塩食を続けても、血圧が下がらない人もいる。 中には、減塩したのに血圧が上がる人もいる。塩分が原因だったら、この現象は説明がつかない。  実は、塩分が高血圧をもたらす「真犯人...
»続きを読む
カテゴリー:

フジ三宅正治アナ『めざまし』笑顔で復帰「少しスッキリしましたね」 - 12月11日(月)10:14 

 急性胆管炎のため先月16日からフジテレビ系『めざましテレビ』(月~金 前5:25)を欠席していた三宅正治アナウンサー(55)が11日、番組復帰した。ひと月入院ということでお休みいただきましたけど、おかげさまできょう復帰と。少しスッキリしましたね」と満面の笑みを見せた。 三宅正治のプロフィール  同期の軽部真一アナは「全然変わってない」とツッコミを入れると、三宅アナは「2、3キロやせたんですけど」と説明。「皆さんにはツイッターなどで応援コメントをいただきありがとうございました。きょうからまた頑張って、よろしくお願いします」と、視聴者に感謝を述べて番組をスタートした。  三宅アナは55歳の誕生日だった15日の同番組出演後、急性胆管炎と診断。翌日から同番組を欠席し、「まさかの誕生日に人生初の入院とは!笑 忘れられないバースデーになりました。今、内視鏡で処置をしていただき、痛みもなく落ち着いています。きっとスリムになって帰ってきます。お楽しみにぃ!」とコメントを寄せていた。 【関連記事】 ダイアモンド☆ユカイ、妻の難病明かす「生きてるうちはオレが守る」 星野源がくも膜下出血で手術 活動休止も術後は「良好」 急性胆管炎の出川哲朗が退院を報告 18日から米国へ「俺は病室よりロケが似合う」 (17年09月14日) 自転車転倒事故の滝川英治、脊髄損傷で治療に専念 10月の舞台は降板 (...more
カテゴリー:

【研究】寒い部屋、血管つまり心筋梗塞リスク 高齢者対象に調査 奈良県立医科大 - 12月16日(土)22:21  newsplus

 冬は部屋の温度が低いと血がかたまりやすくなり、心筋梗塞(こうそく)などを起こす危険性が増す。高齢者を対象としたそんな調査結果を奈良県立医科大の研究チームがまとめた。室温が低い部屋で長い時間をすごしている人は血液をかためる血小板が多くなっていた。  奈良県明日香村や香芝市などに住む60歳以上の男女に協力してもらい、冬の時期に約1100人(平均72歳)から血液を採取。長時間すごす部屋や寝室の温度を測り、起きているときの平均的な室内温度と血小板数との関係を調べた。血小板は、けがをしたときなどに出血...
»続きを読む
カテゴリー:

長嶋茂雄氏×中居正広、一夜限りの夢対談が実現!野球とエンタメを語り合う - 12月15日(金)17:30 

長嶋茂雄氏と中居正広が「野球」「エンターテインメント」についてじっくりと語り合う“一夜限りの夢対談”が、『長嶋さんと中居くん(仮)~野球愛、エンタテインメント、そして肉体~』(テレビ朝日系)にて実現。12月28日(木)23時20分より放送される。現役引退から40年以上経った今も、プロ野球界にその偉大な名を残し、常に球界を盛り上げていこうとする長嶋氏は、今なお、プロ野球界にとって特別な存在だ。一方中居も、バラエティ、ドラマなどでその存在感をいかんなく発揮し、同時に芸能界随一の野球ファンとしても広く知られている。そんな二人に共通しているのが“エンターテインメント性”。現役時代、選手としての実績はさることながら、グラウンドにおいては稀代のエンターテイナーとして多くの野球ファンを魅了してきた長嶋氏と、もはや国民的なエンターテイナーと言っても過言ではない中居が、じっくりと語り合う。さまざまな業界の人々に圧倒的な影響力を持つ長嶋氏は、どんな人々とどのような交流をしてきたのか。番組では、長嶋氏をよく知るプロ野球OBや友人・知人などにインタビューし、その人物像の裏側にも迫る。さらに、中居が長嶋氏の一日に密着。2004年に脳梗塞で倒れた後も懸命のリハビリに励み、復帰を遂げた長嶋氏が、現在どのような毎日を送っているのか、そこで中居は何を目にし、何を感じるのか。また、長嶋氏の母校・立教大学では対談を実施...more
カテゴリー:

「耳たぶにしわ」は脳梗塞の危険アリ!忍び寄る病気のサイン - 12月15日(金)16:00 

「なんとなく体調が万全ではないが、かといってはっきりした“痛み”もないし、たぶん病院に行くほどでも……」 そういった不調に不安を感じながらも、放置している人は多いのではないだろうか。日本未病システム学会では、未病の概念を広める目的で、12月17日を「未病の日」と定めた。同学会理事長である福生吉裕先生(博慈会記念総合病院附属老人病研究所所長)が、未病について説明する。 「多くの方が『病気は健康と対極にある』と考えているようですが、病気と健康は連続しており、その間に未病があります。“第三の体の状態”ですね。学会ではこの未病を明らかにしようと取り組んでいます」(福生先生・以下同) さらに「自分の体を知るのは自分がいちばん。昔は名医が未病を診断していたが、100歳時代を迎える今日、自分が自分を守る未病の先生になってほしい」と訴える。 いま日本の“未病人口”は6,000万人以上。未病は2つの観点で捉えることができる。 1つは西洋学的未病で「自覚症状はないが、検査では異常がある」ケース。軽症高血圧や高脂血症、骨粗しょう症、脂肪肝、境界域糖尿病など。痛みやつらさを伴わないため、自分では気づかないが、検査をすると数値に表れる。 もう1つは東洋学的未病で「自覚症状はあるが、検査では異常がな...more
カテゴリー:

最新理論で判明 高血圧の真犯人は塩分でなく脂肪だった - 12月12日(火)14:02  news

高血圧対策の筆頭は「減塩」とされている。高齢者の食卓に薄味のメニューが並び、味わいのなさに「食べる喜び」を失いつつも、 「健康のためなら」と我慢を続ける人も少なくないだろう。これは「血圧は塩分によって上がっている可能性が高い」という過去の研究をもとに 「塩分」が目の敵にされてきたからだ。 だが実際には、味覚を犠牲にして減塩食を続けても、血圧が下がらない人もいる。中には、減塩したのに血圧が上がる人もいる。 塩分が原因だったら、この現象は説明がつかない。 そこでいま、新たな理論が注目を集めてい...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】<貴乃花親方に現役医師が警告!>「マフラーはちゃんと首に巻き付けろ!」 - 12月10日(日)19:04  mnewsplus

元横綱日馬富士(33)の前頭貴ノ岩(27)への暴行に端を発した角界の混乱で、貴ノ岩の師匠・貴乃花親方(45)のファッションに注目が集まる中、 10日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」に出演した現役医師で医療ジャーナリストの森田豊氏(54)が貴乃花親方に「マフラーはちゃんと首に巻き付けろ!」と警告した。 パーマにオールバックという髪型やサングラスといった個性的な貴ファッションの中でも特に注目されるのが、マフラーを首に巻かずに、両肩から垂らすスタイル。 映画コメンテーターの有村崑氏(41)...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「脳梗塞」の画像

もっと見る

「脳梗塞」の動画

Wikipedia

脳梗塞(のうこうそく、)、または脳軟化症(のうなんかしょう)「脳軟化症」の名の由来は、脳細胞は壊死すると溶けてしまうこと(「融解壊死」)から。とは、を栄養する動脈閉塞、または狭窄のため、脳虚血を来たし、脳組織が酸素、または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になる事をいう。また、それによる諸症状も脳梗塞と呼ばれる事がある。なかでも、症状が激烈で(片麻痺意識障害失語など)突然に発症したものは、他の原因によるものも含め、一般に脳卒中と呼ばれる。それに対して、ゆっくりと進行して認知症(脳血管性認知症)などの形をとるものもある。

日本における患者数は約150万人で、毎年約50万人が発症するとされ、日本人の死亡原因の中で高い順位にある高頻度な疾患である。また、後遺症を残して介護が必要となることが多く、寝たきりの原因の約3割、患者の治療費は日本の年間医療費の1割を...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる