「脳梗塞」とは?

関連ニュース

40代が食べてはいけない「危険食品」――から揚げ、ミートボールは生活習慣病を引き起こす!? - 10月23日(月)15:53 

◆40代は塩分・脂肪の多い加工品や揚げ物に注意!  年をとると免疫力も低下し、より一層、食べ物への配慮が必要だ。食品安全教育研究所代表の河岸宏和氏が注意すべき食材として挙げるのが「鶏のミートボール」と「から揚げ」だ。 「中年が体を壊す最大の要因は、砂糖、脂肪分、塩分の取りすぎです。特に安価な肉類の加工品は、素材の悪さを隠すため砂糖と油と塩が大量に使われており、食べすぎると生活習慣病を引き起こす。なかでも鶏肉を使ったミートボールやから揚げは老いた鶏を使用し、うま味調味料や塩分をたくさん使って、味をごまかすんです」  また、フードプロデューサーの南清貴氏も店舗で売られている揚げ物全般の危険性を指摘する。 「揚げる油の質や交換頻度などの要素が絡む難しい食品。ただでさえコレステロールが多いのに、古い油で揚げればガンの発症率を高めるなど危険は多い」  一方、いい脂は体にいいとの理由から、近年健康面で注目されるのが4位のバターコーヒー。置き換えダイエットに利用する人も多いが、管理栄養士の梅原祥太氏は疑問を呈す。 「管理された状況下ならいいですが、単純に摂取エネルギーが増えるので太る原因に。むしろ、バターを調理に使って料理で食べたほうがバランスもよく健康的です」  中年には大敵の脂類。サンマやサバなど脂分が多い青魚に加えて注意したいのが、「ノルウェー産養殖サーモン」だ。南氏が、こう...more
カテゴリー:

グーグルもフェイスブックも導入、 立って働くほうが疲れず生産性も上がる理由 - 長生きしたければ座りすぎをやめなさい - 10月20日(金)04:50 

米国シリコンバレーや北欧では、「立ってデスクワーク」をするオフィス作りが進んでいるのをご存じだろうか。最新ニュースに敏感な人なら、立ってパソコン作業をする画像等を見て記憶に残っている人もいるだろう。連載第1回目で説明したように、座りすぎが糖尿病や脳梗塞、ガンなどの原因にもなっていること。加えて立って仕事することで、生産性が上がることも実証されている。
カテゴリー:

女性に褒められると男性ホルモンが増える! 男の性生活と更年期障害で意外と知らないこと - 10月18日(水)15:00 

前回は『枯れない男になる30の習慣』の著者である平澤精一先生に、男性ホルモン=テストステロンが豊富でイキイキとした男でいるための食習慣や生活習慣を指南してもらった。 そこで完結編として、性生活でテストステロンを活性化するための意外な心がけ、さらにテストステロンに深く関連する男性更年期障害についても伺ってみた。 * * * ―30の習慣の中でも意外とハードルが高いなと思ったのは、最低週2回、セックスしなさいという習慣…これは人によってはかなり無理な気がします。 平澤 もちろん、セックスにはパートナーの有無が関係することなので、パートナーがいないなら自己処理でもいいでしょう。しかし大事なのはAVのようなバーチャル的なもので興奮を促すよりも、好きな女性を思い出して自慰行為をするほうが、よりテストステロンの活性化に繋がると思います。 ―えー、それはなぜですか? AVのカワイい女のコを見て興奮すれば、より刺激となりそうですが!? 平澤 しないよりはマシでしょうが、しかしそれではただの性欲発散の行為です。私が言いたいのは、自慰でテストステロンをより活性化したいなら、現実世界における女性をイメージしたほうが効果的だということです。 ...more
カテゴリー:

【健康】脳出血・脳梗塞・心筋梗塞…秋から増える血管事故 男性30代、女性40代から要注意 動脈硬化には豆乳のヨーグルト - 10月18日(水)08:21  newsplus

脳出血・脳梗塞・心筋梗塞…秋から増える血管事故 男性30代、女性40代から要注意 池谷医院の池谷敏郎院長 産経 2017.10.18 07:15 http://www.sankei.com/life/news/171018/lif1710180012-n1.html  季節が進み、朝夕の気温もぐっと下がってきた。これから冬にかけて、脳出血、脳梗塞、心筋梗塞などの「血管事故」が増加してくる。注意が必要なのはシニア世代だけではない。「男性は30代、女性は40代から増え始める。『若いから無関係』と、過信はいけない」。生活習慣病に詳しい池谷医院(東京都あきる野市)の池谷(...
»続きを読む
カテゴリー:

大久保佳代子、甲状腺の腫瘍は「良性」 心配の声に「ありがとうございました!」 - 10月17日(火)22:59 

 今月9日に放送されたTBS系『名医のTHE太鼓判芸能人に余命宣告SP』で、甲状腺に腫瘍が見つかったと通告を受け、早めに精密検査を受けることを勧められていたお笑いタレントの大久保佳代子(46)が17日、自身のツイッターを更新。病院へ行き検査を受けた結果「良性」であったことを報告した。 【写真】壇蜜と女子トークで盛り上がる大久保佳代子  番組で大久保は、首のエコー検査を受け、診断の結果、甲状腺に腫瘍が見つかり、医師から「中には進行するがんもあります。しっかりと専門医に検査を」と勧められており、放送の時点では腫瘍の詳細が不明だった。  この日、大久保は「病院へ行き、良性と分かり安心」と報告し、ファンに向け「心配していただき、ありがとうございました!」と感謝した。大久保のツイートを受け、フォロワーからは「私も同じ甲状腺で手術してるので良性で良かったですね」「テレビを見た時から、心配していました。大好きな大久保さんです これからも応援してまーす!」「良性で良かったです!! これからも沢山の人を笑顔にして下さいね」などのメッセージが寄せられている。 【関連記事】 ダイアモンド☆ユカイ、妻の難病明かす「生きてるうちはオレが守る」 星野源がくも膜下出血で手術 活動休止も術後は「良好」 テレ東・大橋未歩アナ、脳梗塞の一部始終を初告白「死ぬかもという怖さあった」 尾田栄一郎氏、負傷の猿之助...more
カテゴリー:

両足骨折の山瀬まみ、ラジオで1ヶ月ぶり復帰 退院を生報告「お久しぶりです」 - 10月20日(金)08:32 

 9月21日に両足を骨折し入院していたタレントの山瀬まみ(48)がきょう20日、レギュラーを務めるTBSラジオ『有馬隼人とらじおと山瀬まみと』(毎週金曜 前8:30)に生出演し、1ヶ月ぶりに仕事復帰。「お久しぶりです。ご心配をおかけしました!」と自ら退院を報告し、元気な声を届けた。 山瀬まみのプロフィール  番組冒頭、リスナーから復帰を喜ぶ声が紹介されると「ただいまです。ありがとうございます」としみじみ。入院中も番組を聞いていたと語り「リスナーの皆さんのメッセージが心に染みました」と感謝を伝えた。  1ヶ月も長い間休むのは芸能生活30年で初めてだったといい、パートナーの有馬には「ちょっと太っちゃったでしょ? ちょっとデカいおむすびみたいな顔になっちゃったでしょ?」と迫り、いつもの笑い声を響かせた。  山瀬はレギュラーを務める日本テレビ系『天才!志村どうぶつ園』(毎週土曜 後7:00)の収録前にスタジオセット裏で転倒、右膝蓋骨、左第5中足骨骨折と診断された。当初は、自宅療養を予定していたが、両足を骨折しているため、治療および日常生活に困難をきたし22日より入院。アンジャッシュの渡部建とMCを務める予定だった10月16日放送のTBS系のバラエティー番組『名医のTHE太鼓判!』では、VTR出演で「もしかしたら次回の収録は行けるかもしれない」と早期の復帰に意欲をみせていた。 【...more
カテゴリー:

【映画】途中退席続出!「パリ人肉事件」の佐川一政を追った衝撃のドキュメンタリー映画 - 10月18日(水)20:11  mnewsplus

https://www.cinematoday.jp/news/N0095373 2017年10月18日 1981年にフランスで起きた猟奇殺人事件「パリ人肉事件」の佐川一政に焦点を当てた話題作『カニバ(原題)/ Caniba』が第55回ニューヨーク映画祭で上映され、ルーシァン・キャステーヌ=テイラーとヴェレナ・パラヴェル共同監督が、10月3日(現地時間)ニューヨークのリンカーン・センターにあるウォルターリード・シアターで語った。 本作は、2013年に脳梗塞で倒れ歩行が困難となり、実弟の介護を受けつつ年金暮らしをする佐川の生活にカメラを向け、弟との関係性を浮き彫...
»続きを読む
カテゴリー:

脳出血・脳梗塞・心筋梗塞…秋から増える血管事故 運動や食習慣、改善のコツは? - 10月18日(水)11:52 

 季節が進み、朝夕の気温もぐっと下がってきた。これから冬にかけて、脳出血、脳梗塞、心筋梗塞などの「血管事故」が増加してくる。注意が必要なのはシニア世代だけではない。「男性は30代、女性は40代から増え始める。『若いから無関係』と、過信はいけない」。生活習慣病に詳しい池谷医院(東京都あきる野市)の池谷(いけたに)敏郎院長(55)に注意点などを聞いた。
カテゴリー:

カフェインがもたらす利尿作用のメカニズムを医師に聞いた! - 10月18日(水)08:00 

コーヒーやお茶には利尿作用があると聞く。その原因はカフェインであると分かるが、カフェインが体にどのように働きかけることで、利尿作用につながるかは、分からない人が多いのでは。そこで今回、兵庫医科大学小児科学の服部益治さんと、昭和学院短期大学の特任教授で医学博士である國香清さんの両名に、利尿作用のメカニズムから、利尿作用がもたらすメリット・デメリット、利尿作用の効果を減らす方法があるのかを伺った。 ■利尿作用のメカニズム まずはカフェインが体に与える影響を服部医師が解説してくれた。 「カフェインの身体への作用は3つあります。1つめは、脳に対する作用です。脳を興奮させ精神を亢進させることで眠気と疲労感を除去します。2つめは、血管に対する作用です。筋肉の血管を拡張させます。3つめは、腎臓に対する作用です。血管拡張で腎血流増加とともにナトリウムなどの再吸収を抑えます。この3番目の作用が、利尿作用に関係します。アルコールも同様です」(服部医師) 腎臓への働きについて國香教授は次のように解説する。 「カフェインは交感神経を刺激するので、腎臓の血管が拡張し、血液ろ過量が増加します。その増加量に伴って尿の生成量が増えるので、排尿の量や回数が増加します。緊張したときに、交感神経が働いてオシッコをしたくなるのと同じメカニズムです。また、アルコールも利尿作用が強いので、飲んだ水分量以上の水分が排...more
カテゴリー:

漫画家の高畠エナガさん死去 「29歳」脳梗塞、死の2週前に人間ドックで「問題なし」報告 - 10月17日(火)17:35 

漫画家の高畠エナガさんが、脳梗塞のため亡くなっていたことが分かった。日本漫画家協会(東京・新宿区)が発表した。家族からの知らせを受け、約2か月経った後の発表となっており、「(2017年)8月21日に脳梗塞のため29歳で逝去された」としている。
カテゴリー:

もっと見る

「脳梗塞」の画像

もっと見る

「脳梗塞」の動画

Wikipedia

脳梗塞(のうこうそく、)、または脳軟化症(のうなんかしょう)「脳軟化症」の名の由来は、脳細胞は壊死すると溶けてしまうこと(「融解壊死」)から。とは、を栄養する動脈閉塞、または狭窄のため、脳虚血を来たし、脳組織が酸素、または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になる事をいう。また、それによる諸症状も脳梗塞と呼ばれる事がある。なかでも、症状が激烈で(片麻痺意識障害失語など)突然に発症したものは、他の原因によるものも含め、一般に脳卒中と呼ばれる。それに対して、ゆっくりと進行して認知症(脳血管性認知症)などの形をとるものもある。

日本における患者数は約150万人で、毎年約50万人が発症するとされ、日本人の死亡原因の中で高い順位にある高頻度な疾患である。また、後遺症を残して介護が必要となることが多く、寝たきりの原因の約3割、患者の治療費は日本の年間医療費の1割を...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる