「脱北者」とは?

関連ニュース

脱北者の尋問期間を最大90日に短縮 法改正へ=韓国 - 10月19日(木)11:43 

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部は19日、韓国入りした北朝鮮脱出住民(脱北者)に対する関係機関の合同尋問の期間短縮を盛り込んだ「北韓離脱住民の保護および定着支援に関する法律施行令」の一部改正案を告示したと発表した。  改正案は、韓国入りした脱北者の臨時保護期間中に実施される合同尋問の期間を入国した日から90日を超えられないと規定する。脱北者の増加など避けられない理由がある場合は北韓離脱住民対策協議会の審議を経て1回に限り30日の期間延長が可能だ。  現在、合同尋問期間は180日以内となっているが、期間
カテゴリー:

滝川クリステル新番組『教えてもらう前と後』全国で高視聴率スタート - 10月18日(水)15:19 

10月17日にスタートした、滝川クリステル司会の新番組『教えてもらう前と後』(MBS/TBS系ネット)。19時より放送された初回2時間スペシャルの番組平均視聴率が、関東地区12.2%、関西地区12.5%を獲得したことがわかった。滝川にとって、TBS系列では初のレギュラー番組&メインMC担当となる同番組。初回は、スペシャルゲストに池上彰を招き、北朝鮮のタブーである驚くべき軍事技術が取り上げられたほか、核・ミサイル開発における本当の実力を明らかに。また、金正恩委員長の髪形の謎の解明や、脱北者と元工作員へのインタビュー中継も行い、現在の北朝鮮の状況が伝えられた。このほか、皇室とお金のタブーにも迫り、戦前と戦後の皇室フトコロ事情の違いや、意外と質素な天皇家の暮らしぶりが解説された。番組序盤、「富士山は、じつは日本ではない!」という池上彰の主張に神妙な面持ちの滝川だったが、解説を聞くと、納得の“滝クリスマイル”でニッコリ。このとびきりキュートな笑顔で、池上の豊富な知識を、存分に引き出して番組を盛り上げた。レギュラーの博多華丸・大吉、ゲストの池波志乃、皆藤愛子、中尾彬、堀田茜、萬田久子も池上の話を聞き、「なるほど」「そうだったのか」と驚きや感心の表情を見せていた。その他の地区でも、名古屋地区が13.0%、札幌地区が14.7%、北部九州地区が14.0%、静岡地区14.0%、新潟地区14.4%、広...more
カテゴリー:

「北朝鮮1年もつかわからない」 - 10月17日(火)22:35 

「北朝鮮1年もつかわからない」:北朝鮮の外貨稼ぎに携わった朝鮮労働党元幹部の脱北者が、国連やアメリカによる最新の制裁の影響について、「北朝鮮は1年もつか、わからない」と述べた。...
カテゴリー:

今年1~9月に韓国入りした脱北者881人 前年比15%減 - 10月15日(日)09:02 

【ソウル聯合ニュース】今年1月から9月末までに韓国入りした北朝鮮脱出住民(脱北者)は881人で、前年同期比14.9%減少した。韓国統一部が15日明らかにした。
カテゴリー:

ロンドンから北朝鮮にニュースを届けたい――脱北者の闘い - 10月10日(火)20:26 

英ロンドン郊外のニューモルデン。中産階級が住むこの地域は、北朝鮮解放を目指す1人の男性の取り組みの意外な拠点となっている。 北朝鮮の元兵士であり脱北者のキムジュイル氏(43)は、「フリーNK」という新聞を発行。北朝鮮国民に外の世界を垣間見てもらうことで、彼らが目を覚ますことになればと期待している。 同氏の発行拠点はニューモルデン。ロンドン中心部から電車で30分の距離にあり、朝鮮系の住民推定1万...
カテゴリー:

滝川クリステルMC「教えてもらう前と後」初回12.2%の好発進! - 10月18日(水)17:30 

10月17日に放送された新番組「教えてもらう前と後」(MBS/TBS系)の初回平均視聴率が、関東地区で12.2%、関西地区で12.5%を獲得したことが分かった(ビデオリサーチ調べ)。過去2回放送した「教えてもらう前と後」の特別番組でも、関東・関西共に同時間帯視聴率1位を記録していた。 【写真を見る】2億円超の腕時計に笑顔の滝川クリステル 初回は、スペシャルゲストに池上彰を迎え、池上独自の視点で「日本のタブー」に斬り込んだ。番組序盤、「富士山は、じつは日本ではない!」という池上の解説に、司会の滝川クリステルは神妙な表情を見せたが、解説を聞くと、納得の“滝クリスマイル”を披露。 SNS上でも、「そういうことか!」と納得の声が相次ぎ、その解説を引き出した滝川にも「滝クリ、素敵です!」と賛辞の声が上がり、盛り上がりをみせた。レギュラー出演となる博多華丸・大吉も、終始「知らなかったー」と驚きの連続。 今回の放送では、北朝鮮のタブーとして、驚くべき軍事技術が取り上げられ、核・ミサイル開発における本当の実力が明らかに。また、金正恩委員長の髪形の謎の解明や、脱北者と元工作員へのインタビュー中継も行い、現在の北朝鮮の状況が伝えられた。 このほか、皇室とお金のタブーにも迫り、戦前と戦後の皇室フトコロ事情の違いや、意外と質素な天皇家の暮らしぶりが解説された。毎分最高視聴率は、関東地区では夜7時58分の1...more
カテゴリー:

滝川クリステル新番組『教えてもらう前と後』全国で高視聴率スタート - 10月18日(水)15:13 

10月17日にスタートした、滝川クリステル司会の新番組『教えてもらう前と後』(MBS/TBS系ネット)。19時より放送された初回2時間スペシャルの番組平均視聴率が、関東地区12.2%、関西地区12.5%を獲得したことがわかった。滝川にとって、TBS系列では初のレギュラー番組&メインMC担当となる同番組。初回は、スペシャルゲストに池上彰を招き、北朝鮮のタブーである驚くべき軍事技術が取り上げられたほか、核・ミサイル開発における本当の実力を明らかに。また、金正恩委員長の髪形の謎の解明や、脱北者と元工作員へのインタビュー中継も行い、現在の北朝鮮の状況が伝えられた。このほか、皇室とお金のタブーにも迫り、戦前と戦後の皇室フトコロ事情の違いや、意外と質素な天皇家の暮らしぶりが解説された。番組序盤、「富士山は、じつは日本ではない!」という池上彰の主張に神妙な面持ちの滝川だったが、解説を聞くと、納得の“滝クリスマイル”でニッコリ。このとびきりキュートな笑顔で、池上の豊富な知識を、存分に引き出して番組を盛り上げた。レギュラーの博多華丸・大吉、ゲストの池波志乃、皆藤愛子、中尾彬、堀田茜、萬田久子も池上の話を聞き、「なるほど」「そうだったのか」と驚きや感心の表情を見せていた。その他の地区でも、名古屋地区が13.0%、札幌地区が14.7%、北部九州地区が14.0%、静岡地区14.0%、新潟地区14.4%、広...more
カテゴリー:

「教えてもらう前と後」初回は池上彰が、日本のタブーを斬る! - 10月17日(火)18:41 

本日10月17日(火)夜7時から滝川クリステルがメインMCを務める新番組「教えてもらう前と後」が始まる。 【写真を見る】池上が、赤い帽子からトランプ大統領の嘘を暴く!?/(C)MBS 過去2回放送した「教えてもらう前と後」の特別番組は、関東・関西ともに同時間帯視聴率1位と好評を博し、今秋からのレギュラー化が決まった。初回は池上彰をスペシャルゲストに迎え、池上独自の視点で『日本のタブー』に斬り込んでいく。 北朝鮮のタブーとして、驚くべき軍事技術を取り上げる。核・ミサイル開発における本当の実力が明らかに。また、金正恩委員長の髪形の謎にもアプローチ。脱北者と元工作員へのインタビュー中継も行い、現在の北朝鮮の状況を伝える。 このほか、皇室とお金のタブーにも迫る。戦前と戦後の皇室フトコロ事情の違いや、意外と質素な天皇家の暮らしぶりを解説する。 さらに、1枚の写真から世界情勢のタブーをひも解く。広島の釣り人が写る一枚の写真から読み解く核の脅威や、ドナルド・トランプ米大統領の赤い帽子から分かる公約違反の証拠などを紹介する。 初回のスタジオゲストは、中尾彬・池波志乃夫妻をはじめ、皆藤愛子、堀田茜、萬田久子。好奇心旺盛なゲストが“知識を得た瞬間”の表情も見どころになっている。 【関連記事】 ・池上彰が芸能人女子会に参加!「冷や汗をかきました」 ・池上彰の戦争を考える第9弾「本当の戦争を知ってほし...more
カテゴリー:

韓国議員「政府が脱北者の被ばく検査」 核実験場近隣出身者が対象 - 10月11日(水)13:52 

【ソウル聯合ニュース】韓国の国会外交統一委員会に所属する朴炳錫(パク・ビョンソク)議員(与党・共に民主党)は11日に報道資料で、北朝鮮の核実験場がある咸鏡北道吉州郡出身の北朝鮮脱出住民(脱北者)を対象に、統一部が被ばく検査を実施する予定だと伝えた。同郡出身の脱北者114人のうち希望する30人に年内に健康診断を受けてもらうという。
カテゴリー:

韓国団体 北朝鮮に向けビラ散布=挑発行為を非難 - 10月10日(火)10:04 

【金浦聯合ニュース】韓国の北朝鮮脱出住民(脱北者)団体「自由北韓運動連合」は10日、ビラ30万枚をソウル近郊の京畿道・金浦から大型風船にくくりつけ北朝鮮に向け飛ばした。  ビラ
カテゴリー:

もっと見る

「脱北者」の画像

もっと見る

「脱北者」の動画

Wikipedia

脱北民(だっぽくみん、だつほくみん、)あるいは脱北者(だっぽくしゃ、)とは、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の政治体制や生活環境を苦にして同国を脱出する人のこと。北朝鮮難民大韓民国(韓国)における法律上の用語は北韓離脱住民(ほっかんりだつじゅうみん、)である。なお、韓国へ亡命した脱北者は外国籍を除いて当然に韓国の国民となる(韓国の憲法で、朝鮮半島全域が韓国の領土であることが定められているため。)。

名称について

1993年以前の大韓民国(韓国)では、北朝鮮から国外へ脱した人々に対する決まった呼称は特になく、北朝鮮から韓国へ亡命してきた人を帰順者(きじゅんしゃ、)または帰順勇士(きじゅんゆうし、)と呼ぶだけであった。これは、北朝鮮からの国外脱出者が当時はほとんどおらず、脱出が判明した者のほとんどが韓国への亡命(帰順)を希望していたからである。

だが、1994年頃から北朝鮮国外への脱出者が急増すると、少なくない脱出者が中国等の韓国国外に留まり続けるなど、脱出者の行動が亡命以外にも多様化し始めた。そのため韓国では、北朝鮮国外へ脱出した北朝鮮住民全体を指す呼称が必要とされ、まずは1994年に「脱北者」、次いで1997年に「北韓離脱住民...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる