「脊振山地」とは?

関連ニュース

マチムラの記憶 9000年前の集落跡 - 08月19日(土)06:05 

■100基超す集石炉、祭り跡も 脊振山地の南麓にあたるこの地域に、最も古く大地に刻まれた記憶から新シリーズの話を始めます。 最も古い確かな人間集団の痕跡は、9000年ほど前の「押型文土器」を使った人々の集落跡です。土器のほか石鏃(せきぞく)・石皿などが出土し、地面に残っていた遺構は焼けた石を集めた「集石炉」でした。これは石を焼き、その中で食料を蒸し焼きにする調理法です。 遺跡が発見されたのは...
カテゴリー:

「脊振山地」の画像

もっと見る

「脊振山地」の動画

Wikipedia

脊振山地(せふりさんち)は、九州の北部、福岡県佐賀県県境にまたがる山地筑紫山地の一部をなす。脊振山系(せふりさんけい)ともいう。

概要

脊振山地の山域は、福岡県と佐賀県の県境に沿って、西は福岡県糸島市・佐賀県唐津市から、東は福岡県那珂川町・佐賀県鳥栖市にまでわたる。北には福岡平野、南には天山まで続く山がちな地域が広がる。

特徴

山体は主として白亜紀花崗岩からなり、地下の花崗岩塊が断層活動によって隆起した断層山地である。北側の福岡平野と南側の佐賀平野には、花崗岩の風化によって生成した...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる