「胸キュン」とは?

関連ニュース

息子がチャラ男になるのは嫌!?「イイ男」に育てるためにしたい事5つ - 01月23日(火)21:45 

source:https://www.shutterstock.com/ 筆者の息子は、まだ6歳ですが、これまでにキザなセリフをいくつも繰り出しています。 例えば、 「結婚しない、ママが好きだから」「ママが一番可愛いよ!」「髪切ったの?可愛いね」などなど。 滑らかに出てくる褒め言葉に、末恐ろしくなるほどです……。 そこで今回は、息子を女の子に対して少し軽いと感じてしまう「チャラ男」ではなく、「真のイイ男」にするために、ママが心がけるべきことを考えてみます! ▼ママが感じる!「イイ男」にある条件4つ (1)行動力がある 口だけで行動に移さないのは、イイ男とは言えません。 行動に移すフットワークの軽さ、アイディアの豊富さも大切な要素の一つです。 (2)自分の考えがしっかりある 他人に流されてばかりで、自分の考えが無いのは、やはりイイ男とは言えませんね。 (3)女性を、現実的に幸せにする財力がある 一般的にイイ男と言うと、バリバリと仕事をこなしているイメージや、仕事をしてお金を稼ぐ力を求める女性も多いかもしれませんね。 (4)自信があるが、謙虚 イイ男に、おどおどした自信無さそうな人はいません。自分を信じてはいるけれど、過剰に自慢するような態度は取りません。 自分の至らない部分と、相手の尊敬すべき部分を、素直に受け入れることができるのが、イイ男ではないでしょうか? 関連記事...more
カテゴリー:

不能犯松坂桃李もメンタリストDaiGoには白旗「ゾクッときた」 - 01月23日(火)21:10 

 俳優の松坂桃李と女優の沢尻エリカが1月23日、映画「不能犯」の都内で行われた公開直前イベントで、メンタリストのDaiGoとの心理バトルに挑んだ。 ・【フォトギャラリー】この日のイベント、その他の写真はこちら  松坂が人心を操り死に追いやる立証不能の殺人者、沢尻がその能力が効かない刑事を演じたことから実施。2人が8色のマジックペンの中から好きな色を選び、それをDaiGoが当てるものだが、松坂は「僕、めっちゃ簡単ですよ」とけん制。沢尻も「私も分かりやすい。気分が顔に出ちゃうから」と自ちょう気味に話すと、会場からは笑いがもれた。  だがDaiGoも、先陣を切った松坂に「僕のオススメは緑です」と心理戦を仕掛ける。松坂は実際に好きな色だという緑を選んだが、「集中力が高くてマジメ。挑発すると必ず乗ってくる」と論破されタジタジになった。  さらに沢尻も「選びました」と裏をかいて緑にしたものの、「その言葉が楽しそうだったので、何か仕掛けていますね」とあっさり当てられ陥落。惨敗に松坂は、「当てられて、後からゾクッとくる感覚があった」と感心しきりだった。  DaiGoは、映画を見て「(主人公に)共感した。予想していない、手を抜いていないオチだった」と評価。さらに、松坂のセリフ「愚かだねえ、人間は」も「1日3回は言う。僕も周りからこう見られているのかと、自分を見つめ直した」と絶賛した。  ...more
カテゴリー:

坂口健太郎、1st写真集を公開 4つの季節を象徴する表情豊かな4カット - 01月23日(火)08:00 

 俳優の坂口健太郎(26)の1st写真集『25.6(にじゅうごてんろく)』(3月16日発売/集英社)の誌面カットが23日、公開された。25歳から26歳の4つの季節を撮り下ろした作品で、それぞれの季節を象徴する4カットとなっている。 【写真】坂口健太郎、すいかを豪快に頬張るショットも  本作は坂口本人の発案により、昨年春に『メンズノンノモデル』卒業後、1人の俳優として歩き出した25歳の春から26歳の冬まで、4つの季節を約1年かけて撮り下ろし。今回公開されたのは、【春】ドラマ『東京タラレバ娘』で披露した金髪姿でお花見、【夏】スイカや花火など様々な夏の風物詩を堪能、【秋】リラックスムードで地元を散歩、【冬】本人ディレクションによる、雪景色に身を置くひとり旅。  発売を記念したイベントの開催も決定。3月17日に東京・福家書店新宿サブナード店、翌18日に大阪・紀伊国屋書店グランドフロント大阪店にて、坂口がサイン入りの本を購入者に手渡す。 【関連記事】 【写真】胸キュン必至!坂口健太郎の“はにかみ笑顔” 【画像】専属モデル卒業で『メンノン』の表紙を飾った坂口健太郎 【写真】成田凌「ガタガタふるえてた」、坂口健太郎らメンノンメンバーが魅了 【写真】“塩顔男子”坂口健太郎、ぬいぐるみと寄り添う胸キュンショット公開 【写真】坂口健太郎、浴衣姿のオフショット解禁
カテゴリー:

【乃木坂46】『電影少女』2話もすごい 西野七瀬が生脚全開 野村周平とバックハグで超密着「歴史に残る」「可愛くて辛い」 - 01月21日(日)10:16  mnewsplus

乃木坂46の西野七瀬、俳優の野村周平がW主演を務めるテレビ東京系新土曜ドラマ24枠『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』(毎週土曜深夜12時20分~)第2話が20日放送された。<※一部ネタバレあり> 西野七瀬&野村周平W主演「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」 原作は「週刊少年ジャンプ」黄金期を支えた作家、桂正和氏の代表作『電影少女』。 累計発行部数1400万部を超える恋愛SF漫画の金字塔が初のドラマ化。 時代設定を現代に移し替え、原作の続編として2018年リブート版「電影少女」として蘇る。 動くビデオガール・アイ役を西野...
»続きを読む
カテゴリー:

「ぐう~っ」とお腹が鳴って…男性が萌えて恋に落ちる女性のドジ3選 - 01月20日(土)17:00 

男性はドジな女性が好きです。ミスをして恥ずかしそうにしたり、素のリアクションが垣間見れたときに胸キュンします。なので、きっちりしている女性よりも、ドジをやっちゃう隙がある女性のほうがモテます。 今回は、男性が萌えて恋に落ちる女性のドジをご紹介したいと思います。 文・白武ときお【みんなの恋テク】 男性が萌えて恋に落ちる女性のドジ 1.お腹の音が鳴り顔を赤らめる 「お腹の音が鳴って恥ずかしそうにしてる子はかわいい。クール系の女の子が顔を赤らめてるとギャップで一瞬でやられちゃう」(28歳・IT) お腹の音が鳴ってしまうのは、あまりにも間抜けです。格好悪いし恥ずかしいです。できれば聞かれたくないと思うでしょうが、逆です。どんどん聞かせたほうが良いです。「聞こえた?」「恥ずかしい!」と赤面する姿に、男性は胸キュンするのです。 2. LINEが移行できない 「機械に弱い女の子は、かわいいしお節介したくなる。人に頼るのが上手な女の子は、モテると思うなあ」(28歳・証券) SNSやスマホ、機械に疎くてよくわからないという女性は多いと思います。機械に強い男性は、どんどん頼られて「すご〜い!」と言われたいので、機械音痴のドジな女の子が大好きです。自分のダメなところを見せてくれると男性も、心を開いてくれるのでどんどんさらけ出していきましょう。 3. 地図が読めずに迷う 「これだけGPSが進化してる...more
カテゴリー:

平昌五輪でも注目!「フィギュア・スノボ」は何歳からはじめる? - 01月23日(火)21:15 

source:https://www.shutterstock.com/ 韓国・平昌(ピョンチャン)での冬季五輪開催までもう残りわずかになってきましたね! 日本の代表選手を見ていると「どうやったらこんなに1つの競技を極めることができたんだろう?」「何歳くらいから始めたのだろう?」など、気になるものです。 子どものスポーツに、力を入れたいママならなおさら気になるところかもしれません。 そこで、今回はヨガインストラクターの筆者が、子どもに体験させてみたいおすすめのスポーツをご紹介したいと思います。 ▼「幼児期の外遊び経験」が運動能力に関係する? 今では早期の英才教育などもかなりメジャーなものになっていますが、人間の土台作りで一番大切なものは、“強い体作り”ではないかと筆者は個人的に思っています。 体がしっかり作られているからこそ、勉強にも積極的にチャレンジできるのではないでしょうか。 スポーツ庁発足後初の調査となった平成28年度『体力・運動能力調査』でも、幼児期の外遊びの実施状況と現在(10歳)の運動・スポーツ実施状況には大きな関係があることが報告されています。 入学前の外遊びの実施頻度が高いほど、現在の運動・スポーツ実施状況が高く、この傾向は6~11歳のすべての年齢で見ることができるそうです。 新体力テストの実施においても、やはり外遊びを頻繁にしていた子どもほど点数が高く、外遊びが...more
カテゴリー:

雪を見て「神様がいたずらしたの?」【子どもの胸キュン♡発言4連発】 - 01月23日(火)21:00 

photo by @kanako_yonezawa 昨日は東京23区に4年ぶりに大雪警報が発令され交通機関が乱れて帰宅が大変だったママも多いことでしょう。 雪が降ると大人はつい翌日の仕事のコトや帰宅するまでの大変さを考えてしまいがち。 でも子どもは本当に純粋に突然の出来事を楽しむ力をもっています。 そこで今日はIt Mamaママ編集部が、昨日の雪の日に、子どもから聞けた可愛い発言エピソードをママにインタビューしたのでご紹介します♪ ▼可愛すぎる!子どもの胸キュン♡雪の日発言エピソード 1:「明日の朝サンタさん来るかな?」 photo by @kanako_yonezawa わが家の兄弟は雪=サンタが来るという図式が成立しているようで、昨晩寝かしつけをしていたら「明日の朝サンタさん来るかな?」「何が欲しいかまだ決まってない」「どうしよう」と真剣に悩み始めました。 あんまり失望させたくなかったので「サンタさんはクリスマスの大仕事を終えて今お休み中なんだよ」とそっと伝えました。(2児の男の子兄弟ママ・佐藤さん) 2:「かき氷たくさん食べたよ」 source:https://www.shutterstock.com/ 昨日編集部ママが帰宅すると、かき氷が大好きな娘がとっても嬉しそうに、「かき氷たくさん食べた~」と一言。 じぃじにお迎えをお願いしたママは一瞬止まって「え…食べちゃっ...more
カテゴリー:

スザンヌ、事務所の新年会でキュウレンジャーに遭遇「現実にいるのが不思議」 - 01月21日(日)15:57 

タレントのスザンヌが20日、自身のアメブロを更新。所属事務所ケイダッシュの新年会で息子が大好きなキュウレンジャーに遭遇したことを報告した。 「昨夜は会長のお誕生日と事務所の新年会」と報告したスザンヌ。「今年初めて会う大好きなメンバーや久しぶりにお会いできた先輩お仕事で出会った方々などいっぺんに会えて話せて嬉しかったなぁ」と、タレントの相沢まき、オードリーの若林正恭らと撮影した楽しげな写真を公開した。 続けて「毎日毎日毎日観てる息子憧れのキュウレンジャーのサソリオレンジとホウオウソルジャーが目の前に」と興奮気味につづり、現在テレビ朝日系で放送中の『宇宙戦隊キュウレンジャー』でサソリオレンジを演じている岸洋佑と、ホウオウソルジャーを演じている南圭介との3ショットを公開。「驚きすぎてなんて声をかければいいか分からなかったほど 息子のキュウレンジャー愛をお伝えさせてもらって写真撮ってもらいました」と夢心地だった様子。「現実にいるのが不思議だったなぁ」と感慨深げに振り返った。 【関連記事】 ・「新年会♡」(スザンヌオフィシャルブログ) ・スザンヌ ほろ酔いハイボールショットが可愛いと称賛「胸キュン」「一緒に飲みた~い」 ・スザンヌ iPhone Xのカメラ性能に驚き、加工なし自然体写真にファンも称賛 ・高橋克典&堺正章&渡辺謙の豪華スリーショット実現 ・里田まいが挑む頑張りすぎない海外...more
カテゴリー:

『パティシエさんとお嬢さん』 お嬢さんが恋の相談をしていたころ、パティシエさんは? - 01月21日(日)09:36 

パティシエさんとお嬢さんの甘酸っぱい恋愛を描いた、銀泥(@ihsubamay)さんの創作漫画。 「片想いかと思いきや、実は両想い」というときめく設定に、ネット上では多くの人が胸キュンしています! 『パティシエさんとお嬢さ […]
カテゴリー:

『アンナチュラル』、『逃げ恥』野木亜紀子が描くスリリングな展開に「全てが面白い」 - 01月20日(土)10:33 

 石原さとみが主演するドラマ『アンナチュラル』(TBS系/毎週金曜22時)の第2話が19日に放送された。死体を解剖し、その死因から謎を解明していくストーリーとスリリングな展開にSNSでは「おもしろすぎる!ここまでドラマハマったのはいつぶりだ…?今までなかった」「色々言いたいけど言葉にならない…ほっんと面白い」と絶賛する声が多数寄せられている。【写真】「石原さとみ」フォトギャラリー 今話では、ミコト(石原)らUDIメンバーが、警察から依頼された集団練炭自殺の4体の死体の謎に挑む。練炭自殺したと見られた死体は、解剖の結果、3人は一酸化炭素中毒で自殺と断定されたものの、一人の少女の死因は“凍死”であることが判明する。さらにその少女の胃の中から、解読不可能なダイイングメッセージが発見される。事件であると確信したミコトと六郎(窪田正孝)らUDIメンバーは、所長の神倉(松重豊)に止められながら、少女が残したメッセージの意味を必死で解読しようと試みるが…。 『逃げるは恥だが役に立つ』で社会的ブームを巻き起こした脚本家・野木亜紀子が法医学の世界を描くと、放送前から話題となっていた本作。この日の放送終了後には、「凄いな。なんという脚本だ。時事ネタを組み込むと陳腐になりがちだが、見事に消化してみせる。野木亜紀子さん凄い」「前回を上回る面白さに驚愕。予想外の展開があったし、キャラクターのスペックがより深...more
カテゴリー:

もっと見る

「胸キュン」の画像

もっと見る

「胸キュン」の動画

Wikipedia

胸キュン(むねきゅん)とは、人間の感情のひとつ。胸が締め付けられてキュンとすること。特に異性との幼少の頃の思い出や、異性の今まで見えていなかった素敵な側面の発見などが胸キュンをひきおこす。その他、胸キュンを起こす直接的要因として代表的に挙げられるものは景色、音楽、匂い、色、恋、切なさ、などがある。

解説

松本隆が作詞した2つの曲、山下久美子の「赤道小町ドキッ(1982年)およびイエロー・マジック・オーケストラの「君に、胸キュン。」(1983年)のヒットにより広く知られるようになった。1983年、カネボウ化粧品の「レディ80 サンケーキ」のCMでキャッチコピーとして「胸キュン」が使用され、一般的な言葉として定着した。「君に、胸キュン。」はこのCMのイメージソングである。

もちろん流行語であるから、「胸キュン」という表現そのものはその後半ば死語化したが、胸がキ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる