「胃がん」とは?

関連ニュース

順みつきさん死去 - 04月19日(木)17:53 

元宝塚歌劇団花組トップスターで女優の順みつき(じゅん・みつき、本名光木千枝子=みつき・ちえこ)さんが17日午後7時15分、胃がんのため大阪府豊中市の病院で死去した。70歳だった。
カテゴリー:

順みつきさん死去=元宝塚花組トップスター - 04月19日(木)17:39 

 元宝塚歌劇団花組トップスターで女優の順みつき(じゅん・みつき、本名光木千枝子=みつき・ちえこ)さんが17日午後7時15分、胃がんのため大阪府豊中市の病院で死去した。70歳だった。兵庫県出身。葬儀は20日午前11時30分から大阪府吹田市桃山台5の3の10の公益社千里会館で。喪主は姉の阿部康子(あべ・やすこ)さん。 1968年に入団し、男役として活躍。「ベルサイユのばら」のオスカル役、「風と共に去りぬ」のスカーレット役などを演じ、80年に花組トップ。83年に退団後は女優に転身し、舞台「屋根の上のヴァイオリン弾き」などに出演した。 【時事通信社】
カテゴリー:

専門家が提唱「足裏の痛みとこりで病気のリスクがわかる」 - 04月16日(月)11:00 

「足の裏を押しているときは、跳び上がるほど痛がられても、『その後、足がポカポカして病気がよくなった』という報告を聞くとうれしいですね」 こう話すのは、「官足法」認定講師の前澤香苗さん。官足法とは、台湾の官有謀氏が提唱する、足をもんで血液循環をよくする健康法だ。 足は心臓からいちばん遠いため、血流が滞りやすい。ところが、足は全身とつながっていて、足にある「反射区」と呼ばれる部分が、体の部位と連動している。そのため、その部位に異変が起こると、それと連動している足の反射区に、何らかのサインが出るというのだ。 そこで、「足を見れば、その人の抱えている体の問題がわかります」と語る前澤さんにチェックポイントを教えてもらった。 前述のように、足の裏には体の各部位の反射区が詰まっている。サインペンなど棒状のもので押すと、奥のほうに硬いコリコリとした塊を感じたり、強い痛みを感じる場合がある。 「この塊は、がんの人に多くみられるのですが、ほかのこりに比べてとても硬く、石のようになっています。こういう塊は要注意です」 前澤さんの師でもある母・栄子さんが、白血病の治療中だった人の足を見たとき、薬指から真っすぐかかとの方に下ろしたところ(土踏まずの始まりくらいの長さ)にある、脾臓の反射区に軽く触れただけで、白血病のサインを、足は雄弁に語っていたのだ。 「その方の足をもんだとき、真っ黒なあざが足...more
カテゴリー:

大杉漣さん人柄伝わるお別れの会 長男・隼平氏「どれだけ好きか痛感した」 - 04月14日(土)17:30 

 2月21日に急性心不全のため亡くなった俳優・大杉漣(本名・大杉孝=おおすぎ・たかし)さん(享年66)のお別れ会『さらば!ゴンタクレ』が14日、東京・青山斎場で営まれた。親交のあった俳優仲間ら関係者約700人、慕っていたファン約1000人が最後の別れに訪れた。 【写真】大杉さんのお別れ会に参列した村上信五、生田斗真ら  お別れ会の「ゴンタクレ」とは、「悪者」「ごろつき」などを指す「ごんた(権太)」に由来した言葉で、「きかんぼう」「悪ガキ」「わがまま」という意味で使われる大杉さんの地元の徳島地方の阿波弁。その言葉通り、子どものような純粋さを持ちながら、誰にでも平等に優しく接し、多くの人々から愛されてきた大杉さんの人柄が伝わる会となった。  囲み取材に応じた俳優仲間からは、「嫌いな人はいないんじゃないかというぐらい、役者に愛されている人でした。いつも明るく必ず声を掛けてくれる」(椎名桔平)、「先輩ですが、同じ目線でいてくれる方。現場を和ますジョークを言ってくれたり、ずっとお話ししたかったです」(生田斗真)、「会う度に年下の後輩である僕らにも優しく接してくれた。こんなこと言ったら失礼かも知れないけれど、友達のようでお兄さんのよう」(山本耕史)。大杉さんの演技に向き合う姿勢、人柄に魅了されてきた俳優たちは「もっと一緒に芝居がしたかった」としのんだ。  長男で写真家の大杉隼平氏は、参...more
カテゴリー:

大杉漣さんに『バイプレイヤーズ』共演陣が最後の別れ「喪失感が大きい」 - 04月14日(土)14:22 

 2月21日に急性心不全のため亡くなった俳優・大杉漣さん(享年66)のお別れ会『さらば!ゴンタクレ』が14日に東京・青山葬儀所で営まれ、大杉さんの遺作となったテレビ東京系『バイプレイヤーズ』シリーズで共演してきた遠藤憲一、田口トモロヲ、松重豊、光石研が参列した。代表して田口が弔辞を読み、「ただひたすら漣さんが恋しいです。そして、寂しいです。あなたがいなくなってしまった喪失感がとんでもなく大きくて、ただただ途方に暮れています。あまりにも急に大切な親友を亡くしてしまい、呆然としています」と悲痛な思いを吐露した。 【写真】大杉さんの写真やグッズが飾られたファンブース  「連さんと共に過ごした仕事の現場は、どれだけ楽しくて大切で幸せだったか思い出します」と語りかけ、「現場を思い、どんなに忙しくて著名になっても、面白いと思った現場には大小問わず参加し続けるあなたの姿勢と志は、いつも僕たちの目標でした。現場で共に汗を流したみんなを同志として、えらぶることなく普通に存在することを心がける連さんに、どれだけ多くの後輩たちが教えられ、励まされたことでしょう。あなたかが数々の現場で示してくれた謙虚さ、姿勢。必要なら怒ることも厭わぬ勇気。常に現場でにこやかに戦う連さんは、いつまでも信頼できる先輩でした」と尊敬を込めた。  優しく、親しみやすい人柄で多くの人々から愛されてきた大杉さん。役柄や作品の大...more
カテゴリー:

訃報:順みつきさん70歳=宝塚花組元トップスター、女優 - 04月19日(木)17:40 

 宝塚歌劇団花組の元トップスターとして活躍した女優の順みつき(じゅん・みつき、本名光木千枝子=みつき・ちえこ)さんが17日午後7時15分、胃がんのため大阪府豊中市の病院で死去した。70歳。兵庫県出身。葬儀・告別式は20日午前11時半から大阪府吹田市桃山台5の3の10、公益社千里会館で。喪主は姉阿部康
カテゴリー:

【サッカー】<元ヴェルディ川崎・藤川孝幸氏>末期の胃がんを告白!「ステージ4以上の末期だった」 - 04月19日(木)12:19  mnewsplus

元V川崎(現東京V)GKで、社会人クラブチーム「北海道十勝スカイアース」の代表取締役社長を務める藤川孝幸氏(55)が18日、帯広市内で新体制発表会見に出席。胃がんを患っていることを明らかにした。  昨年12月、背中に激痛を覚え都内の病院で診察。余命3か月から半年の胃がんと診断された。藤川氏は、医師から「来年の桜は見られない」と告げられ「ステージ4以上の末期だった」と打ち明けた。すぐに抗がん剤治療を始め現在、がん細胞は半分まで減ったという。体重は減り、現在も体内にがん細胞が残るが、今年1月に入院...
»続きを読む
カテゴリー:

高畑監督追悼の『火垂るの墓』視聴率は6.7% 13回目の放送 - 04月16日(月)09:09 

 今月5日に亡くなったアニメ映画監督の高畑勲さん(享年82)の代表作『火垂るの墓』が13日、日本テレビ系映画番組『金曜ロードSHOW!』(毎週金曜 後9:00)で放送され、平均視聴率が6.7%だったことが16日、わかった。今回は高畑さんの訃報を受け、急きょ追悼の意を込めてラインナップを変更。これが13回目の放送となる。 高畑勲さんの作品一覧  日本アニメーション界の巨匠にして、世界でも賞賛される数々の作品を世に送り出した高畑監督。番組では、これまでも『火垂るの墓』のほか、『おもひでぽろぽろ』、『平成狸合戦ぽんぽこ』や『ホーホケキョ となりの山田くん』、遺作となった『かぐや姫の物語』など、スタジオジブリ作品として公開された高畑監督の長編映画を長年にわたって放送してきた。  1988年に発表された映画『火垂るの墓』は、神戸の大空襲を体験した野坂昭如氏による直木賞受賞小説を原作にした珠玉の名作。第二次世界大戦当時の神戸を舞台に、懸命に生きようとした兄妹のいのちを描く。なお、当初13日に放送を予定していた『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』は20日に延期された。 【関連記事】 俳優の井之上隆志さん死去 56歳 『ドクターX』『相棒』などに出演 『天才てれびくんMAX』出演の伊藤元太さん 18歳の若さで死去 (17年01月05日) 女優の菅原チネ子さん死去 『渡る世間は鬼...more
カテゴリー:

北野武・遠藤憲一・草なぎ剛ら1700人、大杉漣さんと最後の別れを惜しむ - 04月14日(土)16:24 

 2月21日に急性心不全のため亡くなった俳優・大杉漣(本名・大杉孝=おおすぎ・たかし)さん(享年66)のお別れ会『さらば!ゴンタクレ』が14日、東京・青山斎場で営まれた。弔辞に親交の深かった草なぎ剛、木村佳乃、高橋伴明監督、参列者に北野武、中村獅童、稲垣吾郎、大杉さんの遺作となったテレビ東京系『バイプレイヤーズ』シリーズで共演してきた遠藤憲一、田口トモロヲ、松重豊、光石研が参列。ファンら合わせて約1700人が最後の別れを惜しんだ。 【写真】大杉さんのお別れ会に参列した関ジャニ∞・村上信五ら  大杉さんと『僕の生きる道』『任侠ヘルパー』『スペシャリスト』『嘘の戦争』など数多くの作品で共演した草なぎ』は「漣さんいなくなってもう2ヶ月ですね。そっちの生活はどうですか。たぶん漣さんのことだから、すぐみんなと仲良くしているんでしょうね。残された僕らはそのまま時が止まって、整理がつかず、本当困ったもんですよ。どうしたらいいかわからないしさ」と今の心境を吐露した。  高橋監督は「君との出会いは約40年前。『面白い奴がいる』と聞いてお芝居を観に行き、ひと目見て気に入って出演交渉をした」と大杉さんとの出会いを振り返り、「大杉、君はもう踏ん切りついたのか、納得できたのか? もしそうなら俺も踏ん切りをつけるよ。若い多くの俳優に希望を残してきた」と功績を称えた。  お別れ会後の囲み取材では、椎名桔...more
カテゴリー:

草なぎ剛、大杉漣さんお別れ会で声を震わせる「いなくて、ずるいですよ…」 - 04月14日(土)14:12 

 タレントで俳優の草なぎ剛が14日、東京・青山斎場で、2月21日に急性心不全のため亡くなった俳優・大杉漣(本名・大杉孝=おおすぎ・たかし)さん(享年66)のお別れ会『さらば!ゴンタクレ』に参列。弔辞を読み「こんな風に漣さんをお話するなんて思っていなかったです。何と言っていいかわからないじゃないですか」と別れを惜しみ「僕はまた漣さんとお芝居したいです!」と声を震わせた。 【写真】大杉さんの写真やグッズが飾られたファンブース  大杉さんと『僕の生きる道』『任侠ヘルパー』『スペシャリスト』『嘘の戦争』など数多くの作品で共演した草なぎ。「漣さんいなくなってもう2ヶ月ですね。そっちの生活はどうですか。たぶん漣さんのことだから、すぐみんなと仲良くしているんでしょうね。残された僕らはそのまま時が止まって、整理がつかず、本当困ったもんですよ。どうしたらいいかわからないしさ」と今の心境を吐露した。  漣さんのことを時折思い出すようで「もういなくて、ずるいですよ、本当に。なんか何度も何度も悔やんで、どうして漣さん早すぎるよって、何度も何度も問いかけて、最後はあの低い声で笑って漣さんの笑顔が残るだけなんだよね。本当にずるいよ」と別れを惜しんだ。  最後に「またみんなで楽しいことしましょうよ。僕はやっぱりまた漣さんとお芝居したいです。ドラマとか映画とか舞台とかやりましょうよ。そしてまた漣さんが連れ...more
カテゴリー:

もっと見る

「胃がん」の画像

もっと見る

「胃がん」の動画

Wikipedia

  • redirect 胃癌...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる