「胃がん」とは?

関連ニュース

みんなの掲示板 (5月26日) - 05月26日(金)06:00 

【きょうの催し】 第100回記念佐賀美術協会展(6月11日まで、佐賀市城内の県立博物館、美術館)◆高橋千賀子展(6月4日まで、佐賀市松原のギャラリーシルクロ)◆第23回初夏の九州名草展(28日まで、鳥栖市藤木町の鳥栖商工センター) 【巡回車】 27日 ◆胃がん・子宮がん・乳がん・大腸がん・肺がん検診8時45分=唐津市・文化体育館(女性対象、予約制、子宮がん検診は10時開始) ※検診についての...
カテゴリー:

みんなの掲示板 - 05月25日(木)06:00 

【きょうの催し】 第35回小城美術工芸展(28日まで、小城市小城町のゆめぷらっと小城) 26日 【巡回車】 ◆胃がん・大腸がん・肺がん検診8時=佐賀市・成人病予防センター事業所(予約制)▽8時半=小城市・牛津保健福祉センターアイル▽8時45分=唐津市・文化体育館(予約制) ◆子宮がん・乳がん検診8時=佐賀市・成人病予防センター事業所(予約制、子宮がん検診なし)▽8時半=小城市・牛津保健福祉セ...
カテゴリー:

みんなの掲示板 (5月24日) - 05月24日(水)05:49 

【きょうの催し】 ルヴァンカップ第6節・サガン鳥栖-横浜Fマリノス(鳥栖市京町のベストアメニティスタジアム) 【巡回車】 25日 ◆胃がん・大腸がん・肺がん検診8時=佐賀市・成人病予防センター事業所(予約制)▽8時半=小城市・牛津保健福祉センターアイル▽8時45分=唐津市・呼子スポーツセンター(予約制) ◆子宮がん検診8時半=小城市・牛津保健福祉センターアイル▽13時=唐津市・呼子スポーツセ...
カテゴリー:

【医者のがん体験克服記】「III期」でも5年生存率60%に驚き がんは治る病気になりつつある - 05月23日(火)11:00 

通常、がんはその進行状態によって、医学的に「I期」「II期」「III期」「IV期」の4期に分類します。この分類は胃がんや肺がん、大腸がんなどすべてのがんに共通で…
カテゴリー:

訃報:須江久さん88歳=元中部日本放送常務 - 05月22日(月)20:39 

 須江久さん88歳(すえ・ひさし=元中部日本放送常務)17日、胃がんのため死去。葬儀は近親者で営んだ。喪主は妻実枝子(みえこ)さんと長女規代(のりよ)さん。
カテゴリー:

加納典明、昨夏に心臓の人工弁置換手術を受けていた「ヘコんでいたけど今は元気」 - 05月25日(木)17:42 

 ヌード界の巨匠・加納典明氏(75)とタレント・LiLiCo(46)が25日、東京・六本木のZEN FOTO GALLERYで『加納典明写真展「絶夜」』のプレス向けレセプションに参加。囲み取材で加納氏は昨年夏に心臓の大動脈弁狭窄症により、人工弁置換手術を受けていたことを明かした。  加納氏はここ5年ほどは大動脈弁狭窄症に悩まされ続け、50メートルを歩くだけで息が切れるようになったことで、人工弁置換手術を受けたることを決断。ただ、術後すぐに会ったLiLiCoに「困ったなLiLiちゃん。余命25年だよ」とジョークを飛ばす余裕もあったという。「命乞いをして生きる気はないけど、写真家は動かないと話にならない。まず体だから」ときっぱり話し、生体弁よりも10年長い耐用年数25年のカーボン製の人工弁にするなど、まだまだ現役だ。  創作意欲に全く衰えはなく、「生活とか、その他がスマホに集約されている。オレも1回、スマホで撮った個展をやろうかと思っている」と構想を明かした。写真家としての意地もある。「どんな作品になるかやってみたい。今のスマホはバカにできない。2200万画素とかある。それを使ったプロのやり方をやってみせたい」と意欲を見せた。また、新たに撮りたいモデルについては「満島ひかり」と即答。「小学校のころ沖縄のアクターズスクールのときに撮っているんだよ。あの子は日本の女優の中では珍しい演技...more
カテゴリー:

【塩崎均】大学の常識打ち破る学長、近大マグロで証明した商品化にツナげる総合力 胃がんの先進治療「医師として」自らに試す - 05月24日(水)11:00 

世界初の完全養殖に成功したクロマグロ「近大マグロ」を味わえる大阪・キタと東京・銀座のレストラン「近畿大学水産研究所」や、国内初の完全入試ネット出願に、卒業生で音…
カテゴリー:

【芸能】中村獅童のがん発覚で囁かれる歌舞伎界の「怨念」 - 05月23日(火)20:13 

歌舞伎俳優の中村獅童が、初期の肺腺がんであることが5月18日に分かった。定期検診で発見され、今後は手術のため入院するという。 出演を予定していた博多座『六月博多座大歌舞伎』、歌舞伎座『七月大歌舞伎』は休演する。 歌舞伎界では現在、市川海老蔵の妻でタレントの小林麻央ががんの闘病中だ。 また、獅童の父である故・小川三喜雄は胃がんで亡くなり、叔父の故・萬屋錦之介も喉頭がんで亡くなっているだけに、 もはや血筋を超えた何か怨念のようなものが、わざわいをもたらしているのではないかと噂されている。 「獅童は20...
»続きを読む
カテゴリー:

=みんなの掲示板= - 05月23日(火)05:55 

【きょうの催し】 押し花とグラスアートファッションステンシル作品展(28日まで、佐賀市天神のアバンセ)◆高江雅人竹工芸展(28日まで、佐賀市本庄町の高伝寺前村岡屋ギャラリー)◆福本晃到・美千代書と絵の回顧展(28日まで、佐賀市川原町のギャラリー山崎)◆インド鉄とイランガラス、アジアの雑貨展(28日まで、鳥栖市本鳥栖町のフレスポ鳥栖内小さな工芸館) 【巡回車】 24日 ◆胃がん・大腸がん・肺が...
カテゴリー:

健康診断でもっとも苦手な検査ランキング 1位は苦しいことで有名なアレ - 05月22日(月)11:30 

(mtmphoto/iStock/Thinkstock)5月は健康診断が多い時期。その必要性は誰もが理解しているところだが、苦しい検査も多いうえ、前日夜は食事をとることができないため、当日の朝は憂鬱になってしまう。そんな健康診断のなかで、もっとも人々に嫌われている検査はどれなのか。しらべぇ編集部では全国の20代〜60代の健康診断を受けたことがある人1,147名を対象に、調査を実施した。■第5位:検便(64票)5位にランクインしたのは検便だ。便を検査することで健康状態をチェックするのが目的だが、自分のそれをしっかりと見て採取し、持ち運なばければならないため、抵抗を感じている模様。一方飲食店では衛生管理の観点から定期的に行われているため、「もう慣れた」人も存在するようだ。■第4位:胃の検査(120票)バリウムを飲み、胃をレントゲンで撮影する検査が4位に。バリウムを飲んだあとは「ゲップをしないように」と釘を刺されるうえ、専用の撮影台に載せられてグルグルと身体を回されることになる。なんともいえないバリウムの味が体質に合わず、匂いを嗅いだだけで気分が悪くなることも。胃がんを早期発見するためには必要な検査といわれるが、思わず敬遠してしまう人もいるようだ。■第3位:大腸内視鏡検査(157票)3位は肛門から細いカメラを入れ、腸の状態を確認する大腸内視鏡検査だ。経験者に聞くと、「肛門にカメラを入れら...more
カテゴリー:

もっと見る

「胃がん」の画像

もっと見る

「胃がん」の動画

Wikipedia

  • redirect 胃癌...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる