「肩書き」とは?

関連ニュース

アベンジャーズ全滅の危機… 最新作の日本版予告公開 - 01月16日(火)20:14 

 アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルクらマーベル・スタジオ作品の主人公たちが集結した「アベンジャーズ」シリーズ最新作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(4月27日公開)の日本版予告編が16日、解禁された。 【動画】『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』日本版予告  予告に併せて、アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)が、鬼気迫る表情を浮かべる場面写真も公開された。最新作では、地球を壊せるほどの計り知れないパワーを持つ強敵サノスが登場し、アイアンマンやスパイダーマン(トム・ホランド)、ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)らアベンジャーズが、勝率0%とも思える強大な敵に立ち向かう。  これまで、アベンジャーズを中心人物として引っ張ってきたアイアンマン役のダウニー・Jr.は「僕たちキャストやスタッフは、たくさんの時間、親交を深めることをやって来た。僕たちは、お互いの面倒を見て、お互いのことを気にかけ、お互いを支え合う、本当の家族のようになった」と、感慨深げにこのプロジェクトを振り返っている。 【関連記事】 『アベンジャーズ』最新作キャストが「アッセンブル!」 (17年07月16日) ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー、アベンジャーズと共演決定 (17年02月11日) 米倉涼子、キャプテン・アメリカと初対面に感激 U...more
カテゴリー:

世の中には、読んでもいい恋愛コラムと読んではいけない恋愛コラムがある - 01月16日(火)11:05 

こんにちは、あなたの恋愛をアップデートするコラムニスト、川口美樹です。自分でコラムニストと名乗っていて何ですが、恋愛コラムニストって誰にでも名乗れる肩書きなんですよね。恋愛に関しては、100人いたら100通りの恋愛があるので、自信満々に「こうですよ!」と書かれてしまうと、「そうか、そんなこともあるか」と思ってしまうものです。しかも情報発信をするにあたって、、医学情報などのように科学的な根拠を引用する必要性がそこまで高くありません。恋愛自体が、あくまで気持ちの問題ですからね。それゆえ本当に「玉石混交」で、我々コラムニストからしても「そうそう、本当にそう思う」と感じるものと、「それは流石にないやろ。お前本当に勉強したんか?」と首を傾げたくなるものもあるのです。そこで今回はハウコレの読者の皆さんに、読む価値のあるコラムと読んでもそこまで価値のないコラムの見分け方をお伝えしたいと思います。間接的に自分のコラムは読む価値があると自慢することになりますが、それは本心からそう思っているのでご容赦くださいね(テヘペロ)。では参りましょう!体験は最大の教科書である言ってることはもっともらしいけれど、何だか上っ面な感じがする文章にかけているもの。それが本人の「体験」です。イギリスのことわざに「学問なき経験は、経験なき学問に勝る」という言葉がありますが、なんとなく自分が調べて得た知識を貼り合わせたような...more
カテゴリー:

会社を辞めて、こうなった。【第61話】 40歳のバツイチ女と30歳の既婚女、どっちがいい? - 01月11日(木)18:30 

瞑想合宿で出会った、ひと回り歳下の男子・エム。歩く辞書、オタクエリートとはまさに彼のことで、寝癖がついた頭の中にはありとあらゆる情報が詰まっていて、話もおもしろい! そんな彼に好意を持たれた筆者・土居は、今度こそ年下男子に対してスマートに接することができたのでしょうか?写真/文・土居彩 【土居彩の会社を辞めて、サンフランシスコに住んだら、こうなった。】vol. 61 【第61話】40歳のバツイチ女と30歳の既婚女、どっちがいい? ヴィパッサナー瞑想合宿が終わった後、ライドをしてくれたエムから来るメッセージが、週に2日、3日、4日となり……、気づけば毎日チャット状態に。バークレーにヴィパッサナー瞑想を実践する生徒が自由に利用できるメディテーションスペースがあるのですが、自然な流れで毎週末エムが車で家まで迎えに来てくれて、そこで午前中の3時間瞑想をして、一緒に公園にあるカフェでランチをするというのが週末の日課となったのです。 エムは、プログラミングが天職だという自他ともに認める筋金入りのオタクで(夢は90年代のアナログ感があるゲームを作ること)、瞑想、本、音楽など情報の守備範囲も広く(彼の秘密にしておきたいやましい喜び(guilty pleasure)的BGMは、『恋愛サーキュレーション』、笑)、頭のなかで全てのインフォメーションが整理されているので、とにかく何についてたずねても説...more
カテゴリー:

あの柳井社長だって悩んでる 後継者づくりの「3つのポイント」(大関暁夫) - 01月11日(木)07:00 

あけましておめでとうございます。2018年もよろしくお願いいたします。年初にあたり、カジュアル衣料の「ユニクロ」を運営するファーストリテーリングの柳井正会長兼社長が、事業承継の難しさについて興味深いお話を語っておられましたので、少しご紹介しておきたく思います。 事業を伸ばす才能と後継者を育てる才能は別物だ! ご承知のように柳井正氏は、父が興したローカルな洋品小売りの会社を一代で世界的な規模のアパレル製造・販売会社に押し上げた人物です。氏の著書のタイトルにあるように、「一勝九敗」という数え切れない失敗にもへこたれない姿勢が、氏の成功の陰にはあるのだと言います。 その数ある失敗の中でも、後継者づくりに関しては、世間の注目を集めた分だけ大きな失敗として記憶されているところであります。2002年、当時常務だった玉塚元一氏(現ハーツユナイテッドグループ社長)に社長の座を譲り50代での第一線からの引退意向を表明したものの、3年弱で玉塚社長を解任し、再び自ら社長として経営トップの座に舞い戻ったのでした。 一般に、よく言われることでもありますが、経営トップとして事業を企画し業績を伸ばし企業をリードしていく才能と、後継者を育て、その者に経営権を委譲していく才能はまったく別物である、は真理のようです。 柳井氏の後継者問題に関してのその後の至って慎重な姿勢を見るに、ワンマン経営者の後継者づくりの難しさと...more
カテゴリー:

山田涼介主演作はドラマの鉄板三大職業てんこ盛り!【冬ドラマ人物相関図 ~土曜ドラマ編~】 - 01月06日(土)06:00 

今週からいよいよ本格的にスタートした冬の新ドラマ。同記事シリーズ第3弾の今回は、山田涼介&波瑠&小澤征悦のきょうだい役で送る“どコメディ”「もみ消して冬」や名作漫画を西野七瀬&野村周平のW主演で実写化した「電影少女」、滝沢秀明主演の骨太サスペンス「家族の旅路」など、土曜日放送ドラマの人間関係が一目で分かる相関図とストーリーを紹介! 【写真】常識よりも家族の幸せを最優先に考える3きょうだいの長女役を務める波瑠/(C)日本テレビ ■ エリート一家の爆笑ホームドラマ「もみ消して冬 〜わが家の問題なかったことに〜」 医師、弁護士、警察官のエリート三きょうだいが、一家の安泰を脅かす事件を全力で解決するホームドラマ。“ヒットドラマの鉄板三大職業”といわれる「医者」「弁護士」「警察」要素を盛り込んだ痛快“どコメディ”だ。 警視庁の警察官・秀作(山田涼介)は、姉で弁護士の知晶(波瑠)、兄で医師の博文(小澤征悦)と共に、全員東大卒のエリートきょうだいとして名をはせていた。秀作らの父親で、名門私立中学の学園長・泰蔵(中村梅雀)の誕生日の夜、パーティを準備していた秀作らを前に帰宅した泰蔵は、生徒の母親と関係を持ち、相手から金銭を要求されたと告白。泰蔵は秀作に、警察の力で事態を静かに収束させてほしいと頼む。秀作は動揺するが、知晶、博文と共に、泰蔵を恐喝する女の身辺調査を始める――。 久しぶりのコメディー...more
カテゴリー:

「起きられない子には」高学歴芸人を育てた両親の起こし方に驚愕! - 01月16日(火)17:52 

1月10日放送のニッポン放送『土屋礼央 レオなるど』のゲストに、お笑い芸人で、ジャーナリストのたかまつななさんが出演しました。 東大大学院と慶大大学院の現役院生で、会社も経営するなど異色の肩書きを持つ、たかまつさん。そん […]
カテゴリー:

【書評】マスコミが垂れ流す「子宮頸癌ワクチン危険説」という嘘 - 01月11日(木)21:00 

以前掲載の「日本人医師の国際的な賞の受賞を、国内メディアがボツにした裏事情」でもお伝えした、子宮頸癌ワクチンと国内大手マスコミとの「不都合な関係」。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』で編集長・柴田忠男さんが取り上げる書籍にも、そのワクチンを巡るマスコミや役人の呆れた行状が記されています。 『日本の聖域 クライシス 』「選択」編集部 新潮社 「選択」編集部編『日本の聖域 クライシス』を読んだ。「選択」は会員制月刊情報誌であり、書店では売られていない。この雑誌の内容は、大メディアが真実を曲げて伝えたり、報じるべきなのに口をつぐむ諸問題について、その実態や真相をえぐるもので、責められるべき人物は肩書きとフルネームが出るのだからこわい。著者名はないが精鋭ぞろいである。 今も昔も深刻なのは、新聞や放送など信頼をおけるはずのメディアが、偽ニュースの流布の主体になっていることだ。23件の記事の中で、まえがきでも触れる「子宮頸癌ワクチン」は、悪意のある報道が生んだ悲劇の最たるものである。世界中で癌予防の効果と安全性が認められているワクチンの接種が、日本ではほぼ止まったままになっているという。根拠なき「ワクチン危険説」のせいだ。 厚労省、政治家、弁護士らとグルになった新聞、テレビはワクチンの副反応ばかりを誇大に煽りたて、世論をミスリードしている。日本では、毎年約1万...more
カテゴリー:

履歴書の自己PRは何を書くべき? 仕事に関係ない「資格」を書いてもいい? - 01月11日(木)08:44 

 こんにちは、「占い師×キャリアカウンセラー」という2つの肩書きを持つ、占星術師の早矢と申します。  冬休みの時期になり、本格的に就職活動を始める学生も増えてきています。そんなとき、どうやって履歴書を書けばいいのか、ある […]
カテゴリー:

ますおか&アンジャ渡部、星野仙一さんを追悼「偉大なスターです」 - 01月06日(土)18:56 

 お笑いコンビのますだおかだ、アンジャッシュの渡部建が6日、千葉・幕張メッセで行われたコナミ『パワプロチャンピオンシップス2017全国決勝大会』に出席。大の阪神タイガースファンである増田英彦は、4日にすい臓がんのため70歳で亡くなった楽天球団副会長の星野仙一さんを「阪神を変えてくれた人。星野さんに影響を受けた選手が監督やコーチをされていますので…」と追悼した。 【写真】昨年に野球殿堂入り、“愛弟子”マー君駆けつける  増田は続けて「星野さんと言えば、参謀に島野(育夫)さんという方がいらっしゃって、星野さんと島野さんのコンビみたいな感じに、金本(知憲)監督と片岡(篤史)コーチもなって、阪神を優勝に導いてほしいと思います」とコメント。「ちょっとマニアックかもしれないですけど、星野さんが命令したかどうかはわからないですけど(阪神の監督時代に)鳥取遠征で、米子の駅前広場で選手が素振りをやって、スゴいところでするなと思ったら、その年に優勝したんです」と闘将と呼ばれた星野さんならではのエピソードを明かした。  一方、渡部は「星野さんとは、お仕事で何度かお会いしたことがありました。2003年と05年に優勝した時の星野チルドレンたちが今の阪神の首脳陣で、そのDNAを受け継いでいると思うので、ぜひ今シーズン躍進してほしいですね」とエール。岡田も「星野さんと言えば、野球ファンにとっては偉大なスタ...more
カテゴリー:

マギー、女優初挑戦で芽生えた覚悟 デビュー10周年で「もっとパワーアップしたい」 - 01月06日(土)06:00 

 モデルのマギー(25)が、女優・綾瀬はるか主演のNHK大河ファンタジー『精霊の守り人~最終章~』(毎週土曜 後9:00)のシリーズ最終章で女優デビューを果たす。きょう6日放送回から出演するマギーだが「小さい頃から演技そのものに興味があって、地域の夏休みで子どもたちが集まってやる演劇会みたいなものにも参加していて、自分から積極的にやっていました。なので、お話をいただいた時は素直にうれしかったです」と声を弾ませた。 【別カット】初めて演技を披露するマギー ■台本読みで女優業の魅力を実感 東出昌大の“プレゼント”に感謝「お兄ちゃんみたいに慕っています」  同作は、作家・上橋菜穂子氏によるファンタジー小説『守り人』シリーズが原作で、人と精霊がともに暮らす架空の世界を舞台に、短槍(たんそう)使いの凄腕女用心棒・バルサ(綾瀬はるか)と、幼い頃に精霊の卵を宿し、バルサに命を救われた新ヨゴ国の皇太子・チャグムによる壮大な物語。マギーは、新ヨゴ国のオッカ村に住む、タルシュ軍との戦いで傷ついたタンダ(東出昌大)を守ろうとする、健気な村娘・ヨーナを演じている。  オファーを受けてから、すぐに演技レッスンをスタート。慣れない経験に「終わった後はぐったりで、家に帰ったらそのまま寝てしまうみたいな生活」だったというが、真摯に役と向き合っていく中でヨーナの気持ちが自身と重なった瞬間があったと振り返る。...more
カテゴリー:

もっと見る

「肩書き」の画像

もっと見る

「肩書き」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 役職...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる