「肥田舜太郎」とは?

関連ニュース

被爆医師の肥田舜太郎さん死去 - 03月21日(火)13:00 

みずからも広島で被爆しながら長年、被爆者の治療にあたってきた、医師で日本被団協=日本原水爆被害者団体協議会顧問の、肥田舜太郎さんが20日、肺炎のため亡くなりました。100歳でした。
in English
カテゴリー:

肥田舜太郎さん死去 - 03月21日(火)09:12 

医師の肥田舜太郎氏(ひだ・しゅんたろう)が20日午前8時2分、肺炎のため埼玉県川口市の病院で死去した。100歳。軍医として勤務中に広島で被爆し、直後から被爆者の治療に当たった(撮影日不明)
in English
カテゴリー:

【訃報】肥田舜太郎さん死去=被爆した医師、100歳 - 03月20日(月)22:56 

肥田 舜太郎氏(ひだ・しゅんたろう=医師)20日午前8時2分、肺炎のため埼玉県川口市の病院で死去、100歳。  岐阜県出身。葬儀は26日午前10時半からさいたま市浦和区瀬ケ崎3の16の10のさがみ典礼北浦和葬斎センターで。喪主は長男泰(ゆたか)氏。  軍医として勤務中に広島で被爆し、直後から被爆者の治療に当たった。日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)の中央相談所理事長などを務め、語り部として欧州を訪れるなど反核運動に携わった。  最終更新: 3/20(月) 22:53 時事通信 https://headlines.yahoo.co.jp/...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

被爆治療の肥田舜太郎氏が死去 医師 - 03月20日(月)22:09 

広島で自ら被爆し、被爆者の治療を続けてきた医師で、日本原水爆被害者団体協議会(被団協)顧問の肥田舜太郎(ひだ・しゅ...
in English
カテゴリー:

訃報:肥田舜太郎さん100歳=広島原爆で被爆の医師 - 03月20日(月)20:49 

 広島原爆で被爆し、医師として被爆者医療に尽力した肥田舜太郎(ひだ・しゅんたろう)さんが20日、肺炎のため亡くなった。100歳。葬儀は26日午前10時半、さいたま市浦和区瀬ケ崎3の16の10のさがみ典礼北浦和葬斎センターで営まれる。喪主は元全日本民医連会長の長男泰(ゆたか)さん。
in English
カテゴリー:

肥田舜太郎さん死去 被爆者医療に70年、核廃絶に尽力 - 03月21日(火)11:24 

 元日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)原爆被爆者中央相談所理事長の肥田舜太郎(ひだ・しゅんたろう)さんが20日、肺炎のため、死去した。100歳だった。通夜は25日午後6時、葬儀は26日午前10時…
in English
カテゴリー:

【悲報】ヒロシマ被曝者(100歳)死亡wwwwwwwwwwww - 03月21日(火)01:04 

<訃報>肥田舜太郎さん100歳=広島原爆で被爆の医師 毎日新聞 3/20(月) 20:49配信  広島原爆で被爆し、医師として被爆者医療に尽力した肥田舜太郎(ひだ・しゅんたろう)さんが20日、肺炎のため亡くなった。 100歳。 葬儀は26日午前10時半、さいたま市浦和区瀬ケ崎3の16の10のさがみ典礼北浦和葬斎センターで営まれる。喪主は元全日本民医連会長の長男泰(ゆたか)さん。  軍医として広島陸軍病院在勤中の1945年8月6日に被爆し、直後から被災者救護にあたった。戦後、東京や埼玉で低所得者向けの診...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

肥田舜太郎さん死去=被爆した医師、100歳 - 03月20日(月)22:55 

 肥田 舜太郎氏(ひだ・しゅんたろう=医師)20日午前8時2分、肺炎のため埼玉県川口市の病院で死去、100歳。岐阜県出身。葬儀は26日午前10時半からさいたま市浦和区瀬ケ崎3の16の10のさがみ典礼北浦和葬斎センターで。喪主は長男泰(ゆたか)氏。 軍医として勤務中に広島で被爆し、直後から被爆者の治療に当たった。日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)の中央相談所理事長などを務め、語り部として欧州を訪れるなど反核運動に携わった。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

【緊急訃報】広島原爆被爆・最後の生き証人、医師・肥田舜太郎さん死去 100歳 - 03月20日(月)21:00 

 広島原爆で被爆し、医師として被爆者医療に尽力した肥田舜太郎(ひだ・しゅんたろう)さんが20日、肺炎のため亡くなった。100歳。葬儀は26日午前10時半、 さいたま市浦和区瀬ケ崎3の16の10のさがみ典礼北浦和葬斎センターで営まれる。喪主は元全日本民医連会長の長男泰(ゆたか)さん。  軍医として広島陸軍病院在勤中の1945年8月6日に被爆し、直後から被災者救護にあたった。戦後、東京や埼玉で低所得者向けの診療所を開設し被爆者を診察。 30年にわたって日本被団協原爆被爆者中央相談所の理事長を務め...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「肥田舜太郎」の画像

もっと見る

「肥田舜太郎」の動画

Wikipedia

肥田 舜太郎(ひだ しゅんたろう、1917年1月1日日本評論社 肥田舜太郎 著者紹介 - )は、日本医師広島市への原子爆弾投下により自身が被爆しつつ、直後から被爆者救援・治療にあたった。以来被爆者の診察を続け、被爆の実相を語りつつ核兵器廃絶を訴えている。

経歴

銀行員の家の長男として広島市で生まれた。中津川肥田氏の肥田帯刀17代目にあたる。早稲田第一高等学院建築科に入学、登山と音楽に夢中であった。あるとき友人から誘われて東京下町の工場街にある託児所を見学、不衛生と貧困のもとにおかれた児童の実情を初めて知り度肝をぬかれたことがきっかけで、医師を志すようになり、日本大学専門部医学科に入学。「小児衛生研究会」を立ち上げ、託児所の健康管理の手伝いを始めたが、2年次のとき文部大臣荒木貞夫から「自由主義的傾向あり」と解散を命じられ、以来軍人嫌いが確固としたものになった。太平洋戦争開戦後、学業の多くが軍事教練となる中「医者の勉強を」という学生の懇願の先...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる