「肉離れ」とは?

関連ニュース

広島DF高橋壮也、右太もも肉離れで全治2カ月 - 02月20日(火)06:56 

 サンフレッチェ広島は19日、DF高橋壮也(21)が右太もも裏肉離れで全治2カ月と診断されたと発表した。  高橋は13日の練習で負傷し18日に診察を受けた。
カテゴリー:

サンフレッチェ広島DF高橋壮也が練習中に負傷…右ハムストリング肉離れにより全治2カ月 - 02月19日(月)10:46 

サンフレッチェ広島はDF高橋壮也の負傷を発表した。
カテゴリー:

【サッカー】吉田麻也は左膝内側側副靱帯損傷、ブログで明かす「パワーアップして帰ってきたい」 - 02月19日(月)00:51  mnewsplus

2/18(日) 23:52配信  サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也(29)が18日に自身のブログを更新し、16日の練習中に負傷した膝について、損傷箇所が左膝の内側側副靱帯であることを明かした。  左膝に装具を付けた写真とともに「膝のケガでしばし離脱します」と報告。「やっと肉離れ後コンディションも上がってきて試合に絡めそうな時だっただけに残念ですがパワーアップして帰ってきたいと思います」と無念さをのぞかせつつも前向きな姿勢を示した。  クラブから全治期間など、詳細はまだ発表されていない。  吉田は17...
»続きを読む
カテゴリー:

キングス振り切る 滋賀に70―66 Bリーグ - 02月11日(日)11:36 

 プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングス(西地区1位、26勝8敗)は10日、沖縄市体育館で滋賀レイクスターズ(同4位11勝23敗)と今季第35戦を戦い、70―66で競り勝った。  ハッサン・マーティンを右足の肉離れで欠く状況となったキングスだったが、ヒルトン・アームストロングやア...
カテゴリー:

【大相撲】栃煌山が休場 左大胸筋肉離れで全治1カ月 - 01月25日(木)13:34  mnewsplus

「大相撲初場所・12日目(25日、両国国技館) 平幕栃煌山(30)=春日野部屋=が25日、日本相撲協会に休場を届け出た。「左大胸筋肉離れで全治1カ月を要する」との診断書を提出した。 11日目、阿炎(錣山)に敗れた際、同カ所を痛めた。 11日目を終えて6勝5敗だった。栃煌山の休場は14年名古屋場所以来4回目。 12日目に対戦予定だった豊山は不戦勝。今場所の十両以上の休場者は再出場者を含めて10人目。 デイリースポーツ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180125-00000077-dal-spo ...
»続きを読む
カテゴリー:

広島、高橋壮也の負傷を発表…右ハムストリング肉離れで全治2カ月 - 02月19日(月)11:42 

 サンフレッチェ広島は19日、高橋壮也の負傷離脱を発表した。  高橋は13日に行われたトレーニング中に負傷。チームドクターの診察を受け、右ハムストリング肉離れと診断された。全治に2カ月かかる見込みであ
カテゴリー:

吉田麻也が左膝負傷、長期離脱なら3月代表戦影響も - 02月19日(月)02:28 

 サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也(29)が18日、公式ブログを更新し、左膝を負傷したことを明かした。  固定用の装具をつけた写真を掲載するとともに「膝の怪我でしばし離脱します。やっと肉離れ後コンディションも上がってきて試合に絡めそ…
カテゴリー:

大分、DFイム・スンギョムが右太ももを負傷…4〜6週間の離脱 - 02月17日(土)12:55 

 大分トリニータは17日、DFイム・スンギョムが右大腿四頭筋(右足太もも)の肉離れで全治4〜6週間と診断されたことを発表した。同選手は12日のトレーニングで負傷した。  U-23韓国代表のイム・スンギ
カテゴリー:

<ベガルタ>梁勇基開幕絶望 右ふくらはぎ肉離れ、全治8週間 - 02月06日(火)09:55 

J1仙台は4日、MF梁勇基(36)が右ふくらはぎの肉離れを起こし、全治8週間の見込みと発表した。現時点で2月25日の開幕戦出場は絶望的となった。クラブによると、1月26日のトレーニング中に負傷、宮崎市
カテゴリー:

「肉離れ」の画像

もっと見る

「肉離れ」の動画

Wikipedia

肉離れ(にくばなれ)とは、急激に筋肉骨格筋)が収縮した結果、筋膜や筋線維の一部が損傷すること。完全に断裂する筋断裂、直接的な外力による打撲とは異なる。

概要

筋損傷(筋肉の損傷)は程度により筋間損傷、部分断裂、完全断裂などに分類されるが、肉離れは筋膜や筋線維の部分損傷である。定義の詳細は文献などにより異なる。スポーツをしている最中に起こりやすく、筋肉が収縮している(力が入っている)時に強制的に引き延ばされることにより生ずることが多い。大半は下肢に発生し、大腿四頭筋ハムストリングス腓腹筋(ふくらはぎ)に多い。代表的なものとしてはサッカーのシュート動作での大腿四頭筋の大腿直筋、短距離走でのハムストリングス、テニスやバドミントンの切り返し動作での腓腹筋の内側頭などが挙げられる。

発生機序

自家筋力の強力な筋収縮(ちぢむこと)により筋肉の部分断裂がおこる。発生要因として、筋肉の疲労、過去の損傷、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる