「職務質問」とは?

関連ニュース

【裁判】ヌンチャク所持で逆転無罪判決、武器や凶器を所持できる「正当な理由」とは? - 03月25日(土)23:35 

岡山県備前市で2015年、ヌンチャクを車内に隠し持っていたとして軽犯罪法違反(凶器の隠匿携帯)の罪に問われ、一審で科料9900円の判決を受けた整体師の男性に対して、広島高裁岡山支部は3月8日、逆転無罪判決を言い渡した。 報道によると、男性は中高生の頃に、アクションスターのブルース・リーに影響を受けてヌンチャクを買い、練習を始めた。 2015年11月に備前市内のコンビニエンスストアの駐車場で警察官から職務質問を受けた際、乗用車にヌンチャク3組を積んでいたとして、玉島簡裁で有罪判決を受けたという。 これに対し、大...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

殺人未遂容疑者か、職質中に逃走 16日に続き2回目 - 03月24日(金)21:30 

 殺人未遂容疑で公開手配中の容疑者に酷似した男を職務質問していたところ逃げられた、と大分県警が24日明らかにした。24日夜になって、容疑者の身柄を確保した。県警は事件発生直後の16日にも、容疑者が乗っ…
in English
カテゴリー:

【大阪地裁】覚せい剤使用事件で無罪=「採尿過程に違法」 令状の提示なし - 03月24日(金)13:40 

覚せい剤取締法違反(使用)罪に問われた大阪府豊中市の自営業の男性(55)の判決で、 大阪地裁は24日、無罪(求刑懲役2年)を言い渡した。男性は使用を認めたが、令状を示さずに、 採尿のため男性をとどめ置いたことについて、飯島健太郎裁判長は「令状主義の精神を無視しており違法」と述べ、尿鑑定の証拠能力を否定した。 判決によると、男性は昨年6月、大阪市北区で府警曽根崎署員の職務質問を受け、尿の任意提出を求められたが拒否。 自ら電話して病院に搬送された後、車に乗り込もうとした。署員はその際、男性を投げ飛...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

覚醒剤使用:「証拠能力認めず」男性に無罪判決 大阪地裁 - 03月24日(金)11:50 

 覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた大阪府豊中市の男性(55)の判決公判で、大阪地裁は24日、無罪(求刑・懲役2年)を言い渡した。職務質問中だった大阪府警の警察官が逃走を図ろうとした男性に対し、強制捜査が可能な令状がないまま投げ飛ばすなどして取り押さえており、飯島健太郎裁判長は「任意捜査の範囲を超えた逮捕行為で違法。その過程で採取された尿に証拠能力は認められない」と述べた。
in English
カテゴリー:

【朝日新聞】不法滞在の台湾の男性「同性の夫婦関係、考慮せぬは違憲」 退去強制処分の取り消しなどを求める - 03月21日(火)07:14 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00000002-asahi-soci  日本人の同性パートナーと20年以上連れ添ったのに国外への退去を命じられたのは、性的指向に基づく差別で憲法が保障する「法の下の平等」に反するとして、台湾籍の男性が近く、国に退去強制処分の取り消しなどを求める訴訟を東京地裁に起こす。 【写真】砂浜を寄り添って歩く台湾籍の男性(左)と日本人のパートナー=20日午前、林紗記撮影  原告は関東地方に住む40代の男性。訴状などによると、1992年に留学の在留資格で来日し、その後も短期滞在...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

大分殺人未遂:8日間逃げたが…ネット手配写真で御用 - 03月25日(土)11:37 

「似た人がいる」と通報 大分県警が32歳無職男を逮捕  大分市で16日、男性が包丁で切り付けられる事件があり、大分県警は24日、同市光吉、無職、青山堅二容疑者(32)を殺人未遂容疑で逮捕した。容疑者は職務質問を振り切り、8日にわたって逃走したが、公開手配写真をインターネットで見た民間人の20代男性が同県日田市で容疑者を発見。追跡しながら携帯電話で県警に位置を伝え続け、駆け付けた捜査員が逮捕した。
in English
カテゴリー:

【社会】覚醒剤使用の男性に無罪、令状届くまでに取り押さえは違法 尿の証拠能力認めず大阪地裁 - 03月24日(金)14:20 

http://www.sankei.com/west/news/170324/wst1703240045-n1.html  覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた大阪府豊中市の男性(55)の判決で、大阪地裁(飯島健太郎裁判長)は24日、令状が届くまでに男性を取り押さえた行為が違法だとして、覚醒剤が検出された尿の証拠能力を認めず、無罪を言い渡した。検察側は懲役2年を求刑していた。  男性は昨年6月、大阪市生野区の違法カジノ店で覚醒剤を使用したとして起訴された。  飯島裁判長は、大阪府警の警察官が職務質問後、令状が届くまでの間に走りだした男性を押さえ付...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

覚せい剤使用事件で無罪=「採尿過程に違法」-大阪地裁 - 03月24日(金)13:28 

 覚せい剤取締法違反(使用)罪に問われた大阪府豊中市の自営業の男性(55)の判決で、大阪地裁は24日、無罪(求刑懲役2年)を言い渡した。男性は使用を認めたが、令状を示さずに、採尿のため男性をとどめ置いたことについて、飯島健太郎裁判長は「令状主義の精神を無視しており違法」と述べ、尿鑑定の証拠能力を否定した。 判決によると、男性は昨年6月、大阪市北区で府警曽根崎署員の職務質問を受け、尿の任意提出を求められたが拒否。自ら電話して病院に搬送された後、車に乗り込もうとした。署員はその際、男性を投げ飛ばし、令状発付の連絡を受けていなかったのに「採尿の令状は発付されている」と話し、取り押さえた。男性はその後、採尿に応じた。 飯島裁判長は署員の行動について、男性をとどめ置く必要性は高かったとしながらも「任意捜査を超えて違法行為を重ねた」と批判。実際に令状は発付されていたとみられるとした上で、令状は提示が必要と判断し、「重大な違法がある」と述べた。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

台湾人ゲイ「日本人のパートナーが居るんだから結婚と一緒!強制送還とか酷い」 提訴へ - 03月21日(火)18:36 

「同性の夫婦関係、考慮せぬは違憲」 台湾の男性提訴へ  日本人の同性パートナーと20年以上連れ添ったのに国外への退去を命じられたのは、性的指向に基づく差別で憲法が保障する 「法の下の平等」に反するとして、台湾籍の男性が近く、国に退去強制処分の取り消しなどを求める訴訟を東京地裁に起こす。  原告は関東地方に住む40代の男性。訴状などによると、1992年に留学の在留資格で来日し、その後も短期滞在のビザで2回 入国した。日本滞在中に現在のパートナーと知り合い、94年から同居している。  男性は翌...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

台湾人「男同士の夫婦関係があるのに、日本から国外退去を命じられた。差別だ!」 - 03月21日(火)03:14 

「同性の夫婦関係、考慮せぬは違憲」 台湾の男性提訴へ  日本人の同性パートナーと20年以上連れ添ったのに国外への退去を命じられたのは、性的指向に基づく差別で憲法が保障する 「法の下の平等」に反するとして、台湾籍の男性が近く、国に退去強制処分の取り消しなどを求める訴訟を東京地裁に起こす。  原告は関東地方に住む40代の男性。訴状などによると、1992年に留学の在留資格で来日し、その後も短期滞在のビザで2回 入国した。日本滞在中に現在のパートナーと知り合い、94年から同居している。  男性は翌...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「職務質問」の画像

もっと見る

「職務質問」の動画

Wikipedia

職務質問(しょくむしつもん)とは、日本の警察官の職務上、犯罪を犯しうる可能性が相当にある者に対して、呼び止めるなどして質問を行う、必要最小限に用いられる行為である。職質(しょくしつ)や、「バンかけ」と称される。第二次世界大戦前の日本では不審尋問(ふしんじんもん)といわれた。職務質問は、濫用してはならない事が、現行の法律によって定められている。

職務質問の役割・性質

職務質問は、「何らかの犯罪」について捜査の端緒を得ること等を目的とした行政警察活動である。職務質問をきっかけとして犯罪が発覚することは多い2002年(平成14年)度から2006年(平成18年)度の各年度における職務質問による刑法犯検挙件数は、それぞれ、11万7,012件、14万2,947件、15万9,862件、15万5,446件、15万6,189件である(国家公安委員会・警察庁実績評価書(平成19年7月)参照)。。

濫用...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる