「聖徳太子」とは?

関連ニュース

非民主主義者になっている自己矛盾を認めぬ日本のリベラルたち - 05月20日(土)13:25 

最近、盛り上がりを見せている憲法改正論議ですが、そこで積極的に憲法9条の改正案に異を唱えているのが、いわゆる「左派(リベラル)」と呼ばれる人たち。月刊正論「ネットバスターズ」に連載中のITジャーナリスト宮脇睦(みやわき・あつし)さんは、自身のメルマガ『マスコミでは言えないこと』で、平和主義者というイメージの強い「日本の左派」について、フランス、旧ソ連の歴史などと比較しながら、リベラル派の抱える自己矛盾を鋭く指摘しています。 左派は亡霊派と定義すべきではないか ルペン氏が敗れ、エマニュエル・マクロン氏のフランス大統領就任が決定しました。 英国のEU離脱=ブレグジットのフランス版「フレグジット」も懸念されましたが、最初の投票で過半数を制さなければ、上位2名による決選投票となる仕組みから、そこで過半数か、限りなく近い得票を得られなかったルペン氏の勝利は事実上消滅していました。 対ルペン氏になれば、他の候補の支持者が、野合することは明らかだったからです。 マクロン氏は中道左派に位置づけられ、「極右政党」と紹介される「国民戦線」よりはマシという判断です。 もっとも「極右政党」という呼称は、すでにレッテルやネガティブキャンペーン、フェイクニュースに近く、ルペン氏の父、ジャン=マリー・ルペン氏が「創業」したときは排外主義も鮮明でしたが、娘に代替わりしてからは現実路線に切り換え、反ユダヤ的発言を繰...more
カテゴリー:

<長寿企業とCSR>時代超え「三方よし」実践 - 05月15日(月)11:31 

国内最古の企業の起源は飛鳥時代にさかのぼる。社寺建築の金剛組(大阪市、578年創業)は、初代が聖徳太子の招きで朝鮮半島の百済から訪れ、日本最初の官寺「四天王寺」(同)の建築に携わったと言われる。世界最
カテゴリー:

聖徳太子が建てた華道の聖地。京都のおへそ「六角堂」を往く - 05月19日(金)23:06 

京都のちょうど真ん中、おへその部分に位置する、聖徳太子ゆかりの「六角堂(頂法寺)」。華道の聖地として、また縁結びのご利益がある寺院としてもよく知られています。今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』では著者・英学(はなぶさ がく)さんが、この六角堂の多彩な見どころを紹介しています。 京都のおへそ・六角堂 このお寺は京都市中心部四条烏丸から少し上がった(北に行った)ところに平安京が出来る前からあったとされています。六角堂(頂法寺)は京都駅からまっすく北に伸びる烏丸通りの四条と三条の中間にある聖徳太子ゆかりのお寺です。正式名称は頂法寺ですが、本堂が六角形をしていることから六角堂の名で親しまれています。 華道家元池坊家が住職を務める寺院で、生け花発祥の地としても有名です。西国三十三所観音霊場の十八番札所でもあり、昔から巡礼者がたくさん訪れていたようです。 六角堂は587年に聖徳太子によって建立された由緒ある寺院です。聖徳太子は熱心な仏教徒でした。淡路島に流れ着いた如意輪観音像を念持仏として持ち歩いていたと伝えられています。念持仏というのは、自分が祈りを捧げるために常に持ち歩くことの出来る仏像です。昔の人はお守りのように小さなポケットサイズの仏像を持ち歩いていたのですね~。 六角堂の由来 聖徳太子は四天王寺を建立するために京都盆地を訪れたそうです。その時に、現在六角堂が建っている場所で沐浴...more
カテゴリー:

戦国武将らが練り歩き=奈良県平群町〔地域〕 - 05月09日(火)10:06 

 町ゆかりの歴史上の人物の時代行列が呼び物の「へぐり時代祭り」が奈良県平群町で行われた。聖徳太子や戦国武将嶋左近にふんした約300人が町役場前から道の駅までの約1.3キロを練り歩き、沿道の大勢の観客を楽しませた。 岩崎万勉町長は、日本武尊が古事記に残した歌に平群が詠まれていることを挙げ、「平群町は歴史の宝庫」と、時代行列に登場する聖徳太子や長屋王、松永秀久、嶋左近ら歴史的人物のゆかりのエピソードを紹介。「今回は町内外の多くの市町や団体にも協力をいただいた」と感謝の言葉を述べた。 行列には、近隣自治体の生駒市や王寺町などのご当地キャラのほか、町のこども園の園児らも時代衣装に身を包んで参加。また、道の駅では和歌山県那智勝浦町と高知県須崎市からマグロやカツオのご当地グルメも出店。国の重要文化財の藤田家住宅や嶋左近が入城した椿井城跡を巡る歴史ウオークなども開催された。 【時事通信社】
カテゴリー:

「聖徳太子」の画像

もっと見る

「聖徳太子」の動画

Wikipedia

聖徳太子(しょうとくたいし、敏達天皇3年1月1日(574年2月7日) - 推古天皇30年2月22日(622年4月8日))は、飛鳥時代皇族政治家厩戸皇子または厩戸王の後世の呼称。用明天皇の第二皇子、母は欽明天皇の皇女・穴穂部間人皇女

推古天皇のもと、蘇我馬子と協調して政治を行い、国際的緊張のなかで遣隋使を派遣するなど大陸の進んだ文化や制度をとりいれて、冠位十二階十七条憲法を定めるなど天皇を中心とした中央集権国家体制の確立を図った他、仏教を取り入れ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる