「聖徳太子」とは?

関連ニュース

「商売のルールを中国に勝手に作られている」中国との商売に軍事込みの圧力が必要な理由を自民党議員が解説 - 02月22日(木)12:00 

 自民党参議院の山本一太氏が番組ホストを務める「直滑降ストリーム」に同じく自民党参議院議員の青山繁晴氏がゲストで登場し、対中関係について対談を行いました。 法制度の不備による中国の日本の土地買い占め問題や、日本と中国の外交力の比較、そして「中国共産党は意外にも、どうすれば生き残れるかを模索している」と青山氏が中国事情について解説を行いました。 したたかな中国共産党の戦略を読み誤ってはいけない 山本一太氏、青山繁晴氏。 山本: いよいよ参議院議員の議員立法の排他的経済水域(EEZ)を何とか守ろうという法律の議論がはじまって、当然外務省も対中関係を考えて慎重になる。中国、外国人による土地所有の問題が出ていて、たとえばアメリカでもイギリスでも国益のために制限する法律はあるけれど日本はない。  たとえば「科学的調査について違法なことをやったら罰則を設ける」と、これは中国も韓国も持っている。そういう法律すらないというのはまずいと思うんですよ。日中関係は大事なんですけれど、こういう枠組みを粛々と作っていかないといけないと思うんですけど、いかがでしょうか。 青山: 日本の法制度の不備や、あるいは日本の実質国立と言っていいバイオ関係の研究機関の国家意識のなさ、国際法の枠組みや、お互いに対等だという意識がなくて、とにかく中韓の言うことは聞かないといけないという人たちがいます。  悪気はない...more
カテゴリー:

「聖徳太子」の画像

もっと見る

「聖徳太子」の動画

Wikipedia

。また「推古朝の有力な王子たる厩戸王(子)の存在を否定しないにもかかわらず、後世の「聖徳太子」と峻別し、史実と伝説との連続性を否定する点も問題」としている仁藤敦史 「聖徳太子は実在したのか」中学校 歴史のしおり帝国書院 2005年9月。

遠山美都男は「日本書紀の聖徳太子像に多くの粉飾が加えられていることは、大山氏以前に多くの研究者がすでに指摘ずみ」としたうえで、「大山説の問題点は、実在の人物である厩戸皇子が王位継承資格もなく、内政・外交に関与したこともない、たんなる蘇我氏の血を引く王族に過ぎなかった、と見なしていることである。斑鳩宮に住み、壬生部を支配下におく彼が、王位継承資格も政治的発言権もない、マイナーな王族であったとは到底考えがたい。」「日本書紀の聖徳太子はたしかに架空の人物だったかもしれないが、大山氏の考えとは大きく異なり、やはり厩戸皇子は実在の、しかも有力な王族だった」と批判している

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる