「聖徳太子」とは?

関連ニュース

琉球新報「共謀罪をテロ等準備罪にすりかえる政府は憎きもの!学術的でなく別な魂胆見え隠れする」 - 03月24日(金)08:48 

蚊は何と鳴くか。今なら「ブーン」だが、平安時代の人たちには「カー」と聞こえたらしい。 清少納言は枕草子の「にくきもの」で、顔の周りを自ら名乗って飛ぶとつづった。別の古文書では「加阿(かあ)」と記されている ▼国語学者・山口仲美さんの著書によると、当時は犬の鳴き声は「びよ」、猫は「ねうねう」と聞こえたという。現代人との感覚の差が面白い。時代が移ると、言葉は変わる ▼次期学習指導要領で「聖徳太子」を「厩戸王(うまやどのおう)」に変更することが検討された。 当時は使われず没後の呼称というのが理由だ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

歴史は歴史学者の独占物なのか?政治の役割は?聖徳太子問題に関連して。 - Togetterまとめ - 03月23日(木)12:12 

歴史は歴史学者の独占物なのか?政治の役割は?聖徳太子問題に関連して。 - Togetterまとめまとめました。「歴史学の扱い方」という観点からのまとめなのでカテゴリを「社会問題」としています。なお、まとめ主としては、文中のどなたが正しいのかはわかっておらず、それを問うという形のまとめになります。
in English
カテゴリー:

「聖徳太子」は元通りに? 教員ら「教えづらい」…次期指導要領で文科省が検討 - 03月22日(水)15:30 

文部科学省が2月に公表した次期学習指導要領改定案で、小学校の社会で「聖徳太子(厩戸王=うまやどのおう)」、中学校で「厩戸王(聖徳太子)」とした表記について、同省…
in English
カテゴリー:

「聖徳太子」表記は元通りに - 03月21日(火)17:40 

「聖徳太子」表記は元通りに:新しい学習指導要領で、「聖徳太子」について、「厩戸王(うまやどのおう)」と表記する案が見送られるもよう。...
in English
カテゴリー:

「聖徳太子」の表記元通り? 文科省検討 - 03月21日(火)14:13 

文部科学省が2月に公表した次期学習指導要領改定案で、小学校の社会で「聖徳太子(厩戸王(うまやどのおう))」、中学校で「厩戸王(聖徳太子)」とした表記について、同省が小中学校とも現行指導要領と同じ「聖徳太子」の表記に戻すことを視野に検討していることが20日、関係者への取材で分かった。 改定案は、歴史学で一般的に「厩戸王」と呼ぶことを考慮しつつ、小学校では伝記を読む機会が多いことや、中学校では新...
in English
カテゴリー:

聖徳太子が「厩戸王」になりかけた、歴史教科書の不思議な改定基準 - 今週もナナメに考えた 鈴木貴博 - 03月24日(金)05:00 

中学校の歴史教科書で「聖徳太子」の表記を「厩戸王」に変更しようという議論は、振り出しに戻った。実は、おじんさんが知らない歴史教科書の「新常識」は、これまでも色々あった。なぜ、歴史教科では時々不思議な改定が行われるのか。
in English
カテゴリー:

【司法書士 阿部亮のつぶやき世界一周】日本はいつから“日本”になった? 聖徳太子説もあるが… - 03月22日(水)17:00 

日本はいつから日本になったのか?前回、日本がジャパンになった理由を調べていて、そもそも日本はいつから「日本」になったのかが、よく分からないので調べてみた。日本が…
in English
カテゴリー:

【教育】「聖徳太子」「鎖国」復活へ 指導要領改訂案を修正 ★6 - 03月22日(水)09:27 

文部科学省が学習指導要領の改訂案で「聖徳太子」「鎖国」など、歴史上の人物や出来事などの表記を変えたことに対し、「教えづらい」「わかりにくい」などの批判が集まり、同省が一転、元に戻したり、復活させたりすることがわかった。こうした修正を反映した新指導要領は今月末に告示される。  文科省は15日まで、改訂案についてパブリックコメントで意見を募ったが、特に不評だったのが聖徳太子の表記。改訂案では、小学校で「聖徳太子(厩戸王(うまやどのおう))」、中学校は「厩戸王(聖徳太子)」としていた。学会などの歴史...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

一転「聖徳太子」復活へ 指導要領改訂案 3/21 14:49更新 - 03月21日(火)14:49 

文科省は2021年度からの中学校の学習指導要領で『聖徳太子』をやめて『厩戸王』と表記するなどとした改訂案を、一転して元に戻す方針を固めた。一般からのパブリックコメントで「小中学校で表記が違うのは分かりづらい」などの意見が相次いだという。
in English
カテゴリー:

『飛鳥から遥かなる未来のために(白虎・前編)~聖徳太子たちの生きた時代~』発売のお知らせ - 03月21日(火)13:00 

聖徳太子の名で知られる上宮皇子(うえのみやのみこ)の青年時代を描いた、朝皇龍古の小説『飛鳥から遥かなる未来のために(白虎・前編)~聖徳太子たちの生きた時代~』が、4月5日にブイツーソリューションより発行、星雲社より発売される。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「聖徳太子」の画像

もっと見る

「聖徳太子」の動画

Wikipedia

聖徳太子(しょうとくたいし、敏達天皇3年1月1日(574年2月7日) - 推古天皇30年2月22日(622年4月8日))は、飛鳥時代皇族政治家厩戸皇子または厩戸王の後世の呼称。用明天皇の第二皇子、母は欽明天皇の皇女・穴穂部間人皇女

推古天皇のもと、蘇我馬子と協調して政治を行い、国際的緊張のなかで遣隋使を派遣するなど大陸の進んだ文化や制度をとりいれて、冠位十二階十七条憲法を定めるなど天皇を中心とした中央集権国家体制の確立を図った他、仏教を取り入れ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる