「聖地巡礼」とは?

関連ニュース

太田基裕が写真集の新たな楽しみ方を提案! 注目は「白のアオザイ」 - 11月22日(水)21:00 

ミュージカル『刀剣乱舞』や舞台『弱虫ペダル』シリーズなどの人気作品をはじめ、『デパート』などの本格ミュージカルにも出演する人気俳優・太田基裕さん。   18日(土)に『月刊 太田基裕×小林裕和』が発売とのことで、発明会館にて囲み取材が行われました。   今回の『月刊 太田基裕×小林裕和』は、写真家・小林裕和が手掛ける、大人気ムック本「月刊」の新世代俳優シリーズの第6弾目。シリーズ初の海外ロケで、ベトナムのダナンやホイアン、フエで撮影。毎回、俳優の新たな一面を切り取る「月刊」シリーズですが、今回は“中性的な画”を狙っていたそうで、ベトナムの民族衣装のアオザイを着たり、普段とは違う中性的なヘア&メークをしたりしたとのことで、「いつもと違う自分を出せたので、ファンの方にもいろんな顔を楽しんでもらえる写真集になったと思います」と太田さんも大満足。 ↑黒のアオザイを着た太田さん。エクステやメークの効果も相まって色っぽい…!   太田さんは、今回初めてのベトナム。決め手は、マネージャーさんのオススメだったそうですが、「同じアジア人なので、ベトナムに行ったときも近いものを感じて、自分らしくいられました。楽しかったです」と、ベトナムを気に入った様子。ちなみに、ホイアン名物料理の“ホワイトローズ”が特にお気に入りだったようで、毎日食べていたそう♪  ...more
カテゴリー:

【兵庫】レバノンの日本赤軍支援か 口座不正開設容疑で左翼系新聞「人民新聞」の社長、山田洋一容疑者を逮捕 - 11月22日(水)06:35  newsplus

http://www.sankei.com/smp/west/news/171121/wst1711210099-s1.html  自分名義の口座を第三者が使うため不正に開設したとして、兵庫県警警備部などは21日、詐欺容疑で、左翼系新聞を発行する「人民新聞社」(大阪府茨木市)社長、山田洋一容疑者(60)=兵庫県尼崎市南塚口町=を逮捕した。関係者によると、口座は日本赤軍メンバーで国際指名手配されている岡本公三容疑者(69)の支援団体が使用。口座に入金された約1千万円のほぼ全額が、岡本容疑者が亡命したレバノンで引き出されていた。 日本赤軍をめぐっては、7人の...
»続きを読む
カテゴリー:

【音楽】伝説的バンド「ラモーンズ」 ファンクラブが今も活動しているのは日本だけ…会長が本をリリース - 11月20日(月)20:22  mnewsplus

パンクロックの元祖とも言われる伝説のロックバンド、ラモーンズ。 バンドはメンバーチェンジを繰り返しながら1996年に解散。それから20年以上がたち、 2014年にはバンドのオリジナルメンバー4人は全てこの世を去った。 しかし、「Blitzkreig Bop(電撃バップ)」や「Do You Remember Rock‘N’Roll Radio?(リメンバー・ロックンロール・レイディオ?)」など、 簡潔にしてインパクトのある楽曲は、現在でも人気は高い。しかし、そのファンクラブが現在も活動を続けているのは、世界で唯一、日本だけだという。 ファンクラブの会長...
»続きを読む
カテゴリー:

和楽器バンド、「千本桜」MVが7,000万回再生突破! - 11月14日(火)22:10 

和楽器バンドの「千本桜」のミュージックビデオがYouTubeにて7,000万再生を突破した。 「千本桜」のミュージックビデオは、彼らのメジャーデビュー以前の2014年1月31日に公開され、日本国内はもちろん世界各国で視聴されている作品である。また同ミュージックビデオの撮影地である福島県いわき市の「勿来の関公園」は、ファンの間では聖地と言われ休日には多くのファンが聖地巡礼に訪れている。 そんな和楽器バンドが11月29日に発売するベストアルバム 『軌跡 BEST COLLECTION+』のリリースを記念して、東京国立博物館の特設野外ステージで初のフリーライブを開催。東京国立博物館は、開館145年を誇る日本最古の博物館。日本美術を国内外に発信し続ける東京国立博物館と、日本の伝統音楽を現代に継承し続ける和楽器バンドとの伝統コラボレーションが実現する。 なおベストアルバム 『軌跡 BEST COLLECTION+』は、「千本桜」を始めとして、これまでミュージックビデオとして発表された全14曲、そして今作のために書き下ろされた新曲3曲が収録される。 【関連リンク】 いい夫婦・2017年に結婚した芸能人で最も祝福されたのは… 飯豊まりえファースト写真集が二十歳の誕生日に発売決定! 稲森いずみ、前髪パッツン&お団子ヘアが可愛すぎると話題
カテゴリー:

バルセロナでおすすめの観光地20選! 完成前のサクラダ・ファミリアにサッカー観戦も - 11月13日(月)12:00 

バルセロナといえば、サッカーにサグラダ・ファミリア、地中海にスペイン料理など魅力的な文化や食べ物、スポーツが勢ぞろいの街です。地中海を挟んでイタリアと近いカタルーニャ地方には、昔からの伝統を守る闘牛やフラメンコなどもあり見所いっぱいです。今回は地中海の陽ざしをあびて元気になれる、バルセロナの超有名観光地から、穴場なスポットまでを紹介! バルセロナからすぐに訪れることができる島や街もありますので、ぜひ旅の参考にしてみてください! ■治安 2017年8月にバルセロナ市内などで死者16名(2017年8月末時点)、そしておよそ100名以上が負傷した車両突入事件が連続発生しました。この事件を受けてイスラム過激派組織(ISIL)が犯行声明を発表し、観光客が多いバルセロナは大きな悲しみに包まれました。 このような事件を受け、バルセロナではイスラム過激派の取締りと監視に注力し、アル・カーイダ関係者やISIL関係者などを続々と逮捕しています。 その他、スリや置き引きが横行していて、バルセロナではカタルーニャ駅やサンツ駅周辺で被害が報告されています。 ■時差 時差は日本が8時間進んでいて、日本が午前8時の時、バルセロナは午前0時となります。 ■飛行時間 日本からバルセロナへは、直行便でマドリッドに入国し国内線で移動する方法と、ヨーロッパ各主要都市からバルセロナに入る方...more
カテゴリー:

ガルパン「大洗あんこう祭」13万人来場! リピーター率8割ともいわれるその理由とは - 11月22日(水)07:15 

作中のキャラクター・おりょうの等身大パネル  アニメ「ガールズ&パンツァー」(以下、ガルパン)の舞台となった茨城県大洗町で11月19日、大洗あんこう祭が開催。21回目となる今年は、約13万人の来場者数が発表されています。 (リンク)大洗あんこう祭りに参加したコスプレイヤーや痛車紹介はこちら  ガルパンは2012年10月から12月と2013年3月に放送。戦車を用いる戦車道が伝統的な女性の武道として推奨される日本を舞台に、大洗女子学園に転校してきた西住みほが仲間とともに戦車道全国高校生大会で優勝を目指すというストーリーです。2012年の第16回大洗あんこう祭から、声優トークショーなどガルパン関連のイベントが入ったことで来場者が増えました。  特設ステージでは、ガルパンのメインキャストや、プロレスラーで大洗町や茨城県の観光大使を務める蝶野正洋さんによるトークショーなどが催され、人だかりで携帯電話も繋がらなくなるほど。商店街では歩行者天国になり、多くの痛車が展示されたほか、作品のキャラに扮したコスプレイヤーが町を練り歩いていました。大洗町商工観光課職員の「去年と比べて駐車場とシャトルバスを増やしたことで、来場がスムーズになった」の言葉通り、この日は筆者もほとんど待つことなく駐車場に車を停めることができました。人口約1万6000人の町にこの日だけで約13万人もの来場があったように、年間の観光...more
カテゴリー:

「アニオタはキモオタと言うイメージを払拭したい」 ハライチ岩井「そんな時代は終わった」と訴える - 11月21日(火)00:36  news

多くの人がアニメを見るようになった今でも、アニメが好きな「オタク」への偏見はなかなかなくならない。そうした現状に怒りを覚える人もいるようだ。 10月8日、「アメトーク」(テレビ朝日)の「昭和アニソン軍VS平成アニソン軍」に出演し、アニソンの魅力を語っていた、お笑いコンビ・ハライチの岩井勇気さん(31)は、放送終了後、 「アニオタはキモオタと言う傾向のイメージを払拭したい。そんな時代は終わったんだ」 とツイッターで訴えていた。 「2次元の小学生を『自分の彼女です』なんて言うと気持ち悪いと思う人もいる...
»続きを読む
カテゴリー:

ロリータ18号・石坂マサヨが語る伝説のロックバンド「ラモーンズ」 - 11月18日(土)21:28 

パンクロックの元祖とも言われる伝説のロックバンド、ラモーンズ。バンドはメンバーチェンジを繰り返しながら1996年に解散。それから20年以上がたち、2014年にはバンドのオリジナルメンバー4人は全てこの世を去った。しかし、「Blitzkreig Bop(電撃バップ)」や「Do You Remember Rock‘N’Roll Radio?(リメンバー・ロックンロール・レイディオ?)」など、簡潔にしてインパクトのある楽曲は、現在でも人気は高い。しかし、そのファンクラブが現在も活動を続けているのは、世界で唯一、日本だけだという。ファンクラブの会長で、音楽雑誌『BURRN!』創刊メンバーでもあるyuki kuroyanagiさんが10万字の書き下ろしと多数の未発表写真で構成した書籍『Thank You RAMONES』(リトルモア刊)が、10月末に発売された。メンバーのジョニー・ラモーンと88年から文通を続け、他のメンバーとも交流があったyukiさんが07年に発表した著書『I Love RAMONES』の「その後」を記した本という位置づけになる。今もファンクラブの入会希望者の中には、バンドが実際に活動した時代を知らない若い世代も多い。本書中で、yukiさんは、そんなファンたちとニューヨークやLA、ラモーンズ「聖地巡礼」の旅に出る――。メンバーの人間らしさが分かる本著者と同じくラモーンズを愛...more
カテゴリー:

中種子でアニメ聖地巡礼ツアー ロケハン地の旧空港や中央高回る - 11月14日(火)20:40 

 種子島を舞台にしたアニメ「秒速5センチメートル」「ロボティクス・ノーツ」に登場するスポットを訪ねる聖地巡礼のバスツアーが5日、中種子町であった。町職員の一氏(ひとうじ)昭博さん(42)らが案内役を務め、旧種子島空港など普段は立ち入れない場所を中心に3カ所を回り、ファンを楽しませた。
カテゴリー:

アニメの聖地巡礼楽しんで 種子島にバス停型の案内表示板 - 11月12日(日)06:00 

鹿児島県中種子町(種子島)に、人気アニメの舞台やゆかりの建物などを訪れる「聖地巡礼」のためのバス停風の案内表示板が...
カテゴリー:

もっと見る

「聖地巡礼」の画像

もっと見る

「聖地巡礼」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT巡礼...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる