「翁長雄志」とは?

関連ニュース

〈連載「強行の海」辺野古護岸着手(中)〉国、進展アピールに躍起 - 04月27日(木)12:50 

 米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設を巡り、政府は当初の予定を前倒しにして25日に護岸工事着手に踏み切った。工事実施は2週間前には決まっていたものの、政府は政治日程などを踏まえて当日まで明らかにしなかった。それでも政府は、あらゆる手法で建設を阻止すると掲げる翁長雄志知事の権限封じ...
in English
カテゴリー:

辺野古護岸着工(解説) 作業進行は不透明 「新基地建設」の出発点は? - 04月26日(水)10:12 

 政府は25日、米軍普天間飛行場の移設に向けた辺野古海域埋め立ての護岸工事に着手した。政府は「確かな一歩」(菅義偉官房長官)と胸を張るが、移設に反対する沖縄県や名護市の同意を得られていない中、作業が円滑に進むかは不透明な要素が多い。根強い県民の抵抗に加え、翁長雄志知事も持ち得る権限を駆使して徹底...
in English
カテゴリー:

辺野古埋め立て:開始の沖縄知事「暴挙」 対抗の方針 - 04月25日(火)22:42 

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画で、防衛省は25日、埋め立て工事の第1段階となる護岸工事に着手した。大量の石材や土砂が投入されていけば自然環境の原状回復が難しく、沖縄県の翁長雄志知事は「暴挙としか言いようがなく、重大な決意で対処しないといけない」と述べた。県の許可を得ていない岩礁破砕行為が確認されれば、工事の差し止め訴訟を提起する方針。前知事による埋め立て承認の撤回も検討しており、政府と県が再び法廷闘争となるのは確実だ。
in English
カテゴリー:

翁長知事「あらゆる手法使い戦う」 辺野古埋め立て開始 - 04月25日(火)21:13 

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を名護市辺野古へ移設するため、政府は25日、埋め立て工事を始めた。工事が進めば原状回復は難しくなり、沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事は「強行は許しがたい」と猛反…
in English
カテゴリー:

【沖縄】辺野古埋め立て コバルトブルーに石材…「諦めたら最後」 - 04月25日(火)17:23 

毎日新聞 4/25(火) 11:16配信  辺野古の海に石材が次々と投入され、かつてない怒りと悲しみが沖縄に広がった。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画は、政府が25日に海を埋め立てる護岸工事に着手して大きな節目を迎えた。普天間飛行場の返還合意から21年。選挙や集会などで幾度となく県内移設反対の民意を示してきた人々は、辺野古の陸と海で悲憤の拳を上げた。  辺野古前に広がるコバルトブルーの大浦湾。移設反対派の海上抗議を監視するため、早朝から海上保安庁のゴムボート10艇以上が波打...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

〈連載「強行の海」辺野古護岸着手(上)〉「諦め感」狙う国、県は訴訟へ「違反」積み上げ - 04月26日(水)10:18 

 米軍普天間飛行場移設に伴う辺野古の新基地建設問題は25日、埋め立て工事着手という新たな局面に入った。国は工事進展をアピールし、沖縄県民に諦め感が広がることを狙うが、県内では「(政府は)既成事実に躍起」(翁長雄志知事)などと着工を冷静に受け止め、引き続き建設阻止へ団結しようとする空気が強い。県は...
in English
カテゴリー:

<社説>辺野古護岸着工 政府の専横には屈しない 知事は直ちに承認撤回を - 04月26日(水)06:01 

 名護市辺野古の新基地建設で政府は埋め立ての第一段階となる護岸工事に着手した。普天間飛行場全面返還合意から21年、新基地建設問題は新たな局面を迎えた。  翁長雄志知事は「環境保全の重要性を無視した暴挙だ」と厳しく批判した。しかも政府の岩礁破壊許可の期限は切れている。政府は無許可で工事を強行したのだ...
in English
カテゴリー:

【沖縄】翁長知事「あらゆる手法を使って戦う」 辺野古移設工事開始に猛反発 - 04月25日(火)21:56 

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を名護市辺野古へ移設するため、政府は25日、埋め立て工事を始めた。 工事が進めば原状回復は難しくなり、沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事は「強行は許しがたい」と猛反発。 返還合意から21年。計画は迷走を重ねた末、地元の反対を押し切って工事に突入した。  辺野古の米軍キャンプ・シュワブの北側の浜辺では、午前9時20分ごろから大型クレーンが動きだし、 網に入った数十個の石を水際に沈めた。20分ほどの間に5個が置かれ、その後は投入は確認されなかった。  県は、...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「許し難い!環境保全を無視した暴挙だ!」沖縄の翁長知事、辺野古埋め立てに怒髪衝天 - 04月25日(火)21:03 

米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設の埋め立てで、政府の護岸工事着手を受け翁長雄志知事は25日午後、県庁で会見し 「事前協議を求めてきたが、防衛局が応じず護岸工事を強行したことは許し難い。サンゴ礁生態系を死滅に追いやる恐れがあり、環境保全の重要性を無視した暴挙だと断ぜざるを得ない」と厳しく政府を批判した。 県民から要望が高まる埋め立て承認の撤回については 「差し止め訴訟も撤回も慎重にあるいは大胆に進めていかなければならない。法的な観点からの検討は丁寧にやらなければならない」と述べ、時期は明言し...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

知事、護岸工事着手に「暴挙だ」 承認撤回は時期明言せず - 04月25日(火)15:30 

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設の埋め立てで、政府の護岸工事着手を受け翁長雄志知事は25日午後、県庁で会見し「事前協議を求めてきたが、防衛局が応じず護岸工事を強行したことは許し難い。サンゴ礁生態系を死滅に追いやる恐れがあり、環境保全の重要性を無視した暴挙だと断ぜざるを得ない」と厳しく政府を批...
in English
カテゴリー:

もっと見る

「翁長雄志」の画像

もっと見る

「翁長雄志」の動画

Wikipedia

翁長 雄志(おなが たけし、1950年10月2日 - )は、日本政治家。沖縄県知事(本土復帰後第7代)。

那覇市議会議員(2期)、沖縄県議会議員(2期)、沖縄県那覇市長(4期)などを歴任した。

父は元沖縄県真和志村長の翁長助静。兄は沖縄県副知事、沖縄県議会議員を務めた翁長助裕

略歴

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる