「翁長雄志」とは?

関連ニュース

財政効果、目標の1.4倍 歳入で大きく伸び 県16年度行革  - 05月23日(火)06:30 

 県は22日、県三役や部局長でつくる「行財政改革推進本部」(本部長・翁長雄志知事)を県庁で開き、第7次県行財政改革プランの3年度目となる2016年度の推進状況と17年度の実施計画を承認した。14~17年度の4年間にわたる第7次計画について、16年度までの3年を終えた時点の財政効果は、17年度の合...
カテゴリー:

沖縄・翁長知事:今も拡散「娘の留学、中国が便宜」のウソ - 05月22日(月)20:12 

いつ誰が…ネット空間で内容変遷、匿名の悪意が消えず  沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事が「娘を中国に留学させ、中国当局に便宜を図ってもらった」という事実無根のうわさに、長年苦しんでいる。いつ誰が言い始めたのか、政敵の流した「フェイクニュース」なのかは不明だが、うわさはネット空間で内容を変えながら拡散を続けている。「人のうわさも七十五日」は過去の話。匿名の悪意が消えることなく、当事者を悩ませ続けるネット社会の闇が浮かんだ。【大村健一】
カテゴリー:

【沖縄】翁長知事の次男、那覇市議選出馬へ「父の背を見て育ち、政治の道に進みたいと」 - 05月17日(水)14:28 

那覇市議選(定数40、7月2日告示、9日投開票)に、翁長雄志(おながたけし)・沖縄県知事の次男で元会社員の雄治(たけはる)氏(29)が立候補する。16日、朝日新聞の取材に答えた。当選した場合、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画に反対する「オール沖縄」陣営として活動する。 16日に市役所であった立候補予定者説明会に陣営関係者が出席。雄治氏は取材に「父の背中を見て育ち、政治の道に進みたいと考えていた。待機児童問題の解消など子育て世代支援を訴えていきたい」と話した。知事から打診さ...
»続きを読む
カテゴリー:

翁長知事の次男、那覇市議選出馬へ 「父の背を見て」 - 05月17日(水)05:05 

 那覇市議選(定数40、7月2日告示、9日投開票)に、翁長雄志(おながたけし)・沖縄県知事の次男で元会社員の雄治(たけはる)氏(29)が立候補する。16日、朝日新聞の取材に答えた。当選した場合、米軍普…
カテゴリー:

基地の存在、最大の阻害要因=本土復帰45年で-沖縄知事 - 05月15日(月)00:10 

 沖縄県の翁長雄志知事は15日、本土復帰45年を迎えたことを踏まえ、「広大な米軍基地の存在は沖縄の振興発展の最大の阻害要因だ」などとするコメントを発表した。 翁長知事は「県民は復帰により沖縄の基地負担が大幅に軽減されることを願っていたが、現在も在日米軍専用施設の70.6%が沖縄に集中する」と指摘。「復帰以降も基地から派生する事件や事故、環境問題などに苦しめられ続けた」と訴えた。 基地問題以外では、沖縄の経済はかつてないほど活況を見せていると評価する一方で、「非正規労働など雇用の質の問題や子どもの貧困問題など、解決すべき課題が山積している」と指摘。基地問題を含め、沖縄が抱えるさまざまな課題解決に向け、全力を挙げることを強調した。 【時事通信社】
カテゴリー:

【マスコミ】沖縄「第3の県紙」八重山日報 報道に新風 発刊から1カ月余で購読申し込み殺到…配達員確保に悲鳴★2 - 05月23日(火)04:05 

沖縄県石垣島を拠点とする日刊紙「八重山日報」が沖縄本島版の発行を始めて2カ月近くになる。 「反米」「反基地」「反自衛隊」路線を貫く「沖縄タイムス」「琉球新報」の2紙が君臨する沖縄にあって、「中立公正な報道の実現」を掲げる“第3の県紙”は硬直化する報道姿勢に風穴を開けた。 沖縄県に変革の胎動をもたらした同紙の挑戦は、蟷螂の斧ではない。 不沈巨艦に竹やりで向かうような戦いは、蓋を開ければ沖縄本島の人々に予想を超える歓迎と期待で迎えられた。  「新聞といえば2紙しか選択肢がなかった県民の多くが『魂の...
»続きを読む
カテゴリー:

【マスコミ】沖縄「第3の県紙」八重山日報 報道に新風 発刊から1カ月余で購読申し込み殺到…配達員確保に悲鳴 - 05月22日(月)16:38 

沖縄県石垣島を拠点とする日刊紙「八重山日報」が沖縄本島版の発行を始めて2カ月近くになる。 「反米」「反基地」「反自衛隊」路線を貫く「沖縄タイムス」「琉球新報」の2紙が君臨する沖縄にあって、「中立公正な報道の実現」を掲げる“第3の県紙”は硬直化する報道姿勢に風穴を開けた。 沖縄県に変革の胎動をもたらした同紙の挑戦は、蟷螂の斧ではない。 不沈巨艦に竹やりで向かうような戦いは、蓋を開ければ沖縄本島の人々に予想を超える歓迎と期待で迎えられた。  「新聞といえば2紙しか選択肢がなかった県民の多くが『魂の...
»続きを読む
カテゴリー:

辺野古、27日県民集会 新基地阻止へ闘争強化 - 05月17日(水)11:07 

 辺野古に新基地を造らせないオール沖縄会議は27日午前11時から、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で「辺野古新基地建設阻止!『K9護岸工事』を止めろ!環境破壊を許さない県民集会」を開催する。2千人以上の参集を目指す。今回は翁長雄志知事に出席は求めない。  4月29日も、新基地建設反...
カテゴリー:

沖縄、本土復帰から45年 知事「基地が発展を阻害」 - 05月15日(月)00:16 

沖縄県は15日、本土復帰から45年を迎えた。翁長雄志知事はコメントを発表し「復帰以降も米軍基地から派生する事件・事...
カテゴリー:

基地の重圧変わらず=大型米軍車両、通学路に-住民無視、訓練強行・沖縄復帰45年 - 05月14日(日)16:14 

 沖縄県は15日で1972年の本土復帰から45年。国土面積の0.6%の沖縄に米軍専用施設の70%が集中する実態は変わらない。国は沖縄の負担軽減を強調するが、新型輸送機オスプレイ配備や普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事が強行され、住民は基地と共存する生活を強いられている。 本島を縦貫する沖縄の大動脈国道58号。基地の存在を実感する光景の一つが、58号沿いに延々と続く基地のフェンスと、一般車に混じって走る米軍の大型車両だ。 今年4月19日朝、嘉手納町の町立嘉手納小学校正門前の道路で米軍大型トラックが立ち往生した。通学路に誤進入したのが原因で、当時児童数人が既に登校していた。町教委は「大型車両は迂回(うかい)することで日米が合意しているのに守られていない。学校の安全面から心配だ」と話す。 同町では約4年前にも海兵隊の大型バスが同小学校敷地内に進入。方向転換する際、花壇や水道の蛇口などを壊す事故を起こしている。 嘉手納町、沖縄市、北谷町にまたがる嘉手納基地上空では、住民が事故を懸念するパラシュート降下訓練が4月から繰り返されている。復帰前の65年に読谷村では、パラシュートを取り付けた米軍のトレーラーが民家の庭先に落下し、小学生の女児が亡くなる悲惨な事故があった。 降下訓練は原則、伊江島補助飛行場を使用することで日米は合意したが、米軍は「例外的措置」として嘉手納上空で強行。今...more
カテゴリー:

もっと見る

「翁長雄志」の画像

もっと見る

「翁長雄志」の動画

Wikipedia

翁長 雄志(おなが たけし、1950年10月2日 - )は、日本政治家。沖縄県知事(本土復帰後第7代)。

那覇市議会議員(2期)、沖縄県議会議員(2期)、沖縄県那覇市長(4期)などを歴任した。

父は元沖縄県真和志村長の翁長助静。兄は沖縄県副知事、沖縄県議会議員を務めた翁長助裕

略歴

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる