「羽田圭介」とは?

関連ニュース

ハーバード大で喝采を浴びた日本史講師・北川智子さんに密着 - 04月25日(火)05:00 

 4月スタートの関西テレビ・フジテレビ系新番組『7RULES(セブンルール)』(毎週火曜 後11:00~11:30)の第2回が25日に放送される。さまざまな分野でキャリアを輝かせている女性たちに密着取材し、意識・無意識に関わらず、その人が「いつもしている7つのこと」=「セブンルール」から、充実した人生を送るヒントを浮き彫りにするドキュメンタリー番組。今回は、29歳でハーバード大学の教壇に立ち、“Lady Samurai”という日本史の講義を行なって喝采を浴びた歴史学者・北川智子さん(37)が登場する。 【写真】スタジオキャストの4人  現在はカリフォルニア大学バークレー校で客員研究員をしている彼女のもとを訪ねると、なぜかホワイトボードに書かれた数式を見てしきりに「美しい!」と感激している。実は彼女の経歴は少し変わっていて、もともとは理系女子。カナダの大学で数学を専攻していたが、世界最高峰のハーバードの授業を一度受けてみたいとサマースクールに申込み、“The Samurai”という日本史の講義を受けたことがきっかけで、歴史の面白さに目覚めた。その後、これまでなかった女性の視点から見た日本史を研究して再構築し、数年後には憧れのハーバード大学で講義を行なうまでになった。  カメラはそんな彼女の息抜きや休日にも密着。動物好きだったり、洋服や髪形に迷ったりするなど女性らしい一面も覗かせ...more
in English
カテゴリー:

羽田圭介「沖縄国際映画祭」特別上映作品舞台あいさつに緊急参戦 - 04月20日(木)11:31 

4月20日(木)から4月23日(日)まで開催される「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」で、“特別上映作品”として上映される「ワレワレハワラワレタイ うけたら、うれしい。それだけや。」の舞台あいさつに、芥川賞受賞作家の羽田圭介が登壇することが決定した。 【写真を見る】「バス旅」では蛭子&太川の後を継いだ羽田圭介 「ワレワレハワラワレタイ―」は、木村祐一が笑福亭仁鶴から気鋭の若手まで107組の芸人にインタビューするドキュメンタリー作品。 人気芸人たちが、普段はほとんど明かすことのない、“芸人という人生”に対する葛藤やプライドをありのままに語っている。 2012年に100周年を迎えた吉本興業が、次の100年へと受け継ぐべくスタートさせたプロジェクトの第一弾だ。 ■「ワレワレハワラワレタイ うけたら、うれしい。それだけや。笑福亭仁鶴/ガレッジセール/スリムクラブ編」4月21日(金)夜7時40分:沖縄花月…登壇者=ペナルティ、野性爆弾、たかし(トレンディエンジェル)、横澤夏子、木村祐一 ■「ワレワレハワラワレタイ うけたら、うれしい。それだけや。今田耕司/東野幸治/ピース/オリエンタルラジオ編」4月22日(土)夜6時40分:沖縄花月…登壇者=板尾創路、レイザーラモンRG、椿鬼奴、NON STYLE、木村祐一、羽田圭介 ■「ワレワレハワラワレタイ うけたら、うれしい。それだけや。ザ・...more
in English
カテゴリー:

【芸能】稲垣吾郎がプライベートでお花見会を開いている“超意外”なメンバーとは? - 04月09日(日)10:20 

東京は今、お花見日和。週末ともなれば、都内の有名花見スポットは人でごった返している。 そんな中には、意外な有名人が紛れ込んでいてもおかしくない。 「稲垣吾郎さんがいるかもしれません」というのは、テレビ誌の取材記者だ。どういうことか。 「昨春、稲垣を中心としたお花見オフ会が、中目黒にある、満開の桜が窓一面に広がるお店で開かれています。 芥川賞作家の羽田圭介さん、柴崎友香さん、直木賞作家の朝井リョウさん、桜庭一樹さんらが参加。稲垣が司会を務める『ゴロウ・デラックス』(TBS系)のロケを兼ねたものでし...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【テレビ】新コンビ!田中要次&羽田圭介氏でテレ東 路線バス旅 ★2 - 03月20日(月)20:10 

新コンビ!田中要次&羽田圭介氏でテレ東路線バス旅  テレビ東京系人気番組の新シリーズ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」に田中要次(53)芥川賞作家の羽田圭介氏(31)の新コンビが出演することが17日、発表された。前シリーズは太川陽介(58)蛭子能収(69)のコンビで人気番組となったが、2人は今年正月に卒業した。新コンビは昨年11月の特別編に出演していたが、今月25日放送の新シリーズ初回からあらためてレギュラー出演する。  初回はIMALU(27)をゲストに招いて静岡・下田港から愛知・師崎港ま...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

RG、そっくりと話題の羽田圭介氏と2ショット 木村祐一びっくり「似すぎや」 - 04月22日(土)21:20 

 レイザーラモンRGが22日、沖縄・那覇を中心に開催されている『島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭』で行われた『ワレワレハワラワレタイ ウケたら、うれしい。それだけや。今田耕司/東野幸治/ピース/オリエンタルラジオ編』の舞台あいさつに出席。特別ゲストとして登場した芥川賞作家・羽田圭介氏の物まねをしながら本人と一緒に入場し、会場を沸かせた。 【別アングルも】羽田圭介氏にヘアスタイルも寄せたレイザーラモンRG  これまでにも羽田氏の物まねを披露してきたRGだが、本人の真横に立つと、同席した木村祐一が「似すぎや。楽屋に入った瞬間びっくりした」と言うほどそっくり。人気芸人たちの葛藤やプライドに迫る同作を鑑賞した羽田氏が「人間関係のなかで成長していくということが、小説家には全くないことなので憧れました」と感想を伝えると、羽田氏の書籍『成功者K』(河出書房新社)を持ったRGだけは「芸人が共感できる内容」と宣伝トークを展開して笑わせた。  同作は、2012年に創業100周年を迎えた吉本興業が、次の100年へと受け継ぐべくスタートさせたドキュメンタリー・プロジェクトの第1弾。木村がインタビュアーとして芸人107組にインタビューを敢行し、その模様を公開している。 【関連記事】 レイザーラモンRG、トランプ新大統領モノマネで「あるある」披露 (16年11月10日) 椿鬼奴、夫の借金額...more
in English
カテゴリー:

【今週はこれを読め! エンタメ編】心を温めてくれる短編集〜川上弘美『ぼくの死体をよろしくたのむ』 - 04月19日(水)21:01 

 ある時期、川上弘美さんの本だけを読み続けていたことがある。最初に読んだのは確か、『センセイの鞄』(中公文庫)だった。続けて読んだのが、デビュー作にして第1回パスカル短篇文学新人賞受賞作である『神様』。これにドハマりし、その当時出版されていた川上作品を読破するに至ったのだ。ちなみにパスカル短篇文学新人賞とは、ASAHIネット主催の文学賞で現在はもうなくなっている。応募から選考に至るすべてをパソコン通信でやりとりし公開するという試みであったそうで、確か長嶋有氏が川上さんが受賞されたときのことを熱く語っておられた記憶がある。  本書を読んで、久しぶりに『神様』を読んだときのことを思い出した。『神様』は特に大きな事件が起こるような短編ではない。同じアパートに引っ越してきたくまと(いや、冷静に考えたら近所に熊が越してくるのは大大大事件だが)、川べりに出かけるという物話である。読み終えたときにわき上がった感動はちょっと忘れられない。いったいこのシンプルなストーリーのどこにそれほど心を動かされたのか、そのときもよくわからなかったし、実はいまでも同様である。でも、『神様』は確かに胸に響いたし、その記憶はいまでも私の心を温め続けている。あまり"どうしてかわからないけど好き(嫌い)"とは言いたくないのだが(できる限り言葉で説明したい)、『神様』は自分にとって特別な作品なのだ。  本書に収められて...more
in English
カテゴリー:

路線バス、タクシー降りる時に「ありがとう」って言える人は人間出来てる - 03月21日(火)11:31 

[映画.com ニュース] テレビ東京系の人気旅番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の 新シリーズ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」の始動が発表され、 俳優・田中要次と芥川賞作家の羽田圭介氏が、第25弾の放送を もって卒業した太川陽介&蛭子能収に代わる、新たな“旅人”に 抜てきされた。なお太川は、ナレーションとして新シリーズにも参加する。 http://eiga.com/news/20170321/10/ ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【テレビ】新コンビ!田中要次&羽田圭介氏でテレ東 路線バス旅 - 03月18日(土)08:20 

新コンビ!田中要次&羽田圭介氏でテレ東路線バス旅  テレビ東京系人気番組の新シリーズ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」に田中要次(53)芥川賞作家の羽田圭介氏(31)の新コンビが出演することが17日、発表された。前シリーズは太川陽介(58)蛭子能収(69)のコンビで人気番組となったが、2人は今年正月に卒業した。新コンビは昨年11月の特別編に出演していたが、今月25日放送の新シリーズ初回からあらためてレギュラー出演する。  初回はIMALU(27)をゲストに招いて静岡・下田港から愛知・師崎港ま...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「羽田圭介」の画像

もっと見る

「羽田圭介」の動画

Wikipedia

羽田 圭介(はだ けいすけ、1985年10月19日 - )は日本小説家東京都生まれ、埼玉県北葛飾郡松伏町育ち。明治大学商学部卒業。

経歴

東京都に生まれる。幼少時に車に轢かれるが奇跡的に助かるという経験を持つ。高校時代は毎日放課後に40km、自転車で走りトレーニングをしていた。将来の夢として実業団選手を目指していた。自転車で北海道まで走破したこともあるというダ・ヴィンチ2004年12月号より。

明治大学付属明治高等学校在学中の2003年、高校生と中学生の兄弟が憎み合い、「家庭内ストーキング」を繰り返すさまを独特の表現で描いた「黒冷水」で第40回文藝賞を受賞。17歳での受賞は当時3人目で、最年少。応募する際、締切日ぎりぎりで投函した。

2006年受賞第一作「不思議の国のペニス」を文藝に発表。2008年同誌に「走ル」を発表、今後は社会人生活...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる