「羽田圭介」とは?

関連ニュース

結局2人で旅している 太川陽介&蛭子能収コンビは不滅? - 03月25日(土)21:00 

 テレビ東京『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』でコンビを組んだ太川陽介と蛭子能が、同局の別の旅番組で今年2度目の共演。4月1日放送の『いい旅・夢気分スペシャル』(後6:30)で今度は春の房総半島を巡る。 ここでも路線バスに乗っている太川と蛭子  今年1月2日に放送された『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』は第25弾をもって終了。コンビ解消かと思いきや、1月28日放送の『いい旅・夢気分スペシャル』で再共演。神奈川・箱根~静岡・伊豆で温泉三昧の旅を楽しんだ。  今回は、2013年に「路線バスの旅」で、山形県の米沢から青森県の大間崎を目指して一緒に旅をした、マドンナ・さとう珠緒が飛び入り参加し、房総半島へ。内房総の姉ヶ崎を出発して、バスで五井駅へ。さらにローカル線の小湊鐵道に乗り換えて終点を目指す。道中、3人はかつての路線バス旅を振り返りながら、花摘みやイチゴ狩りなどを満喫する。  そのほか、「東京箱根間往復大学駅伝競走」で3連覇中の青山学院大学陸上部・原晋監督が、妻への感謝と慰労の気持ちを込めて、夫婦水入らずで春の箱根路の旅へ。小田原城からスタートし、箱根湯本から路線バスで向かったのは、駅伝で馴染みの深いルート。そして、強羅に昨年12月にオープンした宿で旬の料理に舌鼓を打つ。翌日は、大涌谷を観光し、遊覧船で芦ノ湖へ。湖畔でこの春おススメのスイーツを楽しみながら、旅を振り返る。  遼...more
in English
カテゴリー:

爆笑・太田、5年間で「10kgくらい太りました」原因は… - 03月22日(水)05:00 

爆笑問題(太田光、田中裕二)がMCを務める、雑学ブームを作った伝説の番組『雑学王』(テレビ朝日系列)が、5年の時を経て復活。4月3日(月)の19時から3時間SP『芸能人雑学王最強No.1決定戦2017 5年ぶり大復活SP』と題して放送されるが、この収録の合間に行われた囲み会見で太田は、この5年で「10kgくらい太った」と告白し、意外な理由についても言及した。2007年10月に23時台のネオバラ枠でレギュラー放送を開始し、翌年1月にはゴールデンタイムへ昇格。爆笑問題の司会のもと、芸能人たちが雑学クイズに挑む番組『今すぐ使える豆知識 クイズ雑学王』は、視聴者の知識欲をくすぐり続け、世の中に“雑学ブーム”を巻き起こした。その後、2012年9月まで続いた『雑学王』シリーズが、ふたたび爆笑問題をMCに迎え、約5年ぶりに復活する。久々の『雑学王』に、田中は「レギュラー放送の頃から、すごく楽しんでやっていたんです。僕はもともとクイズが大好きなんですよ。だから、打ち合わせのときも答えを見ないで、正解を考えちゃうくらいで」とコメントすると、すかさず太田が「それで打ち合わせの時間が延びて、大変なんですよ(笑)!」と。しかし、太田も「僕もすごく楽しみでした」と語っており、「なにせ『雑学王』は生きがいでしたから! だから、この5年間は抜け殻のような生活を送ってたんですよ」とジョークを飛ばすと、今度は田中か...more
in English
カテゴリー:

路線バス、タクシー降りる時に「ありがとう」って言える人は人間出来てる - 03月21日(火)11:31 

[映画.com ニュース] テレビ東京系の人気旅番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の 新シリーズ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」の始動が発表され、 俳優・田中要次と芥川賞作家の羽田圭介氏が、第25弾の放送を もって卒業した太川陽介&蛭子能収に代わる、新たな“旅人”に 抜てきされた。なお太川は、ナレーションとして新シリーズにも参加する。 http://eiga.com/news/20170321/10/ ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

テレ東「ローカル路線バス」新コンビに田中要次&羽田圭介! - 03月21日(火)10:00 

 テレビ東京系の人気旅番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の新シリーズ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」の始動が発表され、俳優・田中要次と芥川賞作家の羽田圭介氏が、第25弾の放送をもって卒業した太川陽介&蛭子能収に代わる、新たな“旅人”に抜てきされた。なお太川は、ナレーションとして新シリーズにも参加する。  「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」は、2007年10月にスタートした旅バラエティ番組で、2人の旅人が、各回のマドンナとともに路線バスを乗り継ぎ、3泊4日の日程内に目的地への到着を目指す。前シリーズでは、太川と蛭子の凸凹コンビが繰り広げるかけ合いが人気を博した。田中&羽田の新コンビによる最初の旅は、マドンナにIMALUを迎え、静岡・伊豆半島の下田港から愛知・知多半島の師崎港までの旅を追う。  田中&羽田コンビは、昨年11月に放送された特別編で本シリーズに初参加し、見事目的地へのゴールを果たした。そんな経験を経て、新コンビに抜てきされた田中は「太川さんと蛭子さんの最後の旅を見て、これは本当に大変な役目なのだという事を思い知らされました。先人への思い入れが強い視聴者の方々も多いと思われますが、僕と羽田くんの新たなコンビネーションも続いて楽しんで頂けたらと願うばかりです」と“先輩コンビ”の人気の高さを痛感している様子だ。  一方、羽田氏も「テレビ東京の看板番組に自分が出ていいのか?...more
in English
カテゴリー:

『路線バスの旅』新コンビ決定!太川陽介もナレーションで参加 - 03月19日(日)06:00 

テレビ東京の人気番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』が、この春リニューアル。太川陽介&蛭子能収の後任として、俳優の田中要次&芥川賞作家の羽田圭介が新たな旅人となることが決定した。2007年よりスタートし、10年目となる今年の正月に放送された第25弾をもって、これまで旅を続けてきた太川&蛭子が卒業。そしてこの度、新たなメンバーを迎え、新シリーズ『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』としてリニューアル。新旅人となる田中と羽田は、昨年11 月の特別編で初挑戦し、見事ゴールを果たしたコンビ。新シリーズになっても“台本なし! 仕込みなし! アポなし!”というルールは変わらず、毎回マドンナ(女性ゲスト)を迎えて3泊4 日のガチンコ旅を繰り広げる。新シリーズの初回放送は、3月25日(土)。静岡県伊豆半島下田港をスタートし、愛知県知多半島の先端・師崎港を目指す。さらに今回、『バス旅』の先輩・太川が番組ナレーションとして参戦。おなじみキートン山田と共に、新シリーズを盛り上げる。このほど、旅を終えたばかりの 2 人と、今回のマドンナ・IMALUからコメントが到着。以下にて紹介する。<田中&羽田>――新シリーズ出演決定への意気込み田中:太川さんと蛭子さんの最後の旅を観て、これは本当に大変な役目なのだという事を思い知らされました。先人への思い入れが強い視聴者の方々も多いと思われますが、僕と羽田君の新たなコンビ...more
in English
カテゴリー:

テレ朝『雑学王』5年ぶり復活 ピコ太郎にからむ雑学とは? - 03月22日(水)06:17 

 爆笑問題(太田光、田中裕二)の司会のもと、芸能人たちが雑学クイズに挑むテレビ朝日の番組『今すぐ使える豆知識 クイズ雑学王』が、約5年ぶりに復活。4月3日に『芸能人雑学王最強No.1決定戦2017 5年ぶり大復活SP』(後7:00~9:48)が同局系で放送される。 ゲストのピコ太郎と大はしゃぎの太田光  2007年10月より午後11時台でレギュラー放送を開始し、翌年1月にはゴールデンタイムへ昇格。世の中に“雑学ブーム”を巻き起こし、12年9月まで続いた「雑学王」シリーズ。実は、いまをときめくピコ太郎のプロデューサー・古坂大魔王が、“伸び悩み芸人“扱いで同番組に多数出演していたという“雑学”もある。  今回、太田が仕切る敗者復活戦のコーナーに、ピコ太郎がゲスト出演。古坂を通して深いつながりを持つピコ太郎を迎えた太田は大喜びで、一緒に「PPAP」を歌いながらダンスも披露。さらに、大はしゃぎでボケまくっては、次々とピコ太郎の手厳しいツッコミで制され、太田がピコ太郎に「2人で営業に回ろう!」と提案する一幕も。  太田は「なにせ『雑学王』は生きがいでしたから! だから、この5年間は抜け殻のような生活を送ってたんですよ」と口から出まかせを言いつつ、「ぜひレギュラーで、半年に1回のペースでもいいから、復活してほしい」というのは、本音か。  田中は、この5年間に「僕はガラリと生活が変わり...more
in English
カテゴリー:

爆笑・太田、5年間で「10kgくらい太りました」原因は… - 03月22日(水)01:31 

爆笑問題(太田光、田中裕二)がMCを務める、雑学ブームを作った伝説の番組『雑学王』(テレビ朝日系列)が、5年の時を経て復活。4月3日(月)の19時から3時間SP『芸能人雑学王最強No.1決定戦2017 5年ぶり大復活SP』と題して放送されるが、この収録の合間に行われた囲み会見で太田は、この5年で「10kgくらい太った」と告白し、意外な理由についても言及した。2007年10月に23時台のネオバラ枠でレギュラー放送を開始し、翌年1月にはゴールデンタイムへ昇格。爆笑問題の司会のもと、芸能人たちが雑学クイズに挑む番組『今すぐ使える豆知識 クイズ雑学王』は、視聴者の知識欲をくすぐり続け、世の中に“雑学ブーム”を巻き起こした。その後、2012年9月まで続いた『雑学王』シリーズが、ふたたび爆笑問題をMCに迎え、約5年ぶりに復活する。久々の『雑学王』に、田中は「レギュラー放送の頃から、すごく楽しんでやっていたんです。僕はもともとクイズが大好きなんですよ。だから、打ち合わせのときも答えを見ないで、正解を考えちゃうくらいで」とコメントすると、すかさず太田が「それで打ち合わせの時間が延びて、大変なんですよ(笑)!」と。しかし、太田も「僕もすごく楽しみでした」と語っており、「なにせ『雑学王』は生きがいでしたから! だから、この5年間は抜け殻のような生活を送ってたんですよ」とジョークを飛ばすと、今度は田中か...more
in English
カテゴリー:

テレ東「ローカル路線バス」新コンビに田中要次&羽田圭介! - 03月21日(火)10:00 

テレビ東京系の人気旅番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の新シリーズ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」の始動が発表され、俳優・田中要次と芥川賞作家の羽田圭介氏が、第25弾の放送をもって卒業した太...
in English
カテゴリー:

【テレビ】新コンビ!田中要次&羽田圭介氏でテレ東 路線バス旅 ★2 - 03月20日(月)20:10 

新コンビ!田中要次&羽田圭介氏でテレ東路線バス旅  テレビ東京系人気番組の新シリーズ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」に田中要次(53)芥川賞作家の羽田圭介氏(31)の新コンビが出演することが17日、発表された。前シリーズは太川陽介(58)蛭子能収(69)のコンビで人気番組となったが、2人は今年正月に卒業した。新コンビは昨年11月の特別編に出演していたが、今月25日放送の新シリーズ初回からあらためてレギュラー出演する。  初回はIMALU(27)をゲストに招いて静岡・下田港から愛知・師崎港ま...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

『路線バス旅』田中要次&羽田圭介コンビでリニューアル 太川陽介は声で参加 - 03月18日(土)12:59 

 今年1月の放送で俳優の太川陽介(58)と漫画家の蛭子能収(69)のコンビが卒業したテレビ東京系『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』が、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』とタイトルをリニューアルして今月25日(後6:30~)に放送される。新たな旅人は、俳優の田中要次(53)と芥川賞作家の羽田圭介氏(31)コンビで、マドンナはIMALU(27)が務める。 【写真】仲良く肩を組む“先輩コンビ”太川&蛭子  新旅人の2人は、昨年11月に放送された特別編に出演し、初めての乗り継ぎ旅ながら見事にゴールした実績を持つ。今回のコースは、静岡県伊豆半島下田港をスタートし、愛知県知多半島の先端・師崎港を3泊4日で目指す。  田中は「太川さんと蛭子さんの最後の旅を観て、これは本当に大変な役目なのだという事を思い知らされました。先人への思い入れが強い視聴者の方々も多いと思われますが、僕と羽田君の新たなコンビネーションも続いて楽しんで頂けたらと願うばかりです」と意気込み。  羽田氏も「太川さん・蛭子さんたちから引き継ぐだとか、レギュラーになるというような実感はない。今回がダメだったら、次はない。一回一回の連続に過ぎない。だから、続けたいのであれば、良い旅になるよう、努力しなければならない。事後的に見て、長く続いていれば、御の字なのかもしれない」と気合を入れている。  なお、これまで番組を大いに盛り上...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「羽田圭介」の画像

もっと見る

「羽田圭介」の動画

Wikipedia

羽田 圭介(はだ けいすけ、1985年10月19日 - )は日本小説家東京都生まれ、埼玉県北葛飾郡松伏町育ち。明治大学商学部卒業。

経歴

東京都に生まれる。幼少時に車に轢かれるが奇跡的に助かるという経験を持つ。高校時代は毎日放課後に40km、自転車で走りトレーニングをしていた。将来の夢として実業団選手を目指していた。自転車で北海道まで走破したこともあるというダ・ヴィンチ2004年12月号より。

明治大学付属明治高等学校在学中の2003年、高校生と中学生の兄弟が憎み合い、「家庭内ストーキング」を繰り返すさまを独特の表現で描いた「黒冷水」で第40回文藝賞を受賞。17歳での受賞は当時3人目で、最年少。応募する際、締切日ぎりぎりで投函した。

2006年受賞第一作「不思議の国のペニス」を文藝に発表。2008年同誌に「走ル」を発表、今後は社会人生活...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる