「羽海野チカ」とは?

関連ニュース

YUKI15周年ツアーグッズ公開、超豪華パンフレットや羽海野チカ描き下ろしのロゴグッズも - 04月25日(火)11:55 

4月29日より、ソロデビュー15周年記念ツアー「YUKI concert tour“Blink Blink”2017」を、広島グリーンアリーナを皮切りにスタートさせるYUKIが、そのツアーグッズの全貌を公開した。アイスランドの大自然の中で撮影した写真や、28編のYUKI本人による書き下ろしエッセイが入った、全280ページの大ボリュームのツアーパンフレット「UNDER THE BED」が発売される他、アートユニット・Sleepとのコラボグッズも発売される。また、マンガ家の羽海野チカが描き下ろした15周年記念ロゴが配置されたミラーや、YUKIの実際の目元の写真を使用した「YUKIなりきりアイマスク」等、細部にまでデザインにこだわったグッズが準備されている。これらのグッズは、全国8ヶ所13公演の15周年記念ツアーの各会場にて販売される。販売開始時間などの詳細は、YUKI公式サイト“YUKIweb”にて発表される。ライブ情報YUKI concert tour“Blink Blink”20174月29日(土・祝)広島グリーンアリーナ5月13日(土)マリンメッセ福岡5月14日(日)マリンメッセ福岡5月20日(土)宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)6月7日(水)日本ガイシホール6月8日(木)日本ガイシホール6月24日(土)朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター7月1日(土)...more
in English
カテゴリー:

【国内映画ランキング】「美女と野獣」が「アナ雪」超えるスタートでV、「3月のライオン 後編」は4位 - 04月24日(月)19:00 

 4月22~23日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。ゴールデンウィーク作品が続々と公開され、新作4本がランクインし、ディズニーアニメの名作をエマ・ワトソン主演で実写映画化した「美女と野獣」が堂々首位を獲得。4月21日から全国773スクリーンで公開され、土日2日間で動員72万9114人、興収10億6536万2800円を稼ぎ出した。21日からの3日間では動員95万1214人、興収13億7876万5600円の成績。最終興収255億円を記録した「アナと雪の女王」のオープニング(3日間で興収9億8640万5300円)を超え、100億円突破も期待される大ヒットスタートを切った。  新作では他に、羽海野チカの大ヒットコミックを、大友啓史監督、神木隆之介主演で実写映画化した2部作の「3月のライオン 後編」が4位に初登場。全国295スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員9万6000人、興収1億2800万円を記録した。これは3月18日から公開された「3月のライオン 前編」の興収比88.6%の成績。まずは7億円が当面の目標となりそうな出足となった。  7位には、マーク・ウォールバーグ主演の体感型ディザスター・スペクタクル「バーニング・オーシャン」がランクイン。おおじこうじの小説「ハイ☆スピード!」を原案にしたテレビアニメを映画化した「劇場版 Free! T...more
in English
カテゴリー:

『3月のライオン』の高橋一生と大友監督が語るプロとしての定義 - 04月23日(日)10:00 

羽海野チカの人気コミックを実写映画化した『3月のライオン』(前編公開中、後編は4月22日公開)で、神木隆之介演じる棋士・桐山零を応援する教師・林田高志先生役を演じた高橋一生。メガホンをとったのは『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督だ。将棋...続きを読む
in English
カテゴリー:

神木隆之介主演「3月のライオン」上海映画祭出品決定!史上初2部作2夜連続上映へ - 04月22日(土)14:35 

 羽海野チカ氏による将棋を題材にした大ヒットコミックを実写映画化した「3月のライオン 後編」が4月22日、全国295スクリーンで封切られ、主演の神木隆之介をはじめ共演の有村架純、倉科カナ、清原果耶、前田吟、加瀬亮、伊勢谷友介、メガホンをとった大友啓史監督が東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズでの舞台挨拶に立った。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  この日は、「3月のライオン」2部作が第20回上海国際映画祭のパノラマ部門に出品されることが発表された。祝福の拍手が場内を包むなか、主人公・桐山零役の神木は「おお、すごい!」と手を叩いて大喜び。続けて世界映画祭史上初となる、2部作・2夜連続プレミア上映が行われると聞くと「史上初、響きが良いっすね! 嬉しいですし、幸せなことです」と目を細めていた。  上海国際映画祭はアジア圏最大規模の祭典で、6月17日から開幕。大友監督は「中国は年に公開できる外国映画の数が決まっているから、映画祭での上映は皆さん大熱狂してくれるんです。神木くんの人気もすごくあるし、できれば現地へ行ってリアクションをご報告したい」と語った。  また、ついに完結を迎えたことに、神木は「3月に前編を公開し、今日、後編を公開できました。皆さんのおかげです、感謝の気持ちでいっぱいです」と感激の面持ちで挨拶。大友監督も「それぞれのスタッフがディティールをすごく丁寧に...more
in English
カテゴリー:

神木隆之介、史上初のサプライズ発表にびっくり!ダッフルコートの秘密も明かす - 04月22日(土)13:21 

羽海野チカのベストセラーコミックを実写映画化した『3月のライオン 後編』の初日舞台挨拶が4月22日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、神木隆之介、有村架純、倉科カナ、清原果耶、加瀬亮、伊勢谷友介、前田吟、大友啓史監督が登壇。第20回上海国際映画祭での二部作の正式出品がサプライズ発表され、神木が「幸せです」と感激の表情を見せた。 【写真を見る】有村架純、足元ブラックのシースルーがセクシー!美脚披露で会場を魅了 本作は、孤独な青年棋士・零(神木)が、数々の対局や近所に住む三姉妹との出会いを通して、愛を知り、成長していく姿を描く人間ドラマ。 世界12大映画祭のひとつに数えられる上海国際映画祭。その20回の記念イヤー(6月17日から開催)に、前・後編のW正式出品が決定した。ステージでは初日を祝う鏡開きを実施。鏡開きをした樽のなかには「上海決定!!」と書かれた紙が入っており、まったく報を知らされていなかった神木は「おお!何これ!?上海決定!?」と目を丸くした。 司会が「上海国際映画祭に正式出品が決定しました!」と声を上げると、神木は「すごい!」と感激の面持ち。二部作を二夜連続でプレミア上映するというのは、史上初のこと。神木は「うれしいです。たくさんの方に観ていただきたい。“史上初”って響き、いいですね。本当に幸せなこと。感謝です」と喜びを噛み締めていた。 前・後編が公開となり、キャスト...more
in English
カテゴリー:

【国内映画ランキング】「美女と野獣」が「アナ雪」超えるスタートでV、「3月のライオン 後編」は4位 - 04月24日(月)21:25 

2017年4月24日 19:00 [映画.com ニュース] 4月22~23日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。ゴールデンウィーク作品が続々と公開され、新作4本がランクインし、ディズニーアニメの名作をエマ・ワトソン主演で実写映画化した「美女と野獣」が堂々首位を獲得。 4月21日から全国773スクリーンで公開され、土日2日間で動員72万9114人、興収10億6536万2800円を稼ぎ出した。21日からの3日間では動員95万1214人、興収13億7876万5600円の成績。 最終興収255億円を記録した「アナと雪の女王」のオープ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

『3月のライオン』の高橋一生と大友監督が語るプロとしての定義 - 04月23日(日)10:00 

羽海野チカの人気コミックを実写映画化した『3月のライオン』(前編公開中、後編は4月22日公開)で、神木隆之介演じる棋士・桐山零を応援する教師・林田高志先生役を演じた高橋一生。 【写真を見る】高橋一生と神木隆之介のほのぼのとした屋上のシーン/[c]2017 映画「3月のライオン」製作委員会 メガホンをとったのは『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督だ。将棋の世界に魅了されたという2人にインタビューすると、“プロフェッショナル”にまつわる骨太な論議が繰り広げられた。 『3月のライオン』は、孤独な青年棋士・桐山零(神木隆之介)が明るく前向きに生きる川本家の3姉妹と出会い、将棋を通して成長していく姿を描く感動作。将棋の試合のシーンでは息詰まるような熱戦が繰り広げられる。 何かを極めることの大変さややりがいについて2人に尋ねると、大友監督は野球少年だった中学時代の経験を語ってくれた。 「僕は甲子園を目指していた野球少年でしたが、膝を悪くして野球ができなくなり、そこからグレました(苦笑)。高校で悪いことをして停学もくらいましたし、野球という目的がなくなると長距離も走れなくなりました。でも何かに打ち込み、たとえそれが実現したとしても、その夢は限りがあるところでのゴールなんです。でも本当に大事なのはそこから先。夢を叶えてからの後始末の方が大変で、ドラマとしてはそちらの方に興味をそそられました」。 ...more
in English
カテゴリー:

神木隆之介、慣れない鏡開きにソワソワ 悪ノリする伊勢谷友介と内輪もめ? - 04月22日(土)15:52 

 映画『3月のライオン』【後編】公開初日舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、出演者の神木隆之介、有村架純、倉科カナ、清原果耶、加瀬亮、伊勢谷友介、前田吟と大友啓史監督が出席した。 羽海野チカ氏による同名ベストセラーコミックを実写映画化したこの映画の後編では、17歳の将棋のプロ棋士・桐山零(神木)が彼をめぐる人々によって愛することを知り、大切な人たちを守るため強くなっていく姿を描く。 ヒット祈願の鏡開きを行う場面では、大きな酒樽を前に、主演の神木が「僕はあまりやったことがないのですが、どれぐらいの力でたたけばいいのかな…?」と不安げな表情を見せる一幕も。司会が「“そこそこ”で大丈夫」と説明するも、伊勢谷はノリノリで小づちを大きく振り上げ、神木から「思いっ切りやっちゃダメだって。ポンで開くって言ってるから」とたしなめられた。それでも伊勢谷は「ダメとは言ってないよね。(報道陣には)衝撃シーンを撮っていただきたい」とニヤリ。「俺はいやですよ」と口を尖らせる神木に、伊勢谷は「いいじゃん、どうせ衣装なんだから」と軽口をたたき、会場の笑いを誘った。 いざ、神木の「せーの!」という掛け声で樽を無事に開くと、中には封筒が収められており、その中には「上海決定!」の文字が。ここで、司会から6月17日から開幕する上海国際映画祭に、この『3月のライオン』【前編】【後編】が正式出品されることが登壇者に伝え...more
in English
カテゴリー:

神木隆之介主演「3月のライオン」上海映画祭出品決定!史上初2部作2夜連続上映へ - 04月22日(土)14:35 

羽海野チカ氏による将棋を題材にした大ヒットコミックを実写映画化した「3月のライオン 後編」が4月22日、全国295スクリーンで封切られ、主演の神木隆之介をはじめ共演の有村架純、倉科カナ、清原果耶...
in English
カテゴリー:

神木隆之介、“史上初”のサプライズ発表にびっくり!ダッフルコートの秘密も明かす - 04月22日(土)13:21 

羽海野チカのベストセラーコミックを実写映画化した『3月のライオン 後編』の初日舞台挨拶が4月22日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、神木隆之介、有村架純、倉科カナ、清原果耶、加瀬亮、伊勢谷友介、前田吟、大友啓史監督が登壇。第20回上...続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「羽海野チカ」の画像

もっと見る

「羽海野チカ」の動画

Wikipedia

羽海野 チカ(うみの ちか、8月30日コミックナタリー羽海野チカ(2011年7月29日閲覧) - )は、日本漫画家東京都足立区出身。東京都立工芸高等学校デザイン科卒業。女性

略歴

小学生の頃からキャラクターデザイナーや漫画家になる夢を抱いておりハチミツとクローバースペシャルインタビュー 羽海野チカ(2011年12月5日閲覧)、美術系の高校の時、「ぶ〜け」に一度だけ作品投稿し掲載されたがマンガのあなた、SFのわたし 萩尾望都対談集1970年代編所収「萩尾望都×羽海野チカ」河出書房新社 2012年、卒業と同時に株式会社サンリオへ就職2003年 フリーマガジン「Sai+」no.6 「ハチミツとクローバー」マンガ家 羽海野チカ・インタビューより(2011年12月5日閲覧)し、キャラクターグッズのデザインを担当し、勤務外に同人誌活動をする。 就職してからの3年後、独立しフリーへと転進し、キャラクターイラスト(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる