「美輪明宏」とは?

関連ニュース

よりよい100歳を迎えるには…プロが提案する自分見つめる方法 - 01月11日(木)16:00 

「人生の折返し地点を迎えたら、『年だから』と自分で世界を狭めずに、むしろエイジレスな人生を」 そう語るのは、自身も「アラ還」であるキャリアカウンセラーの小島貴子さん。'17年9月に発表された厚労省の調査では、100歳以上の人口は6万7,824人と、47年連続で増加。日本はいま、猛スピードで「人生100歳時代」へ向かっている。 よりよい100歳を迎えるために必要なのは「自分らしさ」だという小島さんが推奨するのが、過去の自分を振り返り、現在地を明らかにすることだという。 「いまの自分はいままで生きた時間が作っています。そこで、これまでどんな出来事が起こり、その時々に自分がどう感じたかを書き込むライフ・イベント・チャートを作ってみてほしいのです。たとえば『受験』を例に挙げれば、志望校のレベルを下げたので、無事に合格したものの後悔が残っている、といった具合に、その時々の感情まで細かく振り返ります」(小島さん・以下同) これにより、いままでの選択が可視化され、「いまならこうするだろう」といった学習が可能になるのだ。 「注目してほしいのは、このチャートが“上がる”局面です。たとえば『引っ越し』で友達と離れて悲しかったが、逆に転校先で一生の親友ができた、という場面があったとします。そこからは、『適応力』というあなたの隠れた『チカラ』があることが読み取れるのです。...more
カテゴリー:

中村蒼、橋本マナミとのラブシーンは「リラックスして」 - 01月09日(火)16:36 

BSジャパン現代ドラマ枠、連続ドラマJの第2弾三島由紀夫原作『命売ります』(1月13日スタート、毎週土曜21:00~)の完成披露試写&記者会見が9日、都内で行われ、主演の中村蒼が登壇。本作の見どころや主人公を演じる上での葛藤、また第一話でゲスト出演した橋本マナミとの大胆なラブシーンの感想などを明かした。三島由紀夫の同名原作を初映像化した本ドラマ。中村は広告代理店に勤め、経歴、収入など何不自由ない生活を送るなか、突然自殺を決行するも失敗し、「命を売る」ビジネスをスタートさせる主人公・山田羽仁男を演じる。中村は三島作品のドラマ化について「三島さんの小説は、僕みたいな小説を読みなれていない人には難しい作品が多いんですが、今回の作品は僕にも読みやすく、エンターテインメント性が強い作品になっています」と紹介。主人公の羽仁男を演じるにあたっては葛藤があったとも言い、「最初は主人公がどういう人間かなかなかつかめなくてどういうふうに演じたらいいか頭を悩ませた」とコメントした。また、無機質で感情を表に出さない羽仁男を当初はなかなか愛せなかったというが、「物語が進んでいくにつれていろんな人の死を目の前で見て、生きるってどういうことかを感じ、羽仁男が人間的な温かさ、人間らしさを取り戻していくのがわかってくると、自分もそんなふうに演じていけばいいんだ」と思ったといい、「回を追うごとに人間味が増していく羽仁...more
カテゴリー:

中村蒼、橋本マナミとのラブシーンは「リラックスして」 - 01月09日(火)16:30 

BSジャパン現代ドラマ枠、連続ドラマJの第2弾三島由紀夫原作『命売ります』(1月13日スタート、毎週土曜21:00~)の完成披露試写&記者会見が9日、都内で行われ、主演の中村蒼が登壇。本作の見どころや主人公を演じる上での葛藤、また第一話でゲスト出演した橋本マナミとの大胆なラブシーンの感想などを明かした。三島由紀夫の同名原作を初映像化した本ドラマ。中村は広告代理店に勤め、経歴、収入など何不自由ない生活を送るなか、突然自殺を決行するも失敗し、「命を売る」ビジネスをスタートさせる主人公・山田羽仁男を演じる。中村は三島作品のドラマ化について「三島さんの小説は、僕みたいな小説を読みなれていない人には難しい作品が多いんですが、今回の作品は僕にも読みやすく、エンターテインメント性が強い作品になっています」と紹介。主人公の羽仁男を演じるにあたっては葛藤があったとも言い、「最初は主人公がどういう人間かなかなかつかめなくてどういうふうに演じたらいいか頭を悩ませた」とコメントした。また、無機質で感情を表に出さない羽仁男を当初はなかなか愛せなかったというが、「物語が進んでいくにつれていろんな人の死を目の前で見て、生きるってどういうことかを感じ、羽仁男が人間的な温かさ、人間らしさを取り戻していくのがわかってくると、自分もそんなふうに演じていけばいいんだ」と思ったといい、「回を追うごとに人間味が増していく羽仁...more
カテゴリー:

中村蒼が美女と次々と… 『命売ります』ラブシーン3話分先行公開 - 01月10日(水)23:49 

 BSジャパンの連続ドラマJ第2弾、三島由紀夫『命売ります』(1月13日スタート、毎週土曜 後9:00、全10話)では、主人公・山田羽仁男を演じる中村蒼が、毎話、ゲストの女優たちとそれぞれのキャラに合ったラブシーンを繰り広げる。その場面写真が3話分が先行公開された。 【場面写真】第2話、第3話の女性ゲストと  このまま生きていても…と突然自殺を図るも失敗し、自分の命を売る商売を始めることにした羽仁男。命を売りに出すと不思議な魅力を発散して金と女が寄ってくるように。命を買いに来る依頼人や、そのターゲットとなる人物も、登場する女性は皆、美人で手強く、何か心に“黒いもの”を持っている。そんな女性たちが、羽仁男の色っぽさや危うさにひかれていく…。  第1話では、依頼者の妻で愛人のいる女性・るり子(橋本マナミ)、第2話では、人の生き血をすって生きている依頼人の母・八重子(酒井若菜)、第3話では、依頼人の病院に勤めていて皆のせん望の的となっている女医・愛理(壇蜜)、そして依頼人の看護師・由紀(谷村美月)とも…。  撮影現場では、男性スタッフから、「中村蒼さんうらやましい」という声が上がっていたという。森田昇プロデューサーは「三島由紀夫原作で“命”を扱う作品ということで、そもそもが刺激的なドラマです。出演する毎回のゲストにも、強力な役者さんに出てもらおうとブッキングしました。テレビドラ...more
カテゴリー:

中谷美紀、乱歩×三島の「黒蜥蜴」で妖艶な女盗賊に - 01月09日(火)16:30 

 江戸川乱歩の小説を三島由紀夫が戯曲化、このほど中谷美紀主演で上演される舞台「黒蜥蜴」公開ゲネプロが1月8日、東京・日生劇場で行われた。 ・【フォトギャラリー】ゲネプロの模様はこちら  美に執着する女盗賊・黒蜥蜴と名探偵・明智小五郎の勝負と愛の行方を描く作品で、美輪明宏はじめ様々な俳優によって上演されている。今回の演出は英国人のデビット・ルボー氏。  中谷は「高尚なものと低俗なもの、喜劇と悲劇、美しいものと醜いもの、愛と憎しみ、エロスとタナトス、相反する2つの世界が混じり合い、拮抗し合う三島ワールドをぜひご覧いただきたいです」とコメント。探偵・明智小五郎を演じる井上芳雄は「悲しいほどに美しい美紀さんの黒蜥蜴」と中谷を評し、「きっと今まで見たことのない、でも、心の奥ではどこか知っていた愛の世界がそこにあるはずです!」と見どころを語る。  「三島がこだわったグロテスクな美しさによってこのラブストーリーを描きたかった」というルボー氏が、耽美、倒錯の愛の世界を、独自の美意識に貫かれた空間設計と中谷らキャスト陣の円熟した演技で見事に体現していた。  共演は相楽樹、朝海ひかる、たかお鷹、成河ら。東京公演は日生劇場にて9日~28日、大阪公演は梅田芸術劇場メインホールにて2月1日~5日。 【関連記事】 ・中谷美紀、主演舞台「黒蜥蜴」は「稽古を存分に楽しみたい」本番はドタキャン!? ・中...more
カテゴリー:

「美輪明宏」の画像

もっと見る

「美輪明宏」の動画

Wikipedia

美輪 明宏(みわ あきひろ、1935年(昭和10年)5月15日 - )は、日本シンガーソングライター俳優演出家タレント長崎県長崎市出身。本名:丸山 明宏、幼名 臣吾(しんご)。海星中学を経て国立音楽大学附属高校中退。愛称はマルさん。自らの個人事務所である、オフィスミワ所属。

1971年までは本名の丸山 明宏名義で活動していた。兄と姉と弟のいる五人兄弟の次男。

略歴 長崎時代(1935年5月15日- 1951年)

1935年5月15日、長崎県長崎市において、5人兄弟の次男として誕生する。美輪の実家は、長崎市内の「丸山遊郭」と呼称された遊郭街であり、「世界」という名前のカフェを経営していた。1941年12月、イギリスやアメリカとの戦争体制に入った中で、美輪の父親は「敵性文化を商売にする事は時局にそぐわぬ」と言われて、やむ無...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる