「美輪明宏」とは?

関連ニュース

【芸能】ドラマで欠かせなくなった「オネエ役」 - 09月16日(土)18:10  mnewsplus

各テレビ局で10月から新しい連続ドラマが始まるが、ここ最近の傾向として“オネエ役”が登場するパターンが増えている。 『Kis-My-Ft2』の玉森裕太が主演する『重要参考人探偵』(テレビ朝日系)は、『NEWS』の小山慶一郎との初共演が話題になっているが、 このドラマでもモデル事務所の社長を演じる遠藤賢一がオネエキャラとして登場する。 遠藤は「キャスト、スタッフの方々に大いに力をお借りして、今年の秋冬を忘れることのできない素敵な時間にしたいと思っております!」と初のオネエ役に気合十分だ。 「テレビ朝日の『黒革の...
»続きを読む
カテゴリー:

高齢ドライバー事故防ぐには?免許返納では生活成り立たないとの声も - 09月13日(水)08:00 

(kazoka30/iStock/Thinkstock)ブレーキの踏み間違いなど、高齢ドライバーが起こす交通事故がニュースになることは多く、しらべぇでもよく取り上げている。実際に、高齢者の運転に怖い思いをした経験がある人は、どれくらいいるのだろうか。■高齢者の運転にヒヤッとした経験ある?しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,348名を対象に、高齢者の運転にヒヤッとした経験があるか、調査を実施した。©sirabee.com全体の61.2%が「ある」と回答。6割以上の人が、危険を感じたことがあるようだ。©sirabee.comエリア別では、北関東(75.6%)と、九州・沖縄(73.1%)で、平均よりも10ポイント以上高くなっている。■国や警察の対策は?警視庁によると、75歳以上の高齢運転者による死亡事故比率は、平成17年の7.4%から10年で12.8%まで増加している。社会問題となっている高齢者の交通事故について、もちろん、国や警察は対策を行なっている。現状では、70歳以上に高齢者講習を義務付けているほか、75歳以上は免許の更新時だけでなく、信号無視などの交通違反をした際に、認知機能の検査が必須だ。もちろん、免許の自主返納も促しており、返納した人が申請できる「運転経歴証明書」を提示すると、特典を受けることができるバスやタクシー、美術館なども多くある。一方、少...more
カテゴリー:

「美輪明宏」の画像

もっと見る

「美輪明宏」の動画

Wikipedia

美輪 明宏(みわ あきひろ、1935年(昭和10年)5月15日 - )は、日本シンガーソングライター俳優演出家タレント長崎県長崎市出身。本名:丸山 明宏、幼名 臣吾(しんご)。海星中学を経て国立音楽大学附属高校中退。愛称はマルさん。自らの個人事務所である、オフィスミワ所属。

1971年までは本名の丸山 明宏名義で活動していた。兄と姉と弟のいる五人兄弟の次男。

略歴 長崎時代(1935年5月15日- 1951年)

1935年5月15日、長崎県長崎市において、5人兄弟の次男として誕生する。美輪の実家は、長崎市内の「丸山遊郭」と呼称された遊郭街であり、「世界」という名前のカフェを経営していた。1941年12月、イギリスやアメリカとの戦争体制に入った中で、美輪の父親は「敵性文化を商売にする事は時局にそぐわぬ」と言われて、やむ無...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる