「美輪明宏」とは?

関連ニュース

佐藤 剛の新著『美輪明宏と「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』が6月に発売 - 05月26日(金)17:00 

NPO 法人ミュージックソムリエ協会会長の佐藤 剛の著作による書籍、『美輪明宏と 「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』が、6月14日に文藝春秋より出版されることがわかった。【その他の画像】美輪明宏『上を向いて歩こう-奇跡の歌をめぐるノンフィクション』(岩波書店/小学館文庫)、『黄昏のビギンの物語』(小学館新書)の著作などをはじめ、自身が運営する音楽WEBマガジン「TAP the POP」などにおいて、楽曲にまつわるストーリーを研究して発表し続ける佐藤剛の新著となる本作。 三島由紀夫、中村八大、寺山修司…時代を彩った多くの才能との邂逅、稀代の表現者となった美輪明宏の歌と音楽に迫る、傑作ノンフィクション。ぜひ手にとってみてはいかがだろうか。■【美輪明宏 コメント】「自分以外の人によって、己れの人生を克明に調べ上げ語られると、そこには又、異なる人物像が現出する。歴史に残る天才達によって彩色された果報な私の人生絵巻が、愛満載に描かれていて、今更ながら有難さが身に沁みる」■【書籍の概要】『美輪明宏と「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』(文藝春秋) 著者:佐藤 剛 発売日:2017年6月14日 ページ数:424ページ 定価:2,200円+税 ジャンル:ノンフィクション 〈目次〉 第1章 異端にして革命児 「シスターボーイ」と呼ばれて/“天上界の美”と語...more
カテゴリー:

【芸能】実は80歳以上と聞いて驚く男性有名人ランキング ジャニー喜多川、高木ブー、美輪明宏、里見浩太朗など - 05月23日(火)00:35 

芸能界には、年齢よりも若々しく見える人が多数存在します。実年齢を聞いて思わずビックリしてしまう人も! そこで今回は、実は80歳以上と聞いて驚く男性有名人について探ってみました。 1位 ジャニー喜多川 1931年10月23日(85歳) 2位 高木ブー     1933年3月8日(84歳) 3位 美輪明宏     1935年5月15日(82歳) 4位 北島三郎     1936年10月4日(80歳) 5位 楳図かずお    1936年9月3日(80歳) 6位 長嶋茂雄     1936年2月20日(81歳) 7位 加山雄三     1937年4月11日(80歳) 7位...
»続きを読む
カテゴリー:

THE YELLOW MONKEY、新録ベストに美輪明宏がナレーション参加! - 05月18日(木)13:00 

THE YELLOW MONKEYが5月21日にリリースするデビュー25周年全曲新録ベストアルバム『THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST』のMVにて、かねてから吉井和哉(Vo)がリスペクトしている美輪明宏とのコラボ―レーションが実現した。【その他の画像】THE YELLOW MONKEY新録ベストアルバムのキャラクターである【TYM(タイム)】のナレーションを美輪明宏が担当。誰が聞いても、すぐ美輪明宏とわかる唯一無二の声が、楽曲にあわせて変幻自在に変化。「JAM」「太陽が燃えている」「パール」「SPARK」「楽園」「バラ色の日々」6曲を繋いでのトータルな世界観を構築している。 【TYM】は、THE YELLOW MONKEYが作りだしたものの集積であり、楽曲ごとに変化し、時には楽曲から抜け出し、街の中やひとびとの心の中にも現れる。そのキャラクター造形をしていく中で、声は美輪さんしかない!というスタッフ全員一致での決定だった。 打診を受け、美輪明宏も快諾。美輪明宏と吉井和哉は1995年の雑誌での対談で初めて会った仲。その後親交を深め、2001年の活動休止前の東京ドーム公演にも足を運んでいる。 今回のナレーション録りには吉井和哉も立ち会い、バンド解散後の2006年のフジテレビ「僕らの音楽」の対談以来、二人は11年ぶりの再会を果たした。久しぶりの...more
カテゴリー:

イエモン×美輪明宏コラボ実現、吉井和哉「本当に感無量です」 - 05月18日(木)08:00 

THE YELLOW MONKEYが5月21日にリリースする新録ベストアルバム「THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST」のミュージックビデオ「TYM's hacking movie」に、美輪明宏が参加していることが発表された。
カテゴリー:

見た目がずっと変わらない有名人ランキング 1位深田恭子 2位永作博美 3位荒木飛呂彦 - 05月24日(水)16:26 

芸能界には、実年齢よりも若々しく見える有名人が多数存在します。しかし中には若く見えるどころか、 見た目が長年変わっていない驚異的なルックスの持ち主も! そこで今回は、見た目がずっと変わらない不老不死有名人について探ってみました。 1位深田恭子 449票 2位永作博美 444票 3位荒木飛呂彦 漫画家 423票 4位吉永小百合 387票 5位三宅健 V6 385票 6位HYDE L'Arc~en~Ciel、VAMPS 348票 7位黒柳徹子 334票 8位安達祐実 266票 9位タモリ 264票 10位東山紀之 少年隊 250票 11位えなりかずき 246票 ...
»続きを読む
カテゴリー:

イエモン×美輪明宏、25周年新録ベストMV「TYM’s hacking movie」でコラボ実現 - 05月18日(木)17:29 

THE YELLOW MONKEYが、5月21日にリリースするデビュー25周年全曲新録ベストアルバム「THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST」のミュージックビデオにて、かねてからボーカル・吉井和哉がリスペクトする美輪明宏とのコラボ―レーションが実現した。MVでは、新録ベストアルバムのキャラクターである「TYM(タイム)」のナレーションを美輪明宏が担当。誰が聞いても、すぐ美輪明宏とわかる唯一無二の声が、楽曲にあわせて変幻自在に変化し、「JAM」「太陽が燃えている」「パール」「SPARK」「楽園」「バラ色の日々」6曲を繋いでのトータルな世界観を構築している。「TYM」は、THE YELLOW MONKEYが作りだしたものの集積。楽曲ごとに変化し、時には、楽曲から抜け出し、街の中やひとびとの心の中にも現れる。そのキャラクター造形をしていく中で、「声は、美輪さんしかない!」というスタッフ全員一致での決定。打診を受け、美輪明宏も快諾し今回のコラボが実現した。美輪明宏と吉井和哉は1995年の雑誌での対談で初めて会った仲。その後、親交を深め、2001年の活動休止前の東京ドーム公演にも足を運んでいる。今回のナレーション録りには吉井和哉も立ち会い、バンド解散後の2006年のフジテレビ「僕らの音楽」の対談以来、2人は11年ぶりの再会を果たした。久しぶりの再会に美輪明宏は...more
カテゴリー:

【THE YELLOW MONKEY】THE YELLOW MONKEY、美輪明宏とベスト盤MVでコラボ。吉井とは11年ぶりの再会 - 05月18日(木)08:00 

5月21日にリリースされるTHE YELLOW MONKEYのデビュー25周年全曲新録ベストアルバム『THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST』のミュージックビデオにて、か...
カテゴリー:

イエモン吉井、美輪明宏と11年ぶり再会&コラボに「感無量」 ベスト盤映像公開 - 05月18日(木)08:00 

 ロックバンド・THE YELLOW MONKEYが、デビュー25周年記念日にリリースする全曲新録ベストアルバム『THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST』(21日発売)のダイジェスト映像で、ボーカルの吉井和哉がかねてからリスペクトしていた美輪明宏とコラボレーションしたことが17日、わかった。 【動画】イエモン 今年の活動予告映像  同映像は、新録ベストアルバムのキャラクター「TYM(タイム)」のナレーションで、「JAM」「太陽が燃えている」「パール」「SPARK」「楽園」「バラ色の日々」6曲のダイジェストを紹介するもの。「THE YELLOW MONKEYが作り出したものの集積」を具現化したというキャラクターTYMの声は「美輪さんしかいない」と満場一致でオファーし、美輪が快諾した。  美輪と吉井は1995年に雑誌の対談で初対面し、親交を深めてきた仲。2001年の活動休止前の東京ドーム公演にも足を運んでいる。今回のナレーション録りには吉井も立ち会い、2006年にフジテレビ系の音楽番組で対談して以来、11年ぶりに再会を果たした。  美輪は「吉井君に会えて楽しかった。でもキャラクターは気味悪かった(笑)」と自身が演じたTYMは好みではなかった様子だが、吉井は「このキャラクターはイエローモンキーとファンとの誇るべき楽曲たちの『魂』を形にしたような存在...more
カテゴリー:

「美輪明宏」の画像

もっと見る

「美輪明宏」の動画

Wikipedia

美輪 明宏(みわ あきひろ、1935年5月15日 - )は、日本シンガーソングライター俳優演出家タレント長崎県長崎市出身。本名:丸山 明宏、幼名 臣吾(しんご)。海星中学を経て国立音楽大学附属高校中退。愛称は美輪さんマルさん。自らの個人事務所である、オフィスミワに所属して活動を行っている。

1971年までは本名の丸山 明宏名義で活動していた。兄と姉と弟のいる五人兄弟の次男。

略歴 長崎時代(1935年5月15日- 1951年)

美輪の実家は、長崎市内の「丸山遊郭」と呼ばれた遊郭街で、世界という名前のカフェを経営していた。1941年12月、イギリスアメリカとの戦争体制に入った中で、美輪の父親は「敵性文化を商売にする事は時局にそぐわぬ」と言われて、カフェを閉店せざるを得なくなり、金融業に転業。10歳だった美輪は長崎への原爆...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる