「美術」とは?

関連ニュース

ロシア、イギリス…世界では「ボスねこ」が暗躍している!? - 04月21日(土)06:00 

(写真:アフロ) 昨年、「ねこの推定飼育数がついに犬を超えた」と日本ペットフード協会が発表し、ねこブームを裏付ける画期的なニュースとして話題を呼んだ。 そこで先日、発売になったばかりの特別ムック『ねこ自身グルーミング』(光文社・694円+税)取材班が“空前のねこ人気”に関する調査を開始。その裏で進行する「ねこがもくろく世界征服計画」という恐るべき実態を明らかにする! たしかに、ねこに対する注目度は高まる一方だが、実は昔から犬と同じくらいたくさんのねこが飼われていたという説も。というのは、日本には狂犬病予防法があり、犬の登録は義務付けられているが、ねこには登録義務がないため数字に表れなかったのだ。 人間がねこに魅了されてきたのは今に始まったことではないようだが、最近ではねこ好きのレベルを超え、完全に心を支配された「ねこ依存者」たちがちまたにあふれているという。しかも、日本だけの話ではない。地球上のさまざまな場所にねこたちは忍び足で侵入し、“人たらし”の特技で世界の人々をメロメロにしている事実が明らかにされているのだ。 ねこはなぜこれほど人を魅了するのか。 この謎を解くために、動物学者で「ねこの博物館」館長も務めた今泉忠明氏にねこの習性や人との関わりについて伺った。 「そもそも、ねこの祖先だったヤマネコがどうやって人に近づき...more
カテゴリー:

マリンアンドウォーク ヨコハマと横浜赤レンガ倉庫でGW限定の野外シアター開催! - 04月20日(金)21:00 

みなとみらいの夜景を望む開放的な空間で映画が楽しめる野外シアターイベント「SEASIDE CINEMA」が、2018年5月2日(水)から6日(日)まで5日間にわたって開催。今年は、MARINE & WALK YOKOHAMA(マリンアンドウォーク ヨコハマ)と隣接する横浜赤レンガ倉庫とで同時開催され、海沿いの夜の街を盛り上げる! 光り輝く夜景と気持ち良い初夏の潮風に揺られながら、心躍るGWを過ごしてみては?【大人の女性が共感する!「海と音楽」がテーマの「THEATER MARINE & WALK」】「THEATER MARINE & WALK」では、「海と音楽」をテーマに、一度は観ておくべき映画5本をセレクト。エーゲ海の小島を舞台に、20歳の女性の心の動きを描いた感動作「マンマ・ミーア!(字幕)」(5月3日上映)をはじめ、ティム・バートン監督ならではのファンタジックな映像や音楽が印象的な「ビッグ・フィッシュ(字幕)」(5月2日上映)、元総理料長のアメリカ横断をハートフルコメディに仕上げた「シェフ 三ツ星フードトラック始めました(字幕)」(5月4日上映)、世界中の海を捉えたネイチャー・ドキュメンタリー「オーシャンズ(字幕)」(5月5日上映)、そして、名曲も誕生した不滅の青春ムービー「スタンド・バイ・ミー(字幕)」(5月6日上映)の全5作。イベント期間中はオーシャンフロントに特設会場を...more
カテゴリー:

赤坂にも出店!パリで最高のパン屋賞受賞のブーランジェリー - 04月20日(金)20:15 

パリで“最高のパン屋賞”を受賞したブーランジェリー、「Maison Landemaine(メゾン・ランドゥメンヌ)」の2号店が港区・赤坂にオープンした。 【写真を見る】モーニングセットやランチボックスも登場する パリで14店舗展開するブーランジェリー・パティスリー「Maison Landemaine」。今回は、グループ史上初のオフィス街出店となる。コンセプトは、「パリのグルメと“ほっこり”をオフィスでも」。 同店は、パン職人で実業家の石川芳美氏と、同じく実業家でパティシエとして活躍するロドルフ・ランドゥメンヌ氏の二人が、2006年にパリでスタートしたブーランジェリー・パティスリー。季節感を重視し、素材にこだわったクロワッサンやバゲットを提供しており、パリのグルメガイド“ピュドロ”のブーランジェリー・オブ・ザ・イヤー パリで“パリ最高パン屋賞”を受賞するなど、さまざまな賞を受賞している。 そんな同店は今回、赤坂で、働くビジネスマン・OLに向けて商品を展開。日本人がまだあまり知らない「タルト・フランベ」(フランス・アルザス地方由来のピザによく似た食べ物)を提供する。 注文を受けてから1枚1枚釜で焼く「タルト・フランベ」は、クリームチーズベースのソースに、ベーコンとタマネギをのせて香ばしく焼いたスタンダードな「タルト・フランベ・クラシック」(ランチメニュー1枚セット税抜850円)や、加工...more
カテゴリー:

福岡県立美術館:日本代表の切り絵作家11人作品、一堂に - 04月20日(金)18:58 

「息を呑む繊細美 切り絵アート展」開幕  日本を代表する切り絵作家11人の作品を一堂に集めた「息を呑(の)む繊細美 切り絵アート展」(毎日新聞社など主催)が20日、福岡市中央区の福岡県立美術館で開幕した。来館者は筆で描いたかのような細かな線が織りなす造形美に見入った。
カテゴリー:

GW限定の野外シアターが登場!神奈川県横浜市の映画上映イベント - 04月20日(金)17:24 

■ 海辺のロケーションで映画を鑑賞 5月2日(水)には人気アニメーション映画「ルパン三世 カリオストロの城」を上映/ルパン三世 カリオストロの城 原作:モンキー・パンチ (c)TMS 5月2日(水)~6日(日)、“日本のアニメ聖地88”に選ばれている神奈川県横浜市を舞台に、無料の野外シアターイベントが開催。横浜赤レンガ倉庫とMARINE & WALK YOKOHAMAの2会場で、計10本の映画を上映する。海辺のロケーションと光り輝く夜景をバックに、名作映画を鑑賞できる貴重な機会だ。 ■ 子供と一緒に楽しめる作品を上映 横浜赤レンガ倉庫では、「ファミリー映画」をテーマに選ばれた作品を上映する「SEASIDE CINEMA ~THEATER RED BRICK~」を催す。1979年に製作・公開された「ルパン三世」劇場用映画のシリーズ第2弾「ルパン三世 カリオストロの城」や、イギリスの児童文学作品シリーズを初めて実写映画化した「パディントン」など、大人から子供まで楽しめる名作を約450インチの特設スクリーンで鑑賞できる。 また、日中は映画上映連動イベントとして、テーマパークや映画の美術セットを手掛けるアーティスト岡本明久氏による、同イベント限定のフォトスポットがお目見え。まるで映画の世界に入ったかのような空間で写真撮影が楽しめる。 ■ みなとみらいの夜景と共に名作映画を鑑賞 MARINE...more
カテゴリー:

【ルーツ】「大阪」の地名記述、最古の文献か 室町後期、本願寺中興の祖・蓮如自筆和歌に「大さか」 - 04月20日(金)22:24  newsplus

本願寺中興の祖とされる僧侶、蓮如(れんにょ)(1415~99年)が室町時代後期の明応7(1498)年に記した和歌の草稿が、「大さか」という地名を記す最古の文献とみられることが19日、所蔵する一般財団法人「本願寺文化興隆財団」(大谷暢順(ちょうじゅん)理事長、京都市山科区)の調査で分かった。 「難波」などと呼ばれたそれまでの地名から、現在につながる「大坂(大阪)」の地名が定着していく経緯を探る史料の一つとして、注目を集めそうだ。 草稿は平成23年に財団が古美術商から購入。和歌5首のうち、信心の...
»続きを読む
カテゴリー:

世界を魅了する「北斎の富士」 県立近代美術館 - 04月20日(金)20:43 

 江戸後期の浮世絵師・葛飾北斎(1760~1849年)の代表作「冨嶽三十六景」と「富嶽百景」を一堂に集めた特別展「北斎の富士―冨嶽三十六景と富嶽百景」が21日、秋田県横手市の県立近代美術館で開幕する。…
カテゴリー:

日本初上陸!すくって食べる新感覚の「エッグコーヒー」 - 04月20日(金)19:31 

ベトナム北部ハノイで人気の老舗カフェが、4月23日(月)に日本に初上陸。「CAFE GIANG(カフェ ジャン)」として横浜にオープンする。そんな同店で注目したいのは、“すくって食べる”新感覚の「エッグコーヒー」だ! 【写真を見る】卵とコンデンスミルクでカスタード状に泡立てたものをスプーンで“すくって食べる”スタイル 70年以上暖簾分けを断り続けたというハノイの老舗カフェが、みなとみらい線元町・中華街駅から徒歩2分の場所にオープンする。名物の「エッグコーヒー」(ICE520円、HOT480円)は、卵とコンデンスミルクでカスタード状に泡立てたものをコーヒーの上にのせた、スプーンで“すくって食べる”新感覚のドリンクだ。 クリームは濃厚&なめらかで、まるでカスタードクリームやティラミスを飲んでいるような感覚に。特に、大きなグラスで提供されるICEはパフェのような見た目だが、甘すぎず、ほろ苦さもしっかり感じられるのが特徴。「エッグコーヒー」とはいうが、卵感は強すぎず、もったりとした口当たりを楽しませてくれながらも、大人の味わいに仕上げられている。 その他、同店には「エッグココア」(HOT480円)や、「エッグ抹茶」(HOT480円)などのドリンクも。前者は甘いココアと甘いエッグが掛け合わさったリッチな1杯で、後者はほろ苦い抹茶と甘いエッグがマッチした、ベトナムと日本を融合させた1杯。いずれ...more
カテゴリー:

300匹以上のこいのぼりが国立新美術館を浮遊。須藤玲子が魅せる布のダイナミズム。 - 04月20日(金)18:30 

アート、映画、音楽etc.、あの人が注目するカルチャー情報。
カテゴリー:

カンヌ受賞作主演がきっかけ、50歳でハリウッド進出 「ザ・スクエア」クレス・バングインタビュー映像 - 04月20日(金)16:00 

 第70回カンヌ映画祭で最高賞のパルムドールを受賞したリューベン・オストルンド監督作「ザ・スクエア 思いやりの聖域」に主演し、本作をきっかけにヒット作「ドラゴン・タトゥーの女」続編のメインキャストに抜擢されたデンマーク出身のクレス・バングが作品を語るインタビュー映像が公開された。 ・【動画】「ザ・スクエア 思いやりの聖域」クレス・バングのインタビュー映像  映画は、美術界で成功を収めた主人公がさまざまなトラブルに見舞われる様子をユーモラスに描いた風刺劇。いぶし銀の色気でエリートキュレーターを熱演した本作をきっかけに、50歳でハリウッド進出が決まったバング。同じくデンマーク出身で、40代後半で大ブレイクした第2のマッツ・ミケルセンとの呼び声も高い。  このほど公開された映像では、自身が演じた主人公のクリスティアンについて、「私にとってクリスティアンは、自分の世界に浸る理想主義の男だと思う。なぜなら、自分の立派な考えに行動が伴っていないからだ。彼の私生活は、美術館で顧客に向けてスピーチした立派な行為とはかなりかけ離れている」と鋭く分析。  オストルンド監督作品への出演は今回が初だが、「役者が自由に演じられるように監督は任せてくれたけど、何か明確なイメージをはっきりと求めていることが理解できた」とそのスタンスを称賛する。「監督が思いつかないことを私が考え出してそれを伝えると、喜ん...more
カテゴリー:

もっと見る

「美術」の画像

もっと見る

「美術」の動画

Wikipedia

美術(びじゅつ)は、視覚によってとらえることを目的として表現された造形芸術視覚芸術)の総称。英語ではファインアート、ビジュアルアート、あるいは アート

定義

原始時代の洞窟壁画(ラスコーの壁画など)は呪術的な目的で描かれ、人間、牛の姿を巧みに捉え、日常的な実用性を離れた表現となっており、美術史の始めのページを飾るものである。美術は多く宗教とともに発達してきたが、近代以降は宗教から独立した一分野を形づくるようになり、個性の表現としても捉えられるようになってきている。

美術は芸術の一分野である。芸術とは、表現者あるいは表現物と、鑑賞者とが相互に作用し合うことなどで、精神的・感覚的な変動を得ようとする活動である。とりわけ表現者側の活動として捉えられる側面が強く、その場合、表現者が鑑賞者に働きかけるためにとった手段、媒体、対象などの作品やその過程を芸術と呼ぶ。表現者が鑑賞者に伝えようとする内容は、信念、思想、感覚、感情など様々である。

「美術」の語源

日本語の美術は芸術即ち、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる