「織田裕二」とは?

関連ニュース

【芸能】ずっと続編が出ることを期待しているドラマランキング ★2 - 02月23日(金)12:59  mnewsplus

テレビドラマの中には、お茶の間からの人気が高かったことから、続編が制作されてシリーズ化しているものも少なくありません。では、あまりの面白さから「続編が見たい!」と視聴者から熱望されているのはどの作品なのでしょうか。 そこで今回は、続編が出ることを期待しているドラマについて探ってみました。 1位 ごくせんシリーズ 2位 古畑任三郎シリーズ 3位 踊る大捜査線シリーズ 4位 花より男子シリーズ 1位はごくせんシリーズ! 任侠集団の家の娘として生まれた主人公・ヤンクミが男子校の先生となり、やんちゃな生...
»続きを読む
カテゴリー:

ずっと続編が出ることを期待しているドラマランキング - 02月23日(金)07:30 

テレビドラマの中には、お茶の間からの人気が高かったことから、続編が制作されてシリーズ化しているものも少なくありません。では、あまりの面白さから「続編が見たい!」と視聴者から熱望されているのはどの作品なのでしょうか。 そこで今回は、続編が出ることを期待しているドラマについて探ってみました。 1位 ごくせんシリーズ 2位 古畑任三郎シリーズ 3位 踊る大捜査線シリーズ 4位 花より男子シリーズ ⇒5位以降のランキング結果はこちら! 1位はごくせんシリーズ! 任侠集団の家の娘として生まれた主人公・ヤンクミが男子校の先生となり、やんちゃな生徒たちが抱える問題を体当たりで解決していく学園ドラマ。ヤンクミを演じた仲間由紀恵が、さまざまな問題を解決していく姿を見て、「心が熱くなった」「スッキリした」という人が多数。 第1シリーズから第3シリーズ、卒業スペシャルまで放送されており、今まで出演した生徒役には松本潤(嵐)、小栗旬、亀梨和也(KAT-TUN)、赤西仁、三浦翔平などイケメンがズラリ。「次は生徒役にどんな若手俳優が起用されるか見てみたい」という意見も多く、1位となりました。 2位は古畑任三郎シリーズ! 警部補・古畑任三郎が、次々と起こる難解な事件を解決していくサスペンスドラマ。犯人が殺人を犯すシーンからはじまり、視聴者は誰が犯人なのか分かった状態で古畑任三郎の推理を楽しむという斬新...more
カテゴリー:

「織田裕二がさぬき映画祭にキター」? 山本高広&近藤芳正「踊る大捜査線」名シーン再現 - 02月11日(日)20:30 

「さぬき映画祭2018」のディレクターを務める本広克行監督の映画「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」が2月11日、香川・イオンシネマ綾川で上映され、織田裕二の...
カテゴリー:

【芸能】ずっと続編が出ることを期待しているドラマランキング - 02月23日(金)08:43  mnewsplus

テレビドラマの中には、お茶の間からの人気が高かったことから、続編が制作されてシリーズ化しているものも少なくありません。では、あまりの面白さから「続編が見たい!」と視聴者から熱望されているのはどの作品なのでしょうか。 そこで今回は、続編が出ることを期待しているドラマについて探ってみました。 1位 ごくせんシリーズ 2位 古畑任三郎シリーズ 3位 踊る大捜査線シリーズ 4位 花より男子シリーズ 1位はごくせんシリーズ! 任侠集団の家の娘として生まれた主人公・ヤンクミが男子校の先生となり、やんちゃな生...
»続きを読む
カテゴリー:

菅田将暉もCDアルバム発売、人気俳優の本格ミュージシャン化の流れ再び? - 02月12日(月)08:40 

 若手人気俳優・菅田将暉がこの3月21日、シングルCDでも劇中歌の配信でもなく、“オリジナルアルバム”の『PLAY』を発売することが大きな話題となっている。菅田と言えば、俳優として人気を確立する一方、映画『キセキ‐あの日のソビト‐』で披露した本職はだしの歌唱力もよく知られており、現在はドラマ『トドメの接吻』(日本テレビ系)にミュージシャン役で出演、さらにエンディング曲「さよならエレジー」を歌唱。しかし、俳優のフルアルバム発表は、最近では希少。とは言え、かつて昭和~平成初期にかけては、“俳優の本格歌手活動”は決して珍しいことではなかった。これまでの“歌手化”の流れを振り返りながら、俳優と音楽活動の今後について考察する。 【写真】ギターかき鳴らして熱唱 菅田将暉6月の初ライブの模様 ■“打ち上げ花火”ではなく継続的に音楽活動を行う俳優は、現代で稀有な存在  菅田は、昨年1月に公開された音楽グループ・GReeeeNの自伝的映画『キセキ』で同名グループのメインボーカル役を演じたが、同月、グリーンボーイズとしてGReeeeNのライブのオープニングアクトで出演。『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)でも「キセキ」と「声」を披露し、最終的には24日にCDデビューを果たす。ある意味、企画っぽいノリの“番宣デビュー”ではあったが、演技のみならずその本格的な歌唱力が一般層にも認知されたので...more
カテゴリー:

「織田裕二がさぬき映画祭にキター」? 山本高広&近藤芳正「踊る大捜査線」名シーン再現 - 02月11日(日)20:30 

 「さぬき映画祭2018」のディレクターを務める本広克行監督の映画「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」が2月11日、香川・イオンシネマ綾川で上映され、織田裕二のモノマネでおなじみのタレント・山本高広、ドラマの第1話(1997年1月放送)のゲスト俳優だった近藤芳正がサプライズで登場し、ファンをわかせた。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  テーマ曲に乗って登場した山本は「織田裕二がさぬき映画祭にキター!」と第一声。本広監督は「山本さんをこういう場に呼ぶのは、『踊る大捜査線』の歴史上、タブーと言われていまして、貴重な機会です。去年お会いして、すぐに、さぬき映画祭に来てくださいとお願いした」と紹介した。  映画は、日本映画の実写興行No.1の記録を持つ「踊る大捜査線」シリーズの第2弾で、観光地化したお台場で起こった連続猟奇殺人事件を解決に奔走する湾岸署の面々の活躍を描くもの。山本は負傷したすみれを青島たちが見舞うシーンで、青島(織田)、室井(柳葉敏郎)、和久(いかりや長介)を1人3役でモノマネした。  本広監督が「やばい。涙が出そうになっちゃった。いやあ、映画祭やっていてよかった」と拍手を送ると、山本は「僕の方がやばいです。『踊る大捜査線』が好きな人の目の前でやるとは思わなかった。でも、監督が言うんなら、間違いないで...more
カテゴリー:

「織田裕二」の画像

もっと見る

「織田裕二」の動画

Wikipedia

織田 裕二(おだ ゆうじ、1967年12月13日 - )は、日本俳優歌手神奈川県川崎市生まれ。BAC CORPORATION所属。身長177cm、体重70kg。既婚。

来歴

桐蔭学園小学校・中学校・高等学校卒業。中学1年から高校1年までテニス部に所属していたが膝を壊して退部。高校時代はDepsという名のバンドを組み、ギターを担当していた(その後、「Deps」というバンド名は、織田自身のファンクラブの名称になっている)。高校卒業後はピッツバーグ大学日本校へ入学するも、俳優の道へ進む。

1987年4月公開の東映映画湘南爆走族に、出演者オーディション数万人の参加者の中から、望んでいた石川役に抜擢されてデビュー。同時に主役デビューの江口洋介と共演。当時は二輪免許は持っておらず、映画撮影のために取得した。

1989年6月公開の東宝映画...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる