「織物」とは?

関連ニュース

JTB、丹後の織物事業者らとオリジナルストールを共同開発 - 01月17日(水)20:45 

 JTB西日本が、丹後地域の活性化を目的に、伝統産品である丹後織物をリブランディングし商品開発したストール6品を販売する。1月20日から3月25日までの期間、大阪市内のJTBグループ店舗や丹後地域の宿泊施設で取り扱う。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

2020年丹後ちりめん誕生300年に向けた「丹後織物桃源郷プロジェクト」 - 01月17日(水)16:00 

[株式会社ジェイティービー] これらの商品は、2020年に丹後ちりめんが誕生300年を迎えるのを契機に、地域のブランド化につなげるため、JTB西日本が京都府丹後広域振興局や丹後の織物事業者とともに「丹後織物桃源郷プロジェクト」...
カテゴリー:

成人の日 母の手織りで晴れ姿 仲島、新垣さんら - 01月08日(月)05:00 

 【南風原】南風原町喜屋武の野原織物工房で働く仲島孝美さん(47)と新垣ミナ子さん(46)が、娘のみずほさん(20)と美南海さん(20)のために手織りの南風原花織の振り袖を贈った。7日の町成人式に参加した娘の振り袖姿に新垣さん、仲島さんは「感無量。親にしてくれてありがとう」「本当にうれしい」とそ...
カテゴリー:

マルチに使える!デニム生地のカバーリングやルームウェアを発売 - 01月04日(木)13:00 

[株式会社ディノス・セシール] [画像1: https://prtimes.jp/i/3084/907/resize/d3084-907-458682-9.jpg ]  新商品である「BINGO」シリーズは、伝統工芸である「かすり織物」の技術を引き継ぎ、現在 は良質なデニムを産出することで、世界か...
カテゴリー:

ノルマン人の征服描いた織物、仏から英へ貸し出しへ 過去9世紀半で初 - 01月17日(水)18:41 

【1月17日 AFP】ノルマン人の王による1066年のイングランド征服(ノルマン・コンクエスト、Norman Conquest)を刺しゅうで描いた織物「バイユーのタペストリー」が、過去9世紀半の歴史で初めてフランスを離れて英仏海峡を渡ることになりそうだ。≫続きを読む
カテゴリー:

洋服の素材はどう作られるのか? -vol.2- - 01月08日(月)13:00 

前回は、織物や編物の違いについて学びました。 【関連記事】洋服の素材ってどうやって作ってるの?【その1】 今回は、どんな服にどんな素材を使うのか、見て行きましょう。 ◆糸の種類で変わります 織物も編み物も、使う糸の太さによって見た目が変わります。 それから原料・材料の違いでも生地としての見た目や機能...このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

じゃがたらとはどこか? - 01月06日(土)12:00 

じゃがたらという言葉があります。少し日本のロックに詳しい人ならば、ロックバンドのJAGATARA(じゃがたら)を思い浮かべるでしょう。じゃがたらとは地名なんです。 インドネシアのジャカルタ じゃがたらとは現在のインドネシアの首都であるジャカルタを指します。じゃがたらのあるジャワ島から日本に多くの品物が渡来したことから、じゃがたらの呼称は古くから知られていました。たとえば、じゃがいもの別称としてジャガタライモというものがあります。さらにはジャワ島で作られた木綿と絹の交織である縞織物も、ジャガタラ縞と呼ばれていました。 遠い場所ではない? インドネシアのジャカルタといえば、いまでも飛行機ならばけっこうな時間がかかります。ましてや江戸時代ならば、海の向こうのはるか遠い国という印象もあるかもしれません。しかし、当時ジャカルタのあるインドネシアはオランダによって統治されていました。江戸時代の日本は鎖国政策を行っていましたが、オランダと中国だけは交易があったため、これらの国とならぶ「身近な外国」としてジャカルタが存在していたのでしょう。さらに当時は人の往来もあり、江戸時代に長崎に住んでいたイタリア人と日本人の混血女性が現地へ渡り、じゃがたらお春と呼ばれたといった話もあります。元記事をビーカイブで確認!■関連記事いま東南アジアのゴルフ場が熱い! 自然と人が共生する国・インドネシアに潜入オバマ...more
カテゴリー:

洋室を作るより和室を作る方が費用が多いので、和室が減っている - 12月29日(金)10:02  news

近代化、西洋化された現在の日常生活の中にも、しばしば昔ながらの伝統的な日用品を見かけることがある。中国メディア・今日頭条は26日、現在でも日本の生活でよく見ることができる、 日本伝統の生活用品を紹介する記事を掲載した。  まずは、日本伝統の生活用品としておそらく多くの外国人が想起するであろう畳だ。記事は「現在でも多くの日本家庭には畳の部屋が少なくとも1室は設置されている。畳はベッドにもなり 絨毯のような敷物にもなるため、とても経済的だ。また、ベッドやイスを置く必要がないことからスペースの確保...
»続きを読む
カテゴリー:

「織物」の画像

もっと見る

「織物」の動画

Wikipedia

1842年、ウィリアム・ケンワージーとジェームス・バローがによって、織機の半自動化に成功した。また1843年には、単純な紋様を自動的に織り出せるが登場し、広く普及した。金属・機械製造業の発達により、金属製の大型の織機が製造できるようになり、ランカシャーアクリントンの 、マンチェスターの、19世紀末には世界最大規模となったオールダムの等の織機製造社が急成長を遂げた。

マンチェスター周辺の綿織物業では、初期は紡績と機織りの工程が隣接していたが、次第に両者は分離し、 グレーター・マンチェスター周辺に、織物専門工場を抱えるいくつもの小さなができた。一方、毛織物、特に梳毛織物産業はウェスト・ヨークシャーで発達し、紡績と機織りが一体化した形で発展した。ウーステッドは縦横に梳毛糸を用いた織物で有名であり、また<...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる