「縮小傾向」とは?

関連ニュース

「個人型確定拠出年金」加入メリットのひとつは「自由設計」にあり - 05月30日(火)08:41 

 個人型確定拠出年金(愛称「iDeCo」イデコ)のメリットといえば、“節税メリット”を思い浮かべる人が多いだろう。「拠出時」「運用中」「受け取り時」に課税が軽減され、効率良く資産形成ができるのだが、今回は、節税メリット以外の利点である“自由設計”に関するメリットに目を向けてみよう。 「掛け金が全額所得控除」とは? 税制優遇からみた個人型確定拠出年金の節税メリット (1)運用先は自分で選択  同じ確定拠出年金でも、勤め先で加入する“企業型”確定拠出年金は、取り扱う金融機関を会社が決めるため、決められたいくつかの運用商品の中から選択することになり、運用したい商品の取り扱いがないケースがある。また、確定給付企業年金や公的年金の運用は、完全に他人に任せきりとなる。  一方でイデコは、運用先を自分で指定できる。長期に渡り投資をしていれば、許容できるリスクも変わるだろうし、慣れてきたら積極的に運用したくなることもあるだろう。そんなときは、配分変更や“スイッチング”という商品構成などを変更する方法で、運用先を変更できる。操作は、Web上で行える場合も多い。 (2)掛金や受け取り方も自由に設定  加入から受け取り方まで、自分好みに「カスタマイズ」できるのも大きな特長だ。例えば、最初は掛金を少額にしておいて、昇給したら増額することもできるし、加入期間によっては受給開始年齢が異なるが、60...more
カテゴリー:

人件費の高騰に悩むラウンドワンが、V字回復した「皮肉な理由」 - 05月24日(水)05:00 

「少子化」と「アルバイト・パートの人件費上昇」というダブルパンチで苦しい状況に追い込まれているアミューズメント業界ですが、なぜかここに来て「ラウンドワン」の業績がV字回復しています。今回の無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』では著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんが、そのあまりに「皮肉な理由」を分析・紹介しています。 ラウンドワンの業績がV字回復した意外な理由とは 屋内レジャー施設を運営するラウンドワンの業績が回復しています。2017年3月期の連結決算は、売上高が前年比5.1%増の877億円、本業のもうけを示す営業利益が4.9%増の66億円です。 売上高は2012年3月期に895億円にまで成長するも、翌2013年3月期は859億円に落ち込み、2016年3月期には835億円にまで低下しました。しかしここにきてV字を描く形で回復しています。営業利益は下げ止まりした形です。 ところで、ラウンドワンの業績で面白い現象が起きています。アルバイト・パートの時給上昇で人件費が上昇し経営を圧迫しているものの、一方で時給上昇が売上高を押し上げている面もあるからです。 ラウンドワンの施設運営における人件費の売上高に占める割合は上昇傾向を示しています。2008年3月期は16.5%でしたが、その後は上昇傾向を示し、2016年3月期には22.1%にまで上昇しています。1...more
カテゴリー:

ネット通販強化、ワールド増益確保 - 05月17日(水)05:00 

 アパレル大手のワールド(神戸市)が16日発表した2017年3月期連結決算は、最終利益が前期の約11倍の81億円だった。インターネット通販の拡大や販売経費の削減効果に加え、前期に不採算店舗の閉鎖など構造改革に伴う費用を計上した反動で、増益幅が大きく膨らんだ。低価格な「ファストファッション」の台頭や消費者の節約志向で店舗販売の縮小傾向が進む中、アパレル各社はネット事業を通じた販売力の向上を急いでいる。ワールドの17年3月期は、店舗やブランド数の絞り込みを進めたことから売上高は7.4%減の2575億円。一方でネット通販の売り上げは18.9%増と好調だった。
カテゴリー:

【投信】日本で大人気の「毎月分配型投信」に金融庁がダメ出しで投信の販売が急減? - 05月11日(木)08:59 

このところ投資信託の販売が急激に落ち込んでいます。株価の上昇が一服していることが主な要因ですが、それだけが原因ではなさそうです。 背景には「顧客本位」を強く打ち出すようになった金融庁の強い姿勢があるといわれています。 2016年の投資信託の新規設定本数は595本と前年比で16%も減少しました。一方で償還される投資信託の数は378本とこちらは前年比で40%も増加しています。 新しく設定される投信の数が減り、償還される投信が増えているわけですから、市場は縮小傾向ということになります。 このところ株価の上値が重...
»続きを読む
カテゴリー:

新生児期から見られるイチゴ状血管腫 - 05月27日(土)18:02 

赤ちゃんに見られる赤いあざにはいくつか種類がありますが、イチゴ状血管腫もその一つです。今回は、イチゴ状血管腫の原因や症状などについて解説します。 イチゴ状血管腫の原因、症状は? イチゴ状血管腫は、生まれて間もない頃に発症するイチゴように表面がボコボコし、膨らみのある赤いあざのことをいいます。身体中どこにでも見られますが顔に出来ることが多く、原因は毛細血管の増殖によるものといわれています。毛細血管の増殖についてはっきりとしたことはわかっていませんが、お腹の中にいた時に血管組織を作っていた細胞が赤ちゃんの皮膚に残り、生まれた後に異常増殖するのではないかと考えられています。生まれて間もなく発症し、生後3~7カ月の頃に特に大きくなることが多く、その後数年の経過と共に縮小傾向になります。日本では赤ちゃんの1割程度に見られます。 イチゴ状血管腫は、毛細血管がどこで増殖するかにより以下の3つのタイプに分けられます。 ・局面型イチゴ状血管腫:皮膚の表面に近いところで毛細血管が増殖し、赤いあざが見られる ・皮下型イチゴ状血管腫:皮膚の下で毛細血管が増殖し、赤いあざは目立たずむしろ青色に見える ・腫瘤型イチゴ状血管腫:上の2つを併せ持ち、両方で毛細血管が増殖しできもののように皮膚が盛り上がり、赤いあざが目立ちやすく、治りにくい あざができた場所によっては視力や呼吸などに影響を及ぼすこともあ...more
カテゴリー:

馬市場支えるミレニアル世代 - 05月23日(火)05:00 

 ミレニアル世代における乗馬人気の高まりを背景に、馬業界は復調の兆しを見せている。市場調査会社パッケージド・ファクツは最新の報告書で、馬市場はここ10年縮小傾向にあったが、今年は好調な1年になると予想している。
カテゴリー:

【IT・商品】タブレットに明日はあるのか - 縮小する市場に求められるもの - 05月15日(月)22:15 

縮小するタブレット市場 松村太郎 [2017/05/14] アップルが米国時間5月2日に発表した2017年第2四半期(1-3月)決算の中で、振るわなかったのはiPadのカテゴリだった。 前年同期比12%減の890万台となり、13四半期連続での前年同期比割れという結果を続けている。 しかしそれでも、アップルはタブレット市場でのトップを堅持している。 IDCが5月4日に発表した2017年第1四半期(1~3月)のタブレット市場動向によると、アップルのシェアは24.6%だった。 2位のサムスンが16.5%、4位のアマゾンが6.0%、5位のレノボが5.7%だった。いずれの...
»続きを読む
カテゴリー:

「縮小傾向」の画像

もっと見る

「縮小傾向」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる