「縮小傾向」とは?

関連ニュース

【第三のビール】キリン、「のどごしストロング」 “安く酔える” 高アルコール飲料発表 アルコール度数7% - 11月20日(月)21:28  newsplus

ビール系飲料で新たな競争です。 キリンビールはきょう、アルコール度数が7%の「のどごしストロング」を発表しました。 度数は高めながらアルコール臭さを抑え、飲み応えと低価格を実現したといいます。 高アルコールの商品はここ数年拡がりを見せていて、ビール系飲料ではサントリーが度数7%の「頂」を既に発売していて、来年2月のリニューアルで度数を8%にする事を発表しています。 ビール系飲料の市場が縮小傾向にあるなか、各社は高アルコールで新たな顧客を獲得したい考えです。 配信11月20日(月) テレビ東京 h...
»続きを読む
カテゴリー:

スパコントップ500、すべてLinux - 日本はエントリ数で第3位 - 11月16日(木)16:06 

11月14日(ドイツ時間)、第50回目となる2017年11月のTOP500リストが発表された。トップは中国の神威・太湖之光、これに同じく中国の天河二号が続き、3位にスイスのPiz Daint、4位に日本の暁光、5位に米国のTitanが続いている。TOP500にエントリするスーパーコンピュータにおいて米国は縮小傾向が続いており、中国に引っ張られる形でアジアのエントリが増加している。
カテゴリー:

【遊技産業の視点 Weekly View】変化する遊びの「場」と「質」 - 11月11日(土)05:00 

 全国のぱちんこ店のほとんどが加盟する全日遊連という団体がある。ここが定期的に統計調査をしているが、9月末時点で加盟店舗数が9774店舗となっており、1万を切る状態が続いている。ほぼ毎月連続で加盟店舗数は減少しており、市場縮小傾向のように映る。
カテゴリー:

【お好み焼き】 海外拡大 千房やヤムヤム、訪日客増え認知度向上 - 10月26日(木)18:28  newsplus

関西の外食チェーンが海外でお好み焼きの店舗展開を加速している。千房ホールディングス(HD、大阪市)は海外で初のファストフード型店舗を、ヤムヤムクリエイツ(大阪府東大阪市)もベトナムに出店する。訪日外国人(インバウンド)の増加でお好み焼きの認知度が上がり、商機が拡大しているためだ。海外で大阪の味を経験できる機会が増えそうだ。 千房HDはファストフード型店舗「チボウズ キッチン」を10月末にカナダ・バンクーバーのフードコートで出店する。通常店舗に比べお好み焼きのサイズが小型でメニューも少ない代わり、...
»続きを読む
カテゴリー:

日本交通、「プロポーズタクシー」開始--ドライバーの演出の下でサプライズ - 11月17日(金)09:32 

日本交通はプリモ・ジャパンと連携し、11月22日より「プロポーズタクシー」の取り扱いを開始する。カップルの思い出の地や夜景スポット等(主に東京近郊)を貸切タクシーで快適に巡りながら、ふたりだけの感動的なプロポーズをサポートする。 このプランは、プリモ・ジャパンが運営する東京23区内のアイプリモ5店舗で婚約指輪を購入した人限定で実施し、アイプリモ5店舗の店頭にて申し込みを受け付ける。「自分らしい方法で女性を喜ばせたい」と考える男性が増えていることを背景に、一生に一度の感動的かつ個性的なプロポーズを実現するひとつのソリューションとして、「プロポーズタクシー」を提案する。 予約時に「美しい夜景を車窓から楽しみたい」「場を盛り上げてほしい」「アイコンタクトしたら音楽を流してほしい」等の要望を聞き、電話にて事前に綿密に打ち合わせを行うことにより、オリジナルのプロポーズプランを策定し、希望の場所へ連れて行く。当日は、見た目は普通の「観光タクシー」として、東京都内の駅やホテル、レストランなど指定の場所に迎えに行くので、パートナーに気付かれることなく、サプライズプロポーズが実現できる。 タクシーの運行は、日本交通の観光エキスパート・ドライバーが「プロポーズサポーター」として案内する。「プロポーズサポーター」となる乗務員は、プロ野球の「始球式プロポーズ」や劇団四季との「カーテンコールプロポーズ...more
カテゴリー:

消費者の注意をひく。最高級だしを自販機で売る老舗醤油屋の戦略 - 11月15日(水)23:32 

昨年来、ブームとなっている「あごだし」。「あご」と呼ばれる飛魚を使った最高級のだしが多くの日本人の舌を魅了していますが、そんなあごだしを自販機でも販売する企業が注目を集めています。今回の無料メルマガ『MBAが教える企業分析』では著者でMBAホルダーの青山烈士さんが、話題となっている「二反田醤油」の戦略・戦術を徹底分析しています。 消費者の注意をひく 料理に使われる「だし」の自販機で話題の企業を分析します。 ● 二反田醤油(だしの製造・販売) 戦略ショートストーリー だしにこだわる方をターゲットに「最高級のだし(素材=トビウオ)へのこだわり」に支えられた「美味しい料理が手軽にできる」「コクが深く、豊かな香り」等の強みで差別化しています。 だしの自販機というユニークさやトビウオが丸ごと1匹入ったインパクトで注目を集め、購入者が品質の良さを紹介したSNSが話題になることで、人気が高まってます。 分析のポイント 消費者の注意をひく 大手企業が展開するような有名ブランドを持たない中小企業には、より消費者の注意をひくことが求められます。なぜなら、存在に気づいてもらえなければ、購入してもらえないですからね。 しかし、小売店では、大手のブランドがより多く、より目立つ場所に陳列されますので、中小メーカーの商品は、あまり目立たず、消費者の注意をひくことが難しいと言えます。そのような中で「二反田醤油」は...more
カテゴリー:

【衣類】GAPを抜いて世界3位"ユニクロ"の成長力 - 11月09日(木)21:53  bizplus

「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングの海外事業が好調だ。直近の決算は売上高、純利益ともに過去最高を更新。これまでアパレル企業の世界3位は米国のギャップ(GAP)だったが、それを抜いて世界3位の座を固めつつある。「2020年に連結売上高3兆円」という目標は達成できるのか。『図解!業界地図2018年版』(プレジデント社)の著者が分析する――。 カジュアル衣料販売の「ユニクロ」や「ジーユー(GU)」などの店舗を運営するファーストリテイリング。17年8月期決算は、売上高が前期比4.2%増の1兆8619億円、純利益は前期比2...
»続きを読む
カテゴリー:

「縮小傾向」の画像

もっと見る

「縮小傾向」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる