「縮小傾向」とは?

関連ニュース

太陽光発電に代わる住宅市場のトレンド「ZEH」 標準仕様の先にあるもの - 09月24日(日)22:39 

矢野経済研究所が2017年5月~7月の期間で実施した、国内の次世代住宅関連主要設備機器市場(7品目)の調査によると、市場を牽引していた太陽光発電システムの縮小の影響によって市場全体では縮小傾向にあり、末端販売額ベースで前年度比87.7%の7191億4000万円と推計している。
カテゴリー:

お酒を「原価」で飲める激安バーが、それでも儲けを出すカラクリ - 09月21日(木)04:45 

原価でお酒が飲める新感覚の肉専門ビストロが話題となっています。店名はズバリ「原価ビストロ BAN!」。果たしてお酒を仕入れ値で提供し、利益は上がるのでしょうか。今回の無料メルマガ『MBAが教える企業分析』では著者でMBAホルダーの青山烈士さんが、その計算され尽くした戦略・戦術を詳しく分析・解説しています。 原価販売を実現する工夫 お酒を原価で販売している注目の飲食店を分析します。 ● KIDSホールディングスが展開している肉料理専門のビストロ「原価ビストロ BAN!」にフォーカスをあてます 戦略ショートストーリー 30~40代の会社員をターゲットに「食材や調理方法へのこだわりと原価管理ノウハウ」に支えられた「リーズナブルにお酒と美味しい料理も楽しめる」等の強みで差別化しています。 原価でお酒が飲める新感覚ビストロとして注目を集め、安くお酒が飲めるだけでなく、こだわりの肉料理もリーズナブルに提供することで、顧客の支持を得ています。 分析のポイント 原価販売を実現する工夫 「原価」でお酒が飲めるとは、すごいですよね。今までお酒を提供してきたお店は、それこそ星の数ほどあったと思いますが、お酒を原価で提供するチェーン店は恐らく初めてでしょう。 飲食業に関わらず、基本的に商品を仕入れた金額に利益分を乗せて販売するのが常識です。原価で販売していては儲けがでませんからね。ですから、「原価ビストロ...more
カテゴリー:

鳥貴族がとうとう値上げ。改正酒税法で居酒屋業界全体にも波及か - 09月11日(月)05:00 

鳥貴族をはじめ、外食各社が続々と酒類や一部メニューの値上げを発表・実施しています。この背景に、酒の安売りを規制する改正酒税法の施行があるとするのは、無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者・佐藤昌司さん。若者の酒離れが囁かれる中にあって、今回の値上げは居酒屋業界にどのような影響を及ぼすのでしょうか。佐藤さんが店舗経営コンサルタントの視点で分析しています。 鳥貴族、日高屋、串カツ田中が値上げ。お酒の安売り規制が影響? 外食業界でお酒の値上げが相次いでいます。 鳥貴族は10月1日から、全品均一価格280円(税別)から298円(同)に引き上げると発表しました。28年ぶりの値上げといいます。焼き鳥はもちろん、お酒も値上げとなります。 人件費の上昇や食材の仕入れ価格の高騰、改正酒税法の影響でコストの上昇が見込まれることを理由としてあげています。 日高屋も9月から値上げを実施しました。生ビールは310円(税込)から330円(同)になりました。ハイボールは270円から280円、日本酒は300円から310円、ホッピーセットは370円から380円になるなど、お酒は10~20円が上乗せされました。お酒以外では、餃子やイカ揚げを値上げしています。 値上げの理由として、原材料価格や物流費の上昇、人手不足を背景とする人件費の高騰をあげています。改正酒税法の影響もありそうです。...more
カテゴリー:

日本品質の上品なミルクティーが新登場! 「加賀棒ほうじ茶ラテ」 - 09月22日(金)13:31 

ポッカサッポロフード&ビバレッジは、好評の「加賀棒ほうじ茶」に、 国産牛乳を合わせた日本品質のミルクティー「加賀棒ほうじ茶ラテ」(税抜130円)を9月25日より新発売する。 【写真を見る】日本品質の上品なミルクティーが新登場! 「加賀棒ほうじ茶ラテ」 (税抜130円) ほうじ茶市場が拡大傾向にある中、今年はほうじ茶の持つ“香ばしさ”を活かしたスイーツなどが多く発売され、女性を中心にほうじ茶の特徴が支持されている。以前より発売されている「加賀棒ほうじ茶」も、上品な香ばしさとコクのある味わい、低カフェインという点が評価され、発売以来好評を集めている。一方で甘さ離れなどを背景に、カフェオレやミルクティーなど秋冬の定番となるホット飲料の市場 は縮小傾向だ。そこで「加賀棒ほうじ茶ラテ」では、金沢発祥の伝統的な焙煎方法を用いた“棒ほうじ茶”の特徴を活かし、国産牛乳を加えることで、香ばしさとミルクのコクが引き出されている。 ”棒ほうじ茶”の上品な味わいで、ほっとひと息ついてみてはいかが?【ウォーカープラス編集部/小倉実咲】 【関連記事】 ・「ローソン」は栗で「セブンイレブン」は芋? 2017年秋のコンビニスイーツ紹介! ・台湾カフェ・春水堂から秋限定ドリンク「黒ゴマミルクティー」新登場! ・秋の香りがする!マロンフレーバーの秋紅茶「モン...more
カテゴリー:

航空業界ニュースをななめ読み (6) エアベルリン破産の裏事情、双日&日本空港ビルの海外空港初運営の論点 - 09月11日(月)06:30 

直近の航空業界トピックスを「ななめ読み」した上で、筆者の感覚にひっかかったものを「深読み」しようという企画。今回は、エアベルリンの破産申請と、双日と日本空港ビルデングのパラオ国際空港の運営事業について取り上げたい。 エアベルリンが破産申請、運航は継続 経営再建中の独航空2位エアベルリンが8月15日、破産手続きを申請した。主要株主であるアラブ首長国連邦国営のエティハド航空による金融支援が打ち切られ、再建の道筋が立たなくなった。独最大手のルフトハンザドイツ航空などとの売却交渉は続けられる見通し。エアベルリンはルフトハンザグループに航空機と乗員をウエットリースするなど、経営再建を進めてきた。ドイツ政府は同日、混乱を最小限に抑えるために、短期的な資金支援を実施する方針を明らかにした。 ○後塵を拝するエティハドの立て直しは? エアベルリンの破綻は、2016年12月末にルフトハンザグループが会社の航空機38機をウエットリースすることが報道された時点で、ある程度予測されていた。これまでフラッグキャリアであるルフトハンザドイツ航空に対抗し、エティハド航空は欧州=アジアパシフィック市場を中東ハブで奪取しようとした戦略を進めてきた。 その運航資源であるエアベルリン機材と乗員を、結局競合相手に明け渡すことになった背景には、エティハド航空が進めてきたM&Aによる拡大戦略が、買収先エアライン...more
カテゴリー:

【カメラ】デジカメ逆風に挑む富士フイルム、4割増収目標 、軽量・高機能で巻き返し - 09月07日(木)17:41  bizplus

 富士フイルムは7日、デジタルカメラ事業の売上高を2018年度に1000億円に引き上げる目標を明らかにした。16年度と比べて4割以上伸ばす。スマートフォン(スマホ)の台頭でデジカメ市場は縮小傾向が続く。同社は高付加価値路線にシフトし、事業基盤を固める。  増収計画の中核となるのが主力の「Xシリーズ」と「GFXシリーズ」。7日に都内で記者会見した古森重隆会長兼最高経営責任者(CEO)は「製品に特徴がないと価格競争に陥る。他社がやっていないやり方で差別化する」と力を込めた。  9月下旬に発売するミラーレス...
»続きを読む
カテゴリー:

「縮小傾向」の画像

もっと見る

「縮小傾向」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる