「縄文土器」とは?

関連ニュース

ドキドキ 土器チョコ作り 仙台・縄文の森広場でバレンタインイベント - 02月14日(水)13:38 

子どもたちが縄文土器の形をしたバレンタインのチョコレート作りに挑むイベント「土器ドキ チョコレイト」が12日、仙台市太白区の市縄文の森広場であった。同広場が主催し、子どもたちが大好きなチョコ作りを通じ
カテゴリー:

「縄文土器」の画像

もっと見る

「縄文土器」の動画

Wikipedia

縄文土器(じょうもんどき)は、北海道から沖縄諸島を含む現在でいう日本列島各地で縄文時代に作られた土器である。

縄文時代の年代は流動的ながら、約1万6000年前から約2300年前とされる。

概要

縄文土器は大森貝塚発掘したモースによって見出され、英文報告書で cord marked pottery(索文土器)とされた。しかし貝塚土器、あるいはアイヌ式土器など様々に呼ばれ、結局、縄目文様という発想から命名された「縄文式土器」の用語が定着した。 1975年(昭和50)、佐原真は土器の名称に「式」を使うことの不合理を説き、「縄文土器」の名称を使うことを提唱し、以後、一般化した。 編年作業が精緻化した今日においては「縄文土器」の用語が用いられることが多く、その場合、「縄文(縄目文様)が施された縄文時代の土器」という意味(狭義の縄文土器)と「縄文時代の土器一般」(広義の縄文土器)という2つの意味で用いられる。また、佐原真など一部の研究者で縄紋土器の用語を用いているものもある。これは、土器表面に施された模様が一種の紋章の意味を成しているのではないか、という考えによるものである。

一般に、縄文土器の作られた時代が縄文時代であるが、日本列島における土器の出現=縄文時...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる