「練習試合」とは?

関連ニュース

アルバルク東京、三遠とシーズン開幕前最後の練習試合 ディフェンスに課題も - 09月24日(日)23:59 

アルバルク東京(以下A東京)が9月24日、三遠ネオフェニックス(同三遠)と公開練習試合を行った。
カテゴリー:

【メディア】「高校野球史上最多とされる」に、ムズムズするんだけど。 「PVの伸びを期待するメディアによって史上最多とされた」記録 - 09月23日(土)12:41  mnewsplus

高校野球には殆ど関心がない。ずっと前からそうだ。特に理由はなく、毛嫌いしているわけではない。自分がいた高校に硬式野球部がなかったこともあるんだろうか。 まあ、そういう僕が知っている高校野球の話題というのは、相当凄い話なんだろう。早実の清宮選手の話題はその一つで、明日記者会見をして進路を表明する、という話なんかをさっき知った。 そして、ずっと気になっているのが彼の本塁打記録に関する表記だ。いつの間にか「高校野球史上最多とされる通算本塁打」という言い回しだ。 ううむ、なんかムズムズする。この違和...
»続きを読む
カテゴリー:

磐田FW斉藤和樹が今季初ゴール「自分の持ち味を」 - 09月20日(水)22:18 

 ジュビロ磐田のFW斉藤和樹(28)が、今季公式戦初ゴールを決めた。  0-0の後半7分、MF太田吉彰(34)の右クロスを頭で合わせると、シュートはループ気味の軌道でサイドネットに決まった。斉藤は「練習試合で点を取れていたので、自分の持…
カテゴリー:

【野球】古木克明、ドラフト1位の肖像#1――大砲として類い稀な才能、一気に評価を上げた甲子園 - 09月19日(火)14:51  mnewsplus

かつて「ドラフト1位」でプロに入団した選手1人の野球人生をクローズアップする。 華やかな世界として脚光を浴びる一方で、現役生活では「ドラフト1位」という肩書に苦悩し、厳しさも味わった。 その選手にとって、果たしてプロ野球という世界はどのようなものだったのだろうか。 小学校時代にすでに大器の片りん  野球の裏側には理不尽さがぺったりと貼りついている。  打者がバットの芯にボールを当てて飛ばしたとしても、その先に野手が待ち構えていることがある。一方、当たりそこねの、緩い球が野手の間に落ちて安打となる...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<筑波大>大学勢初の天皇杯8強をかけ「サッカー界の歴史を変えたい」4回戦(20日・カシマ)でJ1・17位・大宮と対戦 - 09月18日(月)16:24  mnewsplus

天皇杯の4回戦(20日・カシマ)でJ117位・大宮と対戦する筑波大は、17日、つくば市内で公開練習を行った。  関東1部リーグ・前期を首位で折り返したものの、16日に再開された後期初戦は、法政大に1―2で黒星。しかし、チームは和やかな雰囲気だった。この日、リーグ12試合10得点のエース・中野誠也(4年)ら試合に出場した選手は、ランニングやパスなど軽めのメニュー。談笑しながら、30分ほどで練習を終えた。  来季山形内定のFW北川柊斗(しゅうと・4年)主将は、法政戦で敵と競り合い額から流血。鼻の上...
»続きを読む
カテゴリー:

【岡山】罰でダッシュ、中1男子が熱中症 外部サッカーコーチが指示 岡山市 - 09月23日(土)13:50  newsplus

罰でダッシュ、中1男子が熱中症 岡山、外部サッカーコーチが指示 2017年09月23日 08時00分 http://www.sanyonews.jp/article/601814/1/ 岡山市立中学校サッカー部で8月、1年の男子部員1人が、練習試合で失点したペナルティーとして、ボランティアの外部コーチ男性=20代=にダッシュの練習を指示され、体調不良で救急搬送されていたことが22日、中学校への取材で分かった。部員は軽い熱中症と診断され、現在は回復しているという。  中学校によると、部員は8月上旬、岡山市での練習試合に出場。3失点で負けた直後、1失...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】罰でダッシュ、岡山の中1男子が熱中症 外部サッカーコーチが指示 - 09月23日(土)10:19  mnewsplus

 岡山市立中学校サッカー部で8月、1年の男子部員1人が、練習試合で失点したペナルティーとして、 ボランティアの外部コーチ男性=20代=にダッシュの練習を指示され、体調不良で救急搬送されていたことが22日、 中学校への取材で分かった。部員は軽い熱中症と診断され、現在は回復しているという。  中学校によると、部員は8月上旬、岡山市での練習試合に出場。3失点で負けた直後、1失点につき 10本の50メートルダッシュをするようコーチの指示を受け、100本を走る当日の練習メニューとともに こなしていた。途中で体調不良とな...
»続きを読む
カテゴリー:

えげつない関学に勝ってこそ 京大アメフトOB語る - 09月19日(火)16:08 

■朝日新聞スポーツ部記者・篠原大輔(京大 1992~95年在籍) そもそも、アメフトとの出会いが「関京戦」だった。あれは1987年11月、私は高校1年だった。日曜日にあったサッカー部の練習試合のあと、…
カテゴリー:

【サッカー】<いわきFCが掲げる「JFL飛び級昇格」>どうしたら上がれる?「日本のフィジカルスタンダードを変える」という理念 - 09月19日(火)06:49  mnewsplus

福島県社会人リーグ1部を戦ういわきFCは、「飛び級でのJFL昇格」を目標に掲げている。 7部相当の県リーグから、J3までを3部相当と見た場合に4部に相当する日本フットボールリーグ(JFL)に上がるためには、狭き門を突破しなければいけない。 いわきFCが今季、JFL昇格を勝ち取る方法は一つしかない。 まずは32チームのトーナメント戦で争われる第53回全国社会人サッカー選手権大会で全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2017への出場権を得なければいけない。 条件は4位までに入った上で、全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2017...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<W杯を知る男たち/岡田武史論・上>ハリル日本、まだ強豪と戦っていない - 09月18日(月)12:44  mnewsplus

来年6月14日開幕のW杯ロシア大会出場を決めたハリルジャパン。本大会で勝つためには何が必要で、どう進むべきなのか。W杯で日本代表を指揮した監督たちによる連載「W杯を知る男たち ○○論」の第1弾は、日本を2大会に導いた唯一の指導者、岡田武史氏(61=日本協会副会長)の登場です。今回のアジア最終予選を総括し、自らの経験に基づく強化の心構えを「岡田武史論」として3回にわたって提言します。【取材・構成=木下淳】  日本が6大会連続6度目のW杯出場を決めた。岡田氏は「オーストラリア戦は非常にいい試合だった...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「練習試合」の画像

もっと見る

「練習試合」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる