「編集者」とは?

関連ニュース

650万部時代のジャンプ編集長が明かす 人気漫画の休載や打ち切りの舞台裏 - 09月23日(土)08:40 

 先日、週刊少年ジャンプの人気漫画『HUNTER×HUNTER』(冨樫義博)が、9月4日(月)発売号を最後に再び休載すると発表。ネット界隈では、季節の風物詩、様式美、休載再開などと言われ、ややネタ化している『HUNTER×HUNTER』休載問題。しかし、かつては休載が“タブー視”されている時代もあった。そこで、漫画家の働き方は昔と今とでどう変わったのか。人気漫画『北斗の拳』(原作:武論尊/漫画:原哲夫)や『シティーハンター』(北条司)を担当し、ジャンプの歴代最高部数653万部を記録した時代に編集長を務めた堀江信彦氏に、前・後編の2回に渡って話を聞いた。 【画像】『少年ジャンプ』伝説ヒーロー集結のビジュアル公開 ■週刊ジャンプが取り組んだ先進的なマーケティングとは?  週刊少年ジャンプでは、“友情・努力・勝利”を基本理念とした『ドラゴンボール』(鳥山明)などの王道とは別に、『珍遊記』(漫☆画太郎)や、『ボボボーボ・ボーボボ』(澤井啓夫)、『みどりのマキバオー』(つの丸)など、チャレンジ精神を感じる個性的な作品が多い。こうした自由な作風について堀江氏は、ジャンプが後発の雑誌であることが要因と語る。  「ジャンプは週刊少年マガジン(1959年創刊)、週刊少年サンデー(1959年創刊)に比べて後発です。他誌はジャンプ創刊時(1968年)、作家を持ってかれないようにと脇を固めていて...more
カテゴリー:

音楽性の違いで破局!?一番くだらない「恋人と喧嘩をした理由」7連発! - 09月22日(金)19:45 

付き合っていれば喧嘩の1回や2回することもありますよね。 時には些細なことで言い争いになり、後から「なんであんなことにムキになっていたんだろう……」と我に返ることもしばしば。 では世の男性が経験した喧嘩の中で、一番くだらないものはなんでしょうか? 今回は、男性に聞いた今までの人生で一番くだらない「恋人と喧嘩をした理由」をご紹介します。 ●(1)おいおい、バンドマンか 『彼女が聞いてる音楽がダサかったので注意したらブチ切れられた。 その後も度々、音楽性の違いで口論になり別れました』(26歳/企画) ●(2)「どっちでもいい」はNG 『夕飯をどこに食べに行くかで喧嘩しました。彼女は「どこでもいい」と言ったのでラーメン食べたいと提案したら「嫌」と返されバトル開始。 どこでもいいって言ったじゃんということで喧嘩になりました。 つまらないことで怒って申し訳なくなったので、私が夕飯を作ったら仲直りしました』(25歳/マーケティング) ●(3)カプリコ一揆 『カプリコの頭の部分(チョコの部分)のみのお菓子を食べていたときに、最後の一つを私が食べてしまいました。 すると彼女がとてつもなく不機嫌になり、誤れば済むだろうと思っていましたが機嫌は治らず。 これだけのことで暫くの間機嫌を損ねられているとこちらもだんだんとイライラしてしまい口論となりました。 「ひとつくらいいいだろ」「最後の...more
カテゴリー:

【テレビ】<加藤浩次>安室奈美恵の引退までの1年間を「閉店セール」と評した編集者・山本由樹氏に「それは違う」と反論!★2 - 09月22日(金)15:57  mnewsplus

お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が22日、日本テレビ系「スッキリ!!」で、歌手の安室奈美恵の引退までの1年間を「閉店セール」と評した編集者・山本由樹氏に「それは違う」と反論した。  番組では安室の引退について、かつてタッグを組んだ音楽プロデューサーの小室哲哉のツイッターや、安室コーナーを設けたCDショップの様子などを報じた。  すると山本氏がおもむろに「閉店セールってあるじゃないですか。そういって延々閉店しないお店とか。こっから1年間、閉店セール、ビジネスとして上手だな、乗せられてるなと」...
»続きを読む
カテゴリー:

『プロジェクト オクトパストラベラー』王道かつ革新的なSQEXの完全新作を、RPGファンの編集者がプレイ&徹底解説! - 09月22日(金)00:00 

スクウェア・エニックスが誇る王道RPGを受け継ぎつつも、“ロールプレイ”や“HD-2D”、“フィールドコマンド”、“コマンドブースト”といった、独自の要素を多数追加した、Nintendo Switch用ソフト『project OCTOPATH TRAVELER』。本作の概要と、先日配信された体験版のプレイインプレッションをお届けする。
カテゴリー:

宮川大輔、映画撮影中に元カノと再会 共演・丸山隆平もびっくり - 09月21日(木)20:03 

 お笑い芸人で俳優の宮川大輔(45)が21日、都内で行われた関ジャニ∞・丸山隆平の主演映画『泥棒役者』(11月18日公開)の完成披露試写会に出席した。丸山とともに臨んだ撮影の最中に「一番やりにくかったのが、駅前で目の前にスタッフさんがいないシーンでセリフを言おうと思ったら、僕が19歳の時に付き合ってた子が急に目の前に現れて、『大ちゃん!?』って…」と強烈エピソードを披露して会場をどよめかせた。 【写真】石橋杏奈、市村正親も参加した完成披露の模様  「いや今(カメラ)回ってるから…みたいな。ホンマ、ドッキリかと思った」という宮川に、その場に一緒にいたという丸山も「びっくりした」と驚いたそうで「グイグイきましたよね! 2人で座ってたんですよね」と、ひざを曲げてその場を再現。「『大ちゃんどうしたの!? その格好! 歯ぁ汚いじゃん!』って、その後やりにくかった」と、現役の泥棒役という劇中の扮装のままでの衝撃の再会を振り返った。  共演のユースケ・サンタマリア(46)がここで「結局その後、よりを戻したそうです」といつもどおりのテキトーぶりをみせると「戻してない! 向こうにも家庭ありますから。でも子どもの写真まで見せられました…スタッフ上で待ってたのに…」と爆笑を誘っていた。  2006年に西田征史監督(42)が作・演出を手掛けた同名舞台を映画化した今回、丸山演じる元泥棒の主人公・大貫...more
カテゴリー:

【コラム】新海誠監督がハードル上げた アニメ描写が緻密になるワケ - 09月22日(金)21:03  moeplus

日刊ゲンダイ:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/213994 来月25日から始まる東京国際映画祭で、新海誠監督のアニメーション作品を一挙上映するイベントが開催される。 昨年の「君の名は。」で、邦画の興行収入歴代2位を記録。 それだけに注目が集まっているが、「新海監督に限らず、最近のアニメって描写が緻密すぎて脳が疲れるんです。 長時間は見られない」(アニメ雑誌編集者)なんて声も。 確かに「君の名は。」の背景描写は「本物より美しい」と話題になった。 それで脳が疲れるなんてことはあるの...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】<加藤浩次>安室奈美恵の引退までの1年間を「閉店セール」と評した編集者・山本由樹氏に「それは違う」と反論!★3 - 09月22日(金)19:41  mnewsplus

お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が22日、日本テレビ系「スッキリ!!」で、歌手の安室奈美恵の引退までの1年間を「閉店セール」と評した編集者・山本由樹氏に「それは違う」と反論した。  番組では安室の引退について、かつてタッグを組んだ音楽プロデューサーの小室哲哉のツイッターや、安室コーナーを設けたCDショップの様子などを報じた。  すると山本氏がおもむろに「閉店セールってあるじゃないですか。そういって延々閉店しないお店とか。こっから1年間、閉店セール、ビジネスとして上手だな、乗せられてるなと」...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】<加藤浩次>安室奈美恵の引退までの1年間を「閉店セール」と評した編集者・山本由樹氏に「それは違う」と反論! - 09月22日(金)13:18  mnewsplus

お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が22日、日本テレビ系「スッキリ!!」で、歌手の安室奈美恵の引退までの1年間を「閉店セール」と評した編集者・山本由樹氏に「それは違う」と反論した。  番組では安室の引退について、かつてタッグを組んだ音楽プロデューサーの小室哲哉のツイッターや、安室コーナーを設けたCDショップの様子などを報じた。  すると山本氏がおもむろに「閉店セールってあるじゃないですか。そういって延々閉店しないお店とか。こっから1年間、閉店セール、ビジネスとして上手だな、乗せられてるなと」...
»続きを読む
カテゴリー:

関ジャニ丸山、単独初主演映画は「心に残る作品」 ユースケからノーパンバラされる? - 09月21日(木)20:32 

 「関ジャニ∞」の丸山隆平が映画単独主演を飾った「泥棒役者」の完成披露イベントが9月21日、東京・豊洲PITで行われ、丸山をはじめ共演の市村正親、ユースケ・サンタマリア、石橋杏奈、宮川大輔、片桐仁、峯村リエ、西田征史監督が舞台挨拶に出席した。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の脚本で知られる西田監督が演出した、同名舞台を映画化。元金庫破りの泥棒・大貫はじめ(丸山)が、忍び込んだ豪邸で人に見つかり続け、バレたくない一心で「豪邸の主人」「絵本作家」「編集者」を必死に演じる様子をコミカルに描いた。  会場一体となった「まるちゃ~ん」という掛け声をきっかけに、丸山が金庫のなかから現れると、満場の女性ファンから大歓声が。丸山は「金庫から登場は生まれて初めて」といい、「怖かったです。狭いのとか速いのとか高いものとか、ダメなので」と閉所は心細かった様子。そんな姿に観客から「かわいい~」と声援が送られたものの、ユースケは「(丸山は)今日ノーパンだからね。ゲンを担いで」とジョークを飛ばし、丸山は苦笑しきりだった。  それでも、映画単独初主演に対しては「恐悦至極でございます」と喜びを噛み締めた丸山。愉快な面々との撮影は「和気あいあいと楽しかった」そうで、「いろんな刺激も受けました。人として成長できていたら良いなと思いましたし、心に残る作品にな...more
カテゴリー:

関ジャニ丸山、共演者に自宅の様子暴露される「女っ気がない」 - 09月21日(木)19:48 

 人気グループ・関ジャニ∞の丸山隆平(33)が21日、都内で行われた単独初主演映画『泥棒役者』(11月18日公開)の完成披露試写会に出席した。クランクイン前には共演の市村正親(68)、宮川大輔(45)や西田征史監督(42)を招いて自宅で読み合わせを行ったという丸山だったが、市村が「あれさ、絶対女っ気ないよね!? きったない部屋だった!」と暴露。宮川からも「しばらく誰もきてない部屋だった!」と重ねられ、大興奮のファンとは裏腹に、苦笑しきりだった。 【動画】主題歌が流れる『泥棒役者』の予告映像  劇中の内容にちなみ、盗みたいくらい欲しいものを聞かれた丸山は「できることなら日本全国の女性のハートを盗みたい」とドヤ顔で応えると、ファンからは大歓声。一方、宮川は「本読みの時、マルの部屋に行ったんですよ。ベースがば~っと置いてあったり、お酒が置いてあったりすごい“男の部屋”だった。僕は全然楽器できないですが、一番ええベースをパチりたいです」と得意げに回答した。  2006年に西田監督が作・演出を手掛けた同名舞台を映画化した今回、丸山演じる元泥棒の主人公・大貫はじめが昔の仲間に脅され忍び込んだ豪邸で、そこに訪問してきた人々から「編集者」「絵本作家」「豪邸の主人」と次々と間違えられてしまう。捕まりたくない一心でその都度勘違いされた役を演じるはじめと周囲の人々のドタバタを喜劇的に描いていく。 ...more
カテゴリー:

もっと見る

「編集者」の画像

もっと見る

「編集者」の動画

Wikipedia

編集者(へんしゅうしゃ)は、書籍雑誌)や新聞などの刊行物論文などの内容を編集する者である。歴史書教科書を発行する出版社(例えば三省堂)では、「編集」ではなく「編修」と表記する場合もある。

実際は、「編集者」と呼ばれる役職は2つある。1つは、著作的な編集を行う人である。著者表示で「著」などと並んで「編」「edited by」「ed.」などとなっている人物である。編纂者・編者(編著者)に同じだ。

編集実務の担当者

もう1つは、出版社編集プロダクションなどの職場あるいはフリーなどの職業形態における編集実務担当者である。

書籍の編集者の場合、著者が本の「あとがき」などで謝意を表するような場合を除いて、一般的に自分が編集した本に自身の名前が記されることはなく(ただし、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる