「編集者」とは?

関連ニュース

20年前、片道4000円で超ガラガラだった東京湾アクアラインは800円になってこうなった - 02月24日(土)08:52 

◆~不定期連載「あの日、あの道、そしていま」~  東京湾アクアラインは、クルマ好きにとっては特別な道だ。約10kmの海底トンネルと約5kmの海上橋梁、合計15kmはすべて直線。15kmの直線という点だけを見ても、世界的にかなり珍しい。途中の人工島「海ほたる」からは、東京湾の中央からの絶景が望める。海ほたるPAは世界唯一の海上パーキングエリアで、観光資源としての価値も高い。世界に誇る日本の財産と言ってもいいだろう。  このアクアラインが、昨年末、開通20周年を迎えた。  現在は1日平均4万6000台のクルマが走り、週末ごとに渋滞するアクアラインだが、20年前は片道4000円という超高額料金ゆえに、無人の野を往くが如しであった。おかげでアクアラインは、非日常のサイバーパンク空間となった。直線が続いて眠くなるどころか、クルマ好きは大いに興奮し、目玉ギンギン状態でガラガラの海底トンネルを突っ走ったものである。  クルマ好きとしては「たまの天国」だった東京湾アクアラインだが、開通当初から、その建設収支は大問題だった。  東京湾アクアラインは、日本道路公団(当時。現在はNEXCO3社に分割民営化)の全国プール制ではなく、単独の有料道路として建設された。つまり30年間の料金徴収により、単体で1兆4400億円の建設費を償還する必要があった。そこで日本道路公団がはじき出した料金は、普通車で...more
カテゴリー:

【小説】 「ラノベ」はなぜ生まれたのか 興隆期の雑誌を研究 - 02月23日(金)18:26  mnewsplus

「ラノベ」はなぜ生まれたのか 興隆期の雑誌を研究 (1/4) 2018年02月21日 07時44分 公開 [産経新聞]  書店の売り場で少なからぬ面積の棚を占める一大書籍ジャンルになった「ライトノベル」。その興隆期に大きな役割を果たしたのが、1月に創刊30周年を迎えた KADOKAWA(富士見書房ブランド)の老舗ライトノベル雑誌「ドラゴンマガジン(ドラマガ)」だ。同誌についての初の本格的研究書 「ライトノベル史入門 『ドラゴンマガジン』創刊物語-狼煙を上げた先駆者たち」(勉誠出版)の著者で目白大専任講師の山中智省(ともみ)さん...
»続きを読む
カテゴリー:

マクドナルドの美女クルーが東京ウォーカー編集部にやってきた!実は、おいしいコーヒーでおもてなし - 02月23日(金)18:05 

喫茶店、コンビニ、自動販売機……。いつでもどこでもコーヒーが飲める時代。東京ウォーカー編集部のデスクにも、あちらこちらにさまざまなコーヒーの容器が並んでいる。そんなある日、コーヒーの香ばしい匂いとともに現れたのは、マクドナルドが誇る3人の美女クルーだった! 【写真を見る】とびきりのスマイルで差し出されるプレミアムローストコーヒー どよめく編集部スタッフにとびきりのスマイルで差し出されたのは、マクドナルドのプレミアムローストコーヒー。美女クルーの皆さん、なんと2月26日(月)から3月2日(金)の平日朝5日間開催されるコーヒーの無料お試しキャンペーンをアピールするためにやってきたのだ。午前7時から午前10時の間、全国のマクドナルド店舗(※一部店舗を除く)でプレミアムローストコーヒー(ホット)のSサイズを1杯無料で注文できるなんとも嬉しい内容だ。 「コーヒーもらえるの!?」と思いがけない差し入れに喜ぶスタッフ。クルーから直接手渡されたあつあつのコーヒーに思わず顔を緩ませた。ひと休みしていたベテラン編集者も、眠気覚ましの一口でたちまち飛び起き、何よりも雄弁に表情でその味を表現していた。 コーヒー党の若手編集部員は、コーヒーの味に「あっ、飲みやすい!」と好評価。普段は砂糖やミルクを入れる女性スタッフもあえてブラックをもらうと、「スッキリしていていけますね」と、コーヒー談義に花が咲いた。 “実...more
カテゴリー:

ギリギリアウト!言葉巧みにモデルをヌードに…「素敵なダイナマイトスキャンダル」新場面カット - 02月23日(金)17:00 

 編集者・作家の末井昭氏のエッセイを、柄本佑主演で映画化した「素敵なダイナマイトスキャンダル」の、新場面カットが公開された。今作で劇映画初出演した菊地成孔が、写真家として言葉巧みにモデルの服を脱がせていくシーンを収めている。  幼少期に、実母が隣家の若い男と不倫の末にダイナマイト心中するという衝撃の体験をした末井(柄本)は、高校卒業後に上京し、キャバレーの看板描きを経てエロ雑誌業界に入る。その後、昭和のサブカルチャー界を牽引し、伝説の雑誌編集者となっていく。冨永昌敬監督がメガホンをとった。末井氏は、「NEW self」「写真時代」で“アラーキー”こと写真家・荒木経惟氏らとのタッグで1980年代を席巻。映画では、音楽家、文筆家などの顔を持つ菊地が、経惟をモデルとした写真家・荒木さん役を演じる。  冨永監督は、「パビリオン山椒魚」「パンドラの匣」の音楽を依頼した菊池が荒木氏に「似ている」といい、「その才能の大きさも似てるし、言葉で体ができてるかのような、虚実すれすれの身体性も似てる。だから成孔さん以外のキャスティングは考えられませんでした」と熱烈オファー。菊池は頑なに出演を断っていたというが、最終的には荒木氏への尊敬の念から、“アラーキー”ではなく“写真家・荒木さん”の役を引き受けたという。  「台本を1.5倍に膨らませてください」とリクエストしたという冨永監督だが、撮影は「成孔...more
カテゴリー:

Yahoo!ニュースに僕の書いた記事が!? コメント欄にあった批判の声をあえて汲み取る - 02月23日(金)15:51 

 先日、ここ日刊SPA!に寄稿した「故・星野仙一さんが、好んで振る舞ったという自慢料理『たんシャブ』をつくってみた」というタイトルのコラムが、なんと! 一瞬ではあるがYahoo!ニュースのトップにアップされていたとの報告を、とあるスジ(=草野球仲間)からキャッチした。  自分の書いた文章がこうやって、より広い層へと伝わり、多くの人たちに読んでいただけるのはホント「ライター冥利に尽きる」ってヤツである。が、Yahoo!ニュースになるってことは、当然ながら、幾分かの“キツイ洗礼”も受けなきゃならないわけで……。その“洗礼”とは、はたして!?  そう!“キツイ洗礼”の正体は……ズバリ「記事下にある無記名ネット住民たちによる容赦ない書き込みが連なるコメント欄」のこと。  基本、ゴメス記者は、この手の自分の原稿に対する批判(たまには賞賛?)の声には一切目を通さない姿勢を、いまだ貫きとおしている。理由は単純で「僕に向けられた悪口を実際的なかたちで耳にしたら凹んでしまうから」にほかならない。  ただ、今回のコラムはそう炎上を煽るような内容でもない、ポジティブで当たり障りのないモノだったので、勇気を振り絞ってコメント欄をチェックしてみると……現時点(2月21日13時)で、(たった!)22コメント。  最初は 「これは確かに美味そうで気になったな」 ……と、好意的なコメントで思わず喜ん...more
カテゴリー:

少年ジャンプ伝説の元編集長が語る「鳥山明をめぐる社内政治」 - from AERAdot. - 02月24日(土)05:00 

2018年に創刊50周年を迎え、1月からは記念ドラマ「オー・マイ・ジャンプ!」も放送されるなど話題の「週刊少年ジャンプ」。かつて、国民的漫画「ドラゴンボール」の鳥山明の才能をいち早く見出し、国民的RPG「ドラゴンクエスト」の堀井雄二をライターからゲームの世界に送り出し、漫画界で“伝説”となった編集者がいた。
カテゴリー:

中央線の車窓に映る、ニセモノの東京 #東京と働く。 - 02月23日(金)18:10 

「学生時代、東京に出たくて出たくて眠れなかった」 こんな話をすると、よく人から笑われる。でも、大真面目だった。眠れない夜は、決まってベッドにもぐってバンプの『東京賛歌』を聞いた。それはもう飽きるほど。今でも私のiTunesのトップ25にその曲は君臨しているけど、この街で過ごす7年間の中で、それを聞くことはいつしかなくなった。だって、今の私は『東京賛歌』がなくとも東京を得られる。おかげで、ぐっすり眠れる。こんなダサい話、できればしたくなかった。でも、グンマーなんてネタにされちゃうような田舎で生まれ育った私のリアルはこれだった。 東京に行きたい、じゃなくて行かなきゃならない。そう思うようになったのは、いつからだろう。地元は嫌いじゃないけど、ないものが多すぎる。編集者になるには、絶対東京に行かなきゃ。あのころの私が眠れない日々を過ごしていたのは、そんな漠然とした焦りがあったから。そこに行けさえすれば、やりたいことのすべてが手に入ると思い込んでいた。 やっとの思いで都内の大学へ入った私に与えられたのは、想像とはちょっぴり違う東京だった。高崎線に揺られて向かう新宿駅、そこから中央線の下り電車に乗り込んで20分ちょっと。国分寺という、地元に気持ちばかりの洗練と人口密度がプラスされただけの場所だ。ここには、東京タワーの夜景も、浮世離れした高層ビル群も存在しない。 “空と地面がある街だよ ...more
カテゴリー:

ギリギリアウト!言葉巧みにモデルをヌードに…「素敵なダイナマイトスキャンダル」新場面カット - 02月23日(金)17:00 

編集者・作家の末井昭氏のエッセイを、柄本佑主演で映画化した「素敵なダイナマイトスキャンダル」の、新場面カットが公開された。今作で劇映画初出演した菊地成孔が、写真家として言葉巧みにモデルの服を脱が...
カテゴリー:

電子書籍時代、新作漫画のライバルは「セール中の過去の名作」 苦境指摘するフリー編集者のツイート話題に - 02月23日(金)16:11 

フリーランス漫画編集者の荻野謙太郎氏が、新人作家が出す新作が過去の名作のバーゲンセールとの競争にさらされ、厳しい状況が続いている事情を、ツイッター上で明かし、反響を呼んでいる。
カテゴリー:

【女子アナ】TBS宇垣美里アナの「マイメロ論」が話題 担当編集者が語る人気の理由 - 02月23日(金)14:55  mnewsplus

TBS宇垣美里アナの「マイメロ論」が話題 担当編集者が語る人気の理由 2/23(金) 8:40配信 オリコン https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180222-00000352-oric-ent 愛らしいルックスやアニメ好きという属性で男性からの支持率急増中のTBSの宇垣美里アナウンサー。 ところが昨年、カルチャー誌「クイックジャパン」(太田出版)のコラムで、自身にサンリオの人気キャラ『マイメロディ』という異なる人格を持たせ、困難やツラい出来事を回避していると告白。このコラムが大きな反響を呼び、若い女性を中心に「マイメロ論」と呼ばれ共...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「編集者」の画像

もっと見る

「編集者」の動画

Wikipedia

編集者(へんしゅうしゃ)は、書籍雑誌)や新聞などの刊行物論文などの内容を編集する者である。歴史書教科書を発行する出版社(例えば三省堂)では、「編集」ではなく「編修」と表記する場合もある。

実際は、「編集者」と呼ばれる役職は2つある。1つは、著作的な編集を行う人である。著者表示で「著」などと並んで「編」「edited by」「ed.」などとなっている人物である。編纂者・編者(編著者)に同じだ。

編集実務の担当者

もう1つは、出版社編集プロダクションなどの職場あるいはフリーなどの職業形態における編集実務担当者である。

書籍の編集者の場合、著者が本の「あとがき」などで謝意を表するような場合を除いて、一般的に自分が編集した本に自身の名前が記されることはなく(ただし、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる