「総務省消防庁」とは?

関連ニュース

消防団PR動画最優秀賞に広島市 「まちのヒーロー消防団」 - 04月17日(火)09:52 

消防団活動のPR動画コンテストを初めて実施した総務省消防庁は17日、最優秀賞に広島市消防局の「まちのヒーロー消防団...
カテゴリー:

【社会】道交法改正後に取得した普通免許で、消防団のポンプ車3割以上運転できず…活動に支障が出る恐れ - 04月16日(月)09:45  newsplus

 全国の消防団にある車両の3割以上が、昨年3月の道路交通法改正後に取得した普通免許で運転できないことが、総務省消防庁の調査でわかった。  消防団の人手不足が深刻になるなか、若手の団員がポンプ車などを運転できないと、活動に支障が出る恐れもある。このため同庁は、総重量7・5トン未満まで運転できる「準中型免許」の取得を支援する。  普通免許で運転できる車両は昨年の改正前は5トン未満だったが、改正後は3・5トン未満に引き下げられた。  昨年4月時点の消防庁の調べによると、全国の消防団車両は約5万...
»続きを読む
カテゴリー:

総務省、大学初の認定 秋田看護福祉大が消防団協力事業所に - 04月13日(金)06:43 

 秋田県大館市の秋田看護福祉大(小泉正樹学長)が、総務省消防庁の消防団協力事業所に認定された。同大では学生63人(2017年度時点)が市の機能別消防団員に登録。防災訓練に積極的に参加している。一般企業…
カテゴリー:

【消防庁】救急出動「不急」集計へ  タクシー代わりに呼ぶ「不要不急」の利用実態を把握 来年から - 04月16日(月)15:42  newsplus

 総務省消防庁は、救急車出動の必要性が低かった件数を2019年から集計する。救急車の出動は17年速報値で634万2千件に上り、8年連続で過去最多を更新。今後も増える見込みで、タクシー代わりに呼ぶといった「不要不急」の利用実態を把握する。  出動の増加は高齢化により、病気で運ばれる人が多くなっているためだ。不適切な利用が続くと、緊急時に現場の到着が遅れる事態も心配されている。  17年の搬送者をみると、48.5%は入院を必要としない「軽症」だった。ただ、119番時点では「激痛で動けなかった」「出血が多く救急車が...
»続きを読む
カテゴリー:

消防庁:救急出動「不急」集計へ 19年から - 04月15日(日)19:15 

 総務省消防庁は、救急車出動の必要性が低かった件数を2019年から集計する。救急車の出動は17年速報値で634万2000件に上り、8年連続で過去最多を更新。今後も増える見込みで、タクシー代わりに呼ぶといった「不要不急」の利用実態を把握する。
カテゴリー:

重大事故防止へ好事例 リスクアセスの成功要因示す 3省庁合同 石油コンビナート関係で初 - 04月10日(火)05:01 

 厚生労働省、総務省消防庁、経済産業省は、石油コンビナート関連事業者を対象に、災害防止に有効な取組みを行う22社を紹介した「リスクアセスメント良好事例集」を作成した。近年、石油コンビナートなどの事業所で発生している重大事故の原因が、リスクアセスメントの対応や人材育成などの不備にあることを踏まえ、リスクアセスメントの成功要因やメリットが理解できる内容となっている。石油コンビナート関係では初の試み。リ……[続きを読む]
カテゴリー:

「総務省消防庁」の画像

もっと見る

「総務省消防庁」の動画

Wikipedia

  • redirect 消防庁...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる