「総務省」とは?

関連ニュース

ふるさと納税、返礼率30%超→「寄付したい」増 コメ・肉・魚が人気、事業構想大学院大調べ - 10月21日(土)07:41 

 ふるさと納税の返礼品の金額について寄付金に対する割合(返礼率)が30%を超えると「寄付したい」と思う人が増え始めることが、事業構想大学院大(東京都港区)などの調査でわかった。30%以下だと寄付の意向は高まらず、総務省が返礼品競争の沈静化を狙って全国に出した「返礼率を3割以下に」とする通知を自治体が守れば寄付金が集まらなくなりかねない現状を浮き彫りにした。
カテゴリー:

Wi-Fiのプレミアモバイルに行政指導 - 10月21日(土)05:00 

 総務省は20日、据え置き式や携帯式のWi-Fiルーターなどを販売するプレミアモバイル(東京)に対し、実際より安い通信料金を顧客に示して勧誘したなどとして、電気通信事業法に基づき行政指導した。
カテゴリー:

【政党交付金】 「解党」したはずの民進党にも21億円交付 - 10月21日(土)00:05  newsplus

総務省は20日、今年3回目の政党交付金79億4342万円を7党に交付した。政党交付金は4月、7月、10月、12月の年4回に分けて支出される。衆院選で所属議員が大量に離党した民進党にも21億7974万円が交付された。  10月分の交付額はこのほか、自民党44億565万円▽公明党7億8384万円▽日本維新の会2億5239万円▽日本のこころ1億2327万円▽自由党9966万円▽社民党9884万円。希望の党と立憲民主党、制度に反対する共産党は交付を受けていない。 配信2017.10.20 21:11更新 産経ニュース ht...
»続きを読む
カテゴリー:

【総務省】マイナンバーカード、督促90日で廃棄 横浜市の21枚紛失問題で総務省通知 - 10月20日(金)16:37  newsplus

 総務省は19日、マイナンバー制度で希望者に交付する個人番号カード21枚を横浜市が保管中に紛失したのを受け、全国の自治体に適正な管理を求める通知を出したと発表した。カード受け取りを督促する書面を申請者に送ってから90日経過しても受け取りに来ない場合は、廃棄する目安も初めて示した。  通知は18日付。番号カードは申請後、交付の準備ができると市区町村から通知書が届くが、受け取りに来ない人もいる。総務省は今回、督促の書面を送付後、90日経過しても受け取りに来ない場合は交付中止の処理を行い、カードは廃棄するよう...
»続きを読む
カテゴリー:

衆院選:外部立会人、活用進まず 病院・施設の不在者投票 - 10月20日(金)11:44 

 病院や高齢者施設の入所者など、投票所に足を運ぶのが困難な有権者のための不在者投票を巡って、公正さを保つために導入された「外部立会人」制度の活用が進んでいない。2013年の改正公職選挙法が活用を努力義務にとどめたことが一因だ。総務省は「外部立会人は選挙の公正性を担保するために不可欠」と強調するが、人材確保など自治体の事情も普及を阻んでいる。【渡辺暢】
カテゴリー:

<衆院選>「民主党」は○も「民主」は? 総務省が比例有効例 - 10月21日(土)06:05 

衆院選(22日投開票)の比例代表を巡り、総務省は有効投票となる参考例を都道府県選管に通知した。民進党が分裂し、希望の党と立憲民主党が公示直前に結成された経緯を踏まえたが、「民主党」と書いた場合は有効な
カテゴリー:

【衆院選】 きょう選挙戦最終日 台風で一部投票繰り上げも - 10月21日(土)04:23  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171021/k10011184671000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002 衆議院選挙は22日、投票日を迎えます。5年間の安倍政権への評価が問われた選挙戦は21日が最終日で、各党の党首や候補者らは、それぞれの主張や政策などを訴え支持を呼びかけることにしています。 今回の衆議院選挙は、定数が前回よりも10減って、小選挙区289、比例代表176の合わせて465議席をめぐって1180人の候補者が争っていて、22日投票日を迎えます。 5年間の安倍政権への評価が問われた選挙...
»続きを読む
カテゴリー:

【政治】政党交付金 「解党」したはずの民進党にも21億円交付 - 10月20日(金)21:25  seijinewsplus

10/20(金) 21:12配信 産経新聞 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171020-00000574-san-pol  総務省は20日、今年3回目の政党交付金79億4342万円を7党に交付した。 政党交付金は4月、7月、10月、12月の年4回に分けて支出される。 衆院選で所属議員が大量に離党した民進党にも21億7974万円が交付された。  10月分の交付額はこのほか、自民党44億565万円▽公明党7億8384万円 ▽日本維新の会2億5239万円▽日本のこころ1億2327万円▽自由党9966万円 ▽社民党9884万円。希望の...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】空前の低失業率でも賃金が上がらない理由。数字が語るほど雇用環境はよくない - 10月20日(金)12:24  bizplus

「アベノミクス」の最大の実績は、雇用環境の改善だといわれる。かつて5%前後だった失業率は、今年8月には2.8%まで下がった。それではなぜ景気回復の実感がともなわないのか。第一生命経済研究所の永濱利廣・首席エコノミストは、「不本意で非正規社員になっている人まで含めた『広義の失業率』は悪化している」と指摘する。日本の雇用環境の実態とは――。 人口構成や労働意欲も失業率を動かす 雇用環境を示す最も代表的なデータに失業率があり、日本の失業率は総務省「労働力調査」の中で公表される。そもそも失業率とは、労働力人口...
»続きを読む
カテゴリー:

「テレワーク月間」スタート・セミナー開催!総務省、東京急行電鉄、日本生命、富士通、楽天ソシオビジネスが登壇します(11/2) - 10月20日(金)11:00 

来る11月、産官学連携の「テレワーク月間」がスタートします。「テレワーク月間」とはテレワーク普及推進施策の1つ。この一大イベントに向けて、『「テレワーク月間」スタート・セミナー』と題した特別セミナーを 開催いたします。総務省による施策の説明のほか、日本生命と富士通、楽天ソシオビジネスからゲスト講師をお招きし、両社の「テレワーク月間の試み」についてトークセッションを行います。参加無料、お気軽にお申込みください。
カテゴリー:

もっと見る

「総務省」の画像

もっと見る

「総務省」の動画

Wikipedia

総務省(そうむしょう、)は、日本の行政機関の一つ。

総務省は、行政の基本的な制度の管理及び運営を通じた行政の総合的かつ効率的な実施の確保、地方自治の本旨の実現及び民主政治の基盤の確立、自立的な地域社会の形成、国と地方公共団体及び地方公共団体相互間の連絡協調、情報の電磁的方式による適正かつ円滑な流通の確保及び増進、電波の公平かつ能率的な利用の確保及び増進、郵政事業の適正かつ確実な実施の確保、公害に係る紛争の迅速かつ適正な解決、鉱業、採石業又は砂利採取業と一般公益又は各種の産業との調整並びに消防を通じた国民の生命、身体及び財産の保護を図り、並びに他の行政機関の所掌に属しない行政事務及び法律で総務省に属させられた行政事務を遂行することを任務とする(総務省設置法第3条)。

概要

総務副大臣、総務大臣政務官の記者会見のバックパネルにシンボルマークが描かれている 総務省設置法3条の任務(上記)を達成するため、行政組織、公務員制度、地方行財政、選挙、消防防災、情報通信、郵政事業、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる