「総務省」とは?

関連ニュース

熱中症搬送2696人=先週、前年同期の半数に-総務省消防庁 - 08月22日(火)12:58 

 総務省消防庁は22日、14~20日までの1週間に熱中症で2696人が救急搬送されたと発表した。全国各地で長雨や日照不足が続いた影響で、前年同期(5362人)の約半数に減った。前週は4298人だった。 都道府県別に見ると、前年同期比で搬送された人が増えたのは沖縄のみだった。 【時事通信社】
カテゴリー:

熱中症:搬送2696人、大幅減…東日本の気温低く - 08月22日(火)12:30 

 総務省消防庁は22日、全国で14~20日の1週間に2696人が熱中症で救急搬送されたとの速報値を発表した。前週より1602人少なく、死者はいなかった。北日本や東日本は雨や曇りの日が多く、気温が平年より低く推移したためとみられる。
カテゴリー:

天候不順で家計消費0.4%減 7月猛暑の恩恵、8月前半で帳消しに - 08月22日(火)11:45 

8月に入って雨模様が続く首都圏。ぐずついている天気にはうんざりだが、この夏の日照不足が夏物商戦などの消費支出を鈍らせていることが、第一生命経済研究所の調査でわかった。2017年8月17日に発表した。日照時間と家計消費支出には連動性があり、2017年7~9月期の日照時間が10%減少すると、家計消費支出が0.4%程度押し下げられる計算になるという。 農作物やレジャーなどに影響及ぼす 第一生命経済研究所の試算によると、この7月は東京・大阪の日照時間が平年より16.5%多かったことから、7月の家計消費を0.6%増(1236億円増)押し上げた計算。しかし、すでに8月前半の東日本の日照時間は平年より6割程度少なかったことから、仮に8月後半が平年並みだったとしても、8月の家計消費は0.6%減(1122億円減)程度押し上げられ、7月のプラスをほぼ相殺する計算になる、としている。 首席エコノミストの永濵利廣氏は、8月21日のJ‐CASTニュースの取材に、「天候不順は夏物商売や農作物などに影響を及ぼすからだ」と、消費支出のマイナス要因について説明した。 夏の低温や日照不足は、ビールやアイスクリームなどの、いわゆる夏物商戦に悪影響を与えるほか、海水浴やプールといったレジャー施設の人出にも影響する。さらに、日照時間が十分でないと農作物が育たなくなり、その結果、「農作物の値段が上がるので消費者は手を出さなく...more
カテゴリー:

【社会】ワンオペ育児 休日イクメンが知らない妻の平日★3 - 08月22日(火)09:57  newsplus

 母親が1人で育児や家事をする「ワンオペ育児」が子育て中の女性の間で話題です。新聞や週刊誌に記事が次々と掲載され、NHKも取り上げました。しかし若者や50代以上の男性は「ワンオペ育児」という新語をあまり知りません。なぜでしょうか。ワンオペ育児の問題点を指摘してきた藤田結子・明治大商学部教授(社会学)が、その理由を解き明かします。【毎日新聞経済プレミア】  ◇週末の公園とスーパーには「ワンオペ」感なし  若者や中高年男性に「ワンオペ育児」があまり知られていない理由の一つは、新聞ではおもに生活面、...
»続きを読む
カテゴリー:

7月の熱中症搬送、最多2万6702人 香川は309人 - 08月22日(火)09:23 

総務省消防庁は21日、熱中症により7月に全国で2万6702人が救急搬送されたと発表した。
カテゴリー:

熱中症搬送2696人、大幅減 東日本の気温低く - 08月22日(火)12:31 

総務省消防庁は22日、全国で14~20日の1週間に2696人が熱中症で救急搬送されたとの速報値を発表した。前週より...
カテゴリー:

熱中症搬送2696人 東日本の気温低く、大幅減 - 08月22日(火)12:24 

 総務省消防庁は22日、全国で14~20日の1週間に2696人が熱中症で救急搬送されたとの速報値を発表した。前週より1602人少なく、死者はいなかった。北日本や東日本は雨や曇りの日が多く、気温が平年より低く推移したためとみられる。
カテゴリー:

総務省「若年層に対するプログラミング教育の普及推進」事業に当社製品が採用。 - 08月22日(火)11:30 

[インフォテリア株式会社] <実証実施環境> [画像1: https://prtimes.jp/i/10008/213/resize/d10008-213-225550-0.jpg ] Handbookは、大学や専門学校などの高等教育において約50件(2017年6月末現在)の導入実績を積み重ねてきました。総...
カテゴリー:

バイク販売不振、原付振るわず 「厳しい生産・販売環境続く」 - 08月22日(火)09:38 

国内バイク市場の販売不振が続いている。日本自動車工業会の調査によると、2016年の二輪車の国内販売台数は33万8000台で、1980年(237万36台)の約7分の1に縮小した。原付一種(50cc以下)などの需要の減少が響いた。 人気は125cc以下のスクーターやスポーツタイプ 「バイクの日」の2017年8月19日、ホンダとヤマハ発動機、川崎重工業、スズキのバイクメーカー大手4社は毎年恒例の合同記者会見を開き、二輪車普及に向けた取り組みの現状を発表した。 日本自動車工業会(自工会)・二輪車特別委員会が、2016年の自動二輪車と原付一種(50cc以下)の販売をめぐる分析結果を報告。それによると、自動二輪車全体では「熊本地震により生産体制にも影響が及んだが、前年並みの販売を堅持した」と結論付けた。 足を引っ張ったのは、原付一種。厳しい生産・販売環境が続いた。国内出荷台数(自工会調べ)は、前年比16.0%減の16万2130台。「原付一種は日本の生活交通を支える交通手段として普及してきたが、さまざまな要因により需要が大きく後退している」という。 軽二輪(125cc超~250cc以下)もさえない。届け出台数(全国軽自動車協会連合会調べ)は、前年比9.5%減の4万6429台。スクータータイプの市場投入が落ち着いたため、という。また、小型二輪(250cc超)の新規検査台数(全軽協調べ)は、新スタイ...more
カテゴリー:

【イカ離れ】「いか」を食べなくなった日本人 その理由は・・・★3 - 08月22日(火)08:04  newsplus

「魚離れ」とよく言われているが今に始まったことではない。 2001年からじわじわと減少の一途なのだ。 そこで外務省の方からFAO(国連食糧農業機関)に聞くのが最も確かな数字ということで、問い合わせしたところ、魚介類の一人当たりの年間消費量の30年間の推移では、2005年までは日本は世界的にみて、魚介類の消費量は断トツに1位を維持していた。しかしその後2006年には韓国、2010年にはノルウエーに追い越され、魚の消費量は3位となっている。ちなみに4位が中国、5位がEUとなる(国連食糧農業機関、「Food Balance Sheets] 参照...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「総務省」の画像

もっと見る

「総務省」の動画

Wikipedia

総務省(そうむしょう、)は、日本の行政機関の一つ。

総務省は、行政の基本的な制度の管理及び運営を通じた行政の総合的かつ効率的な実施の確保、地方自治の本旨の実現及び民主政治の基盤の確立、自立的な地域社会の形成、国と地方公共団体及び地方公共団体相互間の連絡協調、情報の電磁的方式による適正かつ円滑な流通の確保及び増進、電波の公平かつ能率的な利用の確保及び増進、郵政事業の適正かつ確実な実施の確保、公害に係る紛争の迅速かつ適正な解決、鉱業、採石業又は砂利採取業と一般公益又は各種の産業との調整並びに消防を通じた国民の生命、身体及び財産の保護を図り、並びに他の行政機関の所掌に属しない行政事務及び法律で総務省に属させられた行政事務を遂行することを任務とする(総務省設置法第3条)。

概要

総務副大臣、総務大臣政務官の記者会見のバックパネルにシンボルマークが描かれている 総務省設置法3条の任務(上記)を達成するため、行政組織、公務員制度、地方行財政、選挙、消防防災、情報通信、郵政事業、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる