「総務省」とは?

関連ニュース

岐阜県池田町、ふるさと納税返礼品に期間限定で「日本旅行ギフトカード」を追加 - 12月13日(水)16:29 

岐阜県池田町は、12月限定で日本旅行ギフトカードをふるさと納税の返礼品に追加した。 寄付額は10万円、30万円、50万円、100万円から選ぶことができ、寄付額の半額相当の日本旅行ギフトカードを2018年3月1日以降順次発送する。 日本旅行ギフトカードは、日本国内の日本旅行、日旅サービス、日本旅行北海道、日本旅行東北、日本旅行・グローバルビジネストラベル、日本旅行オーエムシートラベルの各店舗や日本旅行の一部代理店、特約店で利用できる。JRや私鉄の回数券、航空回数券、外国通貨、保険、ローン申込金、商品券、書籍、旅行用品、土産品、ドリームプラン、教育旅行積立などの支払いには利用できない。利用期限はない。支払いはクレジットカードで行うことができる。転売や換金などを目的とした申込みはできず、了承のうえ寄付するよう呼びかけている。 ふるさと納税は、寄付額から自己負担額2,000円を除いた金額を住民税の控除を受けることができる制度。控除額の上限は納税額によって異なっている。農産物などの返礼品を設定することで寄付を促す自治体も多く、総務省は高額であったり換金性の高い返礼品の提供をやめるよう指示していた。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

「異能(Inno)vationジェネレーションアワード」16の部門賞・28の企業賞が確定 - 12月13日(水)13:00 

[株式会社KADOKAWA] [画像1: https://prtimes.jp/i/7006/3981/resize/d7006-3981-378289-0.jpg ] 総務省「異能(Inno)vation」プログラムは平成26年度より、失敗を恐れずに探求する、大いなる可能性があるICT(情報通信技術)分野へ...
カテゴリー:

職場恋愛はどう始まる? オフィスで女子が秘めている恋心 - 12月13日(水)08:00 

 働く成人女性が交際相手と出会ったきっかけ。もっとも多いのは、友人の紹介や合コンではなく、職場での恋愛なんだそう。そして、発展しないままになってしまった仕事仲間への恋心は、きっとそれ以上に多いのだと思います。今回はヒトメボに寄せられた投稿から女性社員の「職場での片想い」にまつわる9つのエピソードを紹介します。 空腹時を狙って相談! 職場の男性と「ビジネス以上の関係」に進展する方法 #1 褒められるだけでいい 「仕事の先輩だけど好きになっちゃった。参ったなあ、仕事上、社内恋愛禁止だから、、、秘密なんです。仕事で怒られてばっかりなんだ。早く一人前になって役に立ちたいな。告白はしない。少しでも役に立てるように頑張りたい。そんで褒められたらいいな。そんだけでいいや」(千葉県松戸市・女性)  こうして多くの恋心は秘められたままになるのかもしれないですね。仕事の原動力は好きな人の役に立ちたいという想い。ただ、今より褒められて今より好きになってしまったら? #2 元気をもらえる 「仕事中、私をからかってた先輩。『○○さん、今日頑張ったからいっぱいほめてあげて下さいね』って話を、気になる彼に振りました。『わかりました。いっぱいほめときます!』って爽やかな笑顔で答えた彼。ほめとくって年下のくせに(笑)うちの職場には今月週1くらいしか来ないけど、夜勤明けで疲れてた私、ちょっと元気をもらい...more
カテゴリー:

自治体の基金残高増問題視「慎むべき」 - 12月13日(水)05:00 

 総務省の地方財政審議会(堀場勇夫会長)は12日、2018年度予算編成に向けた意見書を野田聖子総務相に提出した。自治体の基金残高の増加を問題視する財務相の諮問機関などに対し「自治体の自主的な判断に基づく財政運営の結果に国が口を挟むのは慎むべきだ」と批判している。意見書は基金について、人口減少による税収の落ち込みや、公共施設の老朽化などに備えるのが目的で「残高の増加を理由に地方の財源を削減するのは不適当」と指摘。自治体の将来不安を取り除くには、地方交付税を安定的に確保することが必要と強調し、税収が集中する東京と地方の格差是正のため、地方税の見直しも重要とした。
カテゴリー:

地方財政審:「地方財源の削減は不適当」、総務相に意見書 - 12月12日(火)19:18 

 総務省の地方財政審議会(会長・堀場勇夫青山学院大学名誉教授)は12日、自治体の基金について「残高の増加をもって地方財源を削減するような議論は不適当」などとして、財務省をけん制する内容の意見書を野田聖子総務相に提出した。
カテゴリー:

岐阜県池田町、ふるさと納税返礼品に期間限定で「日本旅行ギフトカード」を追加 - 12月13日(水)16:29 

岐阜県池田町は、12月限定で日本旅行ギフトカードをふるさと納税の返礼品に追加した。 寄付額は10万円、30万円、50万円、100万円から選ぶことができ、寄付額の半額相当の日本旅行ギフトカードを2018年3月1日以降順次発送する。 日本旅行ギフトカードは、日本国内の日本旅行、日旅サービス、日本旅行北海道、日本旅行東北、日本旅行・グローバルビジネストラベル、日本旅行オーエムシートラベルの各店舗や日本旅行の一部代理店、特約店で利用できる。JRや私鉄の回数券、航空回数券、外国通貨、保険、ローン申込金、商品券、書籍、旅行用品、土産品、ドリームプラン、教育旅行積立などの支払いには利用できない。利用期限はない。支払いはクレジットカードで行うことができる。転売や換金などを目的とした申込みはできず、了承のうえ寄付するよう呼びかけている。 ふるさと納税は、寄付額から自己負担額2,000円を除いた金額を住民税の控除を受けることができる制度。控除額の上限は納税額によって異なっている。農産物などの返礼品を設定することで寄付を促す自治体も多く、総務省は高額であったり換金性の高い返礼品の提供をやめるよう指示していた。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

内田洋行、小学校向けプログラミング教材「Scratchテキスト」無料配信 - 12月13日(水)12:00 

 内田洋行は平成29年12月13日、教育コンテンツ配信サービス「EduMall(エデュモール)」にて、小学校向けのプログラミング教材「Scratchテキスト」の無償配信を開始した。ゲームを作りながら直観的にプログラミングを学べる。 「Scratch(スクラッチ)テキスト」は、テックプログレスが開発した教材。子ども向けプログラミング言語「Scratch」を、ゲーム作りを通して学ぶ。マサチューセッツ工科大学メディアラボのグループが開発した「Scratch」は、直感的にプログラミングを学べ、世界の教育機関におけるプログラミング教育に利用されている。 「Scratchテキスト」には、全10回分の授業に対応した約100ページのテキストを収録。印刷して配布すれば、子どもがひとりで読んで進められるテキスト構成になっている。また、プロジェクターでスクリーンに投影して使用することもできる。 「EduMall」は、平成14年の総務省EduMart実証実験で得られた知見をもとに、内田洋行が商用化したコンテンツ配信サービス。32社から提供されるデジタルコンテンツ約1,150タイトルの中から、学校の要望に応じて選び、年間契約で利用できる。これまで約300自治体5,200校の小中学校に導入されている。【関連写真】内田洋行、小学校向けプログラミング教材「Scratchテキスト」無料配信■関連記事PCN、学校用プ...more
カテゴリー:

地方に眠る「埋蔵金」21兆円、財務省と総務省攻防のゆくえ - 12月13日(水)06:10 

全国の地方自治体が積み立てた21兆円を超す基金を巡り、財務省と総務省のさや当てが続いている。「新たな埋蔵金」と指摘し、年々膨れ上がる基金残高を問題視する財務省に対し、地方財政を所管する総務省は将来の財源不足に備えて必要な積み立てと反論する。2018年度の予算編成でも自治体に基金を取り崩させて地方交付税を削減したい財務省と、交付税を死守しようとする総務省の主張が正面から激突し、妥協点が見えない。甲南大経済学部の足立泰美准教授(財政学)は「自治体の多くが基金を積み増しているのは将来に不安があるからだ」と分析する。自治体の基金は積み過ぎなのか、必要な範囲なのか。
カテゴリー:

総務省に未来予想図考える若手官僚チーム 12/12 21:28更新 - 12月12日(火)21:28 

2030年から2040年代のAIなどテクノロジーが進化した情報通信社会の「未来予想図」を考える若手官僚のチームが総務省に発足した。
カテゴリー:

12月分の特別交付税、自治体に2784億円を配分 豪雨や台風対応に - 12月12日(火)15:53 

 総務省は、今年度12月分の特別交付税として、自治体に2784億円を配ると発表した。福岡、大分両県で大きな被害が出た九州北部の豪雨、日本列島を縦断した台風18号の復旧・復興など災害関連は計253億円となっている。
カテゴリー:

もっと見る

「総務省」の画像

もっと見る

「総務省」の動画

Wikipedia

総務省(そうむしょう、)は、日本の行政機関の一つ。

総務省は、行政の基本的な制度の管理及び運営を通じた行政の総合的かつ効率的な実施の確保、地方自治の本旨の実現及び民主政治の基盤の確立、自立的な地域社会の形成、国と地方公共団体及び地方公共団体相互間の連絡協調、情報の電磁的方式による適正かつ円滑な流通の確保及び増進、電波の公平かつ能率的な利用の確保及び増進、郵政事業の適正かつ確実な実施の確保、公害に係る紛争の迅速かつ適正な解決、鉱業、採石業又は砂利採取業と一般公益又は各種の産業との調整並びに消防を通じた国民の生命、身体及び財産の保護を図り、並びに他の行政機関の所掌に属しない行政事務及び法律で総務省に属させられた行政事務を遂行することを任務とする(総務省設置法第3条)。

概要

総務副大臣、総務大臣政務官の記者会見のバックパネルにシンボルマークが描かれている 総務省設置法3条の任務(上記)を達成するため、行政組織、公務員制度、地方行財政、選挙、消防防災、情報通信、郵政事業、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる