「綾瀬はるか」とは?

関連ニュース

【映画】「君の名は。」動員ランキングでまたまた首位返り咲き…9週ぶり13回目 - 01月23日(月)18:01 

劇場版アニメ「君の名は。」のビジュアル (C)2016「君の名は。」製作委員会  23日に発表された21、22日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、公開22週目の大ヒット中の劇場版アニメ「君の名は。」(新海誠監督)が首位に返り咲いた。同作が首位になるのは2016年11月19、20日の同ランキング以来、9週ぶり13回目。  2位は綾瀬はるかさんが主演を務める「本能寺ホテル」(鈴木雅之監督)、3位は初登場の、綾野剛さん主演の人気シリーズの続編「新宿スワン2」(園子温監督)だった。  「君の名は。」は、1000...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

春風亭昇太が「テレビ界を制圧する日」 - 01月22日(日)16:00 

 パッと見は気弱な独身メガネ落語家。しかし、彼には人を魅了する魔力と、とてつもない才能が潜んでいた――。  列島に、ひと足早く春が訪れた。落語家・春風亭昇太(57)が八面六臂の活躍を見せているのだ。昨年5月、日曜夕方の国民的番組『笑点』(日本テレビ系)6代目司会者に抜擢されて以来、その快進撃は続いている。「前任者の桂歌丸は50年前の番組開始時からの出演者で、司会交代での視聴者離れも危惧されましたが、視聴率は好調。完全に受け入れられたと言っていいでしょう」(テレビ誌記者)  芸能ジャーナリストの渡邊孝浩氏は、昇太がウケる理由を、こう解説する。「司会者が絶対権力者だった歌丸時代、正面から歌丸をネタにするのは三遊亭円楽くらいでした。しかし、今では、新メンバーの林家三平までが独身ネタで昇太をイジるなど、司会者と回答者が対等になり、雰囲気が明るくなりました」  6代目司会者として盤石の昇太には、特長がある。「芸の世界で“フラがある”と言うんだけど、何でもないことでも、その人が言うと面白く聞こえる。昇太の師匠の春風亭柳昇もそうだった。極端な例では、トランプもフラがある。SMAPで言えば草なぎ剛。綾瀬はるかもそう。“こんにちは”って言うだけでも面白い」(芸能プロ関係者)  アメリカ新大統領や当代きっての人気者と同じ素質の持ち主で、磨かれた腕もある昇太を、テレビ業界が放っておくはずがない。昨年大晦...more
in English
カテゴリー:

西村雅彦 「俳優の地位なんて今でもあると思っていません」 - 01月22日(日)07:00 

 12月10日、富山市民プラザで開催された「西村雅彦コミュニケーションwith富山 芝居を創る4」。約1か月の練習を経て、小学生から80歳まで男女40人の市民が初舞台を踏んだ。ほぼ全員が演劇の経験はない。  総合プロデューサーを務めたのは西村雅彦(56)。5年前から、石川、富山、千葉、福岡など、各地で初心者が参加する芝居やラジオドラマといったワークショップを開催している。  いまやテレビドラマに映画にと引っ張りだこの西村だが、意外にも俳優を志したのは遅く、20歳を過ぎてからだった。  高校卒業後、大学進学のため上京するも、都会に馴染めず一度は富山へ帰郷。専門学校でカメラを学び、カメラアシスタントなどのバイトを転々とし、目標を見失った時期もあった。西村は当時の自身を「シャイで人と話すのが苦手」と振り返る。 「みんながわっと盛り上がっているときに、一人離れたところで見ているような、ひねくれ者でしたね。このままじゃいけないと思うけれど、何をすべきかわからない。カメラ一つで世界各地を回り、死んだらそれまでだと思ったけど、そんな勇気もなかった……ね~(笑い)」  そういって、おどけた表情でカメラを覗き込む。ならば苦手なことをやろうと、地元のアマチュア劇団の門を叩いたのは23歳の時。初舞台は三島由紀夫の「卒塔婆小町」だった。 「主役の青年将校を演じました。もう、必死です。けれど、本番では体も声...more
in English
カテゴリー:

『精霊の守り人』新シリーズに見る 綾瀬はるかの進化 - 01月21日(土)08:00 

 作家・上橋菜穂子氏によるファンタジー小説「守り人」シリーズを、全編4Kで実写ドラマ化し、3年かけて放送する超大作の新シリーズ『大河ファンタジー 精霊の守り人 悲しき破壊神』が、NHK総合で21日よりスタートする(毎週土曜 後9:00~9:58、全9回)。主人公の女用心棒バルサ役で女優・綾瀬はるかが前シリーズに続いて主演。短槍を武器に戦うバルサを体当たりで演じる綾瀬のアクションも見どころの本作。どのように進化しているのか。  前作(2016年3月~4月に4回放送)では、常人の目には映らない精霊の世界と人間の世界が融合する独特の世界観の中で、精霊の卵を宿した新ヨゴ国の第2王子チャグムとバルサの運命的な出会いと別れが描かれた。  チャグムと精霊の卵を守り通したバルサだったが、自分の父、そして育て親・ジグロの敵であるカンバル国王・ログサムを暗殺しようとして失敗に終わり、お尋ね者に。それから4年。チャグムは新ヨゴ国の皇太子となり、バルサは隣国のロタ王国に身を潜め、用心棒稼業を続けていた。今作で、バルサが出会うのは少女・アスラ(鈴木梨央)。特別な力を持つアスラを守りながら、再びバルサの死闘の旅が始まる。  綾瀬「前作では、やや少年みたいなところがあったバルサでしたが、チャグムとの旅を経験し、さらに4年の月日を重ねた今作ではだいぶ大人になっています。これまで一生懸命がむしゃらに生きてき...more
in English
カテゴリー:

『精霊の守り人』第2章、遂に始動!ディーン・フジオカ、高良健吾らイケメン俳優続々 - 01月20日(金)18:40 

 全編4K映像で描かれる、綾瀬はるか主演のNHK大河ファンタジー『精霊の守り人』の第2章がいよいよ21日から放送がスタートとなる。新たに、人気俳優のディーン・フジオカ、高良健吾、鈴木亮平、そして注目の若手俳優としてM!LKの板垣瑞生ら、イケメン俳優らが多数出演する。【関連】『精霊の守り人 悲しき破壊神』キャスト&場面写真フォトギャラリー 本作は、昨年3月に放送された「放送90年 大河ファンタジー『精霊の守り人』」の続編にあたるシーズン2。女用心棒バルサ(綾瀬)が人身売買からすく出した少女・アスラ(鈴木梨央)は、破壊神・タルハマヤをその身に宿すが、その存在を危険視するロタ王国の呪術師親子・シハナ(真木よう子)とスファル(柄本明)は彼女を殺そうと企てる。 今シリーズから出演のフジオカが演じるのは、ロタ王国の君主であるヨーサム(橋本さとし)の王弟にあたるイーハン。アスラの母・トリーシア(壇蜜)と身分を超えた“禁断の愛”に陥るが、やがて処刑されてしまう彼女への哀しみに暮れる中、戦禍へと身をゆだねていく。また、新ヨゴ国の皇太子を追うヒュウゴに鈴木、同国へに侵略をたくらむラウルを高良が担当。板垣は、青年へと成長した新ヨゴ国の皇太子チャグム役を演じる。 NHK大河ファンタジー『精霊の守り人 悲しき破壊神』は、1月21日より毎週土曜21時から放送。 ■関連記事『精霊の守り人』第1~3シーズン会...more
in English
カテゴリー:

綾瀬はるか主演『精霊の守り人』初回8.2% - 01月23日(月)12:42 

 女優の綾瀬はるかが主演するNHK『大河ファンタジー 精霊の守り人 悲しき破壊神』(毎週土曜 後9:00)が21日にスタートし、初回の番組平均世帯視聴率が8.2%だったことが23日、わかった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 【場面写真】バルサの戦闘シーンを特集  作家・上橋菜穂子氏によるファンタジー小説「守り人」シリーズを、全編4Kで実写ドラマ化し、3年かけて放送する超大作の新シリーズ。短槍を武器に戦う女用心棒・バルサ役の綾瀬が主演するのは変わらないが、神を宿した少女・アスラ(鈴木梨央)やアスラの力を利用しようとする短剣使いの刺客・シハナ(真木よう子)など、新たな登場人物が続々登場。バルサの死闘の旅が再び始まる。  前シリーズ(2016年3月~4月に4回放送)で、精霊の卵を宿した新ヨゴ国の第2王子チャグムも成長し、子役の小林颯から板垣瑞生にバトンタッチ。彼もまた、新たな冒険へ旅立つことになる。新シリーズは、バルサとチャグムそれぞれの旅路を描きながら、いつしか交わる壮大なストーリー。全9回放送。 【関連記事】 『精霊の守り人』新シリーズに見る 綾瀬はるかの“進化” (17年01月21日) 綾瀬はるか、コントで星野源と兄妹役 うそ太郎と同じところにホクロが… (17年01月19日) 綾瀬はるか主演『精霊の守り人』最終章に渡辺いっけい、Dragon Ash降谷建志ら (17年...more
in English
カテゴリー:

水谷果穂、泡まみれ姿を収めたオトナな写真集発売 - 01月22日(日)15:38 

水谷果穂の2nd写真集「1819」が1月22日に発売され、記念握手会イベントが東京・紀伊国屋書店新宿本店にて行われた。 【写真を見る】水谷果穂は写真集の撮影で沖縄に行ったことを明かす 水谷は昨年「とと姉ちゃん」(NHK総合ほか)、「スニッファー 嗅覚捜査官」(NHK総合)と立て続けに人気ドラマに出演し、多士済済の10代若手女優の中でも特に注目される存在となった。 今回の写真集は、18歳から19歳になりたての3日間(11月1日~3日)にわたって撮影を敢行。自身が幼いころに家族で訪れたという沖縄で、10代最後の一人旅をテーマに「水谷果穂が沖縄でやりたいこと」を詰め込んだ一冊となった。 報道陣の前に登場した水谷は、記者からロケ地となった沖縄について尋ねられると「水族館(で撮影したもの)やアイスクリームを食べている写真があるんですが、その場所は家族と実際に行ったことのある所なので、お気に入りであり思い出の場所です」と笑顔で明かした。 さらに「沖縄そばは撮影していた3日間毎日食べて、海ブドウも生まれて初めて食べました!」と、沖縄料理を存分に味わった様子。 タイトルにもある通り、水谷は写真集の撮影中に19歳の誕生日を迎えた。10代最後の年にやりたいことは「恥ずかしいんですけど、いまだにおもちゃ売り場に行くのが好きで…。だから、10代のうちに卒業できるよう、今のうちにたくさん遊んでおきたいです(...more
in English
カテゴリー:

『笑点』綾瀬はるか登場 スケベジジイ化メンバーが口臭対策 - 01月22日(日)07:00 

 日本テレビの看板長寿番組『笑点』はますます絶好調。放送開始50周年の昨年は司会交代に新メンバーの加入、ラブホ不倫騒動など、様々な話題をさらった。  さて、2017年の『笑点』。今年はどんな笑いを届けてくれるのか。だが、景気づけとなるはずだった元日放送から、すでに暗雲が……。  この日はおめでたい新年放送ということもあって、女優・綾瀬はるか(31)が番組に華を添えた。だが、美女の登場に、百戦錬磨の師匠たちが浮き足立った。日テレ関係者が話す。 「もう、メンバーのみなさんは綾瀬さんを目の前にただのスケベジジイになっていましたよ(笑い)。木久扇師匠や小遊三師匠は口臭を気にして一生懸命歯を磨いていたし、たい平師匠や昇太師匠もマウスウォッシュで何度もガラガラとやっていた。  これまでいろんなゲストの方が出演されましたが、こんなことは初めてでしたね。特に木久扇師匠は『綾瀬さんとどんなやりとりができるのか、楽しみだなぁ』と、鼻の下を伸ばしっぱなしでした。  そんな師匠たちの気の緩みが出てしまっていたのか、放送終了後には視聴者から『綾瀬さんの前では“ただのおじいちゃん”になっていて、ガッカリしました』というお叱りの電話を多数いただきました」  その影響か、1月8日の回では通常20%近い視聴率が15.6%まで急落。三平が入って若返ったとはいえ、笑点メンバーの“高齢化”は深刻な問題かも……。  笑点O...more
in English
カテゴリー:

『精霊の守り人』板垣瑞生、先輩との共演は養分に 高良健吾からもらった言葉とは - 01月21日(土)06:50 

 2017年注目の若手俳優である板垣瑞生が、綾瀬はるか主演で3年にわたり放送中のNHK放送90年大河ファンタジー『精霊の守り人』の第2シーズン『精霊の守り人 悲しき破壊神』に、新ヨゴ国の皇太子チャグム役で出演する。5人組ボーカルダンスユニットM!LKのメンバーとしても活動し、俳優としては2015年に公開された『ソロモンの偽証』で印象を残した板垣が、現在の心境を語った。【関連】「板垣瑞生」フォトギャラリー 板垣が第2シーズン(1月21日より放送開始)から出演する『精霊の守り人』は、人と精霊が共生していた新ヨゴ国を舞台に、女用心棒バルサ(綾瀬)と皇太子チャグムの壮大な冒険を描く歴史ファンタジードラマ。「僕は成長したチャグムとして第2シーズンから出演させていただくんですが、最初にお話しをいただいたときは、『ん?(日本人なのに)チャグム??』となりました(苦笑)」と当時を振り返る。 その後、原作でもある小説「守り人」シリーズを読んでいくうちに「これはすごいファンタジー大作だ」と思ったという。「軸としては、第1シーズンでチャグムがバルサに言われた『顔も知らない者たちのために生きろ』という言葉を意識しています。ファンタジーではありますが、いまの時代にも照らし合わせて考えられる思いが入っていると思います」。 現在、『精霊の守り人』第3シーズンの撮影中という板垣は、「すごい俳優さんたちに会いすぎて...more
in English
カテゴリー:

東出昌大、タンダに共感と尊敬も 4年待てるかって?「それこそファンタジー(笑)」【精霊の守り人 悲しき破壊神】 - 01月20日(金)18:30 

 NHKの大河ファンタジー「精霊の守り人 悲しき破壊神」が1月21日から放送される。前シリーズに引き続き先住民ヤクーの血を引く新ヨゴ国の薬草師タンダを演じた東出昌大が、前作から4年後を描く新シリーズの魅力や新登場のキャラクターとのエピソード、綾瀬はるか演じる幼なじみのバルサに対する秘めた思いなどを語った。 このドラマは世界中で愛される日本発のファンタジー大作「精霊の守り人」シリーズを4K実写ドラマとして3年間にわたって放送している。前作(2016年3-4月に放送)から4年後を描く新シリーズでは、お尋ね者となった主人公の女用心棒バルサと新ヨゴ国の皇太子になったチャグムの別れ別れとなった2人のそれぞれの冒険が再び始まる。──まず、前作から続いてタンダ役で新シリーズに出演される意気込みをお聞きします。 登場人物も増え、世界観も広がりを増したのが新しいシリーズです。だからといってタンダがすごく変わったということはないのですが、今回はまた問題が噴出してさまざまなことが起こる。その中で困難にしっかり立ち向かえる人物でありたいなと思いました。どんどんスケールも大きくなって課題も多いので、その中でタンダの変わらない強さみたいなものが出せればと思っています。──前シリーズからほぼ丸1年空いての新シリーズですが、いざ現場に戻ると懐かしさがあるのでしょうか。それとも新しい作品という心境なのでしょうか。 ...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「綾瀬はるか」の画像

もっと見る

「綾瀬はるか」の動画

Wikipedia

綾瀬 はるか(あやせ はるか、1985年3月24日 - )は、日本の女優、歌手広島県広島市出身。ホリプロ所属。

略歴

広島県立祇園北高等学校から堀越高等学校に転校しており帝京大学短期大学を中退。

2000年、第25回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞し、芸能界デビュー。

2001年、日本テレビ系ドラマ金田一少年の事件簿で女優デビュー。

2003年、フジテレビ系ドラマ僕の生きる道で初の連続ドラマレギュラー出演。

2004年、TBS系ドラマ世界の中心で、愛をさけぶのヒロインに抜...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる