「絶滅危惧種」とは?

関連ニュース

ドジョウが将来、絶滅危惧種に? レッドリストが改訂 - 05月22日(火)23:38 

 環境省は22日、絶滅の恐れのある野生生物の状況をまとめた「レッドリスト」を改訂した。絶滅危惧種は、愛知県東部に生息するミカワサンショウウオなど44種が追加されるなどして3675種となった。また、ドジ…
カテゴリー:

映画「ピーターラビット(TM)」の世界が楽しめる!つくば牡丹園でコラボイベント開催中 - 05月21日(月)12:30 

6万株の牡丹と芍薬(シャクヤク)を誇る国内最大級の牡丹庭園、つくば牡丹園(茨城県つくば市)で、映画「ピータラビット(TM)」とのコラボイベントを開催中。ウサギ連れで入園すると入園料が無料になるほか、ウサギの耳をかたどったバニーカチューシャの無料貸出などを実施している。フォトスポットなども登場し、映画の世界観を体感できる場所として連日多くの人が訪れている。 いまにもピーターラビットが姿を表しそう! つくば牡丹園は、1989年の開園当時から無農薬、酸素農法にこだわり、550種類の牡丹や250種類の芍薬をはじめとした花々を植栽した関東随一の庭園。映画「ピーターラビット(TM)」とのコラボイベントでは、ウサギを連れて入園すると、1羽につき1人が入園無料に。完全農法を徹底しているので、ウサギを安心して土の上で散歩させることが可能だ。さらにはドッグランならぬ「ラビットラン」広場も登場。 また、樹齢150年のボタンや絶滅危惧種のなんじゃもんじゃ(一ツ葉タゴ)など、16種類の木々を見つけて制覇すると、平日先着30名、土日先着100名に映画「ピーターラビット(TM)」にちなんだ非売品のオリジナルグッズがもらえる「新緑の宝探し」を実施。トートバッグやキャロット型のUSBなど豪華アイテムがそろっている。 園内には映画の世界を楽しめるギャラリー&カフェも登場。ピーターラビットグッズの販売や、園内で採れた完...more
カテゴリー:

テレ東ビジネスドラマ第2弾に仲村トオル、椎名桔平、水野美紀ら豪華キャスト集結 - 05月18日(金)06:04 

俳優の仲村トオルが、テレビ東京系7月クールの新ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』(毎週月曜22:00~)で主演を務めることがわかった。同局では、今年4月より新ドラマ枠「ドラマBiz」がスタート。“働く”をテーマとし、働くすべての人へ向けた上質で本格的なビジネスヒューマンドラマを放送中だ。その記念すべき第2弾のとなる『ラストチャンス再生請負人』のテーマは、「会社の再生(再建)と人の再生」。第一線で活躍していた銀行マンが、長年勤めた銀行の合併を機に人生を見つめなおし、転職を決意。異業界で会社再建に奮闘する波乱万丈な日々がドラマチックに描かれる。主演の仲村が演じるのは、大手都市銀行に勤めていたが、財閥系銀行との合併を機に、中華やイタリアンなど様々な業態を展開する飲食フランチャイズ企業「デリシャス・フード」のCFO(最高財務責任者)へ転身した樫村徹夫。しかし、「デリシャス・フード」の経営状態は芳しくなく、就任早々、ピンチの連続に見舞われ、企業再建に奮闘するという役どころだ。そして、樫村の元同期で企業コンサルタントに転身した宮内亮役に、椎名桔平が決定。元同期として切磋琢磨してきた樫村と宮内の関係性がどう変化していくのかも、見どころの1つとなる。さらに、和田正人、大谷亮平、町田啓太の若手実力派から、勝村政信、本田博太郎、石井正則、嶋田久作、ミッキー・カーチス、竜雷太の実力派俳優、さらには、水...more
カテゴリー:

テレ東ビジネスドラマ第2弾に仲村トオル、椎名桔平、水野美紀ら豪華キャスト集結 - 05月17日(木)17:40 

俳優の仲村トオルが、テレビ東京系7月クールの新ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』(毎週月曜22:00~)で主演を務めることがわかった。同局では、今年4月より新ドラマ枠「ドラマBiz」がスタート。“働く”をテーマとし、働くすべての人へ向けた上質で本格的なビジネスヒューマンドラマを放送中だ。その記念すべき第2弾のとなる『ラストチャンス再生請負人』のテーマは、「会社の再生(再建)と人の再生」。第一線で活躍していた銀行マンが、長年勤めた銀行の合併を機に人生を見つめなおし、転職を決意。異業界で会社再建に奮闘する波乱万丈な日々がドラマチックに描かれる。主演の仲村が演じるのは、大手都市銀行に勤めていたが、財閥系銀行との合併を機に、中華やイタリアンなど様々な業態を展開する飲食フランチャイズ企業「デリシャス・フード」のCFO(最高財務責任者)へ転身した樫村徹夫。しかし、「デリシャス・フード」の経営状態は芳しくなく、就任早々、ピンチの連続に見舞われ、企業再建に奮闘するという役どころだ。そして、樫村の元同期で企業コンサルタントに転身した宮内亮役に、椎名桔平が決定。元同期として切磋琢磨してきた樫村と宮内の関係性がどう変化していくのかも、見どころの1つとなる。さらに、和田正人、大谷亮平、町田啓太の若手実力派から、勝村政信、本田博太郎、石井正則、嶋田久作、ミッキー・カーチス、竜雷太の実力派俳優、さらには、水...more
カテゴリー:

交尾し過ぎで絶滅の危機、オーストラリアの有袋類アンテキヌス - 05月16日(水)10:43 

オーストラリアに生息するネズミのような姿の小型有袋類アンテキヌスが、14時間も続く過剰な交尾のために個体数が激減し、このほど同国政府によって2種が絶滅危惧種に指定された。 アンテキヌスは毎年数週間続く繁殖期を迎えると、オスとメスが入り乱れ、次々と相手を変えながら、できるだけ多くの相手と交尾する。求愛行動はなく、ただ交尾だけを続けるという。 研究者のアンドルー・ベーカー氏によると、オスはこの行動...
カテゴリー:

絶滅危惧、新たに41種 - 05月22日(火)19:02 

環境省は22日、絶滅の恐れがある野生生物をまとめたレッドリストの改訂版を発表した。絶滅危惧種に「ミカワサンショウウオ」(写真)など41種が新たに追加され、計3675種となった=島田知彦さん提供
カテゴリー:

森の木を切る。そんな「絶滅危惧種」の守り方 - 05月20日(日)15:00 

なにかとネガティブな文脈で語られることの多いことばだろう。森林伐採。僕自身、耳にするたび反射的に負のイメージを抱いていた。尊い自然が、ひたすらに人間の手によって失われていくような。でも、その行為すべてをひとまとめにして考えるのはナンセンスかもしれない。世の中には「ポジティブな伐採」だってあるまずは、「前向きな伐採」を語るうえで欠かせない、ある絶滅危惧種の説明を。イヌワシは日本に暮らしている猛禽類で、翼を広げると2メートルにもなる日本でもっとも大きな鳥の一種。うさぎやヘビなどを好んで食べ、生態系の頂点とされている。「イヌワシが暮らす森は、生物多様性が豊かな証拠」そんな存在として扱われることも多いが、今となっては日本国内に500羽程度しかいない。この状況を改善すべく活動を始めたのが、日本自然保護協会という公益財団法人。林野庁や地域市民と協力し、群馬県みなかみ町の赤谷の森でプロジェクトをおこなっている。1万ヘクタールという山手線内側の面積の約1.6倍に相当する広大な森。ここには、雄雌のイヌワシ一羽ずつが暮らしている(逆にいうと一組が生活するのに、これくらいの広さが必要となる)が、同プロジェクトで取り組んだのは「木を切ること」だった——。「森林大国」と呼ばれる日本ではあるが、だからといってそれは「自然が豊か」であることと同義ではない。実は森林面積のうちの約40%は自...more
カテゴリー:

クロツラヘラサギが五島に - 05月18日(金)06:00 

環境省のレッドデータブックで絶滅危惧種に指定されているトキ科の渡り鳥、クロツラヘラサギ1羽が長崎県五島市富江町の干...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

交尾のし過ぎで知られるオーストラリアの有袋類 絶滅の危機に - 05月17日(木)04:58 

【AFP=時事】長時間にわたる交尾の後に雄が死んでしまう有袋類の動物2種が、オーストラリアの絶滅危惧種リストに掲載された。研究者らは15日、この動物たちを救うのは時間との闘いであるとして警鐘を鳴らした。 2013年に発見...
カテゴリー:

【生物】交尾のし過ぎで知られる豪の有袋類2種、絶滅の危機に - 05月16日(水)01:20  newsplus

【AFP=時事】長時間にわたる交尾の後に雄が死んでしまう有袋類の動物2種が、 オーストラリアの絶滅危惧種リストに掲載された。 研究者らは15日、この動物たちを救うのは時間との闘いであるとして警鐘を鳴らした。  2013年に発見され、クイーンズランド(Queensland)州の比較的標高が高い湿った場所に生息するアンテキヌス 「black-tailed dusky antechinus」と「silver-headed antechinus」の2種は、最大14時間も交尾を続けるなど、 自殺行為的な交尾を繰り広げる習性で知られている。  気候変動や生息地の消失、野生化した...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「絶滅危惧種」の画像

もっと見る

「絶滅危惧種」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる