「絶体絶命」とは?

関連ニュース

中川大志、ほぼ同い年の『科捜研の女』出演 沢口靖子は「アニメのヒーローみたい」と歓迎  - 09月23日(土)05:00 

 女優の沢口靖子が主演するテレビ朝日系人気ドラマシリーズ最新作『科捜研の女season17』(10月19日スタート、毎週木曜 後8:00)の第1話に、俳優の中川大志(19)が演じる新キャラクター・江藤壱(はじめ)が登場する。また、レギュラー放送に先駆けて、10月15日(後9:00~)に2時間スペシャルの放送が決定。こちらには、第5シーズンの第1話から第10シーズンの第1話までレギュラーとして出演していた土門刑事(内藤剛志)の妹・美貴(加藤貴子)が久々に帰ってくる。 【場面写真】科捜研とはちょっと違う中川の着ている白衣に注目  京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコ(沢口)を中心とした、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、法医、物理、化学、文書鑑定などの専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描く『科捜研の女』シリーズ。はじまりは1999年にさかのぼるのだが、今回、出演が明らかになった中川は1998年生まれ。  「僕にとって『科捜研の女』は、物心ついたころからテレビで放送されていた作品。そんな歴史ある作品に参加させていただくというのはすごくうれしかったです。現場はキャスト、スタッフの皆さんのチームワークができ上がっているので、そこへ入っていく緊張感はありましたが、その一方で楽しみながら演じました」と、話している。  中川が演じる江藤は、民間の科学鑑定所の研...more
カテゴリー:

橋田壽賀子はイジワル姑!?イクメンブーム、育児ノイローゼに「頭にくる!」 - 09月18日(月)06:00 

9月18日(月・祝)20時より放送される国民的ホームドラマ『渡る世間は鬼ばかり 3時間スペシャル』(TBS系列)の囲み取材が、1日に同局で行われ、作家の橋田壽賀子、プロデューサーの石井ふく子が見どころを語った。昨年に放送されたスペシャルでは、中華料理店「幸楽」の改装問題で、小島家や五月(泉ピン子)が大きく揺れた。同時に五月の息子・眞(えなりかずき)の妻・貴子(清水由紀)が妊娠していることなども織り込まれたが、今作ではその子育てを巡る騒動が描かれる。さらに、貴子の家出、眞のイクメンぶり、五月と眞夫婦とのギクシャクした関係も展開など、目が離せない展開が待ち受ける。『渡鬼』初の3時間スペシャルについて、石井は「3時間一気に見せることはとても良いこと。たっぷり書ける」とニッコリ。橋田は「90過ぎて二人でまだ作品作ってるなんてね。全く……」としみじみ。「でも仕事は楽しいですね。『渡鬼』だからこそ楽しいんです。今までやってきた仲間みたいなものが書けるので」と語ると、石井は「仕事をしているから元気なのよ」と返答。橋田は「私は遊んでいる方が元気だわ」と茶目っ気たっぷりに返した。また、イクメンや育児ノイローゼといった世相も反映させている今作。母親の育児ノイローゼについて、橋田は「頭に来る。昔の人は6人も7人も子どもを育てて畑も耕していた。その人たちと比べて何なんだよという精神、怒りを持って書いていま...more
カテゴリー:

ひふみん、映画『ダンケルク』に深い縁明かす おとぼけトークで司会者と熱い攻防戦も - 09月13日(水)16:33 

 映画『ダンケルク』公開記念イベントが13日、東京都内で行われ、“ひふみん”の愛称で知られる加藤一二三氏、高樹千佳子が出席した。  海の町ダンケルクを舞台に、追い詰められ撤退を決断した英仏軍40万人の、民間船もが救助に関わった史上最大の救出作戦を描く本作。「ダンケルクの戦い」と同じ1940年生まれの加藤氏は「縁を感じています。生まれたのもまったく同じ歳で、ますます興味を持って見た次第です」と興味深く鑑賞したという。  イベントへの出演オファーには「本当に楽観的な人間なので、私にぴったりな話が来たなと思いました」と笑いを誘い、「ダンケルクのことは、若い頃にチャーチルの本で読んでいました。始めから終わりまで息つく暇なく見入りまして、大変感動しました。最後は泣けてきました」と感想を語った。  また、時間切れ寸前まで追い込まれてからの早指しの強さに定評がある将棋界のレジェンドとして、絶体絶命の状況からの救出作戦「ダンケルク」を将棋に例えて解説してほしいと頼まれる場面も。報道陣をはじめスタッフからの期待を一身に受けてマイクを握り直した加藤氏だが、絶妙に質問から逸れたトークを展開し、世界史マニアぶりを披露した。  その後も「将棋で表現してほしい」、「将棋に例えて」、「将棋の駒(の動かし方)で例えると?」と質問を変えて粘る司会者と、変わらず冗舌な加藤氏の攻防が続き、ついに加藤氏から「振りな局面で...more
カテゴリー:

人気モデルemma「お手柔らかに見て」有田哲平主演作で連ドラデビュー - 09月11日(月)15:34 

人気モデルのemmaが、有田哲平主演の連続ドラマ『わにとかげぎす』(TBS系列、毎週水曜23:56~)に出演し、連続ドラマデビューを果たすことがわかった。古谷実の同名漫画を原作とした同ドラマは、38年間友達がいない、ショッピングセンターの夜間警備員・富岡(有田)が“没な人生”と決別するため「友達作り」に奮起するも、次から次へとアクシデントが起き、人生が思わぬ方向へと向かっていく姿が描かれる。TBS系列で放送中の『A-studio』(毎週金曜23:00~)でアシスタントを務めるほか、CMや雑誌で活躍し、話題となっているemma。本作では9月13日放送の第8話に出演。ヒロイン・羽田(本田翼)の元彼・灰野(森優作)が現在交際している彼女・涼子役を演じる。富岡と羽田の未来を左右する重要な役どころだ。emmaは「初めてのドラマ出演でわからないことだらけだったのですが、監督さんやプロデューサーさんがとても親身に分かりやすくお芝居について教えてくださり、本番を迎えることができました。有田さんもいろいろと話しかけてくださったので、リラックスして現場にいることができました。緊張はしましたが、楽しみながら演じることができました」とコメント。演技の手応えについては「お芝居は初めてだったので、自分の演技についてはわからないですが……。自分が出ているドラマを見るのは照れますね。とにかく一生懸命やったので、お...more
カテゴリー:

【視聴率】新婚武井咲「黒革の手帖」結婚効果で11・8% - 09月08日(金)11:13  mnewsplus

 武井咲(23)主演のテレビ朝日系連続ドラマ「黒革の手帖」(木曜午後9時)の7日第7話の 平均視聴率が11・8%(関東地区)だったことが8日、ビデオリサーチの調べでわかった。 初回から2桁をキープしている。武井は、1日にEXILEのTAKAHIRO(32)との結婚と 妊娠を発表。発表後初の放送となった。  同ドラマは、松本清張作品の中でも人気が高く、これまで何度もドラマ化され、山本陽子(75) 大谷直子(67)浅野ゆう子(56)米倉涼子(41)ら人気女優が主演してきた作品。武井は、 銀行で横領...
»続きを読む
カテゴリー:

【僕やり連載】窪田正孝、僕やりと駆け抜けた4か月間「高校生に戻れました!」 - 09月19日(火)20:30 

窪田正孝主演ドラマ「僕たちがやりました」(夜9:00-9:54、カンテレ制作、フジ系)が、9月19日(火)の放送で最終話を迎える。 【写真を見る】高校生にしか見えない!窪田正孝のはしゃぎっぷりが話題に/(C)カンテレ 本作は、「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載されていた同名漫画をドラマ化。“そこそこ”の日常を大切にしてきた若者4人が、あるいたずらをきっかけに爆破事件の容疑者になってしまう”青春逃亡サスペンス”である。 ザテレビジョンWEBの“僕やり”スペシャル連載では毎週火曜に、キャスト陣のインタビューや、収録の裏側などをたっぷりと紹介。最終回となる今回は、29歳にして高校生・トビオ役を熱演してきた窪田が、これまでの撮影を振り返り、本作への思いを語った。 ■ 4か月間に及ぶ撮影期間は「濃かった」 ――撮影を振り返っての心境を教えてください。 駆け抜けた4か月間。撮影が終わることは正直寂しいですけれど、一個一個のシーンが濃かったです。ビルとビルの隙間で、パンツ一丁でドーナツにかぶりつき、逃亡劇をしていた時は、自分自身も追いつめられていったし、(第6話の)ボウリング場でパイセン(今野浩喜)に声をかけられ、4人で再会できたときは本当にうれしかったです。 大人になりきれず、もがいているトビオを演じることはすごくやりがいがありました。衣装合わせで制服を着た時は「無理でしょ!」と思っていた...more
カテゴリー:

ハンス・ジマーの斬新な音作りも後押し!知るよりも感じるエンターテインメント! - 09月16日(土)10:08 

【映画を聴く】『ダンケルク』前編 劇中、絶え間なく鳴り続ける“チチチチ……”という秒針の音は、正確な時間を刻んでいるわけではない。登場人物たちの鼓動と同期するように、シーンによってテンポが速くなったり、音が大きくなったりする。時にはそこに16分音符や32分音符を多用した弦楽器の性急なフレーズなども絡み、緊迫感を後押しする。クリストファー・ノーラン監督の最新作『ダンケルク』は、戦争映画というジャンルにとらわれない一級のエンタテインメント作品であり、それはハンス・ジマーによる斬新な音作りにもよく表れている。 ダンケルクは、ドーバー海峡に面したフランス北端の港町の名前。本作は第二次世界大戦が始まって間もない1940年、ドイツ軍によってこの地に追い詰められ絶体絶命となったイギリス・フランス連合軍40万人のうち、33万人が救出された「ダンケルク大撤退」という歴史的作戦を描いている。のちに“ダンケルク・スピリット”という言葉が生まれたことからも分かるように、英国人にとっては馴染み深く、自分たちの誇りの拠りどころとなる史実である。 そのため、普通に考えれば映像化にはとんでもない予算とスケール感が必要となってくるはずだが、ノーラン監督は本作を一大スペクタクルではなく“個”の物語とすることで、106分のコンパクトな作品にまとめ上げている。 “個”とは、陸軍兵トミーと民間船の船長ドーソン、空軍...more
カテゴリー:

「白戸家のお兄さん」不倫疑惑発覚でソフトバンクCM降板危機 - 09月12日(火)12:03 

ソフトバンクのCM『白戸家のお兄さん』で知られる、俳優でモデルのダンテ・カーヴァー(40)が絶体絶命のピンチに瀕している。唯一の食いぶちだった同CMを降板させられるかもしれな...
カテゴリー:

人気モデルemma「お手柔らかに見て」有田哲平主演作で連ドラデビュー - 09月11日(月)15:30 

人気モデルのemmaが、有田哲平主演の連続ドラマ『わにとかげぎす』(TBS系列、毎週水曜23:56~)に出演し、連続ドラマデビューを果たすことがわかった。古谷実の同名漫画を原作とした同ドラマは、38年間友達がいない、ショッピングセンターの夜間警備員・富岡(有田)が“没な人生”と決別するため「友達作り」に奮起するも、次から次へとアクシデントが起き、人生が思わぬ方向へと向かっていく姿が描かれる。TBS系列で放送中の『A-studio』(毎週金曜23:00~)でアシスタントを務めるほか、CMや雑誌で活躍し、話題となっているemma。本作では9月13日放送の第8話に出演。ヒロイン・羽田(本田翼)の元彼・灰野(森優作)が現在交際している彼女・涼子役を演じる。富岡と羽田の未来を左右する重要な役どころだ。emmaは「初めてのドラマ出演でわからないことだらけだったのですが、監督さんやプロデューサーさんがとても親身に分かりやすくお芝居について教えてくださり、本番を迎えることができました。有田さんもいろいろと話しかけてくださったので、リラックスして現場にいることができました。緊張はしましたが、楽しみながら演じることができました」とコメント。演技の手応えについては「お芝居は初めてだったので、自分の演技についてはわからないですが……。自分が出ているドラマを見るのは照れますね。とにかく一生懸命やったので、お...more
カテゴリー:

【福島】危機一髪 クマを足でけり上げ、難を逃れる 会津美里町 - 09月07日(木)19:43  newsplus

突然、クマに襲われた男性。 絶体絶命の中、とっさにクマを蹴り上げ、難を逃れた。 畑の土の上に残されたのは、クマの足跡。 草刈りをしていた人は 「クマがザーッと行ったの。  ここを通ってたまげて、オレ『うわー』って声出した」と話した。 福島・会津美里町で7日朝、女性の前に突然現れた、体長およそ1メートルのクマ。 女性の声に驚いたクマは、草むらに走り去った。 しかし、襲われた人は 「向こうでお母さんが『ぎゃー』って騒いだから、  えーって思って、そっちから走ってきた」と話した。 頭に包帯を巻いた...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「絶体絶命」の画像

もっと見る

「絶体絶命」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる