「経済学」とは?

関連ニュース

【学歴】“慶應蹴り”武蔵大に進学も 学生を魅了する「国際教育」最前線 - 04月20日(金)16:55  bizplus

18歳人口の縮小は大学にとって死活問題。私大では生き残りをかけ、あの手この手で独自性を打ち出すことで学生を確保する私大が増えている。国際教育に力を入れる大学を調査した。 【写真】会話力を叩き込む ELSの授業風景はこちら 渡戸佳乃さん(武蔵大学2年)は、同大学経済学部の東郷賢教授がパラレル・ディグリー・プログラム(PDP)について説明する動画を偶然見て、合格していた慶應義塾大学をやめ、入学した。  PDPは2015年に武蔵大学が日本で初めて導入したプログラム。同大学にいながら、ロンドン大学の学位が取れる。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

広がる「実質値上げ」の影響を計算してみた 消費者もすでに実態に気づいている | 若者のための経済学 | 東洋経済オンライン - 04月20日(金)06:00 

商品の価格を変えずに内容量など減らすことで、消費者の買い控えを防ぎつつ販売価格を実質的に引き上げる…
カテゴリー:

原因と結果を意識する - 04月19日(木)18:00 

ビジネスシーンにおいて、プランを立てたのは良いが、なかなか上手くいかず、もどかしい思いをしたことのある人は少なくないでしょう。しかし、あらゆるトピックには原因と結果が存在するものです。 何をすればいいのか? 中室牧子と津川友介による『「原因と結果」の経済学:データから真実を見抜く思考法』(ダイヤモンド社)では、物事には原因があって結果がある、という点を強調した本です。本書では、ビジネスだけでなくあらゆる場面において判断を迷う時には、データによって線引きをするのが最適解を導きやすいのだと記しています。 例示が多い? 本書においてはいくつも例示がなされています。たとえば、テレビは害悪であるため「テレビを子どもに見せると成績が下がる」といったことは本当にあるでしょうか。あるいは「偏差値の高い学校へ入れば良い就職ができる」というのは本当なのか、といった問いかけです。本書ではそれぞれのトピックからビジネスのパターンまで紹介されています。似た者同士を組み合わせるマッチング法、第三の変数を利用する操作変数法といったものです。複雑なビジネスシーン、あるいは現代社会にどのように立ち向かってゆけばいいのか、ひとつの方法論を示してくれている本であるといえるかもしれません。基礎的な内容から記されていますので、まず手にとって考えてみることが重要だといえるでしょう。 「原因...more
カテゴリー:

【東京一極集中】人口増え続ける東京、高齢化も 研究者「25年までに手を打たないと手遅れになる」★12 - 04月16日(月)20:48  newsplus

都道府県別の前年比人口増減率 総務省は13日、昨年10月1日現在の人口推計を発表した。総人口は前年より22万7千人減の1億2670万6千人で、7年連続の減少。65歳以上の高齢者は56万1千人増の3515万2千人となり、総人口に占める割合は過去最高の27・7%だった。都道府県別では東京への一極集中に歯止めがかかっていない。 都道府県別でみると、東京圏への一極集中が続く。東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県は人口増加率がいずれも6位以内。東京の増加率は0・73%で前年の0・80%より緩やかになっ...
»続きを読む
カテゴリー:

【東京一極集中】人口増え続ける東京、高齢化も 研究者「25年までに手を打たないと手遅れになる」★11 - 04月16日(月)08:38  newsplus

都道府県別の前年比人口増減率 総務省は13日、昨年10月1日現在の人口推計を発表した。総人口は前年より22万7千人減の1億2670万6千人で、7年連続の減少。65歳以上の高齢者は56万1千人増の3515万2千人となり、総人口に占める割合は過去最高の27・7%だった。都道府県別では東京への一極集中に歯止めがかかっていない。 都道府県別でみると、東京圏への一極集中が続く。東京、埼玉、千葉、神奈川の1都3県は人口増加率がいずれも6位以内。東京の増加率は0・73%で前年の0・80%より緩やかになっ...
»続きを読む
カテゴリー:

許可なし民泊の具体的なトラブル例とその対策法 - 04月20日(金)10:24 

●マンションでの無断民泊は訴訟問題につながる恐れ 民泊に対する正しい知識が不足していると、裁判沙汰に発展しかねない インバウンド需要の拡大に対応する新たな宿泊手段として注目を集める「民泊」。しかし、これまでに特に民泊の「投資」を巡り、さまざまなトラブルが発生してきました。今回は、民泊の具体的なトラブル例と今後のトラブルを回避するための対策を解説します。 ○民泊を巡るトラブル事例その1 民泊副業・兼業が勤務先にバレて懲戒処分 民泊は「旅館業」に該当する立派な事業。もし、あなたが公務員や会社員の場合には、民泊を営むことが、法令や勤務先の就業規則などに抵触する可能性があります。 実際、民泊副業が勤務先に発覚し、懲戒処分となった事例はいくつもあります。2016年9月には、埼玉県の公立高校の教諭が、無断での民泊営業が副業を禁じる地方公務員法に違反するとして減給処分を受けました。2017年8月には、名古屋市に勤めるバス運転手が、同じく地方公務員法違反として減給処分を受けた事例が存在します。 ■トラブル回避の対応策 厳しい法令の制限がある公務員とは対照的に、民間企業においては、2018年1月に「副業・兼業の促進に関するガイドライン」と兼業・副業を原則として認める「モデル就業規則」が公表されました。今後は、就業規則で副業・兼業が認められるケースが増えていくと予想されます。民泊を副業・...more
カテゴリー:

【書評】日本人は知らない、中国が経済成長で失った「正しさ」 - 04月20日(金)03:56 

お隣の国のことでも知らないことは多くあるようです。今回、無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんが紹介するのは、20年で40回中国に足を運んだ著者が、中国内部のことを詳しく綴った一冊。中国という国の大きすぎる歪み、そしてその原因は一体何なのでしょうか? 『戸籍アパルトヘイト国家・中国の崩壊』 川島博之・著 講談社 川島博之『戸籍アパルトヘイト国家・中国の崩壊』を読んだ。著者は東京大学大学院農学生命科学研究科准教授、専門は環境経済学、開発経済学。世界の食料生産についての研究で、世界各国の農村を取材して回った。この20年間で40回ほど中国を訪問している。留学生を通訳代わりにして、農村を訪ね歩いたフィールドワークをもとに書いた一冊である。 中国を13億人の国とみてはいけない。先進国形の消費社会に住んでいるのは4億人だけなのだ。中国は、都市戸籍を持つ4億人と、農民戸籍を持つ、搾取される側の9億人からなる国、「戸籍アパルトヘイト国家」である。「戸籍アパルトヘイト」を止められない中国の失速は目前に迫っている、というのだ。この本では、農民戸籍と都市戸籍をキーワードにして、中国の近未来を語る。 中国政府は国民を都市と農村に2つに区別、それぞれを上位から下位まで5ランクに分け、各層の平均所得を発表している。この感覚は日本人には理解できない。これがアパルトヘ...more
カテゴリー:

FRB:副議長にクラリダ氏 トランプ大統領が指名 - 04月17日(火)21:01 

 【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領は16日、米連邦準備制度理事会(FRB)の副議長に米コロンビア大のリチャード・クラリダ教授(60)を、理事にカンザス州銀行監督官のミシェル・ボウマン氏をそれぞれ指名すると発表した。両氏ともに議会上院の承認を経て就任する。クラリダ氏は経済学や金融政策の理論家とし
カテゴリー:

【経済】アベノミクスの目玉、異次元緩和政策の問題点 - 04月16日(月)20:32  bizplus

安倍政権の下で始まったアベノミクスの目玉は、日銀による異次元緩和政策であった。これは、ゼロ金利の下で大量の貨幣供給を行い、人々にインフレ(物価上昇)予想を形成し、景気を刺激する政策で、リフレ政策と呼ばれる。仕組みをざっくり言えば、「お金の量を増やす」→「人々が物価上昇を予想する」→「高くなる前に欲しいモノを買おうと考える」→「消費も投資も刺激される」→「雇用が増える」ということである。  「そんな単純な仕組みなの?」と思われるかもしれないが、一応、経済学の理論での正当化も存在する。ニューケインジアン...
»続きを読む
カテゴリー:

【終活の経済学】お墓の引っ越し(1)増える「無縁」 - 04月16日(月)05:00 

■5割「承継者いない」切実「終活フェア」などのイベントで、最も関心が高いのが、「お墓の引っ越し」(改葬)のコーナーだ。その背景を考える。「新しいお墓ってどんなお…
カテゴリー:

もっと見る

「経済学」の画像

もっと見る

「経済学」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる