「経済協力開発機構」とは?

関連ニュース

【社会】日本のホワイトカラー、なぜ業務の効率化進まない?-生産性はG7最下位 - 04月26日(水)19:57 

日本の製造業では、生産ラインの自動化やIT技術導入の動きが加速している。労働生産性は過去20年間の平均上昇率が主要7カ国(G7)中でトップとなっているものの、全産業の生産性の水準は最下位に甘んじている。背景には、サービス産業やホワイトカラー職場での伸び悩みがある。   少子高齢化による人口減少で働き手が減っていく日本では、生産性向上が課題と言われて久しい。国立社会保障・人口問題研究所の「将来推計人口」によると、15歳~64歳の生産年齢人口は、2065年には4529万人と15年比で4割減となる。安倍晋三政...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

TPP首席交渉官に片上外務審議官 - 04月25日(火)12:11 

 政府は25日、環太平洋経済連携協定(TPP)の首席交渉官に、片上慶一外務審議官(63)を同日付で兼務させる人事を閣議決定した。前任の大江博氏が2月に経済協力開発機構(OECD)大使に就き、空席が続い…
in English
カテゴリー:

【高論卓説】侮れない「モノマネ大国」 中国、強固な製造業へ着実に進歩 - 04月25日(火)06:14 

 訪日中国人旅行客が日本で買い物をする際に、偽物を買わされる心配がほとんどないというのが、彼らにとって日本旅行の魅力の一つでもあるようだ。経済協力開発機構(OECD)の調査によると、世界で流通している偽ブランド商品の6割が中国で製造されている。
in English
カテゴリー:

韓国が日本の2倍!世界でトップの“切ない”記録樹立=通勤・通学時間 平均58分 - 04月20日(木)15:56 

2017年4月19日、韓国・ソウル経済などによると、韓国がある分野で経済協力開発機構(OECD)加盟国中トップ、日本の2倍となる記録を打ち立てた。 韓国統計庁は2015年に国内全世帯を対象に行った「人口住宅総調査」で、通勤・通学に要する時間を質問形式で調査した。 その結果をまとめた資料によると、首都ソウル居住者の平均通勤・通学時間は78.6分で10年の73分から約5分増加し、 通勤・通学に2時間以上かかる人は10人中3人(28.8%)に達していた。通勤・通学時間の長さは、住宅価格の高騰が続くソウルや 首都圏だけの問題では...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【国際】日本の生活満足度、国際的な平均下回る - 04月19日(水)21:53 

生活に満足している15歳の生徒の割合が、国際的な平均を下回った。 OECD(=経済協力開発機構)が2015年、72の国と地域の15歳の生徒を対象に「生活の満足度」を10段階で聞いたところ、日本の平均は6.8で、OECDの平均7.3を下回った。 特に、「0から4」と答えた生活満足度の低い生徒は16.1%にのぼった。韓国や香港などの生徒も生活満足度が低く、OECDは、自分の意見を控えめに表す国民性が影響している可能性もあると説明している。 http://www.news24.jp/articles/2017/04/19/07359404.html ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

お前ら、なんで効率よく仕事できないの?????????? - 04月26日(水)10:34 

  日本生産性本部によると、15年の日本の時間当たり労働生産性は、44.8ドル(4718円/購買力平価換算)で経済協力開発機構(OECD)加盟35カ国中19位。 製造業の95年以降の生産性上昇率平均値は3.3%と、G7で最も高くなっている一方で、卸小売・飲食宿泊業は0.2%減と、イタリアと並び最下位となっている。 日本最大の機械メーカー、三菱重工業は、自動車用ターボチャージャーの生産拠点であるグループ会社の相模原工場の自動化に伴い、各製造ラインの人員を20人から3人に減らし、他部署へ配置転換した。 広報グループのジ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

TPP首席交渉官に片上氏 外務審議官と兼務 - 04月25日(火)09:02 

 政府は25日、米国が離脱した後の11カ国での環太平洋連携協定(TPP)交渉で事務方トップを務める首席交渉官に、外務省の片上慶一外務審議官を起用する人事を固めた。前任の大江博氏が2月に経済協力開発機構(OECD)政府代表部大使に就任し、空席となっていた。
in English
カテゴリー:

日本の15歳のネット利用時間は90分 OECD加盟国平均を大きく下回る - 04月20日(木)18:41 

日本の15歳のインターネット利用時間が1日あたり90分と、他国に比較して非常に短いことが、経済協力開発機構(OECD)が2017年4月19日に公表した調査結果から明らかになった。最も短いのは韓国の55分で、日本はそれに次いで2番目だった。OECD加盟国の15歳の平均利用時間は、1日あたり146分だった。
in English
カテゴリー:

【OECD】15歳の生活満足度 日本41位、平均以下-47カ国・地域、東アジア低く - 04月19日(水)22:06 

経済協力開発機構(OECD)は19日、学習到達度調査(PISA)の一環で、生徒の生活満足度を調べた結果を初めて公表した。 日本の満足度の平均値は6.8で、OECD平均の7.3を下回り、比較可能な47カ国・地域で下から6番目だった。 調査は2015年に72カ国・地域の15歳を対象に実施し、47カ国・地域が回答。「最近の生活全般にどのくらい満足しているか」との質問に0(全く満足していない)から10(十分に満足)の11段階で答えてもらった。 トップはドミニカ共和国でメキシコ、コスタリカなど中南米の国が並ぶ一方、下位は韓国...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

15歳の生活満足度 日本は平均以下 - 04月19日(水)20:07 

経済協力開発機構(OECD)は19日、72カ国・地域の15歳(日本は高校1年生)の約54万人が参加した2015年の「生徒の学習到達度調査」(PISA)で、 生活満足度を調べた結果を発表した。満足度を最高の10から最低の0まで11段階で聞くと日本の平均値は6・8で、OECD平均の7・3より低かった。  満足度は、47カ国・地域が回答。最高はドミニカ共和国(8・5)でメキシコ、コスタリカと続いた。最低はトルコ(6・1)で韓国、香港、マカオ、台湾と続き、日 本を含む東アジアの国・地域が下位層に目立...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「経済協力開発機構」の画像

もっと見る

「経済協力開発機構」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる