「経団連」とは?

関連ニュース

【格闘技】前田日明氏、ヘビー級育成で新たな総合格闘技イベント構想明かす - 12月11日(月)01:08  mnewsplus

総合格闘技「リングス」の前田日明代表(58)が10日、東京・大田区体育館で行われたアマチュア格闘技大会「THE OUTSIDER」の リング上で来年、新たな総合格闘技イベントを開催することを発表した。 前田代表は全25試合が終了したリング上で「アウトサイダーは、来年10周年迎えます。ここで育った選手がさらに活躍できるよう、 また、上位団体であるリングスにならって大きなイベント、大会をやっていきたいと思います」と宣言した。さらに「しばらく総合格闘技に ヘビー級がなくなってしまいましたけど、それを...
»続きを読む
カテゴリー:

東芝元社長の西田厚聡氏が死去 WH買収など手がける - 12月10日(日)00:37 

 東芝の社長、会長や、経団連副会長を歴任した西田厚聡(にしだ・あつとし)氏が8日午後1時53分、急性心筋梗塞のため、東京都内の病院で死去したことが9日、分かった。73歳だった。
カテゴリー:

検査不正の発覚、次の企業はどこだ 「経団連の会長会社も」がもつ意味 - 12月09日(土)15:00 

2017年10月の神戸製鋼所に始まった素材メーカーの品質検査データの改ざん問題は、三菱マテリアルに続き、現職の経団連会長の出身母体である繊維大手の東レにも波及した。経団連の榊原定征会長(東レ相談役)は11月29日、記者団に「私の出身企業でこのような事態が発生し、経団連会長、東レ相談役として心からお詫びしたい」と陳謝した。
カテゴリー:

【原発】「原発の新増設も選択肢にしないといけない」 経団連の榊原会長、伊方視察 - 12月09日(土)01:26  newsplus

 経団連の榊原定征会長は7日、四国電力の伊方原発(愛媛県伊方町)を視察し、「原発は重要な電源としてこれからも使用していく。将来は増設や新設も選択肢にしないといけない」と語った。佐伯勇人社長から再稼働した3号機の運転状況や安全対策の説明を受けた後、記者団に語った。  伊方原発3号機は昨年9月、5年4カ月ぶりに営業運転を再開。今年10月、いったん発電を止めて来年1月までの予定で定期検査を進めている。榊原氏は「(四国電力は)福島の原発事故を教訓に万全の対応をとっているようだ。しっかり安全を確保してほ...
»続きを読む
カテゴリー:

政策パッケージ 経済界一枚岩にならず…3千億円拠出に日商「容認しない」 - 12月08日(金)22:19 

 政府が8日閣議決定した政策パッケージは総額約2兆円の財源のうち3千億円の負担を安倍晋三首相が経済界に要請した。経団連の榊原定征会長は、これに応じることを表明したが、日本商工会議所は拠出を「容認しない」立場を貫いたまま。政策パッケージをめぐり経済界は一枚岩になりきれずにいる。
カテゴリー:

元東芝社長の西田氏死去 - 12月10日(日)09:16 

東芝の社長や会長、経団連副会長を歴任した西田厚聡(にしだ・あつとし)氏が8日午後1時53分、急性心筋梗塞のため東京都内の東芝病院で死去した。73歳だった。
カテゴリー:

2017年は約92万弱!黒字家計の「冬のボーナス運用術」とは? - 12月09日(土)22:00 

source:https://www.shutterstock.com/ 待ちに待った冬のボーナス! 家計の赤字補てんや年末の帰省費用に充てる人もいれば、家計は幸い黒字なので貯蓄して将来に備えたい。そう思う人もいると思います。 今回記事では、大企業の冬のボーナス調査の結果やボーナスで資産運用をはじめる際の注意点などをファイナンシャルプランナーの視点からまとめました。 2017年大企業の冬ボーナス支給見込み額の平均は92万円弱! 毎年この時期に公表される経団連の調査(※)によると、2017年末の大手企業ボーナス支給額の見込み(平均妥結額)は91万6,396円。 前年に比べて減少傾向です(1.19%減/前年比)。 非製造業に限ると平均はさらに下がり66万7,858円にとどまります(同調査結果より)。 とはいえ、年2回のまとまった資金です。低金利が続く中、元手を増やそうとすれば資産運用は避けては通れません。 ボーナスで資産運用するときの注意点 冬のボーナス(の一部)で資産運用をはじめるときに気をつける点は何でしょうか? 当たり前ですが、しばらく使わない資金で、かつ、一時的に目減りしても生活に困らない範囲の金額からスタートすべきです。 そのためには家計の見通し、例えばお子さんの進学費用や住宅購入費用などに影響が出ないか、検討する必要があります。 価格変動がある金融商品は一度に買わない...more
カテゴリー:

ぐっちーさん「日本型組織の致命的弱点とは」 大相撲と大企業の不正問題の根っこは同じだ | 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場 | 東洋経済オンライン - 12月09日(土)06:00 

とどまるところを知らない、大企業のデータ改ざん問題。ついに日本経団連の会長が相談役にいる東レも登場…
カテゴリー:

【BNF】400億円バグ事件から丸12年、日本を救った亡き「老害」の知られざる真実 - 12月08日(金)22:26  bizplus

12年前のきょう、日本を揺るがすと言っても過言ではない大規模システムトラブルが発生した。みずほ証券による株誤発注事件である。東京証券取引所(現・日本取引所グループ)の株式売買システムのバグが原因で注文を取り消せずに400億円超の損失が発生。トラブルの責任を取り当時の東証社長が引責辞任する事態に発展した。  東証「消滅」の危機から日本の金融市場と産業界を救ったのは、この10月に81歳で死去し、晩年は様々なメディアで「老害」と指摘された人物だった。東芝元社長で日本郵政の社長などを歴任した故・西室泰三氏であ...
»続きを読む
カテゴリー:

世耕経済産業大臣が「第3回日中企業家及び政府高官対話」に出席し、挨拶しました(結果概要) - 12月06日(水)17:06 

12月5日、都内で日本経済団体連合会及び中国国際経済交流センター主催による「第3回日中企業家及び政府高官対話(日中CEO等サミット)」が開催され、日本側からは福田元総理、榊原経団連会長をはじめ経団連加盟企業の経営者等約50名が、中国側からは曾培炎元国務院副総理をはじめ中国主要企業の経営者等約30名が参加し、日中経済界の交流促進及び共通課題について意見交換を行いました。
カテゴリー:

もっと見る

「経団連」の画像

もっと見る

「経団連」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる