「経営許可」とは?

関連ニュース

シンガポール航空、飛行訓練センター設立--CAE社とジョイントベンチャー - 08月16日(水)11:38 

シンガポール航空は8月16日、CAE社と共同でシンガポールにパイロット訓練センターを設立することで合意し、覚書を交わしたことを発表した。このジョイントベンチャーは、ボーイング社製のシミュレーターの提供を主に、シンガポールにおけるシンガポール航空グループやその他の航空会社のパイロット訓練のニーズをサポートする。 両社の折半出資による今回のジョイントベンチャー施設は、チャンギ空港近くに位置するシンガポール航空の訓練センター(STC)より活動を開始する。シンガポール航空は、まずボーイング社製のフルフライト・シミュレーター4基をジョイントベンチャーに移管し、その後順次、CAE社製の訓練装置を追加していく予定。この訓練施設では、ボーイング737MAX、747、777、787に対応した広範囲なイニシャル・タイプレーティング訓練や、リカレント訓練を提供する。 シンガポール航空のゴー・チュン・ポンCEO は、「航空業界の今後の見通しは明るく、新たにCAE社と設立する飛行訓練のジョイントベンチャーが、航空業界を牽引するハブとして、シンガポールの地位をさらに向上させると確信しています。シンガポール航空グループのさらなる成長を推し進める保有機数の拡大とともに、今回のジョイントベンチャーは、当社の訓練だけでなく、この地域に拠点を置く他の航空会社の訓練にも対応していきます。 また、世界有数の民間航空教...more
カテゴリー:

国交省、シルクエアーに経営許可--10/30に広島=シンガポール線就航へ - 08月09日(水)12:36 

国土交通省は8月4日、シンガポール航空(SQ)の子会社で地域航空会社であるシルクエアー(本社: シンガポール)からの外国人国際航空運送事業の経営許可申請について、同日付けで許可したと発表した。
カテゴリー:

国交省、シルクエアーに経営許可--10/30に広島=シンガポール線就航へ - 08月09日(水)12:36 

国土交通省は8月4日、シンガポール航空(SQ)の子会社で地域航空会社であるシルクエアー(本社: シンガポール)からの外国人国際航空運送事業の経営許可申請について、同日付けで許可したと発表した。 シルクエアーは10月30日より、同社で初めてとなる広島=シンガポール間を結ぶ直行定期便の運航開始を予定。広島とシンガポールを結ぶ定期便は、月・木・土曜日の週3便での運航となる。 同路線には、ビジネスクラスとエコノミークラスを搭載したボーイング737-800を導入。乗客は機内食やワイヤレスによる機内エンターテインメントプログラムのシルクエアースタジオ、無料受託手荷物(ビジネスクラス: 40kg、エコノミークラス: 30kg)、およびシンガポールで乗り継ぎされるシルクエアーやシンガポール航空へのスルーチェックインなどを含む、フルサービスによる快適な旅を楽しめる。 今回の広島への就航により、シンガポール航空とシルクエアーの日本でのネットワークは、5都市6空港に拡大し(シンガポール航空は、日本には東京/大阪/名古屋/福岡の4都市に就航)、シルクエアーのネットワークに含まれる就航都市の数は、16カ国54都市(オーストラリア/カンボジア/中国/インド/インドネシア/ラオス/マレーシア/モルディブ/ミャンマー/ネパール/フィリピン/タイ/ベトナム/シンガポール/スリランカ)に増加する。 【関連記事...more
カテゴリー:

「経営許可」の画像

もっと見る

「経営許可」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる