「経営者」とは?

関連ニュース

日本企業の経営課題、7割超が「5年後の見通しがつかない」 - 10月21日(土)07:30 

日本能率協会は10月18日、「日本企業の経営課題2017調査結果(速報版)」を発表した。調査は8月7日~25日、同協会の法人会員ならびに評議員会社1,319社、及び全国の主要企業2,141社の経営者を対象に、郵送調査法で行われた。有効回答数は337社。
カテゴリー:

成功する経営者の利益の出し方は「コスト削減」でなく「ブランド創り」 - 小宮一慶の週末経営塾 - 10月21日(土)05:00 

コストを下げる最終的な目的が利益を出すことであるなら、緊急時は別として、コストを下げて利益を確保するダウンサイドの戦略ではなく、価値の高い製品を作って利益を確保するアップサイドを狙う戦略を立てるべきです。
カテゴリー:

姫乃たまに聞く、「地下アイドル」という職業の実情<前編> - 10月20日(金)20:00 

「地下アイドル」について、あなたはどのようなイメージを持っていだろうか。メディアを通して見ると、「いじめやセクハラがありそうで怖い」「闇が深そう」などのネガティブなイメージを持ってしまいがちだ。しかし、現役地下アイドルでありながら、ライターとしても活躍している姫乃たまさんの著書『職業としての地下アイドル』(朝日新聞出版社刊)を読むと、その印象は大きく変わるかもしれない。「語られる」対象である地下アイドルにおいて、姫乃さんは地下アイドルを「語る」ことができる稀有な存在だ。その言葉は客観的であり、冷静。良い面も悪い面も含めて、あくまで地下アイドルという存在を淡々と掘り下げていく。16歳のときにフリーランスで地下アイドル活動をスタートした姫乃さんは、過労から鬱になり、一度その世界から身を引いている。それでもなぜステージに戻ったのか…。その壮絶なエピソードは本書の「プロローグ」と「エピローグのようなもの」に書かれているので、ぜひ本を開いてもらうとして(ファンならずとも必読である)、今回の新刊JPのインタビューでは本書をもとに「地下アイドル」の実情について、姫乃さんにお答えしていただいた。取材・文・写真:金井元貴(新刊JP編集部)■「地下アイドル」という現象は東京だけのもの?――この『職業としての地下アイドル』は新書としての出版となりました。姫乃たまさん(以下、姫乃):2年前に出版した『潜行...more
カテゴリー:

「経営者のためのQCDマネジメント」―成り行き経営を脱する“方針管理” - 10月20日(金)13:15 

[中小機構]  独立行政法人中小企業基盤整備機構中部本部(略称:中小機構中部 所在地:愛知県名古屋市本部長:花沢文雄)は、「方針管理」をテーマにセミナーを開催します。  経営者の方々の多くは事業計画・経営戦略の...
カテゴリー:

SNSからBOTまで、ITをコアに成長する企業のための教科書「ソーシャルアプリプラットフォーム構築技法」発売 - 10月20日(金)10:38 

株式会社技術評論社は、SNSを用いてビジネスをする上で必要となる基礎技術を広く解説した「ソーシャルアプリプラットフォーム構築技法――SNSからBOTまでITをコアに成長する企業の教科書」を10月20日に発売する。A5判/360P/2,800円(税抜)。 本書は、SNSでビジネスをする際に必要となる技術をさまざまな面から解説した実用書だ。mixi、LINEなどのプラットフォーム開発において技術統括を行うなど、IT企業の最前線で活躍し続ける著者が、その開発経験や実績から得た知見を用いて、ソーシャルアプリプラットフォームの基礎技術について解説する。スマホ用アプリ開発のノウハウ、SNSの運用と管理方法、AIを応用したBOTネットワークアプリの開発や、個人情報を保護しながらビジネスを円滑にすすめるための認証基盤など、個別のテーマに対して、どのように考え、何が必要になり、どのようなことを検討または注意するべきなのかといった、細かい開発プロセスが丁寧に順を追って解説されているため、専門的な内容でありながら、だれにでも理解しやすい読み物となっている。また、本書では広範囲のテーマに対して、基礎的な用語の定義から、現状の環境説明、企画策定・開発といったプロセスまでを紹介しているので、Webやスマホアプリの開発者だけでなく、マーケティング担当者、ウェブディレクター、ウェブ企業の経営者といった様々な立場の...more
カテゴリー:

金融庁、本業不振の地銀検査へ 経営改革促進、再編判断も - 10月21日(土)05:00 

 金融庁が、融資などの本業で収益を上げられず経営改革が進まない地方銀行に対し、検査の実施を検討していることが20日、分かった。検査を通じて経営陣と対話し、持続可能なビジネスモデルへの転換を促す。金融庁が地銀の収益構造を調べるのは異例。本業で稼げない経営者は他行との再編を含め、厳しい判断を迫られることになりそうだ。
カテゴリー:

【北海道】客に暴行し死なせた疑いで飲食店経営者を逮捕 函館市 - 10月20日(金)23:56  newsplus

北海道警函館中央署は20日、傷害致死の疑いで 函館市宮前町、飲食店経営、小橋英雄容疑者(55)を逮捕した。 逮捕容疑は同日午前0時すぎ、自分が経営する函館市富岡町の飲食店で、 同市神山の無職谷満さん(49)の腹を殴ったり蹴ったりし、出血性ショックで死なせた疑い。 署によると、谷さんは客として来ていた。 (共同) 以下ソース:デイリースポーツ 2017年10月20日23時23分 https://www.nikkansports.com/general/news/201710200000795.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

架空株取引で2億6千万円詐取か 4人逮捕 10/20 14:50更新 - 10月20日(金)14:50 

架空の株取引を持ちかけ、熊本県の女性ら3人から合わせて221万円をだまし取った疑いで、証券取引業の実質的経営者・山元伸長容疑者ら4人が逮捕された。警視庁は、これまでに123人から約2億6000万円をだまし取っていたとみて調べている。
カテゴリー:

成長企業の人事、採用、評価制度はどう生まれたか——TechCrunch School #11:パネルディスカッション - 10月20日(金)11:08 

9月28日に開催されたイベント「TechCrunch School #11:HR Tech最前線(3) presented by エン・ジャパン」。HR Techをテーマにしたイベントとしては第3弾となる今回は、スタートアップをはじめとする成長企業の人材戦略にフォーカスし、キーノート講演とパネルディスカッションが行われた。この記事では、パネルディスカッションの模様をお伝えする(グロービス・キャピタル・パートナーズの高宮慎一氏が、ベンチャーキャピタリストの立場から、成長企業の組織・人事について語ったキーノート講演のレポートはこちら)。 パネルディスカッションに登壇したのは、サイバーエージェント 取締役 人事統括の曽山哲人氏、メルカリ HRグループの石黒卓弥氏、エン・ジャパン 執行役員 寺田輝之氏の3人。モデレーターはTechCrunch Japan副編集長の岩本有平が務めた。セッションは、登壇する3人が自己紹介も兼ねて、各企業の変遷と人事制度や施策の変化について、紹介するところからスタートした。 写真左からサイバーエージェント 曽山哲人氏、メルカリ 石黒卓弥氏、エン・ジャパン 寺田輝之氏 トップバッターはサイバーエージェントの曽山氏。曽山氏はサイバーエージェントの人事のトップとして10年以上にわたり指揮を執ってきた人物だ。曽山氏からは、サイバーエージェントの業績・事業の変遷と人事制度...more
カテゴリー:

「労働環境改善を」 県経営者協、高松で働き方改革講演会 - 10月20日(金)09:23 

県経営者協会は19日、高松市内のホテルで「働き方改革講演会」を開いた。
カテゴリー:

もっと見る

「経営者」の画像

もっと見る

「経営者」の動画

Wikipedia

経営者(けいえいしゃ)は、組織の経営について責任を持つ者のことである。

  • 経営の概念については、経営学を参照。
  • 会社法上の規定については、代表取締役を参照。
  • 労働法上の規定については、使用者を参照。
  • 会社組織における役職については、社長を参照。
  • 個人事業主(自営業)については、個人事業主を参照。
関連項目

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる