「経営者」とは?

関連ニュース

【Apple】iPhone発売10年=薄れる革新、揺らぐ優位―日本で根強い人気★2 - 06月29日(木)11:58 

iPhone発売10年=薄れる革新、揺らぐ優位―日本で根強い人気 6/28(水) 16:21配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00000063-jij-n_ame  【シリコンバレー時事】米アップルがスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」を発売してから米国時間29日で10年。  アイフォーンはスマホ市場に革命を巻き起こし、日本などで高いシェアを誇る。ただ、市場の成熟とともにアップルの優位は揺らぎ、消費者が期待する革新性は薄れている。  「アップルは電話を『再発明』する」。2007年1月、当時のスティーブ・ジョブズ最高経営...
»続きを読む
カテゴリー:

【Apple】iPhone発売10年=薄れる革新、揺らぐ優位―日本で根強い人気 - 06月29日(木)09:03 

iPhone発売10年=薄れる革新、揺らぐ優位―日本で根強い人気 6/28(水) 16:21配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-00000063-jij-n_ame  【シリコンバレー時事】米アップルがスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」を発売してから米国時間29日で10年。  アイフォーンはスマホ市場に革命を巻き起こし、日本などで高いシェアを誇る。ただ、市場の成熟とともにアップルの優位は揺らぎ、消費者が期待する革新性は薄れている。  「アップルは電話を『再発明』する」。2007年1月、当時のスティーブ・ジョブズ最高経営...
»続きを読む
カテゴリー:

「金なら払わん!」ブラック店舗がバイトに給料を払わないトリック - 06月29日(木)06:10 

■統計に出ない惨状  戦後3番目の長さだとか、有効求人倍率が上がったとか、「数字上」は「好景気」が続いているようにも見える。就職がラクになった大学生はその恩恵を受けているのかもしれない。しかし、これらはあくまでも全体をとらえた数字にすぎない。  実際の労働現場では、いまでも酷い事例が数多くある。  労働関連の記事を多く書いているノンフィクションライターの中沢彰吾さんのもとには、仕事柄、知人やネットを通じて、労働相談や「こんなひどい会社がある」といった情報が持ち込まれることになった。その中には、最初から労働者を騙すつもりとしか思えない経営者による、詐欺的な行為もある。  中沢さんの新著『東大卒貧困ワーカー』から、最近の例を2つ見てみよう(以下は、同書から抜粋、引用)。 ■オシャレなカフェの裏側  1つ目の舞台は東京の超高級住宅街、田園調布にある欧州の田舎風カフェ。売りは自然栽培の野菜を使った料理だ。  この店では、店員募集の紙が店頭にいつも貼りだされていた。 「最初の3カ月間は研修期間で時給450円」  本来、研修期間であっても時給を安くすることはできないが、このへんは飲食業界では特にグレーゾーンとなっていることは珍しくないようだ。大手のチェーンでも「研修中の時給はゼロ」というところは存在する。    ある日、店員の女子高生が店先でへたり込んですすり泣くという「事件」が起きた。常連客...more
カテゴリー:

【国際】NASA 地球外生命に関する緊急発表について - 06月28日(水)23:41 

NASAは地球外生命体に関する緊急発表を行う予定はない。NASAで科学プログラムを率いるトーマス・ザーバチェン氏がツィッターで表した声明をロシアのマスコミが報じた。 NASAが緊急発表を用意しているとの噂の発端はハッカー集団「アノニマス」の発表だった。 ると、NASAは、2030年代に天王星と海王星に調査ミッションを派遣する可能性があると述べた。 前の情報によると、米国の実業家で、NASAと積極的に協力しているビゲロー・エアロスペース社の経営者、ロバート・ビゲロー氏は、宇宙人はただ存在するだけでなく...
»続きを読む
カテゴリー:

兄の失敗で危機。はちみつ黒酢の企業はどうやって立ち直ったのか - 06月28日(水)20:24 

優れた経営者の条件として、「知恵と活力」が自働運動する組織体を作り上げることができる人だとするのは、無料メルマガ『戦略経営の「よもやま話」』の著者・浅井良一さん。そのためには大胆な「改革」が欠かせないとも断言します。カルロス・ゴーンやジャック・ウェルチも重要視した組織の「知恵と活力」、そして、それを引き出すために必要不可欠な「革新」について、浅井さんがわかりやすく解説してくださいました。 仕事の「自働化」 先日見た番組カンブリア宮殿の「タマノイ酢」の話には、優良企業に変身するためのマネジメントの「考え方」と「方策」が多く語られていました。いつも企業が「V字回復」をはたすときには同様な軌跡を描きますが、「タマノイ酢」もそんな一つの「知恵」と「勇気」経営のモデルケースです。 業績が下降し倒産に至る企業は、いつも同じような弱点を持っています。どんな企業でも、思わぬ外的要因で窮地に落ち込むことはありますが、基本の「知恵と活力」を持った企業は復元力があり試練を糧として成長します。そうでない企業は、一時の「アイディア」と「幸運」により繁栄を謳歌してもやがて必ず崩壊する「定め」を迎えます。また平安に安住してしまい「知恵と活力」を失う時も同様に崩壊を迎えます。 経営者の仕事とは「価値観」を核力しながら「知恵(知識)と活力」が自働運動する組織体を創り上げることにあります。経営者がそれをしなければ、ま...more
カテゴリー:

勝ち馬情報で詐取...2人逮捕 - 06月29日(木)09:04 

勝ち馬情報で詐取...2人逮捕:競馬の勝ち馬情報を提供するとうたい、現金をだまし取った疑いで、競馬予想サイトの経営者の男ら2人が、警視庁に逮捕された。...
カテゴリー:

設定時刻にPCを強制終了! 寝屋川市の「残業抑制システム」に賛否両論 - 06月29日(木)08:00 

(Ian Waldie/iStock/Thinkstock)大阪府寝屋川市が、就業時間を過ぎるとパソコンを強制的にシャットダウンさせる「残業抑制システム」を導入することが判明。その効果や是非について、賛否両論が出ている。■PCを強制シャットダウン寝屋川市では、午前9時から17時30分までが基本的な就業時間。残業の申請がない場合、18時までにパソコンが強制シャットダウンされるという。残業を希望する場合は、上司から承認を受けたうえで、作業時間を設定。該当する時刻になると業務終了を促すアラートが表示され、10分後にパソコンの電源が切れることに。同市では7月から経営企画部と総務部に所属する50人を対象に試験運用し、効果などを検証。その後、本格的に導入するか否かを決定する方針だ。■既に一部企業で導入済このようなシステムは既に一部の企業が取り入れており、残業時間を削減するなど一定の効果をあげているそう。空いた時間を趣味や家族との時間に回すことで、仕事への活力が生まれ、作業効率や意欲アップも期待できる。とくに残業代の出ない会社で勤務している人にとっては、実質的なサービス残業から開放されるだけに「喉から手がでるほどほしいシステム」との声も。一方で、支給される会社に勤務している人からは、「稼げなくなる」と不安視する意見も出ている。また、残った仕事を家に持ち帰る必要が生まれることも予想され、タダ働きに...more
カテゴリー:

なぜか「お金に愛される人」の特徴とは? - 06月29日(木)06:06 

金は天下の回りもの。自分のところで引き留めようとすればするほど、出て行きたがります。CAから税理士に転身した八島依子さんはこう語ります。「お金を上手に旅に出してあげることができれば、何倍もの仲間を引き連れて帰ってくる」そんな彼女の著書『お金に愛される人は、美しい財布を使っている』では、理想的なお金との向き合い方についてまとめられています。お金との付き合いがうまい人のエピソードを参考にしてみましょう。「ないもの」ではなく「あるもの」を意識するお金に困らない人たちに共通するのは「感謝の気持ち」を持っているということです。では「感謝の気持ち」がなぜお金を引き寄せるのか考えてみましょう。こんなお話をご存知でしょうか。平成28年11月に博多駅前で突然道路が陥没する事故がありました。現場は駅前通りでしたから、通行止めになることで営業ができない店や会社がありました。その会社に対して福岡市から賠償金が払われることになったそうです。はかた駅前通りに面するタカラ薬局は、事故のために1日休業せざるを得ず、数十万円の損害が見込まれました。ところが、同薬局の女性社長は市職員に「賠償金はいりません。他に役立つことがあればそのことに使ってほしい」と申し出たそうです。女性社長は、東日本大震災や熊本地震の被災地で薬剤師として支援活動をされた際に、甚大な被害を目の前にしたそうです。その経験から、今回の事故で犠牲者が出...more
カテゴリー:

頭もキレてデキる男が「あんたから買わない」と言われた理由 - 06月28日(水)21:00 

いくら商品やサービスが優れていても、それを扱う「ヒト」に問題があってはビジネスチャンスを掴むことは困難です。無料メルマガ『ビジネス真実践』の著者で戦略コンサルタントの中久保浩平さんは、「完璧な人間はいない」と前置きした上で、ビジネス上、必要最低限な「ヒト」となるために守るべきたった2つのポイントを記してくださっています。 商売、ビジネスに必要な「ヒト」 「ヒト・モノ・カネ」とはよくいった言葉で、商売やビジネスはこの順序で成り立っており、そのヒトの信用や信頼がまず重要であるという、この原理原則は変わることはありません。 そんなことは十分解っているし、感謝という言葉も口にする。でも、この当たり前のことがきちんと出来ていない経営者も結構いるものなのです。自己都合や自己利益のみを追求する経営者がそうです。 信頼のおける会社やお店だから安心して商品を購入したり、サービスを利用できる、あるいは、仕事を発注できる。などといった信頼の中は、商品力、サービスの質、技術力といったものが大半を占めます。 ですが、それ以上に大切なものがあります。それが「ヒト」です。 「商品が素晴らしいのは十分わかった。でもあんたからは買いたくない」 「あのイタリアンレストランのパスタって美味しいって評判だけど、スタッフの態度が悪いからもう2度と行かない」 「A社の技術力は認めるけど、あの担当者でいる限り、仕事を依頼するこ...more
カテゴリー:

「出光興産」創業家vs.経営陣の泥沼化 昭和シェルとの合併めぐり - 06月28日(水)18:00 

■「出光興産」統合を阻む黒幕は「イメルダ夫人」(上)  石油業界で生き残るためには合併するべきなのか、あるいは、創業者の精神に戻り、独立独歩で行くべきなのか。出光興産で起きている経営陣と創業家とのバトルは、株主総会を目前にして緊張状態が続いている。だが、対立の後ろにはやっぱり「イメルダ夫人」がいた。  *** 「あなたたちは知らないでしょうけど、出光の名前もアポロマークもなくなるのよ。大変なことになってしまうのよ!」  昨年10月28日、北九州市門司区にある「出光美術館 門司」で開かれたリニューアルオープンの式典で、石油販売店の関係者にそう熱弁を振るう老婦人がいた。側で様子を見ていた出席者が言う。 「話の主は、出光興産の出光昭介名誉会長(創業家の当主)の妻の千惠子さんです。創業家が出光と昭和シェル石油との経営統合に反対していることは知っていましたが、あの剣幕には、皆驚いていましたね」  出光興産(以下・出光)が昭和シェル石油(以下・昭和シェル)との経営統合を発表してから2年、合併を進めたい経営陣と反対する創業家の対立は膠着したままである。家族主義で知られる会社の奥座敷で何が起きているのだろうか。 ■水と油  知られているように、出光は百田尚樹氏の小説『海賊とよばれた男』のモデルとなった出光佐三が創業し、組合も定年もないという独特な社風の会社だ。2006年10月までは非上場企業...more
カテゴリー:

もっと見る

「経営者」の画像

もっと見る

「経営者」の動画

Wikipedia

経営者(けいえいしゃ)は、組織の経営について責任を持つ者のことである。

  • 経営の概念については、経営学を参照。
  • 会社法上の規定については、代表取締役を参照。
  • 労働法上の規定については、使用者を参照。
  • 会社組織における役職については、社長を参照。
  • 個人事業主(自営業)については、個人事業主を参照。
関連項目

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる