「経営ビジョン」とは?

関連ニュース

過去最悪の46億円赤字「大塚家具」に眠っている新たな希望 - 04月24日(月)05:00 

一昨年の「お家騒動」でにわかに注目を集め新経営体制で再出発を果たした大塚家具ですが、先日同社が発表した決算報告によると過去最悪の46億円の赤字に転落するなど、崖っぷちの窮地に立たされています。大塚家具に何が起きているのでしょうか。無料メルマガ『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』の著者でMBAホルダーの安部徹也さんがこの原因を詳細に分析、さらに「新生・大塚家具」が復活のために打つべき手について考察しています。 崖っぷちに追い込まれた大塚家具 親子による経営権の争い後、娘の大塚久美子社長の下で順風満帆のスタートを切ったと思われた「新生大塚家具」ですが、2016年12月期の決算は誤算だらけだったといっても過言ではないでしょう。 売上高は前期比20%ダウンの463億円、最終利益は過去最悪の46億円の赤字に転落してしまったのです。急激な業績悪化に、手元のキャッシュは1年間で71億円も減少し、わずか39億円まで落ち込むなど、まさに「崖っぷち」まで追い込まれた形となりました。 この原因としては、新生大塚家具の誕生後、経営権を巡るゴタゴタのお詫びの意味での「大感謝フェア」を開催し、最大で通常価格から50%割引するなど、大規模なセールを実施することにより、需要の先食いが起こったことが挙げられるでしょう。また、この大幅な割引セールによって、「大塚家具は高級路線から決別し、ニトリやIKE...more
in English
カテゴリー:

大塚家具ヤバい。久美子が会社のっとってから赤字続きで過去最大の売り上げ減少-45億円 - 04月14日(金)10:57 

大塚家具が窮地に立たされている。創業家父娘のお家騒動で、2年前に長女の大塚久美子社長(49)が経営権を握り、会員制販売の廃止や高級路線から転換する戦略を打ち出したが、消費者にうまく浸透せず、前期は最終赤字に転落した。 4月から経営戦略を見直し、専門店や小型店の拡大などで立て直しを図る考えだ。 ただ、足元では現預金が大幅に減少しており、もう次の施策では失敗が許されない状況にまで追い込まれている。 「新たな経営ビジョンのもとで、立て直しを図りたい。早く出血を止めなければならない」 こう語るのは...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【家具】大塚家具、大型店を縮小閉鎖へ 小型店を3年で50店舗全国で展開 - 03月10日(金)22:28 

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ10IOP_Q7A310C1TJ1000/  大塚家具は10日、2019年12月期までに店舗面積2千平方メートル未満の小型店を35~50カ所展開すると発表した。 16年初めの4店から大幅に増やす一方、1万平方メートル規模の大型店は閉鎖、縮小する。 固定費を抑えた運営体制に切り替え、立て直しにつなげる考えだ。  業績低迷を受けて中期経営計画を取り下げてから1カ月後に、 新経営ビジョンとしてホームページに公開した。地方都市で百貨店や地元の住宅メーカーとの提携店を30、 首都圏では特定の商品やブラ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

ソラシドエア中期経営戦略--2018年度国内線拡充、2019年度国際線定期便化 - 04月21日(金)11:46 

ソラシドエアは4月20日、2017~2020年度中期経営戦略を発表。経営ビジョンを「地域と世界を繋ぐグローバルエアラインに進化する」と定め、2018年度を目途に国内線を拡充するほか、国際線においても現有機材を有効活用しチャーター便で経験を積み、2019年度中の定期便化を目指す。 前経営計画(2015-2016年度)期間は経営ビジョン「新たな成長に向け、強いソラシドエアになる」のもと、安全で高品質な運航、サービスの提供を第一に、「株式会社ソラシドエア」への社名変更を実施。国際線チャーター便の運航(宮崎=高雄、羽田=仁川)、オペレーション体制の強化、構築等、社員一丸となり着実に前経営計画を遂行するとともに、熊本地震からの復旧・復興に力を尽くしてきた。 2017~2020年度中期経営戦略では、安全運航を堅持しながらも成長の歩みを止めることなく、ソラシドエアらしいサービスの提供により安心で快適な空の旅を提供。乗客や地域にとってなくてはならないエアラインであり続けるとともに、新たな領域での更なる成長に向けて一層の企業価値の向上と社会への貢献を図っていくとしている。 定量目標として、売上高営業利益率は4%以上、ユニットレベニューは8.8円以上、ユニットコストは8.5円以下、就航率は99%以上という目標を設定。路線・便数計画として、2018年度を目処に中長期的な売り上げの拡大及び利益確保に...more
in English
カテゴリー:

【家具】大塚家具の久美子社長が窮地 父の経営復帰を求める声も - 03月22日(水)19:09 

http://www.news-postseven.com/archives/20170321_502846.html 経営の主導権を巡る父娘の激しい骨肉バトルに勝利し、2015年から店舗改革を進めてきた大塚家具の 大塚久美子社長。だが、その成果が表れないばかりか裏目に出る結果となり、窮地に立たされている──。  2月10日に発表した大塚家具の2016年12月期決算は、売上高が前期比20%減の463億円、最終損益は前期3億円の黒字から一転、 45億円の赤字となってしまった。じつに最終赤字は6年ぶり、しかも赤字額の大きさは創業以来最大だ。  創業者の父・大塚勝久氏から経営権を...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【企業】大塚家具、小型店に再起託す 19年までに最大50カ所で展開すると発表 - 03月10日(金)22:25 

大塚家具は10日、2019年12月期までに店舗面積2千平方メートル未満の小型店を35~50カ所で展開すると発表した。 16年期初の4店舗を大幅に増やすとともに、1万平方メートル規模の店は閉鎖、縮小。固定費を抑えた店舗網に切り替えることで、立て直しにつなげる考えだ。 業績低迷で中期経営計画を取り下げてから1カ月後に、新経営ビジョンとしてホームページに公開した。 地方都市で百貨店や住宅メーカーとの提携店を30、首都圏では特定の商品やブランドを集めた専門店を5~20にするとしている。 すでにいよてつ高島屋(松山市)に...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「経営ビジョン」の画像

もっと見る

「経営ビジョン」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる